Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『私は告白する』ネタバレ感想考察とあらすじ結末の評価解説。カメオ出演ヒッチコックにも注目!おすすめサスペンスが描く“罪を貫く瞳”と信仰の意味

  • Writer :
  • 谷川裕美子

厚き信仰は、真実の行く手を阻むのか?
巨匠ヒッチコック、異色の宗教サスペンス!

私は告白する』は、『裏窓』(1954)『サイコ』(1960)の巨匠アルフレッド・ヒッチコックがポール・アンセルムの戯曲をもとに、宗教の戒律を背景に描いた異色サスペンス


I Confess(C)1953, Renewed(C)1981 Package Design & Supplementary Material Compilation (C) 2004 Warner Bros. Entertainment Inc. Distributed by Warner Home Video inc. All Rights Reserved.

『陽のあたる場所』(1952)のモンゴメリー・クリフトと『イヴの総て』(1951)のアン・バクスターが主演を務めた本作。

敬虔なクリスチャンであるがゆえに無実の罪を着せられてしまう神父を通して、「信仰心を持つ」という重み、人間の強さと弱さを浮き彫りにした作品です。

スポンサーリンク

映画『私は告白する』の作品情報


I Confess(C)1953, Renewed(C)1981 Package Design & Supplementary Material Compilation (C)2004 Warner Bros. Entertainment Inc. Distributed by Warner Home Video inc. All Rights Reserved.

【公開】
1953年(アメリカ映画)

【原作】
ポール・アンセルメ

【脚本】
ジョージ・タボリ、ウィリアム・アーチボルド

【監督】
アルフレッド・ヒッチコック

【キャスト】
モンゴメリー・クリフト、アン・バクスター、カール・マルデン、ブライアン・エイハーン、O・E・ハッセ、ロジャー・ダン

【作品概要】
裏窓』(1954)『サイコ』(1960)など数々の名作を生み出したサスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックの監督作。

ポール・アンセルムの戯曲を原作に、敬虔な神父が告白者を守るために無実の罪を着せられる様を緊迫感あふれる描写で描き出します。

主演は『陽のあたる場所』(1952)のモンゴメリー・クリフトと、『イヴの総て』(1951)のアン・バクスター。また『欲望という名の電車』(1952)のカール・マルデン、ブライアン・エイハーン、O・E・ハッセらが共演しています。

映画『私は告白する』のあらすじとネタバレ


I Confess(C)1953, Renewed(C)1981 Package Design & Supplementary Material Compilation (C)2004 Warner Bros. Entertainment Inc. Distributed by Warner Home Video inc. All Rights Reserved.

カナダのケベック。弁護士のヴィレットが金を盗られて殴り殺され、その場を司祭服姿の男が立ち去っていきました。

聖マリー教会の神父マイケル・ローガンは、男が教会へと入ってくるのを窓から見て、聖堂に降りていきました。

聖堂内では、神父館で働いているケラーがひとりで祈っていました。亡命者のケラーは、これまでマイケルが家も仕事も友情もくれたことに礼を伝えたのち「あなたに告白する」と言って懺悔室に入ります。

ケラーは妻アルマの苦労を見かね、ヴィレットを金目的で殺したと懺悔室で告白します。司祭服で変装して入ったが、見つかって警察を呼ばれそうになったので殺してしまったのだと。

ケラーから経緯を聞かされた妻は、神父は警察に話すだろうと言いますが、ケラーは「告白はだれにも漏らせない」と自信をもって答えます。

毎週水曜にヴィレット宅の庭仕事をしていたケラーは、いつも通りに向かいます。

マイケルもヴィレットの家の方に向かうと、大変な人だかりとなっていました。「被害者と約束していた」と言って中に入った彼は、刑事からケラーが死体を発見したことを聞かされます。

その後、ヴィレットの死をルースという名の女性に伝えるマイケル。彼女は「よかった、私たちは自由ね」と答えます。ルースは国会議員グランドフォートの妻でした。

そんなふたりの様子を、ラルー警視が窓越しに見ていました。

教会の部屋のペンキを塗っていたマイケルにケラーは近寄り「死刑になるから自首はできない」と泣きつきます。

その後、ある少女が「夜11時にヴィレット宅から神父が出てきた」と証言したため、マイケルはラルー警視に呼ばれました。一方ケラーは、アルマに司祭服を洗わないでおくように言います。

ラルーはヴィレット宅の前で会っていた女性は誰なのかと問いますが、マイケルは答えませんでした。またマイケルは「事件の夜は歩いていたが、一緒にいた人の名は言えない」と話します。

マイケルを帰したラルー警視は、ロバートソン検事に電話し状況を伝えました。検事のために隣でスコッチを用意していたルースは、神父が犯人と聞かされて驚きながらもその気持ちを隠します。

検事が出て行った後、夫のグランドフォートは渋い顔で妻ルースを見て「今でも愛してるのか」と尋ねます。

「そのとおりよ。別れる?」「あなたを愛したことはないわ」……きつい妻の言葉に、「そう思いたくなかった」と答えるグランドフォート。

やがてルースはマイケルに電話をかけ、9時のフェリーで待ち合わせる約束をします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『私は告白する』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『私は告白する』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

待ち合わせのために出かけたマイケルを、警察の車は尾行していました。

船の上で会った二人。警察が監視していることに気づきながらも、あの夜マイケルと一緒だったことを話すとルースは言います。しかしマイケルは彼女を思って止めました。

結婚して7年経つが、マイケルを今でも愛していると言うルース。「あなたも私を愛している」と伝える彼女に、マイケルはお互い変わってしまい、自分はこの道を選んだのだからと諭します。

その後、検事から呼ばれたルースが夫とともに警察に出向くと、そこにはマイケルも呼ばれていました。

ルースは事件の前夜、マイケルと会い11時過ぎに帰宅したことを話します。そしてマイケルに制止されるのを振り切って、ヴィレットと会う約束をしていた理由も話し始めました。

彼女はヴィレットから脅迫され、そのことをマイケルに相談をしていました。

またルースとマイケルは幼なじみで恋人でしたが、結婚を約束する前にマイケルは戦争への出征を志願。しばらくして手紙も来なくなりました。

ルースはのちに夫となるグランドフォートのもとで働き始め、彼女のつらい心を知りながらも愛してくれた彼と結婚。その祝いの席で、ヴィレットと初めて会いました。

戦争が終わり戻ってきたマイケルとルースは、久しぶりに再会しました。しかし突然嵐に遭い、とある空き家の庭にあったあずまやに駆け込んだ二人は、そこでやむを得ず一夜を明かします。

その時の二人の姿を、空き家の持ち主であったヴィレットは目撃。そして5年後のマイケルの叙聖の日に再会して以来、ヴィレットは二人をゆすり続けていたのです。

ヴィレットから夫に脱税の手助けを求めるよう脅迫されたルースはマイケルに助けを求め、翌朝ヴィレットの家の前で会う約束をしましたが、すでに彼は殺されていました。

ヴィレット殺しの疑惑が払拭されたルースとマイケルは解放されます。

しかしその後の検死によって、ヴィレットが殺害されたのは二人が別れた30分後だとわかり、動機もあるマイケルは裁判にかけられることに。

教会でケラーはマイケルに、自分を脅かすつもりだろうと疑心暗鬼に話しかけます。マイケルは何も言わず、じっとケラーを見つめます。気圧されたケラーは自室で銃を手に取り、もし警察に言ったらこれを使うと妻に伝えました。

マイケルは街をさまよい、苦悩しながら教会で祈ったのち警察に向かいました。裁判が開かれ、マイケルのトランクにあった法衣に血痕がついていたことが証言されます。

さらにケラーが「事件の晩にマイケルが聖堂に入ってきた」と嘘を並べ立てます。思わず目をむくマイケル。アルマは苦しみながらも、裁判をじっと見届け続けます。 

ルースも証言に立ち、ずっとマイケルを愛していたことを告白しました。

マイケルは「司祭服は自分のものではない」と訴えますが、「誰がトランクに入れたと思うか」という質問には「言えない」と答えます。「人殺しはしていない」「ケラーには会ったが、あとは事実とは違う」と。

物証のなかったマイケルは無実の判決を受け、釈放されました。しかし大衆は納得せず、表に出てきたマイケルに罵声を浴びせます。

真実を知るがゆえに苦悩していたアルマは、たまりかねてマイケルに駆け寄り「本当の犯人は夫だ」と言ってケラーを指さしました。

気が転倒したケラーは妻を撃って逃走。アルマは「許して」と言いながら亡くなります。ホテルに逃げ込んだケラーを、刑事たちと一緒にマイケルも追いかけます。

説得しようとするマイケルに、ケラーがこれまでの自らの罪をぶちまけました。

「言ったのかローガン。親身に告白を聞いてくれた。情けない男だ。お前も臆病者なのだ」

マイケルがケラーの告白を決して人に話さなかったことを、人々は知りました。ルースは夫のグランドフォートに「帰りましょう」と声をかけて去っていきます。

右肩を撃たれたケラーのもとへ、マイケルが近づきます。「アルマはどこだ」と聞くケラーにマイケルが答えます。「死んだよ。君が殺したんだ」

ケラーは「マイケルが悪い」「一生懸命働いていたアルマが死ぬなんて」と言いながら泣き出します。

「自分と同様独りぼっちなマイケルのために殺してやる」「罵声を浴びせられるより有罪の方がいい」と言うケラー。しかしその後ケラーは警察に撃たれ、最期にはマイケルに許しを乞いながら息絶えます。

マイケルは祈りの言葉を捧げ、ケラーの目をそっと閉じてやりました。

スポンサーリンク

映画『私は告白する』の感想と評価


I Confess(C)1953, Renewed(C)1981 Package Design & Supplementary Material Compilation (C)2004 Warner Bros. Entertainment Inc. Distributed by Warner Home Video inc. All Rights Reserved.

巨匠ヒッチコックの傑作心理サスペンス

本作『私は告白する』は「サスペンスの巨匠」「スリラーの神様」と呼ばれ、『裏窓』(1954)『サイコ』(1960)など数々の名作を残したアルフレッド・ヒッチコックによる上質なサスペンスの一本。なお監督作にカメオ出演することでも知られるヒッチコックは、本作でも冒頭に登場します。

本作が製作されたのは1953年。大手スタジオと契約を結ぶようになったヒッチコックのピーク期にあたります。

翌年の1954年には『ダイヤルMを廻せ!』『裏窓が生み出され、その後もめまい』『北北西に進路を取れ』『サイコ』と立て続けに映画史に残る名作が製作されました。

トリックやユーモア、徹底された映像表現が特徴とされる作品が多い中、「懺悔を決して他人に漏らしてはならない」という宗教の戒律を背景に「信仰」という心理にスポットを当てた作品である『私は告白する』。

濡れ衣を着せられ追い詰められていく神父マイケルの心の葛藤とともに、真犯人が人々の前で明らかになるのかどうかわからないままストーリーが展開される中で、信仰者として生きる重み、人の強さと弱さの両面をサスペンスフルに描いています。

神に近づく男と悪魔に魂を売った男

主人公の敬虔な神父マイケル・ローガンを演じるのは、『山河遥かなり』(1948)『陽のあたる場所』(1951)などで数々のアカデミー主演男優賞をとった名優モンゴメリー・クリフト。その美貌で人気を博しましたが、後年は病気やドラッグ、交通事故などで苦労を重ねました。

幼なじみのルースと愛し合っていながらも、出征後に神父となったマイケル。亡命者だったケラー夫妻を神父館に住まわせ仕事も与えましたが、貧しさに負けたケラーは司祭姿に変装して弁護士のヴィレットを殺して金を奪い、その事実を懺悔室でマイケルに告白します。

その後、マイケルは元恋人のルースとの仲をヴィレットに脅迫されていたことが明らかとなり、容疑者にされてしまいます。それでも彼は、「告白を決して人に話してはいけない」という戒律を守り続けるのです。

亡命者として苦労を重ね、金がなくて愛する妻に苦労をかけているという悲しみから、悪魔に魂を売ったケラー。心の弱さゆえに悪に堕ちていく様には胸痛みます。

一方、自分の無実を晴らすためには戒律を破るという「罪」を犯さねばならないマイケルは、自らの命と罪との間でもがき苦しみます。

苦しみながら街をさまよい、やがて教会に入って祈りを捧げるマイケルのまっすぐな瞳は、私たちに強烈な印象を残します。自身の思いが定まったマイケルは、神の方へ向かって進むことを選びました

口を閉ざしていても、マイケルの瞳はいつもケラーをまっすぐ見つめていました。ケラーは、神に「真実は知っているぞ」と言われているように感じていたに違いありません。

神と悪魔の両方の道に分かれて進み始めたふたりでしたが、事件を捜査するラルー警視は、まさに人間の性(さが)そのものを表しています

事件解決という自身の仕事のために容赦なくマイケルのプライベートをはぎとり、かたくなな様子を見せる彼に怒るラルーは、とても人間臭いキャラクターです。

最後にやっと、真犯人の告白を聞いたマイケルが戒律を守って黙っていたことがわかります。しかし「自分の命よりも戒律を守る」という選択は、ラルー警視や本作を観る者にとって、とても受け入れがたいものです。そして、それを受け入れられる人間だったからこそ、マイケルは「信仰者」となったのでしょう。

真実を知ったルースは、夫の手を取ってその場を立ち去ります。マイケルがもう昔の彼とは違うことがはっきりわかったからです。

己の信念を守るためには大きな犠牲が必要だということを、マイケルの大きな瞳から教えられます。

まとめ

「信仰」と呼ばれるものの重みを教えられる映画『私は告白する』

亡命者として様々なことに怯えながら生き続け、ついには悪魔に身を売るしかなかったケラー。そんな夫に殺されてしまったアルマ。

ずっと変わらず強い思いでマイケルを愛し続けてきたルース。そしてそんな妻の思いを知りながらも、すべて受け止めて彼女を愛し続ける夫のグランドフォート。

仕事に真摯だが決して優秀ではない人間臭いラルー警視、お人よしのロバートソン検事。

その中でも、やはりマイケルという人物の特異性は際立ちます。神に仕える彼は、やはり彼らとは違う世界に生きる住人なのかもしれません。

信仰を貫こうとした彼のまっすぐな瞳が、観終えた後も何度も脳裏によみがえってくる一作です。







関連記事

サスペンス映画

映画『ゴッド・セイブ・アス』あらすじ【主演賞ロベルト・アラモ紹介あり】

スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞や海外の国際映画祭でも話題となった『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』。 前代未聞の猟奇事件を追う2人の刑事は、何かと問題行動の多いハビエル& …

サスペンス映画

映画『告白小説、その結末』あらすじとキャスト。上映館情報も

フランスで今もっとも注目されている作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を巨匠ロマン・ポランスキー監督が映画化! 『告白小説、その結末』は6月23日(土)より、ヒューマントラストシ …

サスペンス映画

映画『パトリオット・デイ』感想とあらすじネタバレ!ラスト結末も

2017年6月9日より劇場劇公開中の『パトリオット・デイ』。 マーク・ウォールバーグ、ケビン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハンが出演! 2013年に発生したボストンマ …

サスペンス映画

Netflix映画『アンカット・ダイヤモンド』ネタバレ感想と考察評価。 A24サフディー兄弟が描くギャンブル中毒男の人生の結末とは

アダム・サンドラーが「ヤバい宝石屋」に扮し、「ヤバい取り引き」が始まる! Netflix映画『アンカット・ダイヤモンド』は、ニューヨークを舞台に、アダム・サンドラーが、一攫千金を狙うギャンブル依存症の …

サスペンス映画

映画『プラットフォーム』あらすじ感想と内容解説。スペイン発の結末まで本格的なミステリーは“極限の閉鎖空間”で起きる!

映画『プラットフォーム』は2021年1月29日(金)より新宿バルト9ほか全国順次ロードショー! 2019年のトロント国際映画祭で観客賞を受賞、2019年のシッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀作品賞 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学