Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/11/18
Update

映画『ハチとパルマの物語』あらすじ/キャスト/特報動画。堂珍嘉邦が感動のドラマを主題歌で彩る!

  • Writer :
  • 大塚まき

堂珍嘉邦による主題歌「愛のまちぼうけ」とのコラボ特報完成

1976年の旧ソ連時代、モスクワ国際空港に実在した名犬「パルマ」のエピソードを基に描かれた日露共同製作作品『ハチとパルマの物語』。


(c)2021パルマと秋田犬製作委員会

映画『ハチとパルマの物語』が2021年5月28日(金)より全国順次ロードショーされます。

この度、堂珍嘉邦による主題歌とのコラボ特報が完成し、堂珍嘉邦のコメントが届きましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ハチとパルマの物語』について

参考:製作決定記者会見


(c)2021パルマと秋田犬製作委員会

母の死とともに心を閉ざしてしまった少年コーリャ。はぐれた飼い主を空港で待ち続ける犬パルマ。

二つの魂が出会うきっかけをつくったのは秋田犬ハチ。

日露の名犬が少年の孤独な心を救う感動のドラマに仕上がっています

主役のコーリャ少年には、200人を超える応募者からオーディションで選ばれた子役レオニド・バーソフ

そして、ロシアを代表する名優アレクサンドル・ドモガロフ、「T-34」のヴィクトル・ドブロヌラヴォフら熟練のキャストが脇を固めています。

さらに日本からは渡辺裕之、藤田朋子、壇蜜、阿部純子らが出演、また、フィギアスケーターのアリーナ・ザギトワも本人役で登場します。

主題歌は堂珍嘉邦(CHEMISTRY)が手掛けています。

監督は俳優としても活躍し、本作で初めて親子での参加を果たしたアレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア

撮影は2019年7月から20年7月までロシア・モスクワと秋田県大館市で行われました。

堂珍嘉邦のコメント


(c)2021パルマと秋田犬製作委員会

堂珍嘉邦は2001年、ヴォーカル・デュオ“CHEMISTRY”としてデビューし、数々のヒット作を世に送り出しています。2012年にソロ活動も開始し、2021年には20周年を迎えます。

2021年公開の日露共同製作映画『ハチとパルマの物語』へ主題歌を提供しました。

その主題歌となる「愛のまちぼうけ」が、2020年11月17日の堂珍嘉邦ソロライブ「Now What Can I See? ~Drunk Garden~」にて初披露

この度本作とのコラボ特報を公開するにあたり、以下のようなコメントを寄せています。

監督と話した映像イメージと、紡がれていくストーリーに寄り添う事を念頭に、上田 禎さんと約1年の歳月を掛け、曲が完成いたしました。
人と人、人と犬、共通に心を通わせていくストーリーに、この曲へ「愛の待ちぼうけ」と名付けました。
愛に対しての飢え、愛ゆえに背いてしまう様な感情を、曲の中に閉じ込めました。そして、この曲から温もりみたいなものを感じていただけたら光栄です。

スポンサーリンク

映画『ハチとパルマの物語』の特報


この度解禁された特別映像では、40年前の真実を探すために一枚の写真に導かれ、男が秋田の地を訪れたことろから始まります。

少年・コーリャは、空港に置き去りにされた犬・パルマに出会い手紙を綴っている様子が映し出されます。

手紙にはパルマが毎日空港で待ち続けていること、寂しがっていることなどが綴られ、「どうか迎えに来てあげて」と締めくくられています。

主題歌「愛のまちぼうけ」が実話に基づくロシアと日本・秋田が生んだ奇跡の感動作をより温かく包み込むように映像と溶け合っている特報となっています。

映画『ハチとパルマの物語』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本・ロシア合作映画)

【監督】
アレクサンドル・ドモガロフJr.

【脚本】
アレクサンドル・ドモガロフJr.、村上かのん

【キャスト】
渡辺裕之、藤田朋子、アナスタシア、壇蜜、高松潤、山本修夢、早咲、阿部純子(友情出演)、堂珍嘉邦(友情出演)、アリーナ・ザギトワ(友情出演)、アレクサンドル・ドモガロフ、レオニド・バーソフ、ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ

スポンサーリンク

映画『ハチとパルマの物語』のあらすじ

旧ソ連時代の1970年代。検査の手違いから仕方なくモスクワの空港に置き去りにされた犬、パルマ。

いつの日か飼い主が迎えに来ることを信じて、 今日もパルマは滑走路の傍らでじっと待ち続けます。

そして1人の少年と出会い…。

まとめ

2年もの間、実際にモスクワのヴヌーコヴォ国際空港で待ち続け、いまもロシアで多くの人に語り継がれる感動の実話“パルマの物語”、待望の映画化。

この作品に自らも出演した堂珍嘉邦は、監督のアレクサンドル・ドモガロフJrと作品のテーマや音楽観などを直接ディスカッションし、イメージを高めてこの「愛のまちぼうけ」 を完成させました。

日露の名犬が少年の孤独な心を救う感動のドラマと主題歌とが織りなす世界に期待が高まりますね。

映画『ハチとパルマの物語』は、2021年5月28日(金)より全国順次ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

坂本サク映画『アラーニェの虫籠』ワールドプレミア決定!アニメを1人で制作したことに世界が注目

坂本サク監督が長きにわたり、たった1人で制作していた、2018年8月公開の劇場用アニメ『アラーニェの虫籠』。 去る6月にフランスで行われた、アヌシー国際アニメーション映画祭に併設された「国際見本市MI …

新作映画ニュース

映画『デンジャー・クロース 極限着弾』あらすじ/キャスト/公開日。ベトナム戦争の実話をリアルに描く!

戦争映画に新たな歴史を刻む、50年封印された“伝説の戦闘”(ロングタンの戦い)を完全映画化。 オーストラリア映画界が総力を結集し、ベトナム戦争での知られざる激戦をリアルかつ臨場感満載に描く本格戦争映画 …

新作映画ニュース

少女時代ユナ映画『EXIT』あらすじとキャスト。韓国ヒット作の公開日が11月22日に決定!

今夏、韓国で940万人以上動員した大ヒットサバイバル・パニック映画! 韓国にて韓国で、2019年7月31日に公開され、あの『ライオン・キング』を抑え初登場第1位を記録、940万人以上を動員し、現在も大 …

新作映画ニュース

映画『ステップ』あらすじ/キャスト/公開日。山田孝之が重松清原作のシングルファーザーを演じる!

大切なものを失った人たちの“10年間”の足跡。 『とんび』『流星ワゴン』など、大切なものを失った家族が再生していく姿を描いてきた小説家・重松清。連載終了から約10年の時を経て、『ステップ』が待望の映画 …

新作映画ニュース

山田涼介×土屋太鳳映画『大怪獣のあとしまつ』あらすじ/キャスト/特報動画。空想特撮エンターテイメントで“その後”を描き出す

「この死体、どうする?」。 邦画史上最大級“巨大怪獣”の“死んだ後”の物語。 暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救う――。それは、子どもの頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まり …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学