Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/11/06
Update

映画『クラッシュ(1996)』4K無修正版公開日/上映館/あらすじ。クローネンバーグ代表作が劇場で蘇る

  • Writer :
  • 石井夏子

D・クローネンバーグ監督史上最高の衝撃作、4K無修正版でリバイバル決定!

世界を騒然とさせた究極のR-18の偏愛映画『クラッシュ』。

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

この度、デヴィッド・クローネンバーグ監督作『クラッシュ』の4K無修正版が、2021年1月29日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開することが決定しました。

D・クローネンバーグ監督監修による初の4K修復版の上映となります。

スポンサーリンク

映画『クラッシュ』とは?

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

イギリスを代表するSF作家のJ・G・バラードが1973年に発表した同名小説を、『ザ・フライ』(1986)、『裸のランチ』(1991)などで知られるカナダの鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化した『クラッシュ』(1996)。

第49回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。フランスの映画雑誌「カイエ・ドゥ・シネマ」が選ぶ1996年の映画ランキングで堂々の1位を獲得。

さらにマーティン・スコセッシ監督が選ぶ1990年代のベスト映画にもランクイン、と数々の称賛を浴びる一方で、その過激な性描写が問題視され、イギリスの新聞「デイリー・メール」紙が1面で上映禁止を呼びかけるなど、賛否両論を巻き起こしました。

撮影は『ロッキー・ホラーショー』(1975)、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)の他、『戦慄の絆』(1988)、『裸のランチ』(1991)以降のクローネンバーグ作品全てで撮影を手掛け、クローネンバーグファミリーとも言えるピーター・サシツキーが担当しています。

映画『クラッシュ』のキャスト紹介

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

全編の8割以上がセックスシーンである本作へ果敢に挑んだキャストをご紹介します。

主人公ジェームズ役に、スティーヴン・ソダーバーグ監督『セックスと嘘とビデオテープ』(1989)で第42回カンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞したジェームズ・スペイダー

夫を失いながらも新たなる欲望を開拓しようとするヘレン役に、ジェーン・カンピオン監督『ピアノ・レッスン』(1993)で第66回アカデミー賞主演女優賞、第46回カンヌ国際映画祭最優秀女優賞、第51回ゴールデングローブ賞主演女優賞に輝いたホリー・ハンター

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

交通事故で両足が不自由になりながらもボンテージファッションに身を包み、性の境地を切り開いていく女性ガブリエルにロザンナ・アークエット

その他、ジェームズの妻キャサリンにはデボラ・カーラ・アンガー。彼らを結びつける謎の男ヴォーンにはイライアス・コティーズなど個性豊かな俳優陣が集まっています。

スポンサーリンク

映画『クラッシュ 4K無修正版』について

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

自動車事故により性的興奮を覚える人々を描いた危険度100%究極の偏愛を描く『クラッシュ』(1996)が、『クラッシュ 4K無修正版』として、製作から25年を迎える2021年1月29日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開することが決定しました。

この度の上映素材は、2019年、第76回ベネチア国際映画祭で上映され話題を集めたもの

長らく消失したと思われていた35mmオリジナルネガがカナダで発見されたことを機に、3ヶ月かけてサシツキー監修のもと4K化

クローネンバーグが最終承認を与えた素材です。

上映には4KDCPを使用しますが再生環境により2K等にコンバートされた上映となります。

映画『クラッシュ』の作品情報

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

【製作】
1996年(カナダ映画)

【4K無修正版日本公開】
2021年

【原作】
J・G・バラード

【原題】
CRASH

【監督・製作・脚本】
デヴィッド・クローネンバーグ

【撮影】
ピーター・サシツキー

【音楽】
ハワード・ショア

【キャスト】
ジェームズ・スペイダー、ホリー・ハンター、イライアス・コティーズ、デボラ・カーラ・アンガー、ロザンナ・アークエット

スポンサーリンク

映画『クラッシュ』のあらすじ

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

ある日、映画プロデューサーのジェームズは車で正面衝突事故を起こします。

相手のドライバーは死亡、助手席に乗っていたドライバーの妻ヘレンは、ジェームズとともに病院へ搬送。

院内を歩き回れるほど回復したジェームズは、夫の死になぜか平然としているヘレンと、彼女に付き添う不思議な男ヴォーンと顔を合わし、事故の写真を見せられます。

退院後、ジェームズとヘレンはそれぞれ事故の衝撃を通して思わぬ性的興奮を感じていました。

再会した2人はセックスに及び、事故の体験により新たなエクスタシーを開拓するグループ、カー・クラッシュ・マニアの会の存在を知り、その世界にのめり込んでいき…。

まとめ

(C) 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

すべてのモラルを破壊して、欲望は衝突する――。

死と隣合わせの危険な快感への目覚め、人体損壊と車体の破損への欲求と美意識。

後戻りできない世界にどこまでも堕ちていく姿を、クローネンバーグならではの映像世界で描ききった異常に満ちた唯一無二の傑作『クラッシュ 4K無修正版』は、2021年1月29日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『ドクター・スリープ』の公開日は11月29日に決定。シャイニング続編の特報映像が解禁!

『IT/イット』スティーヴン・キング最新作。 最高傑作『シャイニング』の新たな恐怖が幕を開ける。 ホラー界の帝王スティーヴン・キングが2013年に発表した小説を基に、ユアン・マクレガーが幼い頃壮絶な過 …

新作映画ニュース

映画『黄龍の村』あらすじ/キャスト。ガチ怖でヤバイホラーを田舎を舞台にバイオレンス描写で阪元裕吾監督が魅せる!

日本暴力映画界の新星阪元裕吾監督作品。 数々の映画祭で受賞し、日本暴力映画界の新星と称される阪元裕吾が監督を務めた『黄龍の村』。 (c)2021「黄龍の村」製作委員会 阪元裕吾監督の『黄龍の村』が劇場 …

新作映画ニュース

松本動監督の映画一挙上映!『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』2月18日に渋谷ユーロライブにて開催

全世界累計139の映画祭を席巻!! グランプリ11冠を含む全50冠の作品群!! 2021年2月18日(木)渋谷のユーロライブにて、国内外の映画祭を席巻して来た実力派の新鋭、松本動(ゆるぐ) 監督の作品 …

新作映画ニュース

【2019年10月4日〜5日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche モデル:蟹江まり 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

新作映画ニュース

二階堂ふみは稲垣吾郎のミューズ!『ばるぼら』映画公開記念舞台挨拶リポート

稲垣「二階堂さんは僕にとってのミューズ」 手塚治虫禁断の問題作を実写化した映画『ばるぼら』が、2020年11月20日(金)にシネマート新宿、ユーロスペースほか全国公開しました。 この度公開を記念して、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学