Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

山口龍大朗監督ファンディング開始!映画支援をプロジェクトトークン発行型のスタイルで目指す“新しき価値と魅力”とあり方

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画監督 山口龍大朗プロジェクト第3回トークン販売開始!

映画監督・山口龍大朗の夢は、多くの人に「映画」の魅力を伝えて、この業界をもっと魅力的で世界に誇れる「日本映画業界」にすること

夢の実現に向けて、監督山口龍大朗は走り出しています。まず、2022年8月26日(金)池袋 HUMAXシネマズほか全国順次公開となる、初の商業映画監督作映画『人』を手がけました。

そして、次作となる2023年夏公開予定の‟熊本”が舞台の新作映画『シキ』。今回は、この制作を応援し、映画の共創体験ができるプロジェクトをご紹介します。

スポンサーリンク

映画監督 山口龍大朗プロジェクトついて

本プロジェクトは、映画監督の山口龍大朗が映画や映像制作といったエンターテイメントを通して、世の中を明るく盛り上げていくことに共感した人たちと、新しい映画のあり方をともに創っていくプロジェクトです。

このプロジェクトでは、普段見ることができない映画制作のプロセスなどをサポーターへオープンに共有しています。

また、サポーター自身がプロジェクトや映像制作に参加できるような投票企画や、エキストラ・俳優オーディション企画なども予定しており、一緒に映画を創り上げ、盛り上げていけるようなコミュニティをめざしています

ブロックチェーン技術を利用したクラウドファンディング2.0「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェ(本社 東京都渋谷区 代表取締役 國光 宏尚)は、映画監督 山口龍大朗プロジェクトを支援。

監督の夢を叶えるための、第三回トークン販売開始をお知らせいたします。
(URL :https://financie.jp/users/hito/cards)

第1回ファンディングの制作作品  映画『人』


(C)「人」制作チーム

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
山口龍大朗

【脚本】
敦賀零

【キャスト】
吉村界人、田中美里、冨手麻妙、木ノ本嶺浩、五歩一豊、津田寛治

【あらすじ】
千葉・九十九里浜。実家のサーフショップで働く青年・健一(吉村界人)は、不慮の事故で命を落とし、幽霊になりました。

健一の幽霊が実家に帰ると、そこには数年前に他界し、健一と同じく幽霊になった父・拓郎(津田寛治)の姿がありました。

さらに、母・彩子(田中美里)が幽霊が見えるということも発覚します。

幽霊になった父と息子、そして幽霊が見える母。家族三人と彼らを取り巻く人々が過ごす三日間のファンタジー。

スポンサーリンク

第3回ファンディングの制作作品  映画『シキ』

【日本公開】
2023年(日本映画)

【監督】
山口龍大朗

【脚本】
木舩理紗子

【キャスト】
吉村界人、福田沙紀、坪内陽子、増村和好、高浜海斗、田中一文、古賀迅人、正岡紗奈、井手らっきょ

【あらすじ】
若くして成功したモノクロ写真家の灰本葉太は、アシスタントを怒鳴りつける音声データが流出したことで世間から強い批判を受けています。

自身の写真展オープニングの日、集まった記者に怖気付いた葉太は姿を消し、疎遠になっていた地元・熊本に帰省。そこで思いがけず國武絵未と再会し、目を背けてきた過去と向き合うことになります。

ずっと逃げ続けてきた自分を変えるため、心を決めた葉太が向かう先とは……?

トークン発行型ファンディングについて

映画『シキ』の制作において、人間ドラマはもちろん、実際にある熊本の自然をじっくりと見せて土地の良さを魅せていこうとしています。

ただ「観光」PRの作品ではなく、映画が好きになってもらって結果的に熊本の魅力が伝われば良いという作品を目指しました。

そのため、トークンを発行すると同時に支援を募る、次世代のクラウドファンディングの『トークン発行型ファンディング』を実施しています。

★トークンについて★
FiNANCiEにおけるトークンは、クリエイターとサポーターを繋ぐ証となる『デジタル上のアイテム』。ポイントのように数量をもつもので、需要に応じてその価値(=価格)が変動するという特徴を持っています。

★トークンがもたらすWin-Winの関係★
クリエイターは支援を募る目的でトークンを販売し、その収益を支援金として受け取ります。購入者は支援の証として購入額に応じた数量のトークンを受け取ります。

トークンを持ち続ける(=保有する)ことで、支援を続けながら、コミュニティを通じて保有数に応じた投票権や抽選特典が受けられます。

『トークン発行型ファンディング』は、夢の実現に向け活動に勤しむクリエイターと、それを応援するサポーターが、共に新たな価値を創造(=共創)し、双方にとって有益となる体験を生み出す仕組みです。

【ファンディング実施期間】

2022年8月15日(月)18:00 ~2022年9月30日(金)21:00 予定

【ファンディングページ】

URL:https://financie.jp/users/hito/cards

スポンサーリンク

まとめ

今回の『シキ』のクラウド企画は、サポーターにも映画を作っていく過程を知っていただき、「土地」そして私たち「人」を知ってもらいたいという願いがあります。

地域に密着してる様子にも親しんで頂き、日本全国に「思い」が派生したり、楽しめる映画にします。

このプロジェクトに参加して、今後の活動や進行を楽しみ、一緒に映画という文化を盛り上げていきませんか?

たくさんのご参加、お待ちしています。




関連記事

新作映画ニュース

映画『子供はわかってあげない』朔田さんの実父・藁谷友充役は豊川悦司。演技評価とプロフィール!

映画『子供はわかってあげない』は2021年8月20日より全国ロードショー 数々の漫画賞を受賞した田島列島の傑作コミックを原作とした映画『子供はわかってあげない』が2021年8月20日より全国公開、テア …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストのクメール人の母・洋子役は黒沢あすか【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

イラン映画『少女は夜明けに夢をみる』あらすじ。上映公開日が11月2日に決定した少女更生施設のドキュメンタリー

無垢な魂は、悲しみの羽をもつ。 残酷な世界で、愛を乞う叫びに心震えるドキュメンタリー。 イランの少女更生施設を舞台に、強盗、殺人、薬物、売春といった罪を犯した少女たちの物語に光をあて、第66回ベルリン …

新作映画ニュース

映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』あらすじ/公開日/上映館。オウム真理教被害者が監督として迫るドキュメンタリー!

被害者の映画監督がオウム真理教教(現 Aleph)に迫る話題作。 事件の被害者である監督が、今なおオウム真理教を信仰する広報部長と対峙します。故郷を旅し過去を振り返る、心揺さぶるドキュメンタリーが誕生 …

新作映画ニュース

『カゾクデッサン』神戸・元町映画館にて今井文寛監督がリモート舞台挨拶。家族の思いが交差する関係性において“人間臭い温かみ”を感じる

映画『カゾクデッサン』は2021年4月23日(金)より京都みなみ会館、4月24日よりシアターセブン(大阪)、元町映画館(神戸)にて公開!  交通事故に遭い意識が戻らない妻の身を案じる夫とその息子。ある …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学