Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/12/02
Update

映画フォールFALL(2022)あらすじ感想と評価解説。“元ネタ”の鉄塔×鳥という“死の領域を司る者”の意味を探る

  • Writer :
  • 河合のび

ようこそ、地上600メートルの絶望へ

2023年2月3日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショーを迎える映画『FALL/フォール』

地上600メートルの高さを誇る、老朽化した超高層鉄塔……その頂上へと取り残されてしまった二人の女性の顛末を描いた“高所サバイバル・スリラー”です。

水と食料はなく、スマホの電波も通じず、鉄塔の周りには人影もない……“地上600メートルの絶望”に立たされた時、人間は生き残れることができるのか。

本記事では、映画作中に登場する鉄塔の元ネタ、そして「塔の映画」である『FALL/フォール』が同時に「鳥の映画」でもある理由などを解説していきます。

スポンサーリンク

映画『FALL/フォール』の作品情報


(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2023年(イギリス・アメリカ合作)

【原題】
FALL

【監督】
スコット・マン

【脚本】
ジョナサン・フランク、スコット・マン

【キャスト】
グレイス・フルトン、ヴァージニア・ガードナー、ジェフリー・ディーン・モーガン、メイソン・グッディング

【作品概要】
超高層鉄塔へと取り残された二人の女性の顛末を描いたサバイバル・スリラー。監督は『ファイナル・スコア』『タイム・トゥ・ラン』などのアクション映画で知られるスコット・マン。

夫を落下事故で亡くした主人公ベッキー役を『シャザム!』(2019)などの話題作に出演するグレイス・フルトン、その親友ハンター役を『ハロウィン』(2018)のヴァージニア・ガードナーが演じるほか、「ウォーキング・デッド」シリーズなどで知られるベテラン俳優ジェフリー・ディーン・モーガンが出演している。

映画『FALL/フォール』のあらすじ


(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

山でのフリークライミングの最中に夫ダンを落下事故で亡くしたベッキーは、悲しみから抜け出せず1年が経とうとしていた。

ある日、ベッキーを立ち直らせようと親友のハンターが新たにクライミングの計画を立てる。

今は使われていない地上600mのモンスター級のテレビ塔をターゲットとして選んだ彼女たちは、老朽化で足場が不安定になった梯子を登り続け、なんとか頂上へと到達することに成功する。

そこでベッキーは夫の遺灰を空から撒くことで、彼を偲び、新たな1歩を踏み出す決意を示すが、それもつかの間、梯子が崩れ落ち、彼女たちに次々と困難が襲いかかる!

自分たちの持つ技術と知識をフル活用して、どうにかこの危機を抜け出そうとするが……。

スポンサーリンク

映画『FALL/フォール』の感想と評価


(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

地上600m・超高層鉄塔の「元ネタ」は?

『FALL/フォール』に登場する高さ600mという超高層鉄塔には、いわゆる「元ネタ」があるとされています。それが、アメリカ・カリフォルニア州のウォルナット・グローブ市に実在する支線式鉄塔「サクラメント・ジョイント・ベンチャー・タワー(別名称:KXTV/KOVRタワー)」です。

1986年にテレビ用電波塔として建設され、「カリフォルニア州で最も高い建造物」で知られるサクラメント・ジョイント・ベンチャー・タワー。

その全長は、映画に登場する鉄塔よりも高い625m(2049フィート)。映画作中でも言及されるフランスのエッフェル塔330m、日本の東京スカイツリー634mと比べてみると、その高さの恐ろしさが伝わってきます。しかしその「危険度」は同時に、エクストリームスポーツ(速度や高度などの「危険」への挑戦に重きをおくスポーツ)を愛する人々の格好の相手でもあります。


(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

実際、ベースジャンピング(崖・建造物など地上に立つ高所からのパラシュート降下を行うスポーツ。スカイダイビングに比べると低空からの降下、周囲の障害物の多さなどから危険度は非常に高い)の愛好家たちをはじめ、「daredevil(命知らず)」による塔への侵入・降下が頻繁に発生。

2005年、とあるベースジャンパーが降下したところパラシュートが塔の一部に引っかかってしまい、消防隊に救助されたという事件を機に塔周辺の警備が強化されたものの、それでも命を賭した危険を愛する者たちによる「挑戦」は後を絶たないそうです。

エクストリームスポーツの精神的側面がそうであるように、命懸けの危険へと自らの身を投じようとする人々の中には「死へ肉薄することでの生の実感」などの精神的充足を目的に据える者います。

しかしながら、それはあくまでも「自分は生きて帰ってこれる」という何の保証もない、幻想と同義の確信を抱いているからこそ、そんなことを言えるのではないか?……その問いへの答えを提示するために用意されたのが、実在の鉄塔に基づいて生み出された“地上600メートルの絶望”なのかもしれません。

鳥たちが司る「死の領域」へ放り出される


(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

予告編がポスタービジュアルを目にした誰もが「鉄塔の映画」と覚える映画であろう『FALL/フォール』は、同時に「鳥の映画」でもあります

夫・ダンをフリークライミングでの落下事故で亡くし、意気消沈していた主人公ベッキー。親友ハンターに誘われ、登り着いた先でダンの遺灰をまくことで彼との永別の「儀式」を執り行おうを決意します。

しかし、その塔へと登り始める直前で目にしたのが、まだ息のある野良犬の肉を啄ばみ続けるハゲタカたちでした。

そもそもフリークライミングでの死亡事故が起こったのは、断崖の小さな穴にダンが手をかけようとした瞬間、中から鳥が飛び出してきたのがきっかけでした。ベッキーにとって鳥は、夫ダンの死を招いた存在でもあるのです。

そして、死期の近い者のそばへと舞い降り、息絶えるのも待たずにその肉を喰らい「完全なる死」をもたらそうとするハゲタカの姿を目撃した時も、ベッキーは鳥というイメージと結びつけられた夫ダンの死を連想したはずです。


(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

天空。そこは本来、人間にとっては「未知にして不可侵の領域」であり、天国という死者が向かう世界が存在するとも信じられていた「死の領域」でもありました。そしてそんな死の領域を司っていたのは、人々が天からの使者を「翼の生えた者」としてイメージした通り、鳥という種そのものでした。

なお、「鳥がもたらす人間の死」と聞いて、航空機の墜落事故の原因の一つとしても知られている「バード・ストライク」を思い出す方も決して少なくないでしょう。

あくまでも人間は「事故」として扱うバード・ストライク。しかし、明治時代の日本で起こったと語り継がれる「偽汽車」の物語……汽車の姿へと化け、本物の汽車が走る線路の反対方向から出現して人を驚かせていたが、ついには汽車に轢かれ命を落としたという、人間に住処を追われたムジナの物語を重ね合わせた時、鳥たちは果たして本当に「誤って」飛行機に衝突したのかと考えさせられます。

人間は、鳥たちが支配していた天空という死の領域を克服した」……映画『FALL/フォール』は、それがとんでもない勘違いであることを「過去の記憶」と「前兆」という演出によって提示します。

そして、飛行機という巨大な鳥の形をした鉄製の鎧に保護されず、一つの武器も持たぬまま「死の領域」に放り出された人間がどんな目に遭うのか……その結果も同時に描き出していくのです。

まとめ/死の領域で掴みとる「ありのままの自分」


(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画作中、YouTuberとしても活動している親友ハンターが「キャラ」を作った上で動画を撮影するのに対して、ベッキーは「ありのままの自分」を見せてはどうかと提案の言葉を投げかけます。

その言葉は、二人の間に潜む「秘密」たちがのちに塔の上で一つずつ明らかにされていく物語の展開、そして夫ダンを失って以降、生きることから目をそらすようになり、実の父にも酷い振る舞いをするベッキーが「ありのままの自分」と向き合えるようになる瞬間を暗示しています。

天空という「死の領域」に放り出された時、人間はどんな「ありのままの自分」を手に入れられるのか。その上で、人間は生き残ることができるのか。その一つの答えを、本作は映し出すのです。

映画『FALL/フォール』は2023年2月3日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー!

ライター:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。

2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、映画情報サイト「Cinemarche」編集部へ加入。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける。


photo by 田中舘裕介





関連記事

サスペンス映画

映画『ジョーカー』に影響を与えた名作傑作リスト一覧。“悪のカリスマ”を描くベースとなった過去作をチェック

“悪のカリスマ”ジョーカーを描くベースとなった映画まとめ ヴェネツィア国際映画祭でアメコミ映画史上初の金獅子賞を受賞し、話題沸騰となった映画『ジョーカー』が、2019年10月4日(金)より日米同時公開 …

サスペンス映画

映画『ピッグ/PIG』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。ブタを探すニコラスケイジ演じる謎の男が自身の人生と対峙する深い人間ドラマ⁈

山奥で静かに暮らす男ロブ、彼の閉ざした過去とは? 山奥で静かに暮らしていた男が、大切にしていたブタが盗まれたことで、奪還する為の戦いに身を投じる映画『PIG』。 山奥で暮らす、謎だらけの男を中心に展開 …

サスペンス映画

【ネタバレ】ザリガニの鳴くところ|結末あらすじ感想と評価を解説。原作本格ミステリ小説の映画化で“謎めいた湿地の娘”の生き方を描く

ディーリア・オーエンズの大ベストセラーを リース・ウィザースプーン製作で映画化! ノースカロライナ州の湿地帯で、一人の青年の変死体が発見されます。 犯人として疑われたのは、街中で“湿地の娘”と呼ばれ差 …

サスペンス映画

映画『ダンケルク』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【クリストファーノーラン代表作おすすめ】

公開以前から各メディアでも取り上げられ、映画ファンからはバッドマンシリーズのクリストファー・ノーラン監督の最新作と期待が高まり、そうでない人でも全く見たことの無いようなジャンルの映画であると告知され、 …

サスペンス映画

サイバーリベンジャーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年7月15日~8月18日まで開催される、新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」をご存知でしょうか。 その中から今回ご紹介する映画 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学