Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/26
Update

映画『うみべの女の子』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。浅野いにおコミック実写化に青木柚×石川瑠華がW主演!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『ソラニン』公開から11年。
浅野いにおの傑作マンガを実写映画化!

『ソラニン』『おやすみプンプン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』など大ヒット作を次々と発表し、2021年の第66回小学館漫画賞を受賞し、更なる活躍が期待される漫画家・浅野いにお。

浅野いにおによる傑作マンガ『うみべの女の子』の映画化が決定し、主演を石川瑠華と青木柚が務めると発表されました。

(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

浅野いにお原作漫画の映画化は、『ソラニン』(三木孝浩監督/2010)に次ぐ、2作目となります。

2021年8月20日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか劇場公開となる映画『うみべの女の子』についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『うみべの女の子』について

画像:原作本の書影

(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

緻密で叙情的な画風と繊細な心理描写に定評のある浅野いにお作品の中でも、特に「思春期」「恋」「性」といったセンシティブな題材に真正面から挑んだ作品として、ファンの間でも根強い人気を誇る『うみべの女の子』

監督は、長編初監督作である『リュウグウノツカイ』(2014)が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で北海道知事賞を受賞し、以後も『桜ノ雨』(2016)、『天使のいる図書館』(2017)、『富美子の足』(2018)とコンスタントに話題作を発表している気鋭の映像ディレクター・ウエダアツシ

ウエダ監督自身もファンである浅野いにおの世界観を忠実に受け継ぎつつ、少女と少年の複雑な心情を繊細に映像化しました。

主人公の小梅役と磯辺役は、原作者・浅野いにおもオーディション審査に参加し、石川瑠華と青木柚の二人に決定。

石川瑠華は2017年から演技のレッスンを始めると『イソップの思うツボ』(2019)で主演に抜擢され、今後も主演作『猿楽町で会いましょう』(6月2日公開)の公開が控えています。

青木柚は『14の夜』(2016)、『アイスと雨音』(2018)、『サクリファイス』(2020)などの作品で評価を高め、4月スタートのNHKよるドラ『きれいのくに』にも出演が決まっています。

注目の若手実力派の二人が、「恋」と「性」に悩み、もがく、思春期の少女と少年のリアルで複雑なキャラクターを繊細に体現しています。

また、小梅の同級生、鹿島役は前田旺志郎、桂子役は中田青渚、三崎先輩役として倉悠貴など、期待の若手俳優陣が顔を揃え、磯辺の父役に村上淳が出演。

劇伴音楽は、その唯一無二な音楽性で世界的な評価を受ける「world‘s end girlfriend」が担当。衝動的かつ重厚な音楽は、言葉にできない感情を表現する上で見事な彩りを加えています。

また挿入曲は、原作でも登場する、はっぴいえんどの『風をあつめて』。アルバム「風街ろまん」発売から50周年を迎える本年、より注目が高まるはっぴいえんどの名曲「風をあつめて」がクライマックスの暴風雨のシーンを盛り上げています。

原作者:浅野いにおのコメント

参考:浅野いにおのTwitter

「小梅」と「磯辺」が確かにそこにいます。
より生々しく、より切実に。
10代の瞬きにノスタルジーを感じながらも、今現在の自分がその延長線上にいるということを再認識させてくれる作品でした。
そういえばいつだったか自分も、あの街の「小梅」であり「磯辺」だったのです。

スポンサーリンク

ウエダアツシ監督のコメント

およそ10年前、天才・浅野いにおの手で産み落とされた、濃厚濃密“青春の坩堝”のような傑作を、人との距離が少し遠くなってしまった今、映画化出来たことに運命を感じます。近くて遠く、自由で不自由、諦めているけど欲しかったあの頃。矛盾する感情の狭間で、性と愛に溺れ、過去と未来に縛られるふたり。この難題に若き才能、石川瑠華・青木柚と共に誠実に向き合い、果敢に挑み、行き着いた答えがスクリーンには映っています。はっきり言って自信作です。残酷なまでに輝かしいふたりの青春を是非劇場でご覧ください。

小梅役:石川瑠華のコメント

参考:石川瑠華のTwitter

最初、浅野いにおさんの漫画『うみべの女の子』を映画化するというお話を聞いたとき、衝撃を受けました。
でも、これは可能性でもあり、この素晴らしい原作を映画で伝えられたら、もっと素晴らしいのではないかと思うようになり、オーディションに参加しました。
私自身、大好きな作品であり、小梅としてこの作品の中で生きた時間は本当に幸せでした。
同時にこれまで感じたことのない大好きだからこその怖さも感じていました。
ウエダアツシ監督とは初めてだったので何度も作品について話し合いました。
私は、監督が暖かく包み込むような優しさで小梅や磯辺はもちろん、この作品に出てくる登場人物、そしてこの作品を愛していることを感じました。
どんな恋愛映画や青春映画の型にもハマらないパワフルな映画になっていると思います。
是非、公開を楽しみにしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

磯部役:青木柚のコメント

参考:青木柚のInstagram

今も尚多くの人に愛されている原作にこのような形で携わる事が出来るのはとても光栄であり、同時に不安でもありました。ですが磯辺という人間を知れば知るほど、その考え方や心情にどこか他人とは思えないようなシンパシーを感じ、何がなんでも磯辺を最後まで生き抜きたいと強く思うようになりました。浅野さんが描く生々しく繊細な世界、石川さんを通して伝わってくる小梅の葛藤、この原作を背負ったウエダ監督の思い、その全てが僕と磯辺を結びつけ、支えてくれました。多くの方々と共に心血を注いで取り組んだ作品です。

映画『うみべの女の子』の作品情報

(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
浅野いにお『うみべの女の子』(太田出版)

【監督・脚本・編集】
ウエダアツシ

【音楽】
world‘s end girlfriend

【挿入曲】
はっぴいえんど「風をあつめて」(PONY CANYON/ URC records)

【キャスト】
石川瑠華、青木柚、前田旺志郎、中田青渚、倉悠貴、宮﨑優、髙橋里恩、平井亜門、円井わん、西洋亮、高崎かなみ、村上淳

映画『うみべの女の子』のあらすじ

(C)2021『うみべの女の子』製作委員会
海辺の小さな街で暮らす中学生の小梅(石川瑠華)は、憧れの三崎先輩(倉悠貴)に手ひどく振られたショックから、かつて自分のことを好きだと言ってくれた内向的な同級生・磯辺(青木柚)と関係を持ってしまいます。

初めは興味本位でしたが、何度も身体を重ねる二人。

やがて、磯辺を恋愛対象とは見ていなかったはずの小梅は、徐々に磯辺への想いを募らせ、一方、小梅に恋焦がれていたはずの磯辺は、その関係を断ち切ろうとしてしまいます。

二人の気持ちはすれ違ったまま、磯辺は過去にイジメを苦に自殺した兄への贖罪から、ある行動に出ることとなり……。

まとめ

(C)2021『うみべの女の子』製作委員会

思春期の繊細で残酷な「恋」と「性」。

もどかしくも切ない、胸を締め付けられる、繊細で残酷な思春期の少女と少年の青春譚

映画『うみべの女の子』のは、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか 2021年8月20日より劇場公開となります。

是非ご期待ください!


関連記事

新作映画ニュース

【Cinemarcheインターンシップ募集】“映画との出会い”を演出する職場体験をはじめよう

Cinemarche編集部インターンシップ募集のお知らせ Cinemarche編集部では、映画に関する学業に従事する、或いは映画に対し強い興味・関心を抱いている専門学校生・大学生のインターンを募集して …

新作映画ニュース

注目の映画『ハニーボーイ』日本公開日/上映館/予告動画。感動作に主演のノア・ジュプはネクストブレイク美少年俳優!

サンダンス映画祭ほか世界の映画祭 絶賛&賞レース席巻。 愛くるしい表情にときめき、切ない眼差しに胸が詰まる。 圧倒的な魅力と存在感を放つ新世代の美少年スター、ノア・ジュプ主演の感動作がついに …

新作映画ニュース

韓国映画『殺人鬼から逃げる夜』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。サイレントスリラーとして耳の聞こえない目撃者視点で描いた追走劇

耳の聞こえない目撃者が、殺人鬼の恐怖に怯える…。 新時代の逃走“サイレント”スリラーとして話題の韓国映画、『MIDNIGHT』(英題)。 (C)2021 peppermint&company …

新作映画ニュース

西島秀俊×小林薫映画『休暇』などリビングルームシアターで配信!話題作『凱里ブルース』は8月2日まで

リビングルームシアターに新たに9タイトルが追加! Covid-19対策として、映画館との共生を理念に5月23日に開設されたオンラインシアター「リビングルームシアター」に、新たに映画配給会社シネマエンジ …

新作映画ニュース

映画『彼女はひとり』キャスト/劇場公開日/上映館。黒沢清・森崎ウィンのおすすめコメントも紹介!

映画『彼女はひとり』は田辺・弁慶映画祭セレクション2020で上映。 テアトル新宿にて2020年11月20日(金)から開催される田辺・弁慶映画祭セレクション2020。 田辺・弁慶映画祭セレクション202 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学