Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ロックンロール・ストリップ』あらすじ。木下半太監督の長編デビュー作品が2020年公開!

  • Writer :
  • 大塚まき

木下半太の自伝的小説が映画化決定!

作家で俳優の木下半太の自伝的小説『ロックンロール・ストリップ』(小学館文庫・刊)が、原作者の木下半太自らが監督を務め、2020年に映画化することが決定しました。


(c)「ロックンロール・ストリップ」製作委員会

大阪のストリップ劇場を舞台に映画監督を夢見る劇団座長が、売れない劇団員とともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる、痛快エンターテインメントです。

本記事では、木下半太監督のプロフィールとあわせて本作のあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

原作『ロックンロール・ストリップ』について

参考:木下半太監督のインスタグラム

原作は「悪夢」シリーズで人気の作家・木下半太が執筆した『ロックンロール・ストリップ』。2018年に小学館から刊行されました。

木下半太の半自伝的青春小説として話題を呼びました。

主人公・木村勇太は25歳。夢は映画監督。今は売れない劇団をやりながら、大阪市K区寿町でバーを経営しています。

ある日の閉店間際、“冬音”という美女が店にやってきました。

ストリッパーだという彼女は、勇太にストリップ劇場で前座をやってほしいと頼みます。

なんとか劇場を満員にしたい、力を貸してほしいと言われ…。

そこから場末の劇場を舞台にした勇太たち劇団員4人の、笑いあり、涙ありの悪戦苦闘の日々が始まりました。

監督:木下半太プロフィール

参考:木下半太監督のインスタグラム

本作品の監督を務めた木下半太は、1974年8月9日生まれの大阪府茨木市出身です。

俳優、小説家、漫画原作者として幅広く活動しています。本作で初の監督デビューを果たしました。

劇団『渋谷ニコルソンズ』『なにわニコルソンズ』を主宰し、精力的に芝居のワークショップなども開催しています。

2006年に『悪夢のエレベーター』で作家デビュー。同作は、テレビドラマ化、舞台化、映画化され話題を呼びました。

また、著書「悪夢シリーズ」は累計80万部を突破し、韓国やタイなどでも翻訳されています。

木下半太監督のコメント

本作製作の経緯について、木下半太監督は以下のようにコメントを寄せています。

25年前、大阪の映画専門学校で講師と喧嘩をした。
「お前、映画監督になれると思ってんのか?」
その言葉が俺の胸に突き刺さったまま、劇団を立ち上げ、先輩とバーを経営し、なぜか小説家になり、初監督の映画を撮りました。
夢を叶えるのに四半世紀。長かったようで、これが一番の近道だったのかもしれません。
ロックンロール・ストリップは負け犬が走り続ける青春映画です。
今、夢を叶えようともがいてる人たちに観てもらえたら幸せです!

木下半太監督自身が映画を撮るまでの人生から産み落とされた映画『ロックンロール・ストリップ』

まさに木下半太の自伝的なストーリーがどう映画化されるのか、公開が楽しみですね。

スポンサーリンク

映画『ロックンロール・ストリップ』の作品情報


(c)「ロックンロール・ストリップ」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原題】
「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫・刊)

【監督】
木下半太

映画『ロックンロール・ストリップ』のあらすじ

大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が、売れない劇団員とともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる、痛快エンターテインメント。

笑って泣ける青春群像劇に待ち受ける、笑劇の結末とは?

スポンサーリンク

まとめ

参考:木下半太監督のツイッター

刊行された原作「『ロックンロール・ストリップ』の帯には、“売れない劇団が大阪のストリップ劇場で決死のパフォーマンス!?”と綴られ、筆者の木下半太は「実はほとんど実話なんです」とコメントしています。

監督自らの夢が詰まった青春映画『ロックンロール・ストリップ』。

今後発表される出演者も気になりますね。

木下半太の長編映画監督デビュー作となる映画『ロックンロール・ストリップ』は2020年に全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

『アクアマン』4DX映画体験リポートと上映情報。ジェイソン・モモアの筋肉に酔いしれながら飛び散る水しぶきを体感!

全世界4DXムーブメントを巻き起こした⼤作映画『アクアマン』が、ついに⽇本公開! あなたの想像を超える4DXオリジナル効果炸裂! 映画『アクアマン』4DXは2019年2⽉8⽇(⾦)より、4DX上映スタ …

新作映画ニュース

韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』あらすじ。シネマートにて公開決定!

男たちの悲哀に満ちたストーリーと壮絶なアクションシーンに心を揺さぶられる歴史大作! 韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』の公開が2018年11月シネマート新宿、シネマート心斎橋にて決定しまし …

新作映画ニュース

古川登志夫がキャラを演じ分けた予告動画紹介!『シッチェス映画祭2020』はロブゾンビ新作ホラーも上映

衝撃の映像が露わに! レジェンド古川登志夫が語る、衝撃の予告編が完成。 スペインで毎年開催されるシッチェス映画祭の上映作から厳選した作品を日本で上映する「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクショ …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのカウボーイ役は斎藤工(たくみ)。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

アカデミー賞最有力のドキュメンタリー映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』予告編紹介!

息を呑むほど美しい“究極の農場”が出来るまで。 米レビューサイトRottenTomatoesで驚異の96% (2019年11月1日現在)、2018年から数々の映画祭で数々の観客賞を受賞し、本年度アカデ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学