Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

塚本晋也監督『鉄男』30周年記念リレー上映!アップリンク吉祥寺にて8月9日より開催

  • Writer :
  • 石井夏子

鉄男30周年記念リレー上映『鉄男』『鉄男ⅡBODY HAMMER』
アップリンク吉祥寺にバトンが到着!

塚本晋也監督『鉄男』30周年記念特集上映がアップリンク吉祥寺にて2019年8月9日(金)より1週間限定で開催されます。


©️SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

映画『斬、』(2018)では第19回ニッポン・コネクションにてニッポン名誉賞や、第69回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するなど、国内外で評価される塚本晋也監督

監督の原点とも言える『鉄男』の公開30周年を記念して、立川シネマシティを皮切りにスタートした『鉄男』『鉄男ⅡBODY HAMMER』の上映を行う特集のリレー上映が、アップリンク吉祥寺にて1週間限定で開催することが決定致しました。

国内屈指の音響メーカー、田口音響研究所がアップリンク吉祥寺のために開発した世界一の平面スピーカーにより、本作の魅力を最大限に引き出します。

また、上映期間中、劇場では鉄男30周年記念Tシャツ(4種)の販売も行われるそう。

本記事では特集上映の概要と、『鉄男』『鉄男ⅡBODY HAMMER』についてお知らせ致します。

※塚本監督の「塚」は点ありの旧字体

スポンサーリンク

30周年記念特集の概要

【日程】
2019年8月9日(金)~8月15日(木)1週間限定日替わり上映

【上映作品】
『鉄男』『鉄男ⅡBODY HAMMER』

【上映スケジュール】
『鉄男』:8月9日(金)、8月10日(土)、8月12日(月・祝)、8月14日(水・サービスデー)、8月15日(木)
『鉄男ⅡBODY HAMMER』:8月11日(日)、8月13日(火)

【料金】
一般¥1,500 
ユース(22歳以下)¥1,300 
シニア¥1,100 
ジュニア(15歳)¥800 
UPLINK会員¥1,000
サービスデー¥1,100

【場所】
アップリンク吉祥寺(東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目5−1パルコ地下2階)

【特別物販】
鉄男30周年記念Tシャツ(4種)

©️SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
販売価格:¥2,880(税別)

※詳細につきましてはアップリンク吉祥寺特集ページをご覧ください。

映画『鉄男』の作品情報

©️SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

【製作年】
1989年(日本映画)

【監督・脚本】
塚本晋也

【キャスト】
田口トモロヲ、藤原京、叶岡伸、塚本晋也、六平直政、石橋蓮司

【作品概要】
ローマ国際ファンタスティック映画祭でグランプリを獲得し、塚本の名を一躍世界に知らしめることになった16ミリ作品です。

撮影は塚本と不二稿京がそれぞれ担当。

人間とテクノロジーの相克を描くSFジャンル、サイバーパンクの日本における先駆となり、鉄雄という名の少年が主人公である大友克洋のマンガ&アニメ『AKIRA』と共に、日本代表のカルト・スタンダードとなりました。

映画『鉄男』のあらすじ

ある朝、サラリーマンの男(田口トモロヲ)が目覚めると、頬に金属のトゲのようなにきびが出来ていました。

次第に金属に侵蝕されていく男の肉体。

かつて男がひき逃げした、“やつ”(塚本晋也)は男に復讐を果たすため、激烈なスピードで男のもとへ向かいます。

そして終わることのないメタルサイキック戦争が始まり…。

スポンサーリンク

映画『鉄男ⅡBODY HAMMER』の作品情報

©1992 TOSHIBA-EMI・KAIJYU THEATER

【製作年】
1992年(日本映画)

【監督・脚本】
塚本晋也

【キャスト】
田口トモロヲ、叶岡伸、塚本晋也、手塚秀影、浅田修生

【作品概要】
いわゆる続編ではなく、『鉄男』のモチーフをSFアクションにグレード・アップさせた全く新しいストーリーのパート2。

塚本晋也が製作・監督・出演などひとり8役を務めました。

映画『鉄男ⅡBODY HAMMER』のあらすじ

谷口朋生(田口トモロヲ)は、8歳で他人の家に貰われるまでの幼い記憶を喪失していましたが、いまは妻のカナ(叶岡伸)、3歳の息子と、ハイテクなマンションで平穏に暮らしています。

その幸福な一家に忍び寄る、不気味なスキンヘッドの二人組。

スキンヘッド集団を司る青年“やつ”(塚本晋也)。

息子を殺され、次第に完璧な人間銃器と化した谷口は、“やつ”と対峙します。

壮絶な戦いの火ぶたが切り落とされ…。

まとめ

参考:塚本晋也監督の公式ツイッター

1989年、ローマ国際ファンタスティック映画祭グランプリを受賞した『鉄男』は、金属に侵食されていく男の爆裂劇をメタリックな美術、音響、機関銃のようなリズムのコマ撮りで、パワフルに映像化し、マーティン・スコセッシ、クエンティン・タランティーノ、ダーレン・アロノフスキーなど世界中に熱狂的なファンを作り出しました。

公開30周年を記念して、あの興奮がスクリーンに蘇ります。

上映されるのは『鉄男』と、そのバージョンアップ作『鉄男ⅡBODY HAMMER』。

塚本晋也監督『鉄男』30周年記念特集上映はアップリンク吉祥寺にて2019年8月9日(金)より1週間限定で開催です。

お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『皮膚を売った男』キャスト/上映館。日本劇場公開決定のアカデミー賞話題作は矛盾に満ちた世界の在り様を描く

自身がアート作品になった男が辿る「数奇な運命」とは…。 2020年のヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で男優賞を受賞し、東京国際映画祭でも正式出品され、さらに第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノ …

新作映画ニュース

映画『ガール・イン・ザ・ミラー』あらすじとキャスト。美少女の復讐劇がカリコレ2019にて公開!

“永遠の美少女”オリヴィア・ハッセーの愛娘インディア・アイズリー主演! 凄惨にして官能的。美しくも悲しい、ガール・リベンジ・スリラーが日本公開。 ©2017 ACE IN THE HOLE PRODU …

新作映画ニュース

新宿K’s cinemaにて映画『ハーヴェイ・ミルク』『レニ』など「パンドラ創立31周年特集上映」 開催

『パンドラ創立31周年特集上映 時代とともに』が9月15日(土)~10月12日(金)新宿K’s cinemaにて開催されます。 パンドラ第1回配給作品『ハーヴェイ・ミルク』を皮切りに、これまで配給した …

新作映画ニュース

映画「ヴィレヴァン」あらすじ。ドラマ版キャスト岡山天音ら続投の『リトル・サブカル・ウォーズ-ヴィレヴァン!の逆襲-』とは?

「ヴィレヴァン!」ドラマ続編決定に続き、よもやの映画化決定。 名古屋が生んだ、遊べる本屋『ヴィレッジヴァンガード』。 その個性を出し過ぎな、誰かの”好き“で溢れかえった本屋を舞台に、自称「空っぽ」の杉 …

新作映画ニュース

映画『リチャード・ジュエル』アカデミー賞2020年の最有力候補。イーストウッド監督最新作の劇中の場面写真解禁

2020年1月、私たちは衝撃の真実を知る。 イーストウッドの第40作、勇敢な警備員の身に起きた実話を描くサスペンスドラマ『リチャード・ジュエル』。 全世界待望、クリント・イーストウッドが放つ衝撃作『リ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学