Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/07/02
Update

山田涼介×土屋太鳳映画『大怪獣のあとしまつ』あらすじ/キャスト/特報動画。空想特撮エンターテイメントで“その後”を描き出す

  • Writer :
  • 石井夏子

「この死体、どうする?」。
邦画史上最大級“巨大怪獣”の“死んだ後”の物語。

暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救う――。それは、子どもの頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まりの展開。

しかし、倒された怪獣の死体処理は、果たしてどうなっていたのか…?

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

そんな「誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語」を史上初めて描いた映画『大怪獣のあとしまつ』が、山田涼介と土屋太鳳を主演に迎え、2022年に全国公開となります。

そして、超特報映像とティザービジュアル解禁されました。

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』について

物語は、人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、大きな光に包まれて死んでしまうところから始まります。

この巨大な死体の“あとしまつ”を命じられるのが、山田涼介が演じる特務隊員のアラタ

土屋太鳳が、アラタを見守る元同僚のユキノを演じます。

監督・脚本を務めるのは、ドラマ「時効警察」シリーズや、映画『転々』、『俺俺』など数々の作品で唯一無二の世界観を生み出し、熱狂的なファンを持つ異才・三木聡

さらに、松竹と東映が初タッグを組み、共同幹事・配給作品として、この誰も見たことがない大型プロジェクトを送ります。

映画『大怪獣のあとしまつ』超特報映像

そしてこの度、待望の超特報映像とティザービジュアルが解禁!!

超特報映像では、緊迫感溢れる音楽、荒廃した街のカットとともに、ある日突然死んだ巨大怪獣の姿が深い煙の中にうっすらと浮かび上がってくる様子が描かれています。

そして、緊迫感ある表情のアラタ(山田涼介)とユキノ(土屋太鳳)の姿とともに、徐々にその姿を見せる大怪獣の姿が!

果たして、この巨大な死体を、誰がどうやって“あとしまつ”するのでしょうか…?

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』ティザービジュアル

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

ティザービジュアルでは、天に足を上げたまま死後硬直し横たわる巨大な大怪獣が圧倒的な存在感を放っています。

「この死体、どうする?」というコピーとともに、大怪獣を前に立ち尽くすアラタとユキノの姿が印象的な、大きな物語の始まりを期待させる、インパクトあるビジュアルとなりました。

本作の怪獣造形を手掛けたのは、「平成ゴジラ」シリーズや「ウルトラマン」シリーズなど数々の怪獣造形で知られる若狭新一

なんと怪獣の大きさは、最全長380m(頭から尻尾まで)、最全高155m(つま先から胴体まで)と、邦画史上最大級の大怪獣となっています。

名前やその全貌はまだ明かされていませんが、今後の情報にご注目ください。

映画『大怪獣のあとしまつ』の作品情報

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
三木聡

【キャスト】
山田涼介、土屋太鳳

【製作】
「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ

人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、大きな光に包まれて死んでしまいました。

未曾有の国家的危機は去ったかに見えましたが、果たして、この巨大な死体を、誰が、どうやって、処理するのか…?

前代未聞の緊急事態を前に、特務隊員のアラタ(山田涼介)は誰も経験したことがない巨大怪獣の死体の“あとしまつ”を命じられます。

そんな彼を見守るのが、環境大臣秘書で、かつて特務隊で同僚だったユキノ(土屋太鳳)。

彼らの前に立ちはだかる巨大怪獣は、“死してなお”人類を脅威にさらそうとしていて――。

まとめ

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

さらに、本作の主人公・アラタと、ヒロイン・ユキノのビジュアルも初解禁

前代未聞の緊急事態に臨む、緊張感溢れるふたりの表情が、物語の始まりを期待させます。

かつて描かれたことがなかった巨大怪獣が“死んだ後”の世界とは? 怪獣の死体を一体どうやって“あとしまつ”するのか!?

前代未聞の緊急事態を前に立ち上がった、ある男の“極秘ミッション”を巡る空想特撮エンターテイメントが、動き出します。

映画『大怪獣のあとしまつ』は、2022年に全国公開です。









関連記事

新作映画ニュース

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』あらすじとキャスト。ファティ・アキンが実在の事件を描く

「こんばんは、マダム」。 殺人鬼はすぐ隣にいる…。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、70年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語をファティ・アキン監督が描いた映画『屋根裏の殺人鬼フ …

新作映画ニュース

映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに 』あらすじ/公開日/上映館/予告動画。タイの奴隷労働の真実をドラマとして描く!

ベルリン映画祭パノラマ部門、第92回アカデミー賞豪代表作品。 第69回ベルリン映画祭のパノラマ部門に出品された映画『BUOYANCY』(原題)。 観客投票では3位を記録し、さらにエキュメニカル審査員賞 …

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】インド映画『パドマーワト 女神の誕生』5月23日開催。10組20名をご招待!

インド映画『パドマーワト 女神の誕生』は、6月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー!。 500年の時を超え、インド映画史上最大級の製作費を掛け、究極の映像美で描かれた映画『パドマーワト …

新作映画ニュース

映画『ブレス あの波の向こうへ』あらすじとキャスト。サイモン・ベイカーが美少年サーファーを撮る

オーストラリアで5週連続TOP10入りの大ヒットを記録! ティム・ウィントンが描いた伝説のサーフ文学『ブレス:呼吸』を、人気俳優サイモン・ベイカーが初監督と主演を務め、邦題『ブレス あの波の向こうへ』 …

新作映画ニュース

映画『クリーン、シェーブン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ピーター・グリーンが統合失調症の主人公を演じた怪作が劇場公開!

――聞こえるか。 ノイズの彼方で彷徨う魂の混線が、25年を経てふたたび心を引き裂く 頭に受信機。指には送信機。男はそう信じていた。怪電波の洪水と鮮烈な美しさで途方に暮れる一作が25年ぶりに劇場公開です …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学