Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『シュレーディンガーの猫』あらすじ/キャスト。無観客のエチュード劇を映像化した作品が製作決定!

  • Writer :
  • 大塚まき

休業中の誰もいない映画館で繰り広げられた無観客のエチュード劇から生まれた映画。

緊急事態宣言の自粛を経て、開業を待つ「横浜シネマ・ジャック&ベティ」のとある一日。


(c)映画『シュレーディンガーの猫』

演劇×映画の新たな試み」として、誰もいない映画館で、観客のエチュード劇が繰り広げられました。

そのエチュード劇を撮影・編集し映画『シュレーディンガーの猫』と『朝になったり』の2本の映画の製作が決定しました。

スポンサーリンク

映画『シュレーディンガーの猫』と『朝になったり』について


(c)映画『シュレーディンガーの猫』

長編『シュレーディンガーの猫』と短編『朝になったり』は、誰もいない映画館で、たった一日だけ行われたエチュード劇から生まれた映画作品となります。

緊急事態宣言の自粛を経て開業を待つ「横浜シネマ・ジャック&ベティ」のとある一日を舞台に、誰もいない映画館にて無観客のエチュード劇の幕開けです。

ジャック&ベティで行われたエチュード劇は、奥田裕介(『世界を変えなかった不確かな罪』2017年)が全体構成を行い、劇団オーストラ・マコンドーの演出家・倉本朋幸(『どうしようもない僕のちっぽけな世界は、』東京国際映画祭2019 日本映画スプラッシュ)が現場演出を行いました。

本作の製作・プロデュースを担当したのは、『GOSPEL』(2014)、ミス日本50周年『夢こそは、あなたの生きる未来』(2018)、横浜の伝説のライブハウス『FRIDAY』(2020)などの製作を手掛けた飯塚冬酒。

カトウシンスケ(『ケンとカズ』『風の電話』『どうしようもない恋の唄』)と荒井志郎(『夢売るふたり』『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』)がエチュード劇に参加し、キャストを務めます。

カトウシンスケのプロフィール

(C)Cinemarche

カトウシンスケは、1981年8月18日生まれ、東京都出身の俳優です。

『ケンとカズ』(2016)では、覚醒剤密売を舞台に、裏社会で生きながら狂気や哀しい運命に翻弄されるケン役を見事に演じ切り、第31回高崎映画祭にて最優秀新進俳優賞を受賞しました。

また舞台では劇団「オーストラ・マコンドー」の一員として公演作に出演。ドラマ・映画・舞台・CMと幅広い分野で活躍しています。

スポンサーリンク

荒井志郎のプロフィール

参考:青☆組公式ツイッター

荒井志郎は、1979年3月24日生まれ、石川県出身。『夢売るふたり』(2012)、『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』(2016)などに出演しています。

舞台では劇団青☆組に入団以後、『パール食堂のマリア』(2011)、他劇団の『分身』などに出演。

テレビは2012年NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』、2013年フジテレビ『dinner』、2015年『テディ・ゴー!』などで活躍し、他にCFやナレーションなども務めています。

映画『シュレーディンガーの猫』の作品情報

【製作】
2020年(日本映画)

【監督】
四海兄弟

【エチュード構成】
奥田裕介

【エチュード演出】
倉本朋幸

【キャスト】
カトウシンスケ、荒井志郎

スポンサーリンク

映画『朝になったり』の作品情報

【製作】
2020年(日本映画)

【構成・監督】
奥田裕介

【エチュード演出】
倉本朋幸

【キャスト】
カトウシンスケ、荒井志郎

映画『シュレーディンガーの猫』と『朝になったり』のあらすじ

(c)映画『シュレーディンガーの猫』

誰もいない映画館の中にいる二人の男。

静謐な映画館のロビーや客席で、時には不条理に時にはコミカルに繰り広げられる二人の男の会話劇は、ベケットの名作「ゴドーを待ちながら」を彷彿とさせます。

映画館の中で「今」を過ごす二人、そして二人が待っている「未来」とは…?

まとめ

演劇と映画の新たな試みとして、誰もいない横浜シネマ・ジャック&ベティの静謐な映画館のロビーや客席で繰り広げられる二人の男の会話劇長編『シュレーディンガーの猫』と短編『朝になったり』

演劇のエッセンスが映画にどのように映し出されているのか期待が高まりますね。

続報にもご期待ください。


関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『工作 黒金星と呼ばれた男』あらすじとキャスト。日本公開オリジナルポスターのビジュアル解禁!

カンヌ国際映画祭執行委員長も称賛! 第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニングに公式招待された韓国映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が2019年7月19日(金)よりシネマ …

新作映画ニュース

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』キャストのSUMIREは茨木童子役に挑む。演技力の評価とプロフィール!

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は2021年8月13日よりロードショー 2005年に三池崇史監督が神木隆之介主演で製作した『妖怪大戦争』に続く、超ド派手妖怪ファンタジーエンタテインメント『妖怪大戦争 …

新作映画ニュース

韓国映画『偽りの隣人 ある諜報員の告白』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。社会派サスペンスにイ・ファンギョンが挑んだ最新作

韓国初登場1位!『7番房の奇跡』監督最新作! 韓国歴代興収10位を記録し、日本でも大ヒットした『7番房の奇跡』のイ・ファンギョン監督。 (C) 2020 LittleBig Pictures All …

新作映画ニュース

岩井俊二映画『チィファの手紙』あらすじとキャスト。日本公開決定の中国版ラストレター

岩井俊二監督が描く、もうひとつの『ラストレター』。 『Love Letter』(1995)、『スワロウテイル』(1996)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001)、『花とアリス』(2004)など、数 …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト主演女優の笠松七海は高校生の洋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

映画『おろかもの』は2020年劇場公開予定 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、2020年「田辺・弁 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学