Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/10/27
Update

映画『ジェミニマン』あらすじネタバレと感想。SFアクションを最新技術を駆使した圧巻の映像美で魅せる

  • Writer :
  • 黒井猫

4K3Dハイフレームレートの最新技術によって撮影されたウィル・スミスvsウィル・スミスを描く

アン・リー監督の『ジェミニマン』は、2019年10月25日全国公開!

2005年公開の『ブロークバック・マウンテン』や、2012年公開の『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』で、2度のオスカー監督賞を受賞した名匠アン・リー監督。

常に新しい技術で時代を先駆する映画を作るアン監督が、最新の技術を駆使して撮影した作品『ジェミニマン』。

今注目すべき、SFアクション映画『ジェミニマン』の見どころをたっぷりと紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ジェミニマン』の作品情報


(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Gemini Man

【監督】
アン・リー

【キャスト】
ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライヴ・オーウェン、ベネディクト・ウォン、ダグラス・ホッジ、ラルフ・ブラウン、リンダ・エモンド、イリア・ヴォロックほか

【作品概要】
名匠アン・リーが監督が演出を担当。また、脚本は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(2009)のデヴィッド・ベニオフ、『キャプテン・フィリップス』(2013)のビリー・レイ、『シャザム!』(2019)のダーレン・レムケが努めます。

撮影監督は『コラテラル』(2004)のディオン・ビーブ、編集はアン・リーと長年タッグを組んでいるティム・スクワイアズ。音楽は『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)のローン・バルフェ。

何よりも、ウィル・スミスがウィル・スミスと闘うことで話題となる作品です。

映画『ジェミニマン』のあらすじとネタバレ


(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ヘンリー・ブローガン(ウィル・スミス)は政府に従事する凄腕の殺し屋。テロリストであるヴァレリー・ドルモフ暗殺のミッションのため狙撃地点で待機していました。

ヘンリーが狙撃をしようとした瞬間、標的の前に少女が見えたことから狙撃のタイミングを変えます。

数秒後に少女は立ち去り、列車がトンネルに入る手前で引き金を引き、標的の首に着弾させます。

その後、あと数センチずれていたら少女を殺していたことで以前のような自信がなくなったこと、また、国家の脅威排除のためと言えども人を殺すことに以前から疑問を抱えていたことからヘンリーは引退を決意します。

引退を伝えるため、上司のデル・パターソン(ラルフ・ブラウン)と旧友で今はレンタルボートの経営をしているジャック・ウィリス(ダグラス・ホッジ)に会います。

船舶暮らしをしているジャックの元へ向かうため、レンタルボート店で働いている海洋生物学の大学院生ダニー・ザカウスキー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)にボートの鍵を借ります。

久々に旧友あったヘンリーは、ジャックからヘンリーが暗殺したヴァレリーはテロリストではなく分子生物学の科学者であったこと、与えられた資料は改竄されていたこと、そしてブダペストにいるユーリという情報屋と会うことを伝えられます。

ジャックの元からボート小屋へ帰る途中、発信器がボートに仕込まれていたことに気づきます。

ボート小屋へ帰った後、ダニーを尋問します。尋問の末、ダニーはDIAの手の者で、引退後のヘンリーを調査していました。

その時、ヘンリーとジャックの会話を聞いていたDIAのジャネット・ラシター(リンダ・エモンド)と秘密組織GEMINIのクレイ・ヴァリス(クライヴ・オーウェン)はユーリ(イリア・ヴォロック)と会うことで”GEMINI計画”について知られることを懸念してヘンリーとヘンリーに関わる者に暗殺部隊を送り込みます。

その夜、ジャックとヘンリーの相方だったマリーノは殺されてしまいます。異変に気付いたヘンリーは暗殺部隊を倒し、ダニーの元へ向かいます。

そして、ダニーと共に追手をかわし、ボートで逃亡。そこで思案に暮れていると、ヘンリーの旧友で凄腕パイロットのバロン(ベネディクト・ウォン)が迎えにきます。

ひとまず、コロンビアのバロンの自宅で身を隠しますが、そこにも追手がやってきます。ヘンリーはバロンとダニーを逃すため、囮として追手と戦います。

ヘンリーは追手と戦闘を繰り広げているうちに、その追手があまりにも自分に似ていることに気づきます。

そして市街戦、バイクでのカーチェイスを繰り広げ、警察に身柄を確保されます。

ダニーのおかげで解放されたヘンリーはブダペストに向かいユーリと会うことを決めます。

ブダペストでダニーはヘンリーの血液と追手が落とした帽子についている髪の毛をDNA鑑定にかけると、全く同一のDNAであり、追手はヘンリーのクローンであることがわかります。

そしてヘンリーはユーリと会い秘密組織GEMINIと”GEMINI計画”について聞きます。”GEMINI計画”とは1996年に世界初のクローン羊ドリーの誕生と共に秘密裏で行われていたクローン人間の製作計画でした。

そのことを知ったヘンリーは、再びブダペストで襲撃があると考え、自分のクローンであるジュニアとコンタクトを取ります。

ジュニアと殴り合いの末、ヘンリーは「お前は俺であり、ジュニアのことは自分が一番知っている、人を殺すことに疑問を持っているんだろ?」と、説得を試みます。

ジュニアは自分の存在の意義、なぜ普通と違うのか、など様々なことに疑問を抱いていました。

そして、育ての親であるクレイに自分がクローンであり、今まで道具として利用していたことを問い、組織から離反します。

そのあとすぐ、ジュニアはヘンリーたちとコンタクトを取り、自身がハチアレルギーを持っているジュニアは、ヘンリーが本当に自分のオリジナルであることを確認するためハチの毒をヘンリーに打ち確認します。

自分がヘンリーのクローンであり、クレイが真の敵であることを知ったジュニアは、ヘンリーたちと共闘することを決意します。

ヘンリーとジュニアたちが車で移動中、GEMINIとクレイの襲撃を受けます。その際、バロンは逃げ遅れ殺されてしまいます。

そしてダニーとヘンリーは互いをカバーしながらGEMINIの掃討を、ジュニアはクレイを倒すため別れます。

ジュニアは育ての親のクレイを撃つことを躊躇し、計画を止めるよう頼みますが、クレイは「お前が俺のクローンだったらよかった」と言い離します。

非情になれないジュニアはクレイを殴り、気絶させますが…。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ジェミニマン』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジェミニマン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

一方、ヘンリーとダニーは残りの銃弾もなくなり、GEMINIに包囲され絶体絶命の状況でした。敵が逃げ込んだ家屋に入ってきて、死を覚悟したその時、ジュニアが助けにやってきます。

GEMINIを掃討したあと、別の凄腕の暗殺者がやってきて、ヘンリー、ダニー、ジュニア3人の共闘の末、暗殺者を倒し、ヘルメットをとると、ジュニアよりもさらに若いヘンリーのクローンでした。

そのクローンはジュニアから感情や痛覚を取り除いた正真正銘の生物兵器だったのです。そこにクレイが現れ、”GEMINI計画”の真の意図を説明します。

その内容は、戦争で人間の代わりにクローン兵士を使うことで人間の死は少なくなり、PTSDのような戦争の後遺症にかかる人も少なくなるといったものでした。

そのため、湾岸戦争で軍の中でもずば抜けて優秀だったヘンリーのDNAからクローンを製作したと言います。そのことに激怒したジュニアは、クレイを殺そうとしますがヘンリーに止められます。

ヘンリーは親を殺したら一生の後悔に付き纏われるという説得から、ジュニアの持っていた銃を取り上げます。そしてヘンリーが引き金を引き、クレイを射殺。

6ヶ月後、ジュニアは自分の道を探すため、大学に通っています。

ジュニアは若者言葉を話し、ダニーは昇進し、ヘンリーは余生を楽しみながらそれぞれの道を歩んでいきました。

スポンサーリンク

映画『ジェミニマン』の感想


(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

本作『ジェミニマン』はアン・リー監督が今まで培ってきた経験が盛り込まれつつも、さらに新しい技術を使用したSFアクション作品となっています。

『グリーン・デスティニー』(2000)でアクションの新しい形をみせ、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でとてもリアルなCGを使用し、『ビリー・リンの永遠の一日』(2016)で速いフレームの効果を見せた、そんな様々な要素が盛り込まれた作品が『ジェミニマン』です。

物語の内容は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『シックス・デイ』(2000)のように昔見たことのあるクローンものSF映画ですが、この映画の撮影には素晴らしい技術と製作陣のアイデアと努力が伺えます。

この作品の見どころは「4K3Dハイフレームレートの撮影」と「派手なアクション」と言い切って良いでしょう。

最新のテクノロジーによる映画撮影


(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

本作は4K3Dという高画質高性能のカメラを使っただけでなく、通常のフィルム撮影では、毎秒24フレームで撮影されるのに対して、『ジェミニマン』は毎秒120フレームというフレームレートで撮影されています。

このことにより画質はより滑らかで、日常で認知している視覚情報と同じような体験を観客に与えます。

つまり、『ジェミニマン』はアン・リー監督の試験的作品であり、新たな挑戦だとも言えます。

4K3Dハイフレームレートは、確かに革新的で視覚的リアリズムを生むには素晴らしい撮影方法。しかし4K3Dというカメラはより近く感じるだけでなく、役者の毛穴が映るほどの高画質。

それは通常のメイクだと観客にメイクであることを見破られてしまう。そのため、本作のメイクは今までのメイク技術とは画した全く新しいメイク技術を使用しています。

そのためヘンリーが負った傷は、観客に痛さを感じさせるとてもリアルな出来栄え。また、ハイフレームレートは通常のフレームレートと違い、より多くのフレームで構成されているため、映像に誤魔化しが効かないのですが、アン・リー監督は巧みにCGと撮影技法を用いることで綺麗にまとめており、演出がより明確です、

バイクとカンフーの融合「バイフー」


(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

さらに、最新テクノロジーで撮影されたアクションは、何と言っても大きな見どころの一つです。

アン・リー監督はワイヤーアクションの先駆けとなる『グリーン・デスティニー』で素晴らしいアクションを見せ、観客を驚かせてくれました。

彼が手掛けた本作のアクションは、バイク×カンフーを組み合わせたバイフーというアクションを新たに生み出しました。

最近のアクション映画、『ジョン・ウィック パラベラム』(2019)や「ミッション:イン・ポッシブル」シリーズでバイクでのカーチェイスシーンはありますが、バイクそのものを武器として使ったバイフーは、これまでにはない、全く新しいものでしょう。

その手に汗握るアクションがより滑らかな撮影によって行われるのですから、アクション好きは興奮間違い無いでしょう。

まとめ


(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

アン・リー監督の常に新しいことを取り入れるクリエィティブな精神には驚かされます。

『ジェミニマン』はアクション映画を好きなファン、また、ウィル・スミスのファンは歓喜する作品になっています。それを可能にしたのが、最新技術によって撮られた圧巻の映像なのです。しかし、この120FPSという映像技術を体験できるのは、現在日本では、MOVIXさいたま、梅田ブルク7、T・ジョイ博多の3館のみ。

もし、鑑賞できる環境が近くにあるのならば、この『ジェミニマン』の映像だけは一見の価値ある作品だと言っても過言ではないでしょう。

関連記事

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の王騎役は大沢たかお。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大 …

アクション映画

映画『ライリー・ノース』あらすじネタバレと感想。ペパーミントの意味とはママを怒らせると本当に怖いこと世に知らしめた

映画『ライリー・ノース 復讐の女神(原題:Peppermintペパーミント)」』は、数少ない女性主人公のキック・アス映画 幼い1人娘を目の前で殺害された母親の復讐を描いたアクション・ドラマです。 『デ …

アクション映画

韓国映画『密偵』あらすじとキャスト一覧!感想レビューも

11月11日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開される韓国映画『密偵』をご紹介します。 疑うべきは敵か、味方か、密偵は誰なのか!? 日本統治時代の1920年代の京城と上海を舞台に、武装 …

アクション映画

映画『炎の城』あらすじと考察。加藤泰VS黒澤明のシェークスピア論

一昨年の2016年、名匠・加藤泰は生誕100年を迎えました。 ですが、本作『炎の城』はビデオのVHSが発売されたのみでDVD化はされていません。 そんな作品が2018年1月31日にNHKのBSプレミア …

アクション映画

『アウトレイジ3最終章』ネタバレ感想と評価!北野武監督次回作は

大人気「アウトレイジ」シリーズの最新作にして最終作がついに公開! 様々な分野で活躍する才人・北野武監督の『アウトレイジ 最終章』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まず …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学