Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2019/12/09
Update

【一般試写会プレゼント】イーストウッド映画『リチャード・ジュエル』20組40名様ご招待!1月7日(火)ニッショーホールにて

  • Writer :
  • 石井夏子

『リチャード・ジュエル』は、2020年1月17日(金)より日本全国ロードショー。

『アメリカン・スナイパー』(2014)、『ハドソン川の奇跡』(2016)、『15時17分、パリ行き』(2018)、『運び屋』(2018)と、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきたクリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が、2020年1月17日(金)より日本公開となります。

アカデミー賞俳優、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツらを迎えて贈る本作は、爆破テロ事件の容疑者と、真実を追う弁護士を描く実話です。

劇場公開に先立ち、東京港区のニッショーホールで2020年1月7日(火)に開催される一般試写会へ20組40名様をご招待いたします!

スポンサーリンク

映画『リチャード・ジュエル』とは

画像:ワールドプレミアでの関係者一同


(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画『リチャード・ジュエル』の舞台は1996年のアトランタ

警備員のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)は米アトランタのセンテニアル公園でパイプ爆弾が入ったリュックを発見。テロを未然に防ぎ一時は英雄視された彼でしたが、マスコミがジュエルを容疑者であるかのように書き立て、実名報道したことで状況は一変していきます。

リチャード・ジュエルを演じるのは、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で個性的な演技が高く評価されたポール・ウォルター・ハウザー。愛する息子の無実を信じ、彼に寄り添う母にオスカー女優キャシー・ベイツ。ジュエルの無実を信じる弁護士ワトソンを、『スリー・ビルボード』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたサム・ロックウェルが演じています。

「早まった結論」「メディアの功罪」という時事性の高いテーマを斬るのは、2020年で90歳を迎えるクリント・イーストウッド監督です。

一般試写会『リチャード・ジュエル』のプレゼント

画像:『リチャード・ジュエル』のメイキング風景

(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

一般試写会の情報

【開催日時】
2020年1月7日(火)
18:00開場/18:30開映

【会場】
ニッショーホール
東京都港区虎ノ門2-9-16 日本消防会館

【アクセス】
東京メトロ銀座線…虎ノ門下車 2番・3番出口徒歩5分
東京メトロ日比谷線…神谷町下車 4番出口徒歩10分

【ご招待の枚数】
20組40名様

試写会の応募受付

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発表を持って代えさせていただきます。

【応募締切】
2019年12月26日(火)の8時59分まで有効

【当選者数】
20組40名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

映画『リチャード・ジュエル』の作品情報

(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原作】
マリー・ブレナー バニティ・フェア 「American Nightmare―The Ballad of Richard Jewell」

【原題】
RICHARD JEWELL

【監督・製作】
クリント・イーストウッド

【製作】
ティム・ムーア、ジェシカ・マイヤー、ケビン・ミッシャー、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイビソン、ジョナ・ヒル

【脚本】
ビリー・レイ

【キャスト】
サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ポール・ウォルター・ハウザー、オリビア・ワイルド、ジョン・ハム

【作品概要】
『アメリカン・スナイパー』(2014)、『ハドソン川の奇跡』(2016)、『15時17分、パリ行き』(2018)、『運び屋』(2018)と、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきたクリント・イーストウッド監督。監督40本目となる本作にて、1996年のアトランタ・オリンピックで起こった爆破テロ事件の“真実”を描きます。キャストはアカデミー賞俳優のサム・ロックウェル、キャシー・ベイツらが集結しました。

映画『リチャード・ジュエル』のあらすじ

1996年、警備員のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)は米アトランタのセンテニアル公園で不審なリュックを発見。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾でした。

テロを未然に防ぎ一時は英雄視された彼ですが、現地の新聞社とテレビ局がジュエルを犯人であるかのように書き立て、実名報道したことで状況は一変。

さらに、FBIの徹底的な捜査、メディアによる連日の過熱報道により、ジュエルの人格は全国民の目前でおとしめられていきました。

そこへ異を唱えるため弁護士ブライアント(サム・ロックウェル)が立ち上がります。

そして、ジュエルの母ボビ(キャシー・ベイツ)も息子の無実を訴え続けますが、3人の前に立ちはだかるのは、巨大国家アメリカ政府とマスコミで…。

スポンサーリンク

まとめ

画像:ワールドプレミアでのイーストウッド監督


(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

サスペンスとミステリーの要素を強調し、“知られざる真相”への興味と感心を絶えず刺激し続けながら、ジュエルと弁護士の絆を描き出した本作。

真実のヒューマンドラマ『リチャード・ジュエル』は2020年1月17日(金)より日本公開されます。

劇場公開に先立ち、東京港区のニッショーホールで2020年1月7日(火)に開催される一般試写会へ20組40名様をご招待します。

クリント・イーストウッド監督が、いま世界へ伝えたかったメッセージをぜひ劇場で見届けてください。


関連記事

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『ヤウンペを探せ!』無料鑑賞チケットを抽選4名様に。全国の上映館で使用可能なムビチケを進呈

映画『ヤウンペを探せ!』は2020年11月20日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかにて公開。 哀愁漂うおじさんたちが、憧れのヒロインのために、謎の「ヤウンペ」を探すスラップ・スティックコメディ『ヤウンペ …

プレゼント応募

【映画『ステップ』試写会中止のお知らせ】新型コロナウイルス感染症対策のため

Cinemarcheにて募集しておりました映画『ステップ』の一般試写会プレゼントですが、新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府に要請された方針に従い、本試写会の実施が中止となりました。 それに伴い、 …

プレゼント応募

リチャード・ジュエルの映画オリジナルグッズをプレゼント!Tシャツとボールペンを抽選で合計9名さまに

『リチャード・ジュエル』は、2020年1月17日(金)より日本全国ロードショー。 『アメリカン・スナイパー』(2014)、『ハドソン川の奇跡』(2016)、『15時17分、パリ行き』(2018)、『運 …

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『はりぼて』チケットを抽選10名様へ。全国の上映館で使用可能な鑑賞券を進呈

映画『はりぼて』の劇場鑑賞券を10名様にプレゼント。 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 本作は2 …

プレゼント応募

【試写会プレゼント】映画『性の劇薬』5名様ご招待!キャストも登壇し1月31日(金)東京都内にて開催

キャスト登壇のプレミア試写会開催決定! 人生に絶望し自殺しようとした男が「性」によって「生」を取り戻していく姿を描いたR-18指定映画『性の劇薬』。 映画『性の劇薬』は2020年2月14日(金)より全 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP