Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャストの石橋豊役は和田聰宏(そうこう)【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー

2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞、『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』で第69回小学館児童出版文化賞を受賞した椰月美智子。

椰月美智子が描いた、どこにでもいる母と子どもたちのリアルで壮絶な物語『明日の食卓』を、『楽園』『糸』などの作品を精力的に生み出してきた瀬々敬久監督が映画化。

“石橋ユウ”という名前の小学3年生の息子を育てる3人の母親たちの物語を描きます。

母親役には、菅野美穂、高畑充希、尾野真千子の豪華三女優が集結。

共演は外川燎、柴崎楓雅、阿久津慶人ほか。

この記事では石橋豊役の和田聰宏(そうこう)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『明日の食卓』の作品情報


(C)2021「明日の食卓」製作委員会

【上映】
2021年(日本映画)

【原作】
椰月美智子

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
菅野美穂、高畑充希、尾野真千子、外川燎、柴崎楓雅、阿久津慶人、和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加

【作品情報】

『楽園』『糸』の社会派エンタテインメントの旗手・瀬々敬久監督が、椰月美智子の同名小説を映画化。

“石橋ユウ”という同じ名前の息子を育てる3人の母親たちの物語。育児、仕事、交友関係と、さまざまな場での母親の多面性を映し出し、壮絶なドラマが誰にでも起こり得ることを訴えかける作品です。

『ジーン・ワルツ』以来10年ぶりの映画主演となる菅野美穂、映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』やドラマ『とと姉ちゃん』などオファーの絶えない女優・高畑充希、映画『萌の朱雀』ドラマ『麒麟がくる』などで味わい深い演技をみせる尾野真千子の三人の実力派が、主演を務めます。

幸せな生活が思いもよらない方向へと向かっていくそれぞれの「石橋家」。その様を、三人の実力派女優が、鬼気迫る演技でリアルに紡ぎだし、第一級の作品へと昇華させています。

共演にも、和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加ら実力派が揃います。

映画『明日の食卓』のあらすじ


(C)2021「明日の食卓」製作委員会

“石橋ユウ”という同じ名前の小学3年生の息子を育てる3人の母親たち。

神奈川在住・43歳フリーライターの石橋留美子。フリーカメラマンの夫・豊と、小学3年生の息子・悠宇と1年生の息子・巧巳と暮らしています。

大阪在住・30歳シングルマザーの石橋加奈。若くして息子・勇を授かりますが、離婚してアルバイトを掛け持ちしながら育てています。

静岡在住・36歳専業主婦の石橋あすみ。夫・太一は東京に通い勤務するサラリーマンで、10歳の息子・優がいます。夫の母が同じ敷地内の別宅で暮らしています。

それぞれが息子の「ユウ」を育てながら忙しく幸せな日々を送っていました。

しかし、些細なことがきっかけで徐々にその生活が崩れていきます。

無意識に子どもに向いてしまう苛立ちと怒り。住む場所も家庭環境も違う「3つの石橋家」の行き着く運命は…。

スポンサーリンク

映画『明日の食卓』石橋豊役は和田聰宏(そうこう)

参考映像:『引っ越し大名!』(2019)

映画『明日の食卓』で石橋豊役を演じる和田聰宏(そうこう)は1977年3月25日生まれの俳優。福島県出身。

FUNGOに所属していた時は本名の「和田聡宏 わだとしひろ」で活動していましたが、2005年のディグカンパニーへの事務所移籍をきっかけに現在の「和田 聰宏(そうこう)」に改名しています。その後、2014年より現事務所ノックスに所属。

2000年に塚本晋也監督の『BULLET BALLET』オーディションに合格して、美容師から転身し、俳優としてデビュー。

2004年に連続ドラマ『東京湾景』で仲間由紀恵の恋人役を演じて注目されました。

2005年『死霊波』で映画初主演。翌年『雨の町』でも主演を務めます。

2015年に大ヒットドラマ『下町ロケット』では、佃製作所の社員・江原役を熱演して話題になりました。

2017年には出身地の福島県と天栄村がコラボした映画『恋愛奇譚集』に出演。

そのほか、映画『プラチナデータ』『リップヴァンウィンクルの花嫁』『空飛ぶタイヤ』『引っ越し大名!』や、『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 』『わたしたちはどうかしている』『あなたの番です』『視覚探偵 日暮旅人』など数多くの作品で活躍。

2021年は本作『明日の食卓』に加え、『騙し絵の牙』『シン・ウルトラマン』が公開予定です。

映画『明日の食卓』石橋豊はどんな役?

和田聰宏(そうこう)演じる石橋豊は、菅野美穂演じる主人公・留美子の夫。フリーカメラマン。

フリーライターとしての仕事が順調な妻とは対照的に、仕事が激減。自宅で無気力な時間を過ごすうちに、次第に身勝手な性格となっていき…。

14年ぶりに瀬々組に参加する和田聰宏(そうこう)は、家族を持ち子育てをする親となった今、作品に関われて嬉しいとコメント。

妻役を演じる菅野と、「子育て」について話をしながら価値観を共有できたことが、夫婦役としての信頼関係に繋がったそうです。

演じる中で「無償の愛」の素晴らしさを改めて感じられたことに感謝していると語っています。

スポンサーリンク

和田聰宏(そうこう)の演技力の評価は

参考映像:『騙し絵の牙』(2021)

渋い魅力を持つ名バイプレーヤーとしてオファーの絶えない実力派俳優・和田聰宏(そうこう)。

美容師から転身した異色の俳優。実家には美容師を辞めたことを3年間ほど隠していましたが、アイフルのCM出演でばれたそうです。

その後しっかりとキャリアを積み、地道に実力を培ってきました。

大人の色気があり、2004年には、ドラマ初出演ながらラブストーリードラマ『東京湾景』で仲間由紀恵の恋人役に抜擢されて注目されました。

その後、大人気ドラマ『下町ロケット』シリーズで、主人公・佃の経営する会社・佃製作所の若手のリーダー的存在である江原係長を演じて一躍有名となりました。自分の仕事に真摯に向き合い、社長に歯向かってでも自分の意見を言う姿に視聴者は胸打たれました。

人気ミステリドラマ『あなたの番です』では、マンション203号室の住人・西村淳役を演じ大きな話題に。飲食店を経営するミステリアスな独身男を見事に演じ、黒幕を疑われる存在として最後までドラマを盛り上げました。

本作『明日の食卓』で和田が演じるのは、菅野美穂演じるヒロインの夫・石橋豊。父親になりきれず、妻を大きな悲劇へと追い詰める重要な役どころです

菅野と共に夫婦間の価値観を共有して役作りをしたという和田の演技に注目です。

和田聰宏(そうこう)の公式SNSの紹介

和田聰宏(そうこう)の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

椰月美智子による同名小説を、『楽園』『糸』の瀬々敬久監督が映画化した問題作『明日の食卓』。

“石橋ユウ”という同じ名前の息子を育てる3人の母親たちの物語を、菅野美穂、高畑充希、尾野真千子という豪華実力派を迎えて描きます。

菅野美穂演じるヒロインの夫・石橋豊を演じるのは、男の色気あふれる名バイプレーヤー・和田聰宏(そうこう)。仕事がうまくいかず、父親にもなり切れない男性を切なくリアルに演じ作品を盛り上げます。

注目の映画『明日の食卓』は、2021年5月28日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『空母いぶき』道頓堀川イベント。西島秀俊&佐々木蔵之介ら船上に登壇!

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)より全国ロードショー! 「空母」が存在する近未来の日本を舞台に、決して絵空事などではない危機を克明に描いた映画『空母いぶき』。 『ホワイトアウト』『沈まぬ …

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2020の上映開催決定!新型コロナウイルス拡大防止に伴う対応について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止に伴う対応について 2020年3月6日から15日に開催の第15回大阪アジアン映画祭は、下記の共催企画・イベントを除き、予定通り実施することを決定しま …

新作映画ニュース

映画『ある船頭の話』完成披露試写会リポート。オダギリジョー監督や柄本明らが舞台挨拶に登壇

ヴェネチア正式出品にオダギリ「身が引き締まります」。 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。 明治と大正のはざま。文明の波 …

新作映画ニュース

韓国映画『EXIT』の日本公開情報。ユナとチョ・ジョンソクが超高層ビルに登り走る予告解禁!

韓国で940万人を動員した大ヒットサバイバル・パニック映画が早くも上陸します。 2019年夏に韓国で公開され、940万人以上の動員を突破したサバイバル・パニック映画『EXIT』。 ⓒ 2019 CJ …

新作映画ニュース

映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』公開日/上映館。1人の若者の変化と成長を追ったドキュメンタリー

NHK番組版がギャラクシー賞候補になったドキュメンタリーが遂に劇場公開! 《女》から《男》へ、そしてその先にあるものとは? (C)2019 Miyuki Tokoi NHKで放映されギャラクシー賞候補 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学