Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/12/26
Update

映画『68キル』あらすじとキャスト。トレント・ハーガ監督とは

  • Writer :
  • まこちゃ

映画『デッドガール』や『ザ・スリル』の脚本家として高い評価を受けているトレント・ハーガ。

彼が脚本と監督を手掛けた映画『68キル』は2018年1月6日より、特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」公開!

アメリカではチケットが即完売し、すぐに追加上映もされたという話題のアクションスリラー『68キル』の作品概要やスタッフ・キャストの情報を紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『68キル』の作品情報


(C)2016 CHIP THRILLS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
『68 Kill』

【脚本・監督】
トレント・ハーガ

【キャスト】
マシュー・グレイ・ギュブラー、アナリン・マッコード、アリーシャ・ボー、シェイラ・バンド、サム・イードスン、ジェームズ・モーゼ・ブラック

【作品概要】
2017年に応募総数約8000本の中から上映されたサウス・バイ・サウスウエスト映画祭で観客賞を受賞した新感覚アクションスリラー。

『悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル』や『デッドガール』『ザ・スリル』で高い評価を受けている脚本家、トレント・ハーガが監督・脚本を務め、強盗計画が思わぬ方向へ転がっていく様子をスリリングに描いています。

2.トレント・ハーガ監督のプロフィール


トレント・ハーガは、2000年に『悪魔の毒々モンスター/新世紀絶叫バトル』で脚本家デビューします。

2008年に少年たちが女ゾンビを痛め続けるという、不謹慎きわまりない内容のホラー作品『デッドガール』の脚本を手掛け、トロント国際映画祭をはじめ、各国の映画祭で話題になりました。

『デッドガール』(2008)

2013年にサウス・バイ・サウスウエスト映画祭で観客賞を受賞した、サスペンススリラー『ザ・スリル』の脚本も担当しています。

『ザ・スリル』(2013)

2008年に『ボニー&クライドvs.ヴァンパイア』2015年に『アメリカン・マッスル』にて俳優を務めており、これまでに脚本家、プロデューサー、監督、俳優として50本以上の長編映画に関わっています。

また、名作サバイバルホラーゲーム「サイコブレイク」シリーズの脚本も手掛けており、大の親日家でもあるそうです。

スポンサーリンク

3.『68キル』のキャスト

マシュー・グレイ・ギュブラー(チップ役)


(C)2016 CHIP THRILLS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
マシュー・グレイ・ギュブラーは、1980年3月9日生まれ。

モデルとしてキャリアをスタートさせ、2004年に俳優としてデビューしました。

本国で2005年に放送が開始されたドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』シリーズの、IQ187の天才プロファイラーのドクター・スペンサー・リード役で知られています。

また、元々は監督志望だった事もあり『クリミナル・マインド』では、シーズン5を皮切りに、1シーズン1~2話の割合でエピソード監督を務めています。

マシューの敬愛する監督は次のような映像作家です。

○大林宣彦
○アルフレッド・ヒッチコック
○ジョエル&イーサン・コーエン
○ジョン・ウォーターズ
○トッド・ソロンズ
○デヴィッド・リンチ
○ウェス・アンダーソン
○ヴィンセント・ギャロ
を挙げています。

特に『クリミナル・マインド』シーズン8の第20話「錬金術」は、1977年に大林監督が手掛けた映画『HOUSEハウス』にリスペクトしたと述べています。

俳優だけではなく、スタッフとして監督もこなす、多彩なマシュー・グレイ・ギュブラーの今後の活躍が楽しみですね。

アナリン・マッコード(ライザ役)


(C)2016 CHIP THRILLS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
アナリン・マッコードは、1987年7月16日生まれ。

15歳の頃にモデル業をこなし、2002年に『The Middle of Nowhere』で女優デビュー。

2005年にはジェイソン・ステイサム主演のアクション『トランスポーター2』に出演しました。

これまで主にテレビ出演が多く、ドラマ『アグリー・ベティ』や『CSI:マイアミ』などでゲスト出演を重ね、ソープドラマ『American Heiress』でレギュラー出演を果たします。

2008年には日本でもヒットしたテレビシリーズ『ビバリーヒルズ高校・青春白書』のリメイクとなる、ドラマ『新ビバリーヒルズ青春白書』で、ナオミ役としてレギュラーを獲得し、広く知られるようになりました。

私生活では2015年に3年の交際の末に破局した『プリズン・ブレイク』のドミニク・パーセルと、2016年に復縁。

ポッドキャストで「私はとても幸せなの。親友を取り戻したから最高よ」とコメントしました。

また、幼少期に両親から日常的に暴力を受けていたことや、18歳でLAに引っ越してきた後、家に泊めた男の子の友達に性的暴行を受けたこと、その事件は誰にも打ち明けず自傷癖がつき自死を考えていた過去も明かしました。

現在は自分の体験を生かして他の人を助けたいと考えるようになり、ソマリー・マム・ファウンデーションという組織で、性的虐待を受けた人たちを支援する活動をカンボジアで続けています。

アリーシャ・ボー(バイオレット役)

1997年ノルウェー生まれ。

2008年、ホラー映画『アミューズメント』にてデビューしました。

2012年には映画『パラノーマル・アクティビティ4』に出演し、ドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』、『Casual / カジュアル』、『CSI:サイバー』、『ティーン・ウルフ』などにも出演しています。

2017年、Netfilexのドラマ『13の理由』にて主要登場人物の一人、ジェシカを演じ高い評価を得ました。

シェイラ・バンド(モニカ役)

1985年アメリカ生まれ。

大学卒業後、女優として活動を開始し、いくつかの短編やテレビシリーズへの出演を経て、2012年、ベン・アフレック主演のアカデミー賞受賞作品の映画『アルゴ』に出演。

2014年からスタートしたドラマ『ザ・ブック/CIA大統領特別情報官』ではCIAアナリスト・チームのメンバー・モーリーンを演じて注目を集めました。

2015年にはイライジャ・ウッドが製作総指揮を務めた映画『ザ・ヴァンパイア ~残酷な牙を持つ少女~』にてミステリアスなヒロインを演じ、全米映画俳優組合賞を受賞しました。

2017年よりスタートしたドラマシリーズ『24:レガシー』では選挙マネージャーのニラー・ミズラニを演じています。

ピュリッツァー賞ノミネート作品『バグダッド動物園のベンガルタイガー』でブロードウェイデビューも果たしています。

4.映画『68キル』のあらすじ


(C)2016 CHIP THRILLS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
気弱で女好きの配管工チップは、美人なガールフレンドのライザから、知り合いの金持ちが金庫に隠している6万8000ドルを盗みに行こうと誘われ、断る事が出来ず渋々同行します。

しかし、留守なはずの家主は家にいて、犯行はあっさり失敗してしまい、逆上したライザは家主を惨殺してしまいます。

彼らは金を奪って逃走を計ろうとしますが邸内にはもう一人、不運な目撃者、娼婦のバイオレットがいました。

ライザはバイオレットを誘拐し、サイコな殺人鬼の兄貴ドウェインに売りつけようとします。

反対するチップでしたが、ライザは聞き入れず「邪魔をするなら、アンタを殺す!」と脅しをかけられ、仕方なくチップはライザの後頭部を殴り、バイオレットを連れて、マスタングで逃避行を計ります。

次第にバイオレットとチップは惹かれ合い、モーテルで甘いひとときを過ごすようになります。

次の日、チップが目を覚ますと、金と銃は消え失せ、バイオレットは変わり果てた姿でバスタブに横たわっていました。

ライザの仕業だと思い、チップは彼女に電話しますが、当てが外れた為、思い当たる容疑者はもう一人、奪った金を見られ、口止め料を払ったスタンド店員のモニカでした。

彼女の行方を追って、チップが辿り着いたトレーラーハウスは無法者たちのたまり場。

孤立無援で、武器も持たず、策もない状況で、チップは復讐を果たし、金を取り戻すことが出来るのでしょうか…。

スポンサーリンク

5.映画『68キル』の感想と評価


(C)2016 CHIP THRILLS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
*詳細な映画感想は公開後に記載いたします。

トレント・ハーガ監督によると、「僕は『68キル』で馴染みのものに新しいものを注入したかった。」と語り、ロードムービーというコンセプトに予測不能な、クライム、コメディ、ロマンス、ホラーの要素などを加え、観客たちを驚かせる作品を目指した事を語っています。

また、主役のチップ役を演じるマシュー・グレイ・ギュブラーを始め、チップの人生を翻弄する美女達に、現在注目されている女優たちが顔を揃えているのも、本作の魅力ではないでしょうか?

記事冒頭の『68キル』の予告編に登場するカップルと、個性の強すぎるキャラクター達のバトルロイヤルは、タランティーノが脚本を手がけた映画『トゥルー・ロマンス』を個人的には連想させられました。

参考映像:トニー・スコット監督『トゥルー・ロマンス』(1993)

「初期のクエンティン・タランティーノ作品を思わせる、ぶっ飛んだ爽快さと意表を突く展開、愛と裏切りとバイオレンスが満載のジェットコースター・ムービー」とも紹介されており、非常に楽しみです。

さらにポスタービジュアルをデザインしたのは、映画ライターやデザイナーとして活躍する高橋ヨシキさんが手掛けています

ネオンカラーの派手な色使いに「地獄の沙汰は、金次第。」のキャッチコピーが、本作の派手で過激な展開を予想させてくれます

アメリカでは大きな話題を呼んでいる本作『68キル』、日本でも熱狂的なファンを生む、新たな映画となる予感がしますね。

まとめ


(C)2016 CHIP THRILLS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
『デッドガール』や『ザ・スリル』など、衝撃的な内容の作品に脚本家として携わり、各映画祭で高い評価を受けてきたトレント・ハーガ監督

特に『デッドガール』は、女ゾンビを痛めつける少年達の姿を描きながら、閉鎖的な環境から抜け出せない悲しさや、暴走する若いエネルギーの恐怖を描いた傑作でした。

本作『68キル』は、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で圧倒的支持を集め観客賞を受賞したことで上映チケットが即完売。その後、追加上映もされたという話題作です。

2018年1月6日より、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催される特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」で『68キル』は上映です!お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

映画『嘘を愛する女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年に三十歳になり大人の女優へと深化を進める長澤まさみと、『おんな城主直虎』『カルテット』で大ブレイクした高橋一生が共演するラブサスペンス。 5年間同棲していいた男は名前から何から全て嘘だった。 …

サスペンス映画

日本で一番悪い奴ら|動画フルを無料視聴!パンドラやデイリーモーション紹介も

映画『日本で一番悪い奴ら』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『日本で一番悪い奴ら』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介している映画『日 …

サスペンス映画

映画スウィンダラーズ|AFTERSCHOOLナナのセクシーな詐欺師の本編映像公開!

アジア各国で絶大な人気と知名度を誇るヒョンビンが、初めて詐欺師を演じた話題作『スウィンダラーズ』が、7月7日(土)より全国ロードショー。 詐欺師だけをダマす詐欺師5人とエリート検事による予測不可能な犯 …

サスペンス映画

映画『めまい』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アルフレッド・ヒッチコック監督は、サスペンス映画の神様と呼ばれた巨匠。しかし、『めまい』を観たら“ヘンタイ映画の神様”、もう、そう呼ぶしかない極めてエロスに満ちた作品。 『めまい』を観たこのとのない、 …

サスペンス映画

フリーファイヤー感想とネタバレ!映画評価やラスト結末も

現在も日本各地で公開中の『フリー・ファイヤー』は、2017年に見るべき映画! GW映画として4月29日より公開されている今作品は、製作総指揮マーティン・スコセッシ&監督ベン・ウィートリーのタ …

日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP