Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/12
Update

ザ・スミス映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』予告編と日本版ポスター解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

“毒舌モリッシー”も最初はただのスティーヴンだった

© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

2017年エジンバラ国際映画祭クロージングほか、世界各国の映画祭に出品され高い評価を受けた映画『ENGLAND IS MINE(原題)』。

この度、本作の邦題が『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』に決定し、予告映像、ポスターヴィジュアル、追加スチール写真が解禁されましたのでご紹介します。

『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』は5月31日(金)、シネクイントほか全国ロードショーです。

スポンサーリンク

映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』予告編

1976年のマンチェスター。

学校をドロップアウトした17歳のスティーブン・パトリック・モリッシーは、音楽への情熱は人一倍ですが、コミュニケーションが苦手な皮肉屋。

予告編は、「地元の音楽シーンは最悪」と反発し、仕事をサボって詩に夢中になる姿からはじまります。

「仕事か音楽か選べ」と言われ、仕事を辞めたモリッシー。

友人リンダーの「行動してチャンスを掴んで」という言葉に勇気づけられ、掲示板のメモを頼りにバンドを結成。

© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

音楽活動は順調で、ロンドンのレーベルからオファーを受けますが、必要とされていたのはスティーブンではありませんでした。

世界は僕を必要としていない

どうしてよいかわからず苦しむ中、彼の才能を信じる人々に後押しされ「たとえ世界に望まれなくても、僕はうたう」と、詩を書き歌いはじめます。

最初は自信のない“ただのスティーブン”が苦悩と挫折を乗り越え、やがて“毒舌モリッシー”となり、ミュージシャンとしてのアイデンティティを確立していく未来を予感させる予告編です。

映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』ポスターヴィジュアル


© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

新ビジュアルでは左側に、見えない未来を見据えるモリッシーが、少し肩をすくめながら立っています。

彼の横にはギターを抱えて座る、のちにザ・スミスをともに結成するギタリスト、ジョニー・マーが。

隣に相手がいるのにまるでひとりぼっちのよう。

彼らの孤独と、個としての存在を感じさせるビジュアルになっています。

スポンサーリンク

監督・脚本マーク・ギルのプロフィール


© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

本作で監督と脚本を務めたマーク・ギル(MARK GILL)はイギリスのマンチェスター出身。

本作『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまり物語』が長編デビュー作となります。

ク・ギルは、デイヴィッド・ミッチェルの小説「ナンバー9ドリーム」(新潮社)の一部を映画化した、マーティン・フリーマンとトム・ホランダー主演の短編映画『ミスター・ヴォーマン』(2012)で、第86回アカデミー賞短編映画賞、英国アカデミー賞短編映画賞にノミネートされ、世界各国の映画祭で数々の賞を受賞しています。

その他の監督作品は短編『FullTime』(2013)。

製作や製作総指揮としては『ペーパーボーイ 真夏の引力』(2012)、『メカニック ワールドミッション』(2016)、『ハンターキラー 潜航せよ』(2018)など多くの映画に携わっています。

現在、ジェームス・スマイスの小説「The Testimony」を原作とした映画『THE BROADCAST』を準備中

映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』作品情報


© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2019年(イギリス映画)

【監督・脚本】
マーク・ギル 

【キャスト】
ジャック・ロウデン、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、ジョディ・カマー、シモーヌ・カービー

【作品概要】
伝説の英国バンド“ザ・スミス”結成前夜を描いた伝記的映画です。

監督は『ミスター・ヴォーマン』(2012)で第86回アカデミー賞短編実写部門にノミネートされたマーク・ギル。

“ザ・スミス”のボーカルリスト、スティーブン・モリッシー役は『ダンケルク』(2017)のジャック・ロウデン。

「ダウントン・アビー」シリーズのジェシカ・ブラウン・フィンドレイと、ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』(2019)のジョディ・カマーなど、フレッシュな俳優陣が物語に息を吹き込みます。

スポンサーリンク

映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』あらすじ

© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

1976年マンチェスター。

高校をドロップアウトしたスティーブン・モリッシーは、ライブに通っては批評を音楽紙に投稿するだけの毎日を送っています。

家計を助けようと就職しても職場に馴染めず、仕事をサボって詩を書くことが唯一の慰めでした。

そんな時、美大生のリンダーと出会い、彼女の後押しもあってバンドを組むことになります。


© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

初ライブは成功、スティーブンはミュージシャンになろうと仕事を退職。

しかし順調に思えた彼を待ち受けたのは、別れや挫折でした。

1982年、それでもあきらめずに音楽を続けるスティーブンの元に1人のギタリストが訪ねて来ました。

それは、のちに彼と「ザ・スミス」を結成するジョニー・マーで…。

まとめ 


© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

わずか5年で世界を虜にし、ザ・スミス解散後も、精力的な活動や言葉で、アーティストやファンの心を魅了し続ける“お騒がせ”モリッシーの、はじまりの物語 。

ザ・スミスをタイムリーに知らない方たちも、『(500)日のサマー』(2009)で主人公トムがサマーと話すきっかけになったバンドや、『バンブルビー』(2018)でバンブルビーがカセットテープをプレイヤーから吐きだしたバンド、と言えばすぐにピンとくることでしょう。

バンドの活動期間は5年ほどと短かったにも関わらず、ザ・スミスは、いまも私たちの世界で音楽を奏で続けています。

そんな伝説的バンドの結成の過程を描いた映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』は2019年5月31日(金)、シネクイントほか全国ロードショーです。

また、4月19日(金)よりオリジナル・ステッカー特典付ムビチケも1400円で発売されるそう。

どうぞこの機会をお見逃しなく!

© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

新作映画ニュース

映画『ジェノサイド・ホテル』あらすじと上映劇場情報。予告編やポスター解禁に

豪華五つ星ホテルが惨劇の舞台となり、甚大な被害と多数の死傷者を出した凄惨な事件を元に描く、リアリティック・アクション・スリラー! 映画『ジェノサイド・ホテル』は、10月13日(土) ヒューマントラスト …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2020情報】開催時期と会場は?劇場上映をメインに「観客賞」と「TOKYOプレミア」を新たな形で実施

第33回東京国際映画祭の実施について。 2020年の第33回東京国際映画祭は、2020年10月31日から11月9日まで開催するべく準備が進められています。 (c)2020 TIFF オンラインだけでな …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの永井キヌ子役は小池栄子【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

映画『ハニーボーイ』あらすじ。シャイア・ラブーフの自伝的作品が日本公開決定!

『HONEY BOY(原題)』(ハニー・ボーイ)の公開はギャガ配給にて2020年を予定。 俳優のシャイア・ラブーフが自身の経験をもとに脚本を書き上げた映画『HONEY BOY(原題)』(ハニー・ボーイ …

新作映画ニュース

TAKAHIROが板垣瑞生を指導!映画『僕に、会いたかった』本編映像で釣りの実力が明かされる

TAKAHIROの真実が暴かれる本編映像 日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP