Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『そして、バトンは渡された』キャストの石原さとみは梨花役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『そして、バトンは渡された』は2021年10月29(金)にロードショー

第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー小説を映画化した『そして、バトンは渡された』が、2021年10月29日(金)に公開されます。

永野芽郁、田中圭、石原さとみらの豪華キャスト陣を、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲監督がまとめ上げます。

血の繋がらない親から親へと養育をリレーされ、小学生から高校卒業するまでの間に4回も名字が変わった主人公の優子。

3人目の父となる森宮と二人暮らしの優子が、複雑な家庭環境を乗り越えて、自分の居場所を決める姿が描かれます。

この記事では梨花役の石原さとみについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『そして、バトンは渡された』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(文春文庫)

【監督】
前田哲

【脚本】
橋本裕志

【キャスト】
永野芽郁、田中圭、岡田健史、石原さとみ、大森南朋、市村正親、稲垣来泉

【作品情報】

2019年に本や大賞を受賞した瀬尾まいこの小説を、『陽気なギャングが地球を回す』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲監督が実写映画化したヒューマンドラマ『そして、バトンは渡された』。

映画『仮面病棟』『君は月夜に光り輝く』やNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインを務めた若手女優筆頭の永野芽郁が、主人公・森宮優子を演じます。

優子を育てる優しい義父・森宮には、ドラマ『おっさんずラブ』の田中圭。

奔放な魔性の女・梨花を『シン・ゴジラ』の石原さとみが演じます。

岡田健史、大森南朋、市村正親ら実力派が共演。

映画『そして、バトンは渡された』のあらすじ


(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

血のつながらない親の間をリレーされ、これまで4回も名字が変わった優子。

現在はわけあって料理上手な義理の父・森宮さんと2人で暮らしています。

将来のことや友だちのことなど様々な悩みを抱えながら、卒業式にピアノで演奏する「旅立ちの日に」を猛特訓する日々を送る優子。

一方、夫を何度も変えながら自由奔放に生きる梨花は、泣き虫な娘みぃたんに精いっぱいの愛情を注いでいましたが、ある日突然、娘を残して姿を消してしまい…。

スポンサーリンク

映画『そして、バトンは渡された』梨花役は石原さとみ

参考映像:『シン・ゴジラ』(2016)

映画『そして、バトンは渡された』で梨花役を演じる石原さとみは1986年12月24日生まれの女優。東京都出身。ホリプロ所属。

2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリを受賞。本格的に女優活動を始めます。

オーディション参加以前にも、ホリプロ系列の俳優養成所ホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属し、石神 国子(いしがみ くにこ)名義で映画『ホ・ギ・ラ・ラ』『船を降りたら彼女の島』出演経験があります。

「石原さとみ」という芸名の由来は、「原石」を逆にした苗字「石原」に、聡明で美しくありたいとしてつけた「聡美」をひらがな表記にしたものです。

石原さとみとして2003年に『わたしのグランパ』で映画デビュー。数々の映画賞を受賞しています。

同年『きみはペット』で連続ドラマ初出演し、NHK連続テレビ小説『てるてる家族』ヒロインに抜擢されました

2005年NHK大河ドラマ『義経』に静御前役で出演。

『奇跡の人』や、つかこうへい作品『幕末純情伝』などの舞台でも活躍。

2009年『ヴォイス〜命なき者の声〜』で月9ドラマ初出演。

映画『北の零年』『シン・ゴジラ』で助演女優賞を受賞。

2018年の主演ドラマ『アンナチュラル』が大ヒット。数々のドラマ賞を受賞するなど高く演技を評価されました。

そのほか映画『進撃の巨人』『決算!忠臣蔵』、ドラマ『失恋ショコラティエ』『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『恋はDeepに』など多数話題作で活躍。

プライベートでは2021年に一般男性との結婚を発表しました。

映画『そして、バトンは渡された』梨花はどんな役?


(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

石原さとみ演じる梨花は、永野芽郁演じる主人公・優子の実父・秀平の再婚相手。魔性の女。

義理の母となり、優子に大きな愛情を注ぎます。

秀平がブラジル転勤になると、外国へ行くのが嫌という理由で離婚。

友だちと離れたくない優子と二人、日本に残って一緒に暮らし始めますが…。

スポンサーリンク

石原さとみの演技力の評価は

参考映像:『決算!忠臣蔵』(2019)

「なりたい顔」ランキングで殿堂入りを果たすほど、女性から高い支持を受けている女優・石原さとみ。

2003年の映画『わたしのグランパ』では、第27回日本アカデミー賞、ブルーリボン賞をはじめ、計6つの映画賞で新人賞を受賞する華々しいデビューを飾りました。

2006年の『北の零年』、2016年の超大作『シン・ゴジラ』両作では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。

人気実力ともに高く評価され、NHK朝ドラヒロインも務め日本全国で愛される女優となりました。

ドラマでも快進撃は止まらず、『失恋ショコラティエ』『5→9〜私に恋したお坊さん〜』などで数々のドラマ賞を受賞。

2018年の大ヒットドラマ『アンナチュラル』では辛く悲しい過去を持つ法医解剖医役を熱演。

ドラマは第96回ドラマアカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ主演女優賞など計6部門を受賞。第44回放送文化基金賞ドラマ部門最優秀賞も受賞するなど、高く評価されました。

石原自身もコンフィデンスアワード・ドラマ賞年間大賞やザテレビジョンドラマアカデミー賞で主演女優賞を受賞する快挙を成し遂げています。

その裏では努力を惜しまない女優魂があります。2015年の『進撃の巨人』出演の際には、アニメ版での声優に指導してもらったそうです。

成長し続ける石原が、本作『そして、バトンは渡された』では、大胆不敵で再婚を繰り返す奔放な女性・梨花を演じます。

物語の鍵となる梨花を石原がどう演じるのか期待が高まります。

石原さとみの公式SNSの紹介

石原さとみの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの小説を、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲監督が実写映画化した『そして、バトンは渡された』。

主人公・優子を演じるのは、『仮面病棟』の人気実力派女優・永野芽郁

やさしくて料理上手な義理の父・森宮に、『哀愁しんでれら』の田中圭が扮します。

物語のキーパーソンである魔性の女・梨花を演じるのは『シン・ゴジラ』の石原さとみ。

岡田健史、大森南朋、市村正親ら豪華キャストが共演。

注目の映画『そして、バトンは渡された』は、2021年10月29日より全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画業界のハラスメント防止に向けて、是枝裕和、諏訪敦彦、西川美和ら連盟で文化庁へ要望書提出

業界のハラスメントに監督たちが立ち向かう! 声明文「私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します。」が、2022年3月18日(金)に是枝裕和、諏訪敦彦、岨手由貴子、⻄川美和、深田晃司、舩橋 …

新作映画ニュース

トニー・ジャー映画『トリプル・スレット』あらすじとキャスト。公開は9月6日に決定し場面写真も解禁!

ムエタイ×シラット×カンフー! 究極のドリームチーム結成! アクション超人による世界大会が幕を開けます。 映画『トリプル・スレット』の日本公開日が2019年9月6日(金)に決定しました。 トニー・ジャ …

新作映画ニュース

映画『リヴァプール、最後の恋』あらすじとキャスト。感動の実話ラブストーリー

イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録を映画化した『Film Stars Don’t Die in Liverpool』。 日本公開に向けて邦題を『リヴァプール、最後の恋』 …

新作映画ニュース

ポーランド映画『メモリーズ・オブ・サマー』の日本公開日は6月1日!アダム・グジンスキ監督が描く夏の記憶

ポーランドの風景のなか紡がれる新しい夏休み映画 日本初劇場公開となる、ポーランド映画界の新たな才能アダム・グジンスキ監督の映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 本作の日本公開初日が、2019年6月1日( …

新作映画ニュース

韓国映画『ブリング・ミー・ホーム』あらすじ。キャストのイ・ヨンエ14年ぶりのスクリーン復帰作!

『親切なクムジャさん』のイ・ヨンエが14年ぶりにスクリーン復帰。 このたび、『親切なクムジャさん』(パク・チャヌク監督/2005)以来、14年ぶりのスクリーン復帰を果たしたイ・ヨンエの主演作『ブリング …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学