Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/07/10
Update

映画『100日間生きたワニ』ネタバレ結末感想と評価解説。原作漫画のその後を上田慎一郎監督が描く!

  • Writer :
  • もりのちこ

平凡な日常こそが愛おしい。これは、誰にでも起こりうる物語。

Twitterで100日間に渡り投稿され大きな話題を集めた、きくちゆうきの4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』が、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督によりアニメ映画化となりました。

アニメ映画版『100日間生きたワニ』は、主人公のワニが生きた100日間の何気ない日常を描いた原作に加え、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちの「その後」が描き足されています。

続くのが当たり前と思っていた日常が、突然終わりを告げたお花見の日。それまでのワニの日常は平凡でありふれたものでした。

かけがえのないものを失くした仲間たち。それでも日々は続いていきます。あのお花見の日から100日後。

Twitterでは描かれなかったその後の物語。2021年7月9日(金)に公開された映画『100日間生きたワニ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『100日間生きたワニ』の作品情報


(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
きくちゆうき

【監督】
上田慎一郎、ふくだみゆき

【キャスト】
神木隆之介、中村倫也、木村昴、新木優子、ファーストサマーウイカ、清水くるみ、Kaito、池谷のぶえ、杉田智和、山田裕貴

【作品概要】
2019年12月12日から、原作者きくちゆうきのTwitterで100日間にわたり毎日投稿された4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』のアニメ映画化。

監督・脚本は、原作に込められた想いに強く共感し映画化を熱望したという、『カメラを止めるな!』の監督・上田慎一郎と、アニメーション監督としても活躍するふくだみゆき夫妻。

主人公ワニ役には神木隆之介、ワニの親友のネズミ役には中村倫也、モグラ役に木村昴、憧れの先輩ワニ役に新木優子、そして映画オリジナルキャラクターとなるカエル役に山田裕貴と豪華俳優たちが声の共演を果たします。

また、スタッフには『宇宙戦艦ヤマト』を手掛けてきたアニメーター湖川友謙が、コンテ・アニメーションディレクターとして参加。

音楽は、数々の有名アーティストのサウンドプロデュース、楽曲アレンジを手掛ける亀田誠治が担当。いきものがかりによる映画書き下ろし曲『TSUZUKU』が主題歌となっています。

映画『100日間生きたワニ』のあらすじとネタバレ


(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

満開の桜の木の下、今日はみんなで約束したお花見の日です。言い出しっぺのワニが、まだ来ていません。心配した親友のネズミは、バイクで迎えに走ります。

赤信号で止まった百景坂交差点の桜並木があまりにも美しく、ネズミはスマホで写真を撮りグループラインに送ります。

しかし、それを受け取ったはずのワニのスマホは、画面が割れ道路に転がっていました。パラパラパラ、飛ばされたフォトアルバムがめくられていきます。

100日前。ワニは、バイク事故で入院したネズミの見舞いに来ていました。「やっちゃいましたね。でもケガで済んで良かったね」。「人はそんな簡単には死なねーよ」。

しんみりする中、ワニは口をパカリと開け「6時のまね」を披露します。「すげー、5時もやって」。ネズミも気に入ったようです。2人は親友です。

ワニの実家から「みかん」が届きました。「年末、たまには帰ってきたら」。母からの電話に「帰ろうと思えばいつでも帰れるし」と返すワニ。

世の中はクリスマスムード一色です。バイト先の「CAFÉ CAFÉ」には、ワニの憧れのセンパイがいます。ワニは勇気を出してクリスマスデートに誘うもタイミングが合いません。

年越しは、ネズミと2人で初詣に。引いたおみくじは大吉でした。「素晴らしい一年になるでしょうだって」。

バイト先でセンパイとバイトちゃんの会話を聞き、自分は拒否られてると勘違いしたワニは、咄嗟にバイトを止めてしまいます。

落ち込むワニをバイクの後ろに乗せ連れ出したネズミ。夜中にバイクをぶっ飛ばしやってきた山の上から見る朝陽は格別でした。そして、こんな時はいつもの「極真ラーメン」が一番です。

2月。仲間のモグラが働いているリサイクルショップでバイトを始めたワニ。モグラは同じバイトのイヌを好きなようです。

「おれ、バイト辞めて就職するわ。そして、コクるわ」。男らしいモグラ。めでたくハッピーボーイとなりました。

「さて君はどうする?いかずに後悔するか、いって後悔するか」。イヌの後押しもあり、ワニはもう一度センパイに会いに行くことにします。

ラインの交換で一気に距離が縮まる2人。デートの約束をこぎつけるも、水族館は閉館日。2人でみた映画『ドクターアニマル2』では、大きな音にびっくりしたワニがポップコーンを盛大にぶちまけてしまいます。

「『ドクターアニマル3』でリベンジさせてください」ワニの告白にうなずくセンパイ。どうやらワニもハッピーボーイの仲間入りです。

「何かやりたいことないの?」ネズミの言葉に「ない」と答えるも、ワニはプロゲーマーを目指し一歩を踏み出そうとしていました。

満を持してネズミとペアで挑んだゲーム大会では、あっさり敗退。「相手、中1だって。プロも最初はこんな感じなのかねぇ。次は?」。「でるっしょ」。まだまだ先は長いようです。

ワニ、センパイ、ネズミ、モグラ、イヌが集まった家飲みでの集合写真は、照れ臭いものになりました。「今年も花見するっしょ」。約束をして別れます。

ワニの毎日は平凡でありふれたものでした。友達と行くラーメン屋、大好きなゲーム、映画、家族との電話、そして大好きな人。しかし、どれもかけがえのない時間だったのです。

以下、『100日間生きたワニ』ネタバレ・結末の記載がございます。『100日間生きたワニ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

お花見から100日後。桜の木はすっかり緑になり、雨の季節がやってきました。ワニがいなくなった後、仲間たちは互いに連絡を取ることも減り、それぞれがワニの死と向き合えずにいました。

何をしてもやる気が出ないネズミ。変わらずバイク屋で働くも、バイクにはしばらく乗っていません。行きつけの「極真ラーメン」も閉店していました。

映画『ドクターアニマル3』の上映が決定。バイトちゃんに誘われるもセンパイは「約束があるから」と断ります。何を見てもワニを思い出してばかりです。

モグラとイヌも、ネズミとセンパイのことが気になりつつも連絡をとることはありませんでした。

そんな中、みんなの暮らす街に新しく引っ越してきた人物がいました。「どもどもどもー」。お調子者でグイグイはいってくるカエルの登場に、ネズミたちは戸惑い気味です。

ネズミたちとの距離を感じるカエル。「なんか俺、ノリが違うっすかね」。

ある日、「CAFÉ CAFÉ」でバイトを始めたカエルは、バイトちゃんにアタックするもフラれてしまいます。

カエルは、趣味のバイクを修理に出していたネズミのバイク屋に立ち寄ります。「磨いてくれてありがとね」涙声です。いつもの明るいカエルとは違っていました。

ネズミは気付いていました。「このバイク、どこも壊れてないよね」。カエルは話し出します。去年、友達がバイク事故で亡くなったこと。新しい町で新しい友達を作ろうとやってきたこと。「でもダメだ。忘れられねぇ」。

ネズミはカエルをツーリングに誘います。連れて行ったのは、ワニと朝陽を見たあの山でした。「すげー」ボロボロと涙をこぼすカエル。

ネズミは、口をパカリと開け「6時のまね」を見せます。笑い合う2人。ネズミの目にも涙があふれていました。

梅雨が明け、久しぶりにグループラインが再会されました。「集まりませんか?もう一人誘います」。

「どもどもどもー」カエルの元気な声が聞こえてきます。みんな笑顔です。

バイクレースに挑戦することを決めたネズミ。モグラとイヌは結婚の報告をします。「めっちゃ、良い日じゃん!お祝いのごはん行きましょ」。

道すがらサワサワサワと緑に茂った木々が風に揺れる音が聞こえます。不思議とワニも一緒にいると感じられました。ネズミは、今日の良い日を写真に納めます。

スポンサーリンク

映画『100日間生きたワニ』の感想と評価


(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

Twitterで100日間にわたり毎日投稿され話題を呼んだ4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』が、タイトルも新たにその後のストーリーも加えられアニメ映画として帰ってきました。

主人公のワニが100日後に死ぬことを想定し、カウントダウン形式で書かれた原作は、切なすぎると注目を集め、最終話は「いいね」の数が214万という国内Twitterの最多数を記録しました。

自分が100日後に死ぬなんて考えもしなかった主人公ワニと仲間たちの日常を描いた原作は、平凡に思える毎日こそ実は大切なものだと考えさせられる作品です。

アニメ映画版『100日間生きたワニ』では、原作に加え、ワニが亡くなってからさらに100日後。残された者たちの「その後」が付け加えられています

ワニの仲間だったネズミにモグラ、イヌ、そしてお付き合いが始まったばかりだったセンパイ。ワニとの思い出に向き合えず、疎遠になっていく仲間たち。

ワニがいなくなったその後を描くことで、より原作の持つメッセージ、日常の大切さが際立って感じられ、残された側の人たちが悲しみから立ち直っていく姿に、前向きな気持ちになれる作品となっています

4コマ漫画から飛び出したキャラクターたちは、動物でありながら人間らしく、会話のテンポも絶秒でほのぼのしています。

アニメならではの動きのあるシーンが盛り込まれ、より楽しい世界となっています。

例えば、ワニがセンパイと観た映画『ドクターアニマル2』は、原作ではワニひとりで鑑賞する場面しか出てきませんが、アニメ版では映画の内容も追加されています。

ネズミと参加したゲーム大会では、ゲーム対戦の様子がアニメで見れます。ゲーム画面に登場するワニとネズミのキャラが戦う姿に思わず笑いがこぼれます。

また、原作では仲間がみんな揃った集合写真は撮られませんが、アニメ版ではワニがセンパイとお付き合いを始めたばかりの頃、みんなと集まった時に撮った写真が残ります。

照れながらも撮られた写真は、みんなの笑顔がすごく幸せそうで、特に印象に残る追加シーンとなっています。


(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

そして何と言っても、アニメオリジナルキャラクター・カエルの登場に衝撃を受けることになります。「どもどもどもー」と、グイグイ強引に仲間に入ろうとするチャラ男のカエル。

始めはその軽さに、苛立ちを覚える人も多いことでしょう。しかし、そんなカエルにも辛い経験があり、抱える悲しみがありました。

カエルの存在を通して、どんな人にも同じような経験があり、出会いと別れを繰り返し、人は生きていくのだと気付かされます。

カエルを担当した山田裕貴の声が、カエルの存在を大きくさせ、最後は明るい気持ちにさせてくれます。

声の担当といえば、主人公のワニ役の神木隆之介は、穏やかで素朴な性格のワニを見事に声で表現し、愛すべきキャラに仕上げました。

ワニの親友ネズミ役には、甘い声が心地いい中村倫也が担当。友達想いの優しいネズミを演じています。

その他にも木村昴、新木優子、ファーストサマーウイカ、池谷のぶえなど、それぞれのキャラにぴったりハマった声にも注目です。

まとめ


(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

2020年Twitterで最もバズッた4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』の、アニメ映画版『100日間生きたワニ』を紹介しました。

続くのが当たり前と思っていた日常が、突然終わりをつげる。平凡な毎日がどれだけ幸せだったかを、その時知っても遅いのです。

そして、残されたものたちはどう生きるのか。別れと出会いを繰り返し、大切な思い出と共に生き続ける限り、また人生が輝き出すはずです。

アニメ版『100日間生きたワニ』は、改めて日々の大切さに気付き、一日一日を大切に生きようと思える前向きな作品でした。


関連記事

アニメーション

映画『きみと、波にのれたら』あらすじネタバレと感想。湯浅政明監督らしい世界観と物語が作風とベストマッチ!

アニメ映画『きみと、波にのれたら』は、2019年6月21日より全国公開! 2018年の第31回東京国際映画祭で“湯浅政明の世界”として特集上映が行われた湯浅政明監督の2年ぶりの新作長編アニメーション作 …

アニメーション

アニメ映画『KUBOクボ/二本の弦の秘密』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたの五感を刺激しながら“人が生きると強さ”と、“他者との絆”とは何かを描いた、ストップモーションアニメ『KUBOクボ/二本の弦の秘密』。 魔法の三味線と折り紙を操る独眼の少年クボ。母親の力によって …

アニメーション

『劇場版 幼女戦記』ネタバレ感想。総員傾注! ターニャを襲う神の意志とメアリーの激戦を見よ

2017年に放送されたテレビシリーズの続編を描いた『劇場版 幼女戦記』 快進撃を続ける第二○三航空魔導大隊が新たな戦場を舞い、激戦に身を投じていく姿を描きます。 主人公ターニャの前に現れる少女、メアリ …

アニメーション

映画『機動戦士ガンダムNT』ネタバレ感想レビュー。ナラティブのラスト結末でニュータイプが見た可能性とは

『ラプラス事変』から1年…。 人智を超えた力を示したことで封印されたユニコーンガンダム。 平穏を取り戻したかに見えた地球圏は、消息不明となっていたユニコーンガンダム3号機「フェネクス」の出現により、再 …

アニメーション

名探偵コナン緋色の弾丸|ネタバレ感想とラスト結末の考察。赤井秀一のスタイリッシュさとスピーディなアクションは必見!

アニメ「名探偵コナン」シリーズの劇場版第24作『名探偵コナン 緋色の弾丸』。 東京で行われるWSG(World Sports Games)という4年に一度の国際的スポーツイベントをモチーフにした『名探 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学