Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/02/21
Update

韓国映画『悪の偶像』あらすじと感想レビュー。キャストのソッキュ×ギョングの演技力が光るサスペンスノワール!

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『悪の偶像』は2020年6月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー予定。

韓国映画界の実力派ハン・ソッキュとソル・ギョングの強力タッグで魅せる予想外の展開から、衝撃の結末が描かれる!

知事有力候補の市議会議員の息子が起こしたひき逃げ事件から、市議会議員の男とひき逃げで死亡した男性の父親という二人の対照的な表情を、事件に隠された意外な真実と緊迫した展開を通して描いた『悪の偶像』

作品は『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』に続き長編第2作目となるイ・スジンが監督、脚本を務めます。

そして知事選候補の市議会議員役をハン・ソッキュ、その息子に自分の息子をひき殺された父役としてソル・ギョングが出演しています。

スポンサーリンク

映画『悪の偶像』の作品情報


(C) 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
우상

【英題】
Idol

【監督・共同脚本】
イ・スジン

【キャスト】
ハン・ソッキュ、ソル・ギョング、チョン・ウヒ、ユ・スンモク、ジョー・ビョンギュ、キム・ジェファ

【作品概要】
ひき逃げ事件の加害者の父である市議会議員の男性と、被害者の父である小さな工具屋の男性の運命が交錯するさまを追ったサスペンス。監督・脚本を『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』のイ・スジンが手掛けます。

作品は第69回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門へ出品、さらに2019年ファンタジア映画祭で作品賞と男優賞(ハン・ソッキュ、ソル・ギョング)を受賞、さらに第28回釜日映画賞主演男優賞ノミネート(ハン・ソッキュ)など国内外で大きな話題を呼びました。

キャストには知事選有力候補の市議会議員ミョンフェ役をハン・ソッキュ、その息子に自分の息子をひき殺された工具店の店主ジュンシク役としてソル・ギョングが出演。さらにひき殺された息子の嫁リョナ役を『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』で主演を務めたチョン・ウヒが担当。

映画『悪の偶像』のあらすじ


(C) 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved

知事選の最有力候補として日々を送っていた市議会議員のミョンフェでしたが、ある日妻の電話で息子のヨハンが飲酒運転で人をひき殺してしまったことを知り、激しく動揺します。

しかも家に帰ると、車とともにひき殺した被害者の死体が。ミョンフェはヨハンに自首するよう説得し、その一方で死体をひき殺した現場に再び遺棄することに。

世間のバッシングと、息子を殺された父ジュンシクの怒りを甘んじて受け、知事選の辞退を宣言したミョンフェでしたが、そのことで逆に支持率が上がり、彼の周辺では何としてでも立候補を続けるようにと説得されます。

ところが、ミョンヒが犯行当日の家のガレージの防犯カメラを確認すると意外な事実が。

また同じころ、現場に居合わせた被害者の新妻リョナの行方がわからなくなっていることが判明。事実が明るみに出ることを恐れるミョンヒは、リョナの行方を追います。

一方、ジュンシクはリョナの足取りを追う中で彼女が妊娠していることを知り、なんとかして彼女を捜し出そうとします。

そして二人はお互いに耐えがたい葛藤の中で揺れ動きながら、心の闇の中へ足を踏み入れていくのでした…。

スポンサーリンク

映画『悪の偶像』の感想と評価


(C) 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved

強烈なインパクトを示す物語

ミョンフェとジュンシクという二人の男性はそれぞれ政治に見を置く人、堅実に働き生きる人とそれぞれ立場の違いはありますが、子どもを持ち真面目に人生を送っていたという点で似た部分があります。

そして一人の子どもがもう一方の子どもを殺めてしまい、その事件をめぐり激しく揺れ動くさまが前半の展開となるわけですが、この展開は二人にかなり大きなインパクトをもたらしながらも、またそれぞれ、この時点では自分自身を見失っていないのですが、やがて事態は急展開を見せていきます。

ミョンフェは子どもの犯した過ちに大きな責任を感じ、ジュンシクは子を失った悲しみと憤りにくれる。それでもそれぞれ自身が過ちを犯すという一線を犯すことはありません。

ところが後半に事件の裏に隠された意外な真実の糸口が突然現れてきてからは、二人の気持ちは大きく動いていきます。特にミョンフェは息子の過ちだけではなく妻にも、さらには周囲の人間からも翻弄され、揺るぎない自分の信念を大きく崩してしまうことになるのです。

そこには人間の不完全さ、人間であるがゆえの弱さ、恐ろしさなどおぞましい面が諸々に見えてきます。

そしてミョンフェの一面に触れたジュンシクもまた自身を見失ってしまうわけでありますが、とにかくその人間の内面が見えてくる展開には、見ている人が自分自身の内面を疑ってしまうほどのインパクトがあり、物語に強烈引き込まれていくことでしょう。

当初イ・スジン監督は、ミョンフェを演じたハン・ソッキュに対してもともとジュンシク役としてオファーを出されていたそうですが、ミョンフェのキャラクターを知ったことで自らこの役をやりたいと志願し今回の役柄に抜擢されたという経緯があるといます。

さらにジュンシクを演じたソル・ギョングも、もともとミョンフェ役を狙っていたという後日談があったそうで、ミョンフェというキャラクターには役者が演じるという視点で見ても大きな魅力を持った役柄であったことがうかがえます。

本作が長編映画第2作となったイ・スジン監督。実話から着想を得て制作された前作『ハン・ゴンジェ 17歳の涙』からは一転して本作はゾッとするようなミステリー作品として仕上げていますが、目を背けたくなるような人間の内面を描き人間の本質を問うという意味では、両作品ともに共通したテーマがにあるようにもうかがえます。

充実したキャスト陣


(C) 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved

そして本作の見どころはハン・ソッキュ、ソルギョング、さらにチョン・ウヒというキャスト陣の充実した演技力にあります。

ハンの前半の善人ぶりは、これまでの彼の出演作で多く見せたヒーロー的な役柄と被り、まさに「期待通り」な人物を演じながら、後半は見事にその印象を裏切って真反対の人間の表情を見せてきます。

その代わり身の鋭さはゾッとする感覚すら覚えることでしょう。

対してソルは、最初から最後まで安定した性質が見られます。

どちらかというと激情感をあらわにした印象がこれまでの出演作には強く感じられる彼ですが、しわがれた声に片足を引きずりながら歩く様、そして怒りと悲しみに満ちながらもそれをなぜか外に出しきれない表情は、ミョンフェとジュンシクの社会的立場の差からできてしまったキャラクターとも見え、世界的にも関心が寄せられている韓国社会の格差問題構図を強くアピールしているようでもあります。

この二人は物語の筋、物語のテーマとして打ち立てられたメッセージ的な部分で対象的な性質をそれぞれ持っていますが、また違った視点として人間の存在感、演技という意味で対照性を見せているのが、ジュンシクの息子の嫁・リョナ役を演じるチョンの演技です。

後半の展開の中で大きな鍵を握るのがこのリョナの存在感でありますが、物語全体における人物の在感を意識した演技を行っているハン、ソルとは対照的に、チョンはかなり思い切ったアプローチを見せています。

その不気味なキャラクターは怪演という言葉が非常にピッタリなものでありますが、ベテランらしい演技を見せる二人の主役の演技があり、逆に二人のその演技に対して答えたからこその、大胆で活きのいい演技を見せています。

全体的に暗いトーンの映像の中で、この3人の演技はかなり見ごたえのあるものとなっています。

まとめ


(C) 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved

イ監督は原案から物語を描いた長編第1作で第43回ロッテルダム国際映画祭においてタイガーアワードを受賞、その際に巨匠マーティン・スコセッシ監督から絶賛を受けました。そして再びチョンとのタッグでいよいよ完全オリジナルの脚本へ挑みます。

アカデミー賞では『パラサイト 半地下の家族』が多くの受賞を果たし、世界的にも大きく注目を浴びている韓国映画界でありますが、新たな才能として大きく注目を浴びているイ監督自らの脚本に、韓国2大スターの競演ということもあり、この作品も大きな注目株であることは間違いないでしょう。

一方で内容的にも韓国社会の現状や人間の闇に深く切り込み、妥協のない作品作りが行われたことがうかがえる問題作であります。

映画『悪の偶像』は2020年6月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで公開予定です!



関連記事

サスペンス映画

映画『ジェントルメン』感想評価と内容レビュー解説。どんでん返しサスペンスで悪党たちの騙し合いを描く

映画『ジェントルメン』は2021年5月7日(金)より全国ロードショー。 裏社会の大物として知られるミッキーが引退宣言をした事で、彼が所有する4億ポンド(約500億円)の大麻事業を巡り、悪党たちの騙し合 …

サスペンス映画

映画『凜りん』ネタバレ感想。佐野勇斗と本郷奏多が又吉直樹の原作を超える!

映画『凜-りん-』は2019年2月22日(金)ロードショー 芥川賞作家・又吉直樹が書き下ろした舞台の台本を、時を経て映像化した映画『凜-りん-』 現代の片田舎に暮らす男子高校生たちの日常と、田舎に伝わ …

サスペンス映画

映画ソウsaw3|動画フルを無料視聴!字幕も吹き替え版も見られる

映画『ソウ3』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『ソウ3』の動画を無料で見るならU-NEXT!↓ なお、当記事でご紹介している映画『ソウ3』の動画配信状況は201 …

サスペンス映画

ビバリウム映画ネタバレ考察。謎の家ヨンダーの真相とラストの意味不明な出来事は「人生の縮図」だった!?

映画『ビバリウム』は2021年3月12日(金)より全国公開。 マイホームを夢見る若い夫婦が、住宅見学に訪れた事から始まる恐怖を描いた、映画『ビバリウム』。 住宅街から脱出できなくなった夫婦が、さらに正 …

サスペンス映画

『スマホを落としただけなのに』結末ネタバレ解説。あなたのセキュリティーは大丈夫!?

志駕晃のスマホ犯罪を題材とした、現代社会ならではのSNSミステリー同名小説を、映画『リング』などジャパニーズホラーの名匠・中田秀夫が映画化した『スマホを落としただけなのに』。 中田監督がとことんリアル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学