Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『ロード・インフェルノ』の感想紹介。おすすめホラーの見どころをシネマダイバー増田健が考察!

  • Writer :
  • 増田健

YouTube動画で見るおすすめ映画解説!『ロード・インフェルノ』をあらすじ紹介

ジャンル映画の佳作から怪作・珍作まで、世界のあらゆる映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】」。

今回紹介するのはオランダのカーアクション・スリラー映画『ロード・インフェルノ』

家族を連れて帰省する車での旅行。これから自分の両親と会うのに、奥さんも娘たちもそれほど乗り気でなく、出発時間も遅れれば夫のテンションも下がる。ようやく家を出発しますが、今度は目の前の車がルール順守のノロノロ運転。

ストレスのたまっいた夫は、つい「煽り運転」行為を行います。ところが、煽った相手はヤバ過ぎだった…。

ストレス社会が内包する恐怖を描きヒットを飛ばした映画『ロード・インフェルノ』を動画にて、シネマダイバー増田健があらすじと見どころを紹介します。

スポンサーリンク

増田健の映画あらすじ解説動画:5分16秒

シネマダイバー:増田健のプロフィール

映画ライターとして、主に海外のホラー映画や埋もれたB級作品、隠れたカルト作品のレビュー記事を執筆。

映画感想レビュー&考察情報サイト「Cinemarche」内では、毎年「未体験ゾーン」を劇場鑑賞の制覇したうえでレビュー記事を掲載しています。

また2020年9月からは、「マゴチャン」にてホラー映画を中心に動画解説をスタート。

映画『ロード・インフェルノ』の作品情報


(C)2019 Topkapi films / AVROTROS / SAVAGE film

【日本公開】
2020年(オランダ映画)

【原題】
Bumperkleef / Tailgate

【監督・脚本】
ルドウィック・クラインス

【キャスト】
ユルン・スピッツエンベルハー、アニエック・フェイファー、ウィレム・デ・ウルフ

【作品概要】
つい煽り運転をした相手から一転、追われる身となり、恐怖を味わう一家の姿を描いた、ハイスピード・サイコホラー『ロード・インフェルノ』。
演出はオランダ映画テレビアカデミー(NFTA)で学んだ後、映画祭で評価され、以降はテレビ・映画で活躍するルドウィック・クラインス。

主演は『ナチスの犬』(2012)で、占領下のオランダで、ナチスに協力しながらも、ユダヤ人を救おうとした人物を演じたユルン・スピッツエンベルハー。その妻を『サイレントナイト』(2006)、『ロストID』(2012)のアニエック・フェイファー、彼らをつけ狙う男を、オランダでは舞台を中心に活躍する実力俳優ウィレム・デ・ウルフが演じます。

スポンサーリンク

映画『ロード・インフェルノ』のあらすじ


(C)2019 Topkapi films / AVROTROS / SAVAGE film

サイクルウェア姿の男が、息を切って畑の中で自転車を押しています。その脇の道に白いバンが現れ停車すると、中から男(ウィレム・デ・ウルフ)が姿を現します。スマホを示して取りに来いと呼びかける男。しかしその姿を見たサイクルウェアの男は、自転車をかついで逃げ出しました。

畑の脇にバンを隠した男は、スマホを操作して自転車の男の母親の連絡先を見つけます。ようやく畑から抜け出し、道路を疾走して逃げる自転車が現れると、男はバンを急発進させて正面から自転車と衝突させました。

脚を怪我したサイクルウェアの男は、転がる様に逃げ用水路に落ちました。それに構わずバンの前後にカラーコーンを立てると、壊れた自転車を車に積み込む男。

男はバンから取り出した防護服とガスマスクを身に付け、害虫駆除用の薬剤を詰めたタンクを背負います。通過した車のドライバーには、彼が何か作業しているようにしか見えません。

サイクルウェアの男が叫んでも、通過した車に聞こえません。防護服の男は用水路に現れると、逃げる男を捕えてその顔を水に漬けます。

止めてくれ、悪かった。2度としない、と訴えるサイクルウェアの男に、謝罪するタイミングを逃したな、と冷たく告げる防護服の男。そしてサイクルウェアの男の口に、薬剤噴霧器のノズルを突っ込み噴射させました。

場面は変わり、自宅の前で車に荷物を積み込むハンス(ユルン・スピッツエンベルハー)の姿が登場します。準備に忙しい父に構わず、下の娘ロビンは遊んでいます。

現れた上の娘メルーはたった1日の旅行に、大きなトランクを持ち込みます。身支度に時間をかけ遅れた妻のディアナ(アニエック・フェイファー)は、今だ車に乗りません。

そこにハンスの母から電話がかかってきます。一家はこれから、ハンスの実家に誕生日を祝いに向かうはずが、出発の予定時刻からかなり遅れていました。

到着予定の時刻を訊ねる電話にハンスは出ようとせず、代わってロビンが出ました。彼がクラクションで催促すると、ようやくディアナが車に乗り込みます。

次の母からの電話にはメルーが出ました。食事を準備中の祖母は、いつ着くのか再度尋ねますが、答えられません。準備に手間取った妻に、もう出発してるはずだと文句を言うハンス。

ようやく妻子を乗った車を、ハンスはイライラしながら出発させました。車はハイウェイを走ります。前の車のたよりない運転を見て悪態をつくハンス。

ロビンはタブレットのゲームに、メルーはスマホの自撮りに夢中です。ディアナは時速140㎞という、制限速度を越えた運転をとがめますが、夫は出発が1時間遅れたからだと文句を言います。

娘たちがゲームを巡って争い、母がそれを仲裁しようと騒ぎますが、後ろの車に煽られて、そちらの方ばかり気になるハンス。先を譲る気のない彼は更にアクセルを踏み、時速は160㎞を越えました。

相手の車の強引な車線変更に、ハンスは事故になりかけます。妻子が騒ぎますが、相手の方が悪いと言い訳するハンス。そんな態度の夫に、少し落ち着くよう忠告するディアナ。

すると目の前に白いバンが現れます。隣の車線は塞がっており、スピードを落とさざるを得ません。走行速度は100㎞程度に下がります。

どうやら前の車は、頑なに制限速度を守っているようです。車間距離を詰め、ヘッドライトをパッシングさせても、前の車は反応しません。ハンスの後ろに車がつかえ始めました。

クラクションを鳴らし、前の車を煽り始めたハンス。それでも前の車の運転は変わりません。夫の態度をたしなめ、ディアナは車間距離をとるよう告げます。

前の車はノロノロ運転だと揶揄するハンス。娘たちも調子を合わせ女の人か、それとも年寄りの運転だとはやし立てます。後ろの車からパッシングされ、再度クラクションを鳴らすハンス。

すると前のバンは急にスピードを落とします。衝突しかけ慌ててブレーキを踏むハンス。前の車は更にスピードを落としました。後続の車は次々隣の車線に移り、走り去って行きます。

ハンスも車線を移り、直前の白いバンを抜かしました。その際運転席に座る男と目が合い、自分の頭を指差し、「お前は頭がおかしいのか」とアピールするハンス。その態度は流石にやり過ぎだと注意するディアナ。

構わず抜き去ると、また160㎞近くまでスピードを上げるハンス。制限速度100㎞の標識を眺め、あきれ顔で注意する妻の声に、彼は耳を貸しません。

ディアナのスマホに、ハンスの母から電話が入ります。またしても到着時間を尋ねる電話でしたが、遅れから具体的な到着時間を言いたがらないハンス。

母は手料理を用意しているようですが、どうやらディアナも2人の娘も、それを苦手にしている様子です。ガソリンスタンドにも寄るから、およそ30分後とハンスは答えさせました。

ガソリンスタンドに着くと、妻子は売店へと向かいます。給油し終えたハンスもその後を追いますが、背後にあの白いバンが現れると…。

本記事に使用した解説動画は、《映画メディア「アマゴチャン MOVIE A GO GO」》で制作された動画で、本サイト「Cinemarche」と業務提携をおこなっている姉妹サイトです



関連記事

新作映画ニュース

映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』アイ・ウェイウェイ監督のインタビュー映像解禁

世界的な現代美術家であるアイ・ウェイウェイ監督が、難民問題の実状に迫るドキュメンタリー。 映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで公開で …

新作映画ニュース

【2019年11月22日〜23日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

勝地涼映画『アンダードッグ』崖っぷち芸人ボクサーのミヤギを熱演【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』 『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海 …

新作映画ニュース

映画『ONODA』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。津田寛治と遠藤雄弥が実話を基にした人間ドラマにW主演!

太平洋戦争後、約30年目に生還した小野田旧陸軍少尉とは。 史実を基に小野田という1人の男が生き抜いた孤独と壮絶な日々を描いた人間ドラマが誕生しました。 (c)bathysphere – T …

新作映画ニュース

韓国映画『君の結婚式』あらすじとキャスト。10年間のラブストーリーをパク・ボヨン&キム・ヨングァンで描く

韓国映画『君の結婚式』は2019年3月1日(金)より、シネマート新宿ほかにてロードショー! 高校3年の夏に出会った男女の10年に渡るラブストーリー『君の結婚式』。 すれ違い続けた2人の、もどかしくて愛 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学