Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』1番サトシ役は高杉真宙。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。

監督を務めるのは『イニシエーション・ラブ』『トリック』などヒット作を数多く輩出している堤幸彦。

”12人の子どもたち”キャストも発表され、話題を呼んでいます。

この記事では、1番サトシ役を演じる高杉真宙(まひろ)さんについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』の作品情報


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)

【監督】
堤幸彦

【キャスト】
杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗

【作品概要】
『天地明察』『光圀伝』といった時代小説や『マルドゥック・スクランブル』などのSF小説で人気の冲方丁が、初めて現代を舞台に描いたミステリー小説を実写映画化。

閉鎖された病院を舞台に、それぞれの理由で安楽死をするため集まった12人の少年少女が、そこにいるはずがない13人目の少年の死体を見つけたことから始まる犯人捜しと、その過程で少年少女たちの死にたい理由が徐々に明らかになっていくことで、変化していく人間関係や心理を描いています。

出演には杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら人気若手俳優がそろいました。

脚本は岸田國士戯曲賞受賞経歴を持つ劇作家の倉持裕。

監督はドラマ『池袋ウエストゲートパーク』をはじめ『SPEC』シリーズ、『イニシエーション・ラブ』を手がけた堤幸彦氏が務めます。

映画『十二人の死にたい子どもたち』のあらすじ


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

廃業した病院にやってくる、十二人の未成年たち。

建物に入り、金庫をあけると、中には1から12までの数字が並べられていました。

この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にとり、「集いの場」へおもむく決まり。

初対面同士の子どもたちの目的は、みなで安楽死をすること。

十二人が集まり、すんなり「実行」できるはずでした。

しかし、「集いの場」に用意されていたベッドには、すでに生温かい死体が横たわっていたんです。

この死体は一体誰なのか。

自死か、他殺か。

このまま「実行」してもよいのか。

この集いの原則「全員一致」にのっとり、子どもたちは多数決を取ります。

不測の事態を前に、議論し、互いを観察し、状況から謎を推理していく彼らが辿り着く結論は。

そして、この集いの本当の目的は…。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』サトシ役は高杉真宙(まひろ)

参考映像:高杉真宙初主演作品『カルテット!』(2011)


映画『十二人の死にたい子どもたち』に1番サトシ役で出演するのは、俳優の高杉真宙(まひろ)です。

高杉真宙は1996年7月4日生まれの22歳。福岡県出身。現在人気急上昇中の若手俳優です。

熊本の花火大会で小学6年生で、女の子とまちがえられてスカウトされ芸能界入りしました。

堀北真希さん、黒木メイサさんのいる『スウィートパワー』の男性部門『スパイスパワー』に所属。

もともとは女性タレントに力を入れていた事務所が、高杉真宙を原動力に男性部門を立ち上げたのだそうです。

2009年に舞台『エブリリトルシング’09』で俳優デビューします。

2010年公開の映画『半次郎で銀幕デビュー後、2012年には『カルテット!』で映画初主演を務めました。

参考映像:『仮面ライダー鎧武/ガイム』第1話

2013年特撮ヒーロードラマである『仮面ライダー鎧武/ガイム』の仮面ライダー龍玄/呉島光実訳で出演し人気者になります。

2016年公開の『想影』、2017年公開の『逆行の頃』

そして、2018年には『世界で一番長い写真』『虹色デイズ』『ギャングース』映画主演を多数務める、今をときめく大注目の俳優となっています。

2019年には本作のほか、2月に主演作『笑顔の向こうに』の公開も決まっています。

参考映像:『ギャングース』(2018)

テレビドラマにも数多く出演。『セトウツミ』での主演は大きな話題を呼びました。

最近では『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』にも出演。ドロドロした愛憎劇の中で、爽やかに純愛を貫く印象深い役を演じ好評を博しています。

そのほか舞台『闇狩人』『新感線☆RS『メタルマクベス』』や、CM『ファンケル「えんきん」』『ファブリーズ』など、多方面で活躍しています。

実はとても人見知りする性格なのだそうです。大の漫画・アニメ好きとして知られています

映画『十二人の死にたい子どもたち』1番サトシはどんな役?


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

映画『十二人の死にたい子どもたち』の1番サトシは、冷静沈着な15歳の高校一年生。

閉鎖された病院に、安楽死を目的に集まった12人の少年少女たち。

その”安楽死の集い”の主催者がサトシです。遺書の管理などの準備をひとりで行っています。

彼の父親は、集いの舞台である廃墟となった病院の元院長でした。

医大を3浪した兄を母が刺し、命をなんとかとりとめた兄は親戚に預けられます。母も別の親戚の元へ。

サトシは父と二人暮らしとなりましたが、父はうつに苦しみ、院長室で自殺してしまいます。

「死にたい人の気持ちがわからない」。その思いからサトシは死に引っ張られるようになります

スポンサーリンク

高杉真宙の演技力の評価は


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

普通の青年役から不良の役、シリアスな作品からコミカルな役まで、様々な演技を見せている高杉真宙

映画『渇き』での金髪ピアスの不良役、『ギャングース』でのサイケな役など、本来の高杉真宙とは全くイメージの違う役も演じ分け、その実力を高く評価されています。

『仮面ライダー鎧武』では、裏切って敵サイドにつくという二面性を持つ難しい役をこなし、注目されました。

カメレオン俳優として広く認められる才能。数多くの主演を務める華ある実力派といえます。

高杉真宙の公式SNSの紹介

才能と人気のともにある高杉真宙の「公式SNS」を見つけましたので、ご紹介させていただきます。

【高杉真宙公式Instagram】

【高杉真宙公式Twitter】

まとめ

2019年公開を前に、ショッキングなタイトルからも大きな話題を呼んでいる映画『十二人の死にたい子どもたち』。

”十二人の子ども”役には、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、黒島結菜といった若手の実力派が勢ぞろい

4番目のキャストについて詳細が未発表で謎が多いことにも、話題が集まっています。

鬼才・堤幸彦監督が自ら「人に観せたくないほど面白い」と公言しており、作品への期待がすます大きく膨らんでいる本作。

トップバッター1番・「安楽死の集いの主催者」サトシ役を演じる高杉真宙の演技に大注目です!

衝撃的な密室サスペンス映画『十二人の死にたい子どもたち』は2019年1月25日より全国ロードショーです。

スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

映画『テルマ』ネタバレ感想と結末で見せた少女の微笑みを解説【ノルウェー発ホラー作品】

少女の中の願い(タブー)が目を醒ます時…。 世界が固唾を飲んだノルウエー発の衝撃作、ヨアキム・トリアー監督の『テルマ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『テルマ』の作品情報映画『 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』10番セイゴ役は坂東龍汰。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』4番リョウコ役は橋本環奈。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

韓国映画ザ・メイヤー 特別市民|あらすじとキャスト!ミンシク紹介も

日本映画では忖度ばかりをしていまい、映画として娯楽性の高さや魅力的な人物描写が不得意なジャンルがあります。 それポリティカルものです。逆にメディアのひとつとして得意とも言える手法で政治の裏側を描く韓国 …

サスペンス映画

映画『ザ・シークレットマン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ウォーターゲート事件を内部告発したFBI副長官の目線で映像化。 『コンカッション』や『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』のピーター・ランデスマン監督が徹底的なリサーチの末に脚本を書き上げた映画 …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP