Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/27
Update

映画『Dinerダイナー』キャストのコフィ役は奥田瑛二。演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • YUMIKO

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。

原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教会大賞及び第13回大藪春彦生を受賞した作品です。

監督を務めるのは、世界的写真家である蜷川実花。『さくらん』、社会現象にもなった作品『ヘルタースケルター』に続く、待望の第3作目となります

主演は演劇界きっての実力派俳優、『デスノート』『22年目の告白-私が犯人です-』の藤原竜也。

故・名演出家の蜷川幸雄のまな弟子として活躍してきた藤原竜也と、娘の蜷川実花がどんなコラボレーションみせるのかに、大きな期待が寄せられています。

共演者には、窪田正孝、斎藤工、佐藤江梨子、小栗旬、土屋アンナなど豪華俳優たち。

この記事では、殺し屋#10コフィ役を演じる奥田瑛二について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』の作品情報


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
平山夢明『DINER ダイナー』(ポプラ社)

【監督】
蜷川実花

【キャスト】
藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二、玉城ティナ

【作品概要】

一人ぼっちで人生どん底に陥った女性が、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出してしまい、とあるダイナーにウェイトレスとして売られる物語。

要塞のような鉄扉の奥にある、強烈な色彩美を放つ店の店主は、元殺し屋で天才シェフ。

そこは殺し屋専用のダイナーで、皿の置き方ひとつで消されることもあるような場所でした。

次々と凶悪な殺し屋たちが現れ、緊張感あふれるサスペンス劇が繰り広げられます。

出演者に名を連ねるのは、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華実力派俳優陣。

女性から絶大な人気を誇る、『さくらん』『ヘルタースケルター』を生み出した蜷川実花の監督作品です。

映画『Diner ダイナー』のあらすじ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

一人ぼっちで人生のどん底にいたオオバカナコは、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出していしまいます。

一瞬で普通の生活から転落してしまった彼女は、とあるダイナーのウェイトレスとして売られることに。

そこは要塞のような分厚い鉄の扉の奥にある、強烈にカラフルな店でした。

店主の名はボンベロ。元殺し屋の天才シェフです。

「ここは、殺し屋専用のダイナー<食堂>だ。皿の置き方一つで消されることもある」

次々に訪れるのは、凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の世界に、カナコは放り込まれたのでした。

一瞬たりとも目が離せない展開へと物語は加速していき…

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』コフィ役は奥田瑛二

参考映像:『64-ロクヨン- 前編/後編』(2016)

映画『Diner ダイナー』でコフィ役を演じる奥田瑛二は1950年3月18日生まれ。愛知県出身。

妻はエッセイストの安藤加津、長女は映画監督の安藤桃子、次女は女優の安藤サクラ。

小学時代に観た『丹下左膳』に衝撃を受け、役者を志します。

大学時代は議員秘書として住み込みの書生生活を送りながら過ごしますが、自身の本分に悩み出奔し、大学も中退。

モデルの仕事を始めてCMなどに出演。しかし俳優への夢を捨てきれず、1976年『円盤戦争バンキッド』の主人公役でデビュー。

その後の不遇の時代を経て、1979年日活の『もっとしなやかに、もっとしたたかに』で注目されます。

その後ドラマ『宮本武蔵』『金曜日の妻たちへⅢ恋におちて』『男女7人夏物語』など、ヒット作に続けて出演。独特の色気ある演技で大人気俳優となりました。

熊井啓監督による1986年『海と毒薬』で映画初の単独主演を果たし、毎日映画コンクール男優主演賞などを獲得。

この作品で脱皮を果たし、ベネチア映画祭銀獅子賞受賞作『千利休』やモントリオール映画祭芸術貢献賞受賞作『式部物語』、『ひかりごけ』など、熊井作品に立て続けに出演します。

1993年『棒の哀しみ』ではブルーリボン賞はじめ数多くの映画賞を受賞。

2001年、50歳の時に『少女~AN ADOLESCEHT』で念願の監督デビュー。

2006年には3作目『長い散歩』でモントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の計3冠を獲得するという快挙を成し遂げました。

プロ並みの挿絵でも知られ、1991年には個展を開いています。

近年も映画『64-ロクヨン-』『散り椿』『洗骨』『居眠り磐音』、ドラマ『まんぷく』『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』などで活躍しています。

映画『Diner ダイナー』コフィはどんな役?


#10の殺し屋コフィは、組織のボスで殺し屋専門のダイナーのオーナーです。

人身売買にかけられたヒロイン・オオバカナコをウェイトレスとして買い取ります。

一見物静かな紳士ですが、大好きなミカンの果肉にたった一筋でも白い筋が残っていれば部下をためらわず撃ち殺すという狂気の持ち主。生粋の殺し屋です。

スポンサーリンク

奥田瑛二の演技力の評価は

参考映像:『洗骨』(2019)

元祖「ちょいワルおやじ」とも言える、独特の色香を持つ俳優・奥田瑛二。演劇界の重鎮的存在です。

熊井啓監督による1986年『海と毒薬』で映画初の単独主演。毎日映画コンクール男優主演賞などを獲得します。

その後熊井監督作品の常連となり、ベネチア映画祭銀獅子賞受賞作『千利休』やモントリオール映画祭芸術貢献賞受賞作『式部物語』、『ひかりごけ』などに出演。

1993年『棒の哀しみ』ではブルーリボン賞はじめ数多くの映画賞を受賞するなど、実力ある演技派です。

映画監督としても活躍中。2006年には緒形拳主演の『長い散歩』でモントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の計3冠を獲得しています。

奥田瑛二の公式SNSの紹介

残念ながら奥田瑛二の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

映像化は不能と言われていた衝撃的な小説を実写化した、未体験サスペンス映画『Diner ダイナー』。

キャストには、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二といった、若手からベテランまで、実力ある人気俳優たちが集結。

世界的フォトグラファーで独特の美的センスを持つ蜷川実花監督が、その才能を大きく更に開花させた本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

大人の色香あふれる演技派・奥田瑛二が、生粋の殺し屋であるダイナーのオーナー・コフィ役を演じます。

ノンストップ極彩色サスペンス作品『Diner ダイナー』は2019年7月5日より全国ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

映画『ミセス・ノイズィ』あらすじとキャスト。近日劇場公開のサスぺンスが東京国際映画祭スプラッシュ部門に選出!

その熾烈な戦いは、1枚の布団から始まった―― 『フィガロの告白』(2012)の天野千尋監督の最新サスペンス映画『ミセス・ノイズィ』が、第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に選出、および202 …

新作映画ニュース

福島拓哉映画『モダン・ラブ』欧州三冠記念で下北沢トリウッドにて凱旋上映!

欧州三冠記念!リピーター続出の話題作が下北沢に凱旋。 長編映画『モダン・ラブ』上映決定と、短編『LEGACY TIME』も併映! 初公開となった6月のトリウッドの上映では、リピーターが続出するなど大盛 …

新作映画ニュース

少女時代ユナ映画『EXIT』あらすじとキャスト。韓国ヒット作の公開日が11月22日に決定!

今夏、韓国で940万人以上動員した大ヒットサバイバル・パニック映画! 韓国にて韓国で、2019年7月31日に公開され、あの『ライオン・キング』を抑え初登場第1位を記録、940万人以上を動員し、現在も大 …

新作映画ニュース

少女がスケボーと駆け抜けた青春を描く映画『スケート・キッチン』予告編解禁!

リアルをスケボーに乗せて © 2017 Skate Girl Film LLC. 世界中が注目しているガールズスケートクルー “スケート・キッチン”。 彼女たちを主演に迎えた映画『スケート・キッチン』 …

新作映画ニュース

渋谷ユーロライブにて映画同時公開決定!いまおかしんじ監督『こえをきかせて』&髙原秀和監督『焦燥』『グラグラ』

2019年4月6日(土)~8日(月)渋谷ユーロライブにて限定公開決定!! いまおかしんじが監督した映画『こえをきかせて』、髙原秀和の監督映画『焦燥』と『グラグラ』が、2019年4月6日(土)~8日(月 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP