Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』あらすじとキャスト。モノクロ映像で描き出した美しいラブストーリー

  • Writer :
  • 中村綾子

ポーランドの映画監督パヴェウ・パヴリコフスキ監督の最新作『COLD WAR あの歌、2つの心』は6月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

ポーランド映画で初めてアカデミー賞の外国語映画賞に輝いたパヴェウ・パヴリコフスキ監督の最新作は、冷戦下の1950年代が舞台。時代に翻弄される恋人たちの姿を、美しいモノクロ映像と名歌で描き出したラブストーリーです。

先日発表された第91回アカデミー賞では監督賞と撮影賞、外国語映画賞の3部門にノミネートされています。

作品についてくわしくご紹介します。

スポンサーリンク

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』とは

1950年代の冷戦下。ポーランド、ベルリン、ユーゴスラビア、パリを舞台に描いたラブストーリーです。

恋人たちの時代に翻弄され国境をまたいで愛を紡いでいく姿を、美しいモノクロ映像で映し出していきます。

映像もさることながら、ズーラ役のヨアンナ・クーリグの美しい歌声と、民謡音楽からフレンチジャズ、エルビス・プレスリーに至るまで様々な名曲がさらに物語に彩りを添えています。

監督は『イーダ』で第87回アカデミー賞の外国語映画賞を受賞したパヴェウ・パヴリコフスキ。

参考映像:『イーダ』(2014)

ズーラ役のヨアンナ・クリーグは『イリュージョン』(2011)に続いて2回目のパヴェウ・パヴリコフスキ作品です。

ピアニストのヴィクトル役はトマシュ・コット。2015年にポーランドのアカデミー賞“オルウィ”(Orły)では、『Bogowie』(原題)で最優秀男優賞を受賞している実力派の俳優です。

また、パヴェウ・パヴリコフスキ監督の『イーダ』で主人公イーダのおば役を務めたアガタ・クレシャも出演しています。

この作品は海外の映画祭で64の賞にノミネート、うち23部門で賞を獲得しています。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』の作品情報

【公開】
2019年(ポーランド・イギリス・フランス合作)

【原題】
Zimna wojna

【監督・脚本】
パヴェウ・パヴリコフスキ

【キャスト】
ヨアンナ・クリーグ、トマシュ・コット、アガタ・クレシャ、ボリス・シィツ、ジャンヌ・バリバール、セドリック・カーン

【作品概要】
ポーランド映画界から初のアカデミー外国語映画賞に輝いた『イーダ』(2013)のパベウ・パブリコフスキ監督が、1950年代の冷戦下で、東側と西側の間で揺れ動きに翻弄される恋人たちの姿を、モノクロ映像と名歌で描くラブストーリー。

スポンサーリンク

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』のあらすじ

ポーランドの音楽舞踏学校で出会ったピアニストのヴィクトルと歌手志望のズーラ。

二人はやがて愛し合うようになります。

冷戦中、ヴィクトルは政府に監視されるようになり、ベルリンでの公演時にパリに亡命しました。

歌手になったズーラは公演活動で訪れたパリやユーゴスラビアでヴィクトルと再会します。

ズーラは彼とパリに住み始めるが、やがてポーランドに戻ってしまいました。

ズーラの後を追うヴィィクトル。二人の愛は結ばれるのでしょうか…。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』の感想と評価

本作は1950年代のヨーロッパを舞台に、時代に翻弄されながら生きた恋人たちの物語を描いたラブストーリーです。

全編モノクロで描き出される物語は、ため息が出るほど美しい映像に仕上がっています。

すでに海外の映画祭で64の賞にノミネートされ、23部門を受賞しています。

2018年のカンヌ国際映画祭では監督賞を受賞したほか、ヨーロッパ映画賞では最優秀作品賞ほか5部門を受賞。2018年から2019年にかけての賞レースを席巻しています。

監督は『イーダ』で第87回アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、世界的な評価を受けるポーランドの映画監督パヴェウ・パヴリコフスキ。

今回の作品でも外国語映画賞のほか、監督賞と撮影賞の3部門にノミネートされています。

歌手のズーラ役にはヨアンナ・クリーグ。この作品でロンドン映画批評家協会最優秀女優賞にノミネートされたほか、ヨーロッパ映画祭とエル・グウナ国際映画祭、パームスプリングス国際映画祭では最優秀女優賞を獲得しています。

ピアニストのヴィクトル役のトマシュ・コットは、その実力をポーランド国内で認められているほか、ヨーロッパ国際映画祭では最優秀男優賞にノミネートされました。

スポンサーリンク

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』への絶賛の声と映画賞

とにかく観てほしい。とても味わい深くて美しい映画だから、まばたきするのも惜しくなる。「映画ってものはこんな風に作るものだ」と教えてくれる映画なんだ。ーアレクサンダー・ペイン(映画監督)

「この映画は既に、アカデミー賞の話題を呼んでいる。それは完璧に近い映画だから!」ーワシントンポスト

「ほろ苦くてたまらなく素敵な作品!」ーハリウッド・レポーター

「若き日のジャンヌ・モローのようなさりげない魅力で、揺れ動く感情を表現するクーリグ!」ーヴァラエティ

このように、様々な方面から絶賛の声が上がっています。

さらに海外の映画祭では64の賞にノミネートし、23部門受賞という高評価を受けています。

その一部をご紹介します。

【受賞】
・ベルギー映画評論家協会 グランプリ
・カンヌ国際映画祭 最優秀監督賞
・ナショナル・ボード・オブ・レビュー 最優秀外国語映画賞
・ニューヨーク映画批評家協会 最優秀外国語映画賞

など16の映画賞で23部門受賞。

【ノミネート】
・アカデミー賞 監督賞、撮影賞、外国語映画賞
・英国アカデミー賞 最優秀撮影賞、最優秀監督賞、最優秀非英語映画賞、最優秀オリジナル脚本賞
・ヨーロッパ映画賞 最優秀男優賞

など22の映画賞で38部門ノミネート。

世界各地で行われる映画祭で、様々な賞にノミネートまたは受賞しています。

日本公開は6月28日(金)とまだまだ先ですが、今から公開が待ちきれないですね。

まとめ


アンジェイ・ワイダ監督やロマン・ポランスキー監督だけではない、新世代の監督として近年世界にその名を広めてきたパヴェウ・パブリコフスキ監督。

前作『イーダ』ではその実力を、オスカー獲得という絶対的な評価で見せつけてくれました。

数年ほど前から、日本でもポーランドの映画を集めた映画祭が開かれるようになりました。

そんな中、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『COLD WAR あの歌、2つの心』。

モノクロで描かれていることで余計な情報が排除され、ズーラとヴィクトルの切ない愛の物語がより鮮明に映し出され、心に深く残る作品となるでしょう。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』は6月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開です。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『イップ・マン 完結』上映館/公開日/予告編。シリーズ4作目でも宇宙最強の俳優が詠春拳の達人を演じる!

「イップ・マン」シリーズ、ここに完結 シリーズ完結。最後の闘いに挑む達人イップ・マン、有終の美。 “宇宙最強”ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる「イップ・マン」シリーズ(2008~15) …

新作映画ニュース

映画『イメージの本』日本公開版のポスター解禁。ジャン=リュック・ゴダールの最新作の内容は

2018年12月3日(月)に88歳の誕生日を迎えたジャン=リュック・ゴダール監督。 世界の最先端でエネルギッシュに映画を作り続けるゴダールの最新作が2019年GWに日本で公開決定! 『勝⼿にしやがれ』 …

新作映画ニュース

映画『世界は僕らに気づかない』あらすじ/キャスト/2023年明けの冬公開。飯塚花笑監督の最新作の場面写真が解禁に!

飯塚花笑監督の『世界は僕らに気づかない』が、2023年年明けの冬公開決定! 2022年にはトランスジェンダーとシスジェンダーの10年間を描いた『フタリノセカイ』(坂東龍汰/片山友希)が全国公開された飯 …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018オールナイト上映!SFホラーのダークヒーロー作品とは

1980年代の映画はあらゆるジャンルが溢れたプログラムピクチャー最後の黄金時代! Images courtesy of Park Circus/MGM Studios Images courtesy …

新作映画ニュース

《動画で見る安川有果監督インタビュー》女優オーディションでのセクハラを描くことは“勇気がいるテーマ”だった【映画『蒲田前奏曲』】

動画で見る安川有果監督インタビュー映画『蒲田前奏曲』 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学