Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『Sin Clock』公開日“33日前”に窪塚洋介/坂口涼太郎/葵揚の本編映像解禁!第3弾は“3”に集った者の決戦前を映す

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『Sin Clock』は2023年2月10日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開!

『GO』(2001)、『ピンポン』(2002)などで知られる俳優・窪塚洋介の18年ぶりとなる邦画長編映画の単独主演作『Sin Clock』

最低の人生を生きる男たちが思いもよらぬ《偶然の連鎖》に導かれ、幻の絵画をめぐるたった一夜の《人生逆転計画》へ挑む様をスリリングに描き出したサスペンス・ノワールです。

仕事と家族を失った主人公の高木シンジ(窪塚洋介)、サヴァン症候群により驚異的な記憶力を持つ元数学教師の番場ダイゴ(坂口涼太郎)、賭博狂で元自衛官の坂口キョウ(葵揚)の3人を犯罪計画へと駆り立てた数奇な数字「3」が象徴的に描かれる本作。

このたび、劇場公開日の“33日前”を迎えたのを記念し、3人のタクシードライバーが裏社会へと足を踏み入れる様子を捉えた本編映像・第3弾、そして新たな場面写真が解禁となりました。

映画『Sin Clock』とは?


(C)2022 映画「Sin Clock」製作委員会

たった一晩で、最低の人生は最高の人生に変えられるのか……主演・窪塚洋介が個性豊かなキャスト陣とともに贈る、新時代のサスペンス・ノワール『Sin Clock』

本作が18年ぶりの邦画長編映画・単独主演作となる窪塚洋介は、どん底の人生からの一発逆転を目指すタクシードライバー・高木シンジ役を独特の色気匂い立つ唯一無二の存在感で表現しています。

高木とともに絵画強奪計画を画策する同僚ドライバー・番場役と坂口役を坂口涼太郎と葵揚がそれぞれ演じるほか、橋本マナミ、田丸麻紀、長田庄平(チョコレートプラネット)、藤井誠士、風太郎、螢雪次朗が出演。

また近年熱い注目を集めるヒップホップシーンからも、人気ラッパーの般若、Jin Doggらが出演を果たすなど、多彩なジャンルから個性豊かなキャストが集結しました。

さらにテーマソングとして、国内のみならず海外からも熱狂的な支持を集めるオルタナティブロックバンドGEZANが「赤曜日」「BODY ODD」の2曲を提供し、劇中曲にはフリースタイルバトルシーンでも活躍するラッパー・Jinmenusagiによる「Metchalo」、2021年を象徴するヒット曲となったAwichによる「GILA GILA feat. JP THE WAVY, YZERR」が起用されました。

本編映像・第3弾が解禁!

映画『Sin Clock』本編映像・第3弾

仕事と家族を失った主人公の高木シンジ(窪塚洋介)、サヴァン症候群により驚異的な記憶力を持つ元数学教師の番場ダイゴ(坂口涼太郎)、賭博狂で元自衛官の坂口キョウ(葵揚)の3人を犯罪計画へと駆り立てた数奇な数字「3」が象徴的に描かれる本作。

このたび、劇場公開日の“33日前”を迎えたのを記念し、3人のタクシードライバーが裏社会へと足を踏み入れる様子を捉えた本編映像・第3弾が解禁されました。


(C)2022 映画「Sin Clock」製作委員会

解禁された映像では、GEZANによるテーマソング「赤曜日」をバックに、人生逆転を賭けた強奪計画を成功させるため、裏社会の危険人物との交渉に向かう3人の姿が映し出されています。

薄暗い公衆トイレで身支度を整えたのち、闇夜の路地裏を黒のスーツに身を包み、煙草をくゆらせながら歩く姿からは、後戻りできない危険な世界へ足を踏み入れることへの覚悟が伺い知れます。強奪計画の成功が懸かった重大な夜を3人で越えることができるのか、期待と不安が入り混じる緊迫感あふれる映像となっています。


(C)2022 映画「Sin Clock」製作委員会

また併せて解禁された新たな場面写真には、鏡の前でネクタイを締め直し、目線を落としながら煙草に火をつける窪塚演じるシンジの姿が収められており、社会からも家族からも見放されたうだつの上がらない人生を送っている男とは思えない程の、限界を知らない色気が見てとれます。

さらに、Jin Dogg演じる半グレ・ヤスと藤井誠士演じる闇ブローカー・チバとの取引に挑むシーンを捉えたカットからは、煙草を吸いながら落ち着いた余裕を見せるシンジ、己の柔和さを見透かされまいと固く口をつむぐダイゴ、目をギラつかせ相手を睨みつける強気で血気盛んなキョウと、失敗の許されない危機的状況下での様子が三者三様に収められている

どん底の人生を生きる“持たざる者”たちが抱えていた悲哀や怒りが答えを見つけた時、表と裏の境界線は消え、後戻りのできない運命へと走り出していく。奇妙な“偶然”に導かれて彼らが選んだ選択は、どんな予測不能のラストを連れてくるのでしょうか?


(C)2022 映画「Sin Clock」製作委員会

映画『Sin Clock』の作品情報


(C)2022 映画「Sin Clock」製作委員会

【監督・脚本】
牧賢治

【劇中曲】
Awich(Universal Music LLC)「GILA GILA feat.JP THE WAVY,YZERR」、Jinmenusagi「Metchalo」

【テーマソング】
GEZAN「赤曜日」「BODY ODD」

【キャスト】
窪塚洋介、坂口涼太郎、葵揚、橋本マナミ、田丸麻紀、Jin Dogg、長田庄平、般若、藤井誠士、風太郎、螢雪次朗

映画『Sin Clock』のあらすじ


(C)2022 映画「Sin Clock」製作委員会

社会からも家族からも見放されたタクシードライバー、高木。

奇妙な偶然が呼び寄せた、巨額の黒いカネを手にするチャンス。鍵を握るのは一枚の絵画。

高木はたった一夜での人生逆転を賭け、同僚らと絵画強奪計画を決行。

だが、運命の夜はさらなる偶然の連鎖に翻弄され、男たちの思惑をはるかに超えた結末へと走り出していく……。

まとめ


(C)2022 映画「Sin Clock」製作委員会

2023年2月10日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開される映画『Sin Clock』

このたび新たに解禁された本編映像・第3弾および新規場面写真では、“決戦”に赴かんとする窪塚洋介、坂口涼太郎、葵揚演じる3人組の緊迫感ある様子が映し出されました

前職をクビになったのは「3か月前」、誕生日は「3月3日」の“持たざる者”たちが「3人」引き寄せられた……最もシンプルで最も調和のとれた美しい数字「3」がもたらすのは、どん底の人生を覆すための大犯罪。

果たして「3」が引き寄せるのは、幸福か、さらなる絶望か結末で描かれるその答えを知るために、誰もが映画に引き寄せられてしまうはずです

映画『Sin Clock』は2023年2月10日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開!





関連記事

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの中村豪士役は綾野剛【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』は2019年10月18日より全国公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々 …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの極道 加瀬役は染谷将太【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

オゾン最新作『2重螺旋の恋人』web限定で映像解禁!監督が仕掛けた7つの罠とは

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 本作は、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年 …

新作映画ニュース

五十嵐大介原作『 リトル・フォレスト 春夏秋冬』映画のあらすじキャスト。公開日決定!

2014年に橋本愛主演で映画化され、大自然に囲まれた小さな集落で暮らす一人の女性の姿を描いた、“読んで美味しい”と話題の五十嵐大介の大人気コミック『リトル・フォレスト』がついに海を越え韓国で映画化! …

新作映画ニュース

福島拓哉映画『モダン・ラブ』欧州三冠記念で下北沢トリウッドにて凱旋上映!

欧州三冠記念!リピーター続出の話題作が下北沢に凱旋。 長編映画『モダン・ラブ』上映決定と、短編『LEGACY TIME』も併映! 初公開となった6月のトリウッドの上映では、リピーターが続出するなど大盛 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学