Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/05
Update

映画『大海原のソングライン』劇場公開日は2020年8月1日!音楽ドキュメンタリーの特報予告編紹介

  • Writer :
  • 松平光冬

16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリー

5000年前、人々を繋いだものは、文字ではなく音楽だった――

(C)Small Island Big Song

音楽ドキュメンタリー映画『大海原のソングライン』が、2020年8月1日(土)より東京・シアターイメージフォーラム、名古屋・名演小劇場にて公開されます。

映画公開に先がけ、特報、ティザービジュアル 、場面写真が到着しました。

スポンサーリンク

映画『大海原のソングライン』について


(C)Small Island Big Song

本作『大海原のソングライン』は、東は太平洋のイースター島、西はインド洋のマダガスカルに至るまで、16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した、ドキュメンタリー映画です。

音楽プロデューサーにして本作監督のティム・コールと、プロデューサーのバオバオ・チェンは、3年もの歳月をかけて、各島々を渡り歩きました。

オーストラリアの先住民には、古来より受け継がれてきた、生活の中で動植物や岩、湖などを歌い世界を表現する“ソングライン”と呼ばれる思想/信仰があります。

それは、一曲を歌うというよりも、数珠つなぎに様々な歌が重なり合う独特の表現方法を持っているとのこと。

本作はその“ソングライン”という思想に基づいて、かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌をもう一度集結させるという、壮大な音楽プロジェクトを追っていきます。

なお、本作公開に先がけて、2018年7月に音楽アルバムが発売されると世界各国で評判を呼び、イギリス、ドイツなどで音楽賞を次々に受賞

出演ミュージシャンたちによるライブも世界14カ国で行われ、こちらも高い評価を浴びています。

映画『大海原のソングライン』の特報予告

映画公開に先がけ、本作の特報も公開されました。

今回、解禁された特報では、それぞれの島で生きる人々が、伝承の音楽を演奏し、やがて一つのアンサンブルを奏でていく様子が映し出されます。

力強さと優雅さが一体となった音楽と同時に、壮大な自然模様も合わさることで、神秘さも醸し出されていきます。

それに加えて、

崇高で、朗らかで、伝統的で、素晴らしい多文化世界への探検である
――ブルース・エルダー(音楽評論家)

環境と自然保護の最前線にある地域からの、音楽による力強いメッセージ
――ビルボードアジア

といった、本作への称賛コメントが期待感を高めていますね。

スポンサーリンク

映画『大海原のソングライン』の作品情報

(C)Small Island Big Song

【日本公開】
2020年(オーストラリア・台湾合作映画)

【原題】
Small Island Big Song(中国語題:小島大歌)

【監督】
ティム・コール

【製作】
バオバオ・チェン

【キャスト・音楽】
マウパワー、アロ・カリティン・パチラル、アレナ・ムラン、ホロモナホロ

映画『大海原のソングライン』のあらすじ

5000年前、太平洋には海を渡る人々がいました。

彼らは数千年に渡って大海原を攻略し、地球の半分を覆う島々にたどり着きます。

文字が普及する前の時代なので、彼らはその先々で音楽を残しながら交流していきました。

その勇敢な船乗りたちの子孫は、今や4億人にまで増加。

音楽プロデューサーにして本作監督のティム・コールと、プロデューサーのバオバオ・チェンは、3年間に渡りその航路をたどります。

台湾から出発してオーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、さらに太平洋の向こう側に位置するマダカスカル、そしてイースター島に至るまで、実に16の島国に残る伝統的な音楽やパフォーマンスを記録。

そして、「Small Island Big Song」と名付けられたこの試みは、単なる伝統音楽の記録に留まらなかったのです…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Small Island Big Song

本作プロデューサーのバオバオ・チェンは、以下のようなコメントを発表しています。

私たちが出会ったのは、たくさんの笑い声と故郷への深い愛情、そして自然は支配するものではなく、繊細な織物のようなもので、その一端を我々も担っていると信じる世界中の同士たちへの、心からの感謝の気持ちでした。そうした彼らからの音楽という贈り物を、受け取っていただきたいです。
なによりも重要なのは音楽であり、現代的あるいは伝統的な、痛切あるいは陽気な曲を、素晴らしい音楽家達の故郷で録音したその現場にいた私達と同じぐらい楽しんでいただきたい。失われるにはあまりに尊すぎる、いくつもの海を跨いだ島々の旅行記「Small Island Big Song」にどうぞお付き合いください。

本作には、世界中に人種や国境は数あれど、音楽一つで人間は繋がっていけるということや、島々での生活をかいま見ることで、現在の地球が抱える温暖化や環境問題を考える、といったテーマが含まれています。

いままでのワールドミュージックや伝統音楽の常識を打ち破る、全く新しい音楽ドキュメンタリーが、幕を開けます。

ドキュメンタリー映画『『大海原のソングライン』は、2020年8月1日(土)より東京・シアターイメージフォーラム、名古屋・名演小劇場にて公開

関連記事

新作映画ニュース

映画『タリーと私の秘密の時間』マッケンジー・デイヴィス魅惑のコスプレ姿披露!

『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組んだ最新作『 …

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】やまなみ工房の映画『地蔵とリビドー』を10組20名様ご招待(10/2・3 イメージフォーラム)

2018年11月、シアター・イメージフォーラムにてロードショーが決定している映画『地蔵とリビドー』。 上映に先立ち、10月2日(火)、3日(水)にシアター・イメージフォーラムにて行われるマスコミ試写会 …

新作映画ニュース

映画『誰がハマーショルドを殺したか』あらすじ/上映館。日本公開が決定した冷戦最大の陰謀に迫るドキュメンタリー!

サンダンス映画祭で監督賞を受賞。 世界史を覆す衝撃の問題作。 国連事務総長事故死の裏に隠された計画の存在に迫り、サンダンス映画祭で監督賞を受賞したドキュメンタリー映画『Cold Case Hammar …

新作映画ニュース

山田裕貴&齋藤飛鳥【キミオイ】ロケ現場クランクアップ!涙の感想コメント動画『あの頃、君を追いかけた』

©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ 台湾で空前の大ヒットを記録した青春映画が、舞台を日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥、さらに松本穂香ら旬の若手俳優たちにより現代 …

新作映画ニュース

『ドラゴンボール超』劇場版最新作は2022年公開!映画化に向け鳥山明がコメント発表

原作者・鳥山明が描く渾身の一作! ドラゴンボール史を塗り替える最高密度・規格外の超大型企画、始動。 この度、「ドラゴンボール超」の劇場版最新作が製作、2022年に公開される事が決定しました。 (C)バ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学