Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/11
Update

実写映画化『リスタートはただいまのあとで』あらすじ/キャスト/公開日。竜星涼×古川雄輝がキス寸前の特報動画紹介!

  • Writer :
  • 石井夏子

ポスタービジュル&キス寸前の特報解禁。
佐野岳など追加キャストも発表!

古川雄輝×竜星涼のダブル主演映画『リスタートはただいまのあとで』が、2020年9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開することが決定しました。

(C)映画「リスタートはただいまのあとで」製作委員会

初日発表に合わせ、ポスタービジュアルと特報の解禁、ならびに追加キャストが発表となりました。

ポスタービジュアルは、光臣(古川雄輝)と大和(竜星涼)が寄り添いながら微笑みあう柔らかな表情が印象的で、キャッチコピーの「君と、一緒にいたい。」からは、光臣の切なくも強い願いが伝わってきます。

スポンサーリンク

映画『リスタートはただいまのあとで』について

参考:古川雄輝の公式ツイッター

本作は、ココミ著書『リスタートはただいまのあとで』(プランタン出版刊)を実写映画化した、心温まるラブストーリーです。

都会の生活に疲れ挫折中の狐塚光臣役に挑戦するのは、主演した『イタズラな Kiss~Love in TOKYO』が日本・中国で大ヒットを記録し、2014年に中国「尖叫2015愛奇芸之夜」で日本人初となる“アジア俳優賞”を受賞した古川雄輝

日韓合作映画『風の色』にて主演を務め、中国版Twitterとして知られるSNSサイト“Weibo”でのフォロワーは430万人を超えるなど、アジア圏にて絶大な人気を誇っています。

田舎暮らしで優しい熊井大和役を演じるのは、スーパー戦隊シリーズ『獣電戦隊キョウリュウジャー』でドラマ・映画ともに初主演を果たし、パリ・コレクションデビューや映画『トイ・ストーリー4』でフォーキーの声を担当している竜星涼

2020年は、三谷幸喜作・演出の舞台「大地」出演や主演映画『ぐらんぶる』の公開が控えるなど、俳優・モデル・声優など多岐にわたり活躍しています。

今旬な二人が、本作にて“そのままの自分”を受け入れてくれるお互いの存在の大切さに気づき、次第に惹かれていく心模様を演じます。

大和の高校の同級生で親友・上田裕役には、ドラマ『仮面同窓会』や主演映画『ふたつの昨日と僕の未来』、Netflix にて配信中の『愛なき森で叫べ:Deep Cut』など、数々の作品で存在感を放つ佐野岳。大和の秘密を光臣に伝えようとするなど、二人の間に立つ重要な役どころとなっています。

そして甲本雅裕、中島ひろ子、螢雪次朗、村川絵梨など確かな演技力でスクリーンに存在感を残す個性的な俳優が脇を固め、光臣や大和に対してそれぞれが抱く感情を切々と表現。

また、第41回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞した三浦理奈が本作にて記念すべき初出演を、清々しい演技で飾ります。

監督は、大ヒット恋愛映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』や、『パーフェクト・ワールド 君といる奇跡』『旅猫リポート』など数々の映画をプロデュースしている井上竜太。本作にて長編映画監督デビューを果たしました。

映画『リスタートはただいまのあとで』の特報予告

特報には、オールロケされた長野県千曲市・上田市の美しい景色の中、都会で挫折した光臣が故郷に戻り、無垢な心をもつ大和と出会うシーンが描かれました。

そして、眠っている大和に光臣がゆっくりと顔を近づけて思わずキスしそうになる姿も収められています。

スポンサーリンク

映画『リスタートはただいまのあとで』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
ココミ著書「リスタートはただいまのあとで」(プランタン出版刊)

【監督】
井上竜太

【脚本】
佐藤久美子

【キャスト】
古川雄輝、竜星涼、村川絵梨、佐野岳、中島ひろ子、螢雪次朗、甲本雅裕

映画『リスタートはただいまのあとで』のあらすじ

職場で上司に人間性を否定され、会社を辞めて10年ぶりに田舎に戻った光臣(古川雄輝)は、近所で農園を営んでいる熊井のじいちゃんの養子・大和(竜星涼)と出会います。

大和のことを「馴れ馴れしくてウザい奴」と思っていた光臣でしたが、父親に実家の家具店を継ぐ事を拒絶され、農園の手伝いをはじめると、大和と過ごす時間が増えていきました。

ふさぎこんでいる光臣を励まし、心の痛みに寄り添う優しい大和。次第に、自分の弱さも受け入れてくれる大切な存在に変わっていきます。

ある夜、酔いつぶれた二人でしたが、目が覚めた光臣は寝ている大和に思わずキスをしてしまい、抱いている感情にハッとします。

大和の高校の同級生で親友の上田(佐野岳)から、「アイツには秘密がある」と耳打ちされたことを思い出した光臣の前に、親しげに大和と話す年上の女性が現れて…。

光臣は大和へ想いを伝えることはできるんでしょうか?そして、親との確執を乗り越えて、自分の夢と向き合う事ができるんでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

参考:映画『リスタートはただいまのあとで』の公式ツイッター

小さな田舎町で出会った正反対の二人。あったかくて大切な宝物に変わってゆきます。

美しい景色の中で紡がれた癒し系“純愛BL映画”『リスタートはただいまのあとで』は2020年9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開です。

スクリーンに繊細に映しだされる緑豊かな大自然とともに、光臣(古川雄輝)と大和(竜星涼)の瑞々しいやりとりをお楽しみください。


関連記事

新作映画ニュース

『連続ドラマW 松本清張 眼の壁』あらすじ/キャスト。傑作ミステリー小説を小泉孝太郎主演で初の連続ドラマ化!

松本清張原作の傑作ミステリー『連続ドラマW 松本清張 眼の壁』がWOWOWにて初の連続ドラマ化 『点と線』『砂の器』にならぶ松本清張原作の傑作ミステリーを初の連続ドラマ化した『連続ドラマW 松本清張  …

新作映画ニュース

芸人永野&三角絞め映画を絶賛!『Cosmetic DNA』ゆうばりファンタ2年連続ノミネート×予告編が解禁!

映画『Cosmetic DNA』は2021年10月9日(土)よりK’s cinemaほかにて全国順次公開! ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020にて北海道知事賞を受賞したことで話題を呼び、若き …

新作映画ニュース

第91回アカデミー賞ノミネート2019『グリーンブック』あらすじとキャスト。実話をファレリー監督が傑作に!

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描いた映画『グリーンブック』。 第91回アカ …

新作映画ニュース

オンライン映画館STAY HOME MINI-THEATERがオープン!斎藤工の監督作などプレミア先行上映

オンライン映画館が4月29日(水・祝)〜5月1日 (金)プレオープン決定。 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を受けた外出自粛要請により、全国映画館の休館、映画祭のミニシアターをはじめ映画業界はじめ …

新作映画ニュース

【新宿K’s cinema】ドキュメンタリー映画『99歳 母と暮らせば』公開日決定!谷光章監督が幸せな介護を描く

老老介護のリアルな姿を描いたほのぼのドキュメンタリー 認知症を患う99歳の母と自身も71歳の映像作家・谷光章監督が介護をする姿をほのぼのと描いたドキュメンタリー『99歳 母と暮らせば』が6月8日(土) …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学