Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/20
Update

映画『いつくしみふかき』あらすじ。キャストの渡辺いっけい初主演作は2月先行上映・6月19日公開!

  • Writer :
  • 大塚まき

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞受賞作。

2018年の『カメラを止めるな!』に続き、2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞である「ゆうばりファンタランド大賞」の作品賞を受賞し、カナダのファンタジア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、現在までに11の賞を受賞している映画『いつくしみふかき』。


(c)映画『いつくしみふかき』

映画『いつくしみふかき』が、満を持して2020年6月19日よりテアトル新宿にて公開されます。

この度、ポスタービジュアルとキャストのコメントが解禁されましたのでご紹介します。

映画『いつくしみふかき』について


(c)映画『いつくしみふかき』

本作は、劇団チキンハート主宰の遠山雄の親しい知人と、その父についての実話です。

ひきこもりの知人が、葬儀で父親をかばいながらも謝罪をした姿が衝撃的だったことが映画化のきっかけになったそう。

実際に知人が住んでいた長野県飯田市に、劇団員が実際に代わる代わる住み込んで、今回の映画化に漕ぎ着けました

監督を務めるのは、劇団チキンハート演出家の大山晃一郎。

父親・広志役を、意外にも本作が映画初主演となる渡辺いっけいが演じます。

遠山の知人を基にした、息子・進一役を遠山雄自身が演じ、W主演を飾ります。

2人を取り持つキーとなる牧師・源一郎役に、ベテランの金田明夫、広志の舎弟・浩二を劇団チキンハートの榎本桜が演じるほか、三浦浩一、眞島秀和、塚本高史ら、大山監督と親交のある豪華な俳優陣が脇を固めました。

映画『いつくしみふかき』のキャストコメント

この度、映画初主演となる渡辺いっけい、本作の企画から息子・進一役を務めた遠山雄、牧師・源一郎役の金田明夫より以下のようにコメントが届きました。

広志役:渡辺いっけいのコメント


(c)映画『いつくしみふかき』

6年前「TEAM」と言う刑事ドラマに出演中、面白い役者に出会った。芝居が妙にすっとぼけていて魅力がある。助監督のヤマちゃんこと大山晃一郎に「あれは誰?」と聞くと「遠山雄、ウチの劇団員です」と嬉しそうに言われた。それから彼らの劇団公演を観に行くようになり、「実は映画を撮りたい」と2人から切り出されたのが4年前。この度、映画はようやく完成した。怪作である。闇鍋的に面白い。笑えて泣ける。
撮影地・飯田下伊那のロケーションの美しさ、人々の暖かさが画面から滲み出ている。僕は出演者なのに、一観客としてじっくりと何度でも繰り返し見たくなる、そんな映画です。

進一役:遠山雄のコメント


(c)映画『いつくしみふかき』

映画『いつくしみふかき』は長野県飯田下伊那の皆さんと5年かかりで作った映画です。無名俳優として死んで行くわけにはいかないと思い自分が一番大切にしている場所で一世一代の大博打を打ちました。完成までに時間がかかってしまったせいで映画を助けてくれた方々が亡くなったり多額の借金を背負ったりと気持ちが何度も折れましたが、たくさんの方の支えがあって公開が決まりました。この映画をもって映画俳優として生きていく心に迷いがなくなりました。売れない俳優の大勝負ぜひ見届けに来て頂けましたら幸いです。

牧師・源一郎役:金田明夫のコメント


(c)映画『いつくしみふかき』

人の贖えない運命だとか色んなことを正攻法というよりは俯瞰の位置で見ていて、観ている方に、ボディブローのように効かせていって、最後ノックアウトしちゃうような映画でした。監督の中では12ラウンドをちゃんと戦う戦い方をした映画だなと思いました。家族と地域に生きている力強い人間たちの生きる力と生きる愛が見える映画です。ヒーローは出てこない、日常の切り取りの中で淡々と起きていく中でものすごいドラマが進んでいきます。

中盤のコミカルなシーンは、チャップリンの言葉で、「クローズアップで撮ると悲劇で、ロングショットで撮ると喜劇だ」という言葉がありますし、チェーホフもそうだけれど、本人たちにとってはとんでもない悲劇なんですけれど、周りにしてみると喜劇という構図で面白かったです。

将来性がある面白い監督なので、彼がこれからも撮るためにも劇場で観て下さい。後で「最初の作品を映画館で観てるんだよ」と自慢できると思います。

映画『いつくしみふかき』の予告編

この度公開になったの予告編では、タテタカコが主題歌を歌う「いつくしみふかく」の曲とともに父子の人生が交差し始める様子が映し出されます。

冒頭に「あいつの居場所を知りませんか?」という進一の声とかぶさるように「どうして僕には父親が居なかったんだろう」というテロップが。

その真相を垣間見るような“悪魔”と言われた父・広志、嘆き悲しむ母、取っ組み合う父子の様子が描かれます。

終盤進一の「ただ普通でよかったんだよ、普通で」と絞り出すような声が印象深く響きます。

父子との悲劇がどういう着地点を迎えたのか、余韻を残す映像となりました。

映画『いつくしみふかき』のポスタービジュアル


(c)映画『いつくしみふかき』

この度、解禁されたポスタービジュアルには、進一と父・広志がバスタブで対面する姿がモノクロームの色合いで映し出されています。

服を着たままバスタブで向かい合う父子という奇異なシチュエーションと手書きで白抜きされた「いつくしみふかき」という映画タイトル題字が思わず目を引くビジュアルとなっています。

映画『いつくしみふかき』の作品情報


(c)映画『いつくしみふかき』

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
大山晃一郎

【脚本】
安本史哉、大山晃一郎

【キャスト】
渡辺いっけい、遠山雄、平栗あつみ、榎本桜、小林英樹、こいけけいこ、のーでぃ、黒田勇樹、三浦浩一、眞島秀和、塚本高史、金田明夫

映画『いつくしみふかき』のあらすじ


(c)映画『いつくしみふかき』

30年前。母・加代子(平栗あつみ)が進一(遠山雄)を出産中に、あろうことか母の実家に盗みに入った父・広志(渡辺いっけい)。

「最初から騙すつもりだったんだろ?」と銃を構える叔父を、牧師・源一郎(金田明夫)が止め、父・広志は“悪魔”として村から追い出されます。

進一が母の知らないものを持っているだけで、「取ったのか?この悪い血が!」と狂う母。進一にとって父親は“触れてはいけない存在”として育ちます。

30年後。進一は、自分を甘やかす母親が見つけてくる仕事も続かない、一人では何もできない男になっていました。

その頃父・広志は、舎弟を連れて、人を騙してはお金を巻き上げていました。

ある日、村で連続空き巣事件が発生し、進一は母を始めとする村人たちに、「悪魔の子である進一の犯行にちがいない。警察に突き出す前に出ていけ」と言われ、牧師のいる離れた教会に駆け込みます。

「そっちに行く」という母親に「来たら進一は変わらない」と諭す牧師。

一方、父・広志は、また事件を起こし、相変わらず様子。ある日、広志は牧師に金を借りに来ます。

「しばらくうちに来たらどうだ?」と提案する牧師。

牧師は進一のことを「金持ちの息子」だと嘘を吹き込み、進一と広志は、お互い実の親子だとは知らないまま、二人の共同生活が始まります…。

まとめ


(c)映画『いつくしみふかき』

本作の企画者でもあり、主演の遠山雄がコメントにも寄せたように、長野県飯田下伊那を舞台に5年という歳月を経てこの度、完成された映画『いつくしみふかき』。

金田明夫のコメントからは、家族と地域のなかで生き抜く、熱を帯びたドラマが誕生したことを告げています。

ぜひ劇場で、父子に起きた悲劇と喜劇をご堪能ください。

映画『いつくしみふかき』は、2020年2月14日(金)からロケ地である長野県飯田市のトキワ劇場及びセンゲキシネマズで、2月21日(金)から主演の渡辺いっけいの出身地である愛知県のイオンシネマ豊川で先行上映を行い、6月19日(金)よりテアトル新宿にて公開予定です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『緊急事態宣言』あらすじ/予告動画/オンラインイベント開催情報。石野卓球が音楽を手掛ける!

予告編&各作品場面写真解禁 完成記念オンライン会見イベントも開催決定 コロナ渦の最中、日本を代表する5組の監督と豪華キャストが参加し「緊急事態」をテーマに5本の映画を撮り下ろした映画『緊急事態宣言』。 …

新作映画ニュース

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじと劇場公開情報。2020年3月に日本公開が決まったドキュメンタリー

自然を愛する夫婦が“夢”を追う 8年間の奮闘を描く奇跡のドキュメンタリー. 米レビューサイトRottenTomatoesで驚異の96%(2019年11月1日現在)、アカデミー賞ドキュメンタリー部門の最 …

新作映画ニュース

『沈没家族 劇場版』が映画館で再上映!書籍版刊行を記念してポレポレ東中野にて2週間限定公開

能町みね子、寺尾紗穂他豪華トークも決定! 2019年4月より全国のミニシアターで公開され話題を呼んだドキュメンタリー映画『沈没家族 劇場版』。 本作がエッセイ『沈没家族 子育て、無限大。』として書籍化 …

新作映画ニュース

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』あらすじ/公開日/上映館。ドキュメンタリーで困窮者支援を行う北九州の教会に集う人々に迫る

元極道、元ホームレス、虐待被害者、⽣きる意味に悩む⼈…… 困窮者⽀援を⾏う北九州の教会に集う、傷ついた愛すべき「罪⼈」たち。 NPO法⼈抱樸(ほうぼく)の奥⽥知志が牧師を務める北九州市の東⼋幡キリスト …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『太陽がほしい 劇場版』あらすじ。戦時中に性被害を受けた中国人女性の証言とは

「私は慰安婦ではない」 中国人女性のことばに耳を傾け、寄り添い、支え、記録を続けた20年。 「慰安婦」という言葉からは想像できない過酷な人生がそこにありました。 ©2018 Ban Zhongyi 班 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学