Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2018/04/13
Update

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のキャストはガチ全滅するのか?

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

マーベルコミック原作のヒーロー・チームが、地球の危機を救う為に戦う「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。

宇宙の運命を握る、6つのインフィニティ・ストーンを巡り、最強の敵サノスとの争奪戦を描いた『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日公開

今回は「アベンジャーズ」の世界観や見どころなどを紹介します。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の作品情報


(C)Marvel Studios 2018

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Avengers: Infinity War

【監督】
アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ

【キャスト】
ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ベネディクト・カンバーバッチ、ドン・チードル、トム・ホランド、チャドウィック・ボーズマン、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン、アンソニー・マッキー、セバスチャン・スタン、ダナイ・グリラ、レティーシャ・ライト、イドリス・エルバ、ピーター・ディンクレイジ、ベネディクト・ウォン、ポム・クレメンティエフ、カレン・ギラン、デイブ・バウティスタ、ゾーイ・サルダナ、ビン・ディーゼル、ブラッドリー・クーパー、グウィネス・パルトロウ、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、クリス・プラット

【作品概要】
共有された世界観で、ヒーロー達の戦いを描く「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズ作品。

新たにスパイダーマンやドクターストレンジ、ブラックパンサーなどが加わり、シリーズ最強の敵サノスをヒーローチームが迎え撃ちます。

監督は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟。

マーベル・シネマティック・ユニバースとは


(C)Marvel Studios 2018
「マーベル・シネマティック・ユニバース」(以下、MCU)は、アイアンマンやキャプテン・アメリカなどのヒーロー達が共有している世界観で、物語を大きく分けた「フェーズ」で区切っており、現在「フェーズ3」が進行中です。

本作と、シリーズ4作目で「フェーズ3」は終了すると言われています。

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』を更に楽しむ為に、これまでの作品をフェーズごとに分けて紹介します。

フェーズ1

2008年に公開された『アイアンマン』から全ては始まりました。

「フェーズ1」の特徴は、「アベンジャーズ」主力ヒーローの誕生と、最強のチームが結成されるまでを描いています。

【作品】
『アイアンマン』(2008年公開)
『インクレディブル・ハルク』(2008年公開)
『アイアンマン2』(2010年公開)
『マイティ・ソー』(2011年公開)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年公開)
『アベンジャーズ』(2012年公開)

現在MCUの定番となっている、本編終了後の特別映像はこの頃から始まっており、「S.H.I.E.L.D.」長官のニック・フューリーが登場するなど、アベンジャーズ結成を示唆する内容となっています。

ちなみに『インクレディブル・ハルク』では、ブルース・バナー(ハルク)を演じていたのは、エドワード・ノートンですが、『アベンジャーズ』に興味を示さず、マーク・ラファロに交代したという裏話があります。

フェーズ2

「フェーズ2」では、『アベンジャーズ』での戦い以降のアイアンマンやソー、キャプテン・アメリカを描きながら、新たなヒーローが登場し、更に世界観が広がる内容となっています。

【作品】
『アイアンマン3』(2013年公開)
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年公開)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』(2014年公開)
『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』(2014年公開)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年公開)
『アントマン』(2015年公開)

「フェーズ1」の世界を、それぞれの続編で更に掘り下げているのが「フェーズ2」の特徴です。

他には、新たなヒーローとして、ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーとアントマンが、それぞれ単独映画で登場しました。

インフィニティ・ストーンは、既にこの段階で、さまざまな形や名称で登場しています。

フェーズ3

「アベンジャーズ」が、アイアンマン側とキャプテンアメリカ側に分かれ対立する『シビル・ウォー』から始まった現在進行中の物語「フェーズ3」。

日本でもお馴染みの、スパイダーマンやブラックパンサー、ドクターストレンジなど新たなヒーローが登場しています。

【作品】
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)
『ドクター・ストレンジ』(2017年公開)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年公開)
『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年公開)
『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年公開)
『ブラックパンサー』(2018年公開)

時系列としては『マイティ・ソー バトルロイヤル』と『ブラックパンサー』から『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』へと繋がります。

アベンジャーズ全滅という噂もありますが、今後どのように物語が進行するのでしょうか?

スポンサーリンク

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の主なキャスト


(C)Marvel Studios 2018

ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン役)

『アイアンマン』(2008)


飛行能力と、さまざまな兵器を装備した自作のパワードスーツを身にまとい、アイアンマンとして戦う天才実業家のトニー・スターク。

自己中心的な性格から、トラブルも巻き起こしていますが、アベンジャーズの中心人物として戦ってきた彼は、どのようにサノスに立ち向かうのでしょうか…。

演じるロバート・ダウニー・Jr.は、1965年4月4日生まれ。

5歳から映画監督の父親、ロバート・ダウニー・Sr.の作品に出演、1992年の映画『チャーリー』で、初めてアカデミー主演男優賞にノミネートされました。

2000年から人気海外ドラマ『アリー・myラブ』に出演しますが、薬物問題で長い間低迷しますが、2008年『アイアンマン』が大ヒットし復活します。

クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ役)

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)


第二次世界大戦中の「スーパーソルジャー計画」により、超人的な肉体を手に入れたスティーブ・ロジャース。

70年の眠りから覚めた彼は、キャプテン・アメリカとして、盾と戦闘経験を武器にアベンジャーズのリーダー的な存在として戦ってきました。

アイアンマンとの決別後、彼はどのような動きを見せるのでしょうか…。

演じるクリス・エヴァンスは、1981年6月13日生まれ。

高校卒業後に、映画やドラマなどで俳優活動を開始、2005年の映画『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』のヒューマン・トーチ役で注目されます。

2011年の映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』から、キャプテン・アメリカを演じています。

他の出演作に、2013年の映画『スノーピアーサー』や2017年の映画『「gifted ギフテッド』などがあります。

クリス・ヘムズワース(ソー役)

『マイティ・ソー』(2011)

アスガルド出身の雷を操る能力を持つ「雷神」ソー。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』以降、別行動をとっていた彼は、どのようにして参戦するのでしょう…。

演じるクリス・ヘムズワースは、1983年8月11日生まれ。

オーストラリアのドラマに出演し俳優として活動を開始、2009年の映画『スター・トレック』でハリウッド進出、注目されます。

2011年の映画『マイティ・ソー』でソー役に抜てきされ話題になります。

他の出演作に2012年と2016年の映画『スノー・ホワイト』シリーズ、2016年の映画『ゴーストバスターズ』などに出演。

マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク役)

参考映像:マーク監督作品『シンパシー・フォー・デリシャス』


天才物理学者ブルース・バナーは、研究中の事故により感情が高まると、制御不能の緑色の怪物ハルクに変身します。

最強クラスの戦闘能力を持つハルクは、サノスに対抗できる存在ですが、その消息は不明になっています。

演じるマーク・ラファロは、1967年11月22日生まれ

長らく舞台役者として活動し、2000年の映画『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』で主演を務めます。

2006年にブロードウェイデビュー作『Awake and Sing!』でトニー賞にノミネート、2012年の映画『アベンジャーズ』からブルース・バナーを演じています。

2010年に監督した映画『シンパシー・フォー・デリシャス』がサンダンス映画祭で特別審査員賞を受賞するなど、多才な俳優です。

スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ役)

『アベンジャーズ2』(2012)


ロシアの暗殺者だったナターシャ・ロマノフは、戦闘能力と経験を駆使して諜報員ブラック・ウィドウとして、アベンジャーズに参戦してきました。

唯一ハルクとの意思疎通が可能な彼女が、どのようなキーワードを握るのでしょうか。

演じるスカーレット・ヨハンソンは、1984年11月22日生まれ

8歳から舞台などに出演し、1994年の映画『ノース ちいさな旅人』で映画に初出演。

1996年の映画主演作『のら猫の日記』などで注目されるようになります。

2010年の映画『アイアンマン2』で、ブラック・ウィドウとして初登場します。

他の出演作に、2014年の映画『LUCY ルーシー』、2017年の映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』などがあります。

トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン役)

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)


素早い身のこなしと、クモの糸を飛ばす「ウェブシューター」を武器に戦うスパイダーマンこと、ピーター・パーカー。

トニー・スタークのバックアップで、ヒーローとしての道を歩み始めた彼は、アベンジャーズではなく、身近なヒーローとして街の平和を守っていますが、どのようにして、宇宙の命運をかけた戦いに巻き込まれのでしょうか?

演じるトム・ホランドは、1996年6月1日生まれ。

コメディアンで脚本家の父を持ち、2008年のミュージカル『リトル・ダンサー』でデビューします。

2012年の映画『インポッシブル』で注目され、2017年の映画『スパイダーマン:ホームカミング』から、スパイダーマンとして悪と戦う高校生、ピーター・パーカーを演じています。

トム・ホランドは口が軽い性格の為、ネタバレさせてしまう事があり、本作の撮影では、脚本を読ませてもらえなかったり、誰と共演しているのか分からい撮影方法で進められたりと、可哀そうなエピソードを持っています。

ベネディクト・カンバーバッチ(ブスティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ役)

『ドクター・ストレンジ』のメイキング映像

元は上から目線の天才医師だったブスティーヴン・ストレンジは、両手の怪我を補う為に魔術を学び、魔術師ドクター・ストレンジとして地球の危機を救ってきました。

唯一、魔術を操る能力を持つ彼は、どのような活躍を見せるのでしょうか?

演じるベネディクト・カンバーバッチは、大学卒業後にロンドン音楽演劇アカデミーで演劇を学びます。

2002年に俳優デビューを果たし、2010年から始まったテレビシリーズ『SHERLOCK シャーロック』のシャーロック・ホームズ役で一躍有名になります。

2017年公開の映画『ドクター・ストレンジ』から、ドクター・ストレンジとしてMCU作品に参加しています。

チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー役)

『ブラック・パンサー』チャドウィック&ロバートのトーク映像


世界を滅ぼすほどの強大な科学技術を持つアフリカの国「ワカンダ」の国王ティ・チャラは、国の危機に直面した時に、人間を超越した戦闘能力と、最新の科学技術が搭載されたスーツを身にまとい、ブラック・パンサーとして戦います。

「ワカンダ」の科学力は、サノスの軍と戦う切り札になりそうですが、果たして?

演じる、チャドウィック・ボーズマンは1976年11月29日生まれ。

ハワード大学卒業後、ブリティッシュ・アメリカン・ドラマ・アカデミーで演技を学んだ後、2003年から本格的に俳優活動を開始します。

2013年に、黒人初のメジャーリーガを描いた映画『42 世界を変えた男』の主演で注目されます。

2016年の映画『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』でブラック・パンサーとして初登場後、2018年公開の映画『ブラック・パンサー』は、10億ドルを突破し歴史的なヒットを記録しています。

クリス・プラット(ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード役)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)

銀河を守る、ならず者集団「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のまとめ役。

これまで、地球から離れた宇宙の惑星を舞台に、戦いを繰り広げてきた彼は、どのような形でアベンジャーズと合流するのでしょう。

演じるクリス・プラットは、1979年6月21日生まれ。

2000年から俳優活動を開始し、テレビシリーズ『エバーウッド 遥かなるコロラド』などで人気を集めます。

2014年公開の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』から、スター・ロード役として参加しています。

他の主演作に2015年の映画『ジュラシック・ワールド』、2018年公開予定の『ジュラシック・ワールド 炎の王国』などがあります。

ジョシュ・ブローリン(サノス役)

参考映像:ジョシュが大統領役を演じた『ブッシュ』(2008)


強大な力を持ち、宇宙の帝王として君臨するサノス。

更なる力を求めて地球に姿を見せたサノス、アベンジャーズは勝てるのでしょうか…。

演じるジョシュ・ブローリンは、1968年2月12日生まれ。

1985年の大ヒット映画『グーニーズ」』で主人公の兄を演じて映画デビュー。その後もテレビや映画でキャリアを重ね、2007年の映画『ノーカントリー』で注目されます。

2008年の映画『ミルク』で、アカデミー助演男優賞に初ノミネートされます。

これまでMCU作品にサノスとして姿を見せていましたが、本作で本格的な参戦となります。

また、2018年公開予定の映画『デッドプール2』でケーブルを演じており、こちらも話題になっています。

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ


6つすべて揃えた者は、宇宙さえも滅ぼす、無限大の力を得られると言われているインフィニティ・ストーン。

全宇宙の生命体の半数を滅ぼすことを企むサノスは、自らの軍団を率いて地球に姿を現します。

宇宙の危機を察した無敵のヒーローチーム、アベンジャーズは、サノスの計画を阻止する為に、「インフィニティ・ストーン」の争奪戦を開始。

宇宙最強の敵を相手にした、アベンジャーズの運命は…。

スポンサーリンク

映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のみどころ

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』マーベル・スタジオ10周年記念特別映像


MCUフェーズ3の最大の山場にして、アベンジャーズが全滅するという噂も飛び交っている『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』。

徹底した秘密主義となっており、出演俳優も、全ての脚本を読む事は許されなかったという話もあります。

ただ、確実に分かっている事は。これまで単体で活躍していたヒーロー達が初接触するという事。

予告編では、空気を読めないスターロードに、呆れ気味のアイアンマンや、スパイダーマンの10代のノリに戸惑うドクター・ストレンジなどのシーンがありますね。

初顔合わせ同士のヒーローが、どのような掛け合いを見せてくれるのか?非常に楽しみです。

また、決別したアイアンマンやキャプテン・アメリカは接触するのでしょうか。

さらには『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』以降、アベンジャーズと関わりがないソーやハルクは、どう動くのでしょう…。

ポスターなどに姿が無い、ホークアイは登場するのでしょうか?など、これまでの主要キャラの動きも気になりますね。

まとめ

予告編が初公開された際に、24時間で2億3000万回という、歴代最高の再生記録を樹立、全米におけるオープニング興行収入が、2億ドル(約214億円)を超えると予想されるなど、すでに世界的な盛り上がりを見せている本作。

「気にはなるけど、今まで見た事が無い」という方の為に、本作を楽しむ為のMCU作品を、何本か独断で選んでみました。

『アベンジャーズ』
アベンジャーズ主要メンバー、それぞれの見せ場が用意されており、この作品でヒーロのキャラクターや能力が分かる内容になっています。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』
これまで、ヒーローの紹介的な作品が多かったMCUの世界が、この作品で動き始めます。

今後、MCUの主要キャラクターになると思われる、ウィンター・ソルジャーが登場し、大きな意味を持つ作品になっています。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
ヴィジョンやスカーレット・ウィッチという新たなヒーロの登場や、ハルクの暴走など、フェーズ3に繋がる事件が起きる作品です。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
アイアンマンとキャプテン・アメリカの決別を描き、スパイダーマンやブラック・パンサーが初登場する作品です。

MCUの時間軸は、『シビル・ウォー』から大きく動いていない為、『シビル・ウォー』までを抑えておけば、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のストーリーを楽しむ事ができると思います。

MCUのフェーズ3は『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』と、次の続編で完結すると言われており、この作品が最後になるヒーローもいると言われています。

毎回、驚きの展開が用意されているアベンジャーズシリーズ、今回は何が起きるのか、楽しみに待ちましょう。

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日全国公開です。

関連記事

SF映画

映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたは1975年にテレビ放映された『鋼鉄ジーグ』を知っていますか?毎週日曜日18時00分から全46話制作されたアニメーション。原作は永井豪と安田達矢、そしてダイナミック企画製作による、東映動画による …

SF映画

SFホラーおすすめ映画『触手』あらすじ。未体験ゾーンの映画たち2018にて上映

映画『触手』は2月27日(火)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田の特集上映「未体験ゾーンの映画たち」ほか全国公開! 本作は『エリ』で知られるアマト・エスカランテ監督が、ヴェネツィア映 …

SF映画

映画ワンダーウーマン1984|ネタバレ感想評価と結末解説のあらすじ。敵マックスの“不安”にスティーブとの“愛”で戦う意味

『ワンダーウーマン』の続編『ワンダーウーマン1984』が2020年12月18日(金)より全国ロードショー! 人類を平和に導く存在にして、アマゾネス最強の戦士ダイアナが世界の危機を救う「ワンダーウーマン …

SF映画

映画『A.I.ライジング』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。SFアンドロイドへの禁断の欲望が恋に変化する宇宙探査飛行を描く

宇宙飛行士とアンドロイドの恋を描いたSFドラマ ラザール・ボドローザが監督を務めた、2018年製作のセルビアのSFドラマ映画『A.I.ライジング』。 地球から国家が消滅した近未来の2148年。ベテラン …

SF映画

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』感想と内容解説。最大の脅威である闇の正体とは⁈

『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)より、全国ロードショー! 20年に渡り壮大に展開されてきた“X-MEN”サーガが、今まさに壮絶な最終章(フィナーレ)を迎えようとしてい …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学