Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/12
Update

【イングランドイズマイン】映画『ENGLAND IS MINE(原題)』あらすじキャスト。ジャック・ロウデンがモリッシーを演じる

  • Writer :
  • 石井夏子

伝説の英国バンド“ザ・スミス”結成前夜物語

1980年代、痛烈な言葉と音楽性で、イギリスのミュージックシーンを席巻した伝説のバンド、“ザ・スミス”のボーカルリスト、スティーブン・モリッシー


© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

若き日に苦悩と挫折を乗り越え、のちに世界にはばたくミュージシャンとして生きる決意を描いた青春音楽映画『ENGLAND IS MINE(原題)』が2019年5月31日(金)、シネクイントほか全国公開されます。

あわせて ティザービジュアルと場面写真が到着しました。

スポンサーリンク

映画『ENGLAND IS MINE(原題)』とは


© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

“ザ・スミス”のボーカルリスト、スティーブン・モリッシーは、1976年にマンチェスターで高校をドロップアウト

ライブハウスに通いつめバンド批評を投稿する日々を送りながら、出会いや別れ、苦悩と挫折を乗り越え、ミュージシャンとしてのアイデンティティを打ち立てるまでを描いた本作。

2017年エジンバラ国際映画祭クロージングほか、世界各国の映画祭に出品され高い評価を受けた話題作が、いよいよ日本上陸です。

皮肉屋でコミュニケーションが苦手、音楽への情熱は人一倍なのにどうして良いかわからず苦しむ、若き日のモリッシー。演じるのは『ダンケルク』(2017)のコリンズ役で一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たしたジャック・ロウデンです。

モリッシーの才能を見抜き後押しするアーティストの卵、リンダー・スターリング役には「ダウントン・アビー」シリーズのジェシカ・ブラウン・フィンドレイ

職場の同僚でモリッシーを誘惑するクリスティーン役は、ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』(2019)で暗殺者ヴィラネル役に大抜擢されたジョディ・カマーです。

旬のスターが競演する本作。

1970年代を代表するニューヨーク・ドールズロキシーミュージックセックス・ピストルズモット・ザ・フープルほか様々なアーティストの楽曲が彩りを添えます。

挫折や苦悩があっても、「夢」と「自分」をあきらめない。

前に進む姿に勇気をもらえる、珠玉の青春“音楽”映画の完成です。

インタビュー集など関連書籍の発売も相次ぎ、2019年5月24日には新作カバーアルバム発売も発表、精力的な活動でアーティストやファンの心を魅了し続けるモリッシーの“はじまりの物語”は必見!

モリッシー役・ジャック・ロウデンのプロフィール

若き日のモリッシーという大役を演じるのは、ジャック・ロウデン。

ジャック・ロウデンは1990年6月2日生まれ、イギリス、チェルムスフォード生まれ、スコットランド育ち。

幼いころ、クラシックバレエを習っていましたが、演技の世界に興味を持つようになったそうです。

2011年、イギリスの名門、英国王立スコットランド音楽院卒業

その後、舞台を中心に活動。

2013年、舞台『幽霊』(ヘンリック・イプセン作)で、ローレンス・オリヴィエ賞を受賞しました。

2013年に『U Want Me 2 Kill Him ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム』で映画デビューします。

以降サバイバルスリラー『ベルファスト71』(2014)や法廷劇『否定と肯定』(2016)などに出演。

英BBCのミニTVシリーズ『戦争と平和』(2016)で広く脚光を浴び、クリストファー・ノーラン監督の戦争大作『ダンケルク』(2017)で英空軍パイロットのコリンズ役に大抜てきされました。

2019年3月15日公開の『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』ではヘンリー·スチュアート(ダーンリー卿)を演じます。

185㎝という長身と、端正なマスク、そして繊細かつ大胆な演技力に魅了されましょう。

スポンサーリンク

映画『ENGLAND IS MINE(原題)』作品情報


© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2019年(イギリス映画)

【監督・脚本】
マーク・ギル 

【キャスト】
ジャック・ロウデン、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、ジョディ・カマー

【作品概要】
伝説の英国バンド“ザ・スミス”結成前夜を描いた伝記的映画です。

監督は『ミスター・ヴォーマン』(2012)で第86回アカデミー賞短編実写部門にノミネートされたマーク・ギル。

“ザ・スミス”のボーカルリスト、スティーブン・モリッシー役は『ダンケルク』(2017)のジャック・ロウデン。

「ダウントン・アビー」シリーズのジェシカ・ブラウン・フィンドレイと、ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』(2019)のジョディ・カマーなど、フレッシュな俳優陣が物語に息を吹き込みます。

映画『ENGLAND IS MINE(原題)』あらすじ

1976年マンチェスター。

高校をドロップアウトしたスティーブン・モリッシーは、ライブに通っては批評を音楽紙に投稿するだけの毎日を送っています。

家計を助けようと就職しても職場に馴染めず、仕事をサボって詩を書くことが唯一の慰めでした。

そんな時、美大生のリンダーと出会い、彼女の後押しもあってバンドを組むことになります。

初ライブは成功、スティーブンはミュージシャンになろうと仕事を退職。

しかし順調に思えた彼を待ち受けたのは、別れや挫折でした。

1982年、それでもあきらめずに音楽を続けるスティーブンの元に1人のギタリストが訪ねて来ました。

それは、のちに彼と「ザ・スミス」を結成するジョニー・マーだったんです。

スポンサーリンク

まとめ 

2018年に『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒットし、ミュージシャンの伝記的映画がアツい昨今。

ついに2019年5月31日(金)より、伝説のバンド、“ザ・スミス”のボーカルリスト、スティーブン・モリッシーの若き日を描いた、映画『ENGLAND IS MINE(原題)』が公開決定。

モリッシーが抱えていた若き日の苦悩と挫折、そしてミュージシャンとして生きる決意を描きます。

モリッシーを演じるのは大注目俳優、ジャック・ロウデンです。

たとえ世界に望まれなくても、僕はうたう。

2019年5月31日(金)よりシネクイントほか全国公開される映画『ENGLAND IS MINE(原題)』をお見逃しなく。

関連記事

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストのマフィアの核弾頭・市川役は村上淳【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

中村倫也が新作映画『人数の町』完成記念会見に登壇!石橋静河と公開記念の大当たり祈願

公開記念大当たり祈願&完成記念会見オフィシャルレポート。 河瀨直美監督を審査員⻑に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から準グランプリに選ばれた作品『人数の町』が2 …

新作映画ニュース

緒方直人と田中美里が南沙良を絶賛!映画『もみの家』クランクアップ囲み取材リポート

映画『もみの家』クランクアップ! ©「もみの家」製作委員会 ブルーリボン賞新人賞他数々の新人賞を受賞した、若手実力派女優 南沙良を主演に迎える、坂本欣弘監督の映画『もみの家』。 本作は2020年3月2 …

新作映画ニュース

青木柚映画『暁闇』あらすじとキャスト。阿部はりか監督の青春物語が劇場公開へ

阿部はりか監督の映画『暁闇』(ぎょうあん) 2019年7月に渋谷ユーロスペースでの単独レイトショー公開が決定! MOOSIC LAB2018長編部門にて準グランプリ、男優賞(青木柚)を受賞した阿部はり …

新作映画ニュース

オダギリジョーとクリストファー・ドイルがハグ!?映画『ある船頭の話』場面写真とメイキング公開

ヴェネチア映画祭ヴェニス・デイズ部門出品作。 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。 このたび、本作の場面写真とメイキング …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP