Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/07/28
Update

映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに 』あらすじ/公開日/上映館/予告動画。タイの奴隷労働の真実をドラマとして描く!

  • Writer :
  • 大塚まき

ベルリン映画祭パノラマ部門、第92回アカデミー賞豪代表作品。

第69回ベルリン映画祭のパノラマ部門に出品された映画『BUOYANCY』(原題)。

観客投票では3位を記録し、さらにエキュメニカル審査員賞を受賞するなど現地でも話題となり2019年のアカデミー賞においてはオーストラリア代表作品として外国語映画賞に選出されました。


(c)2019 Causeway Films HQ Pty Ltd, Filmfest Limited and Screen Australia. All rights reserved.

第69回ベルリン映画祭で世界中から賞賛された映画『BUOYANCY』(原題)が邦題『ボヤンシー 眼差しの向こうに』として、2020年8月7日(金)より全国公開されることが決定しました。

また、公開決定にあわせてポスタービジュアルと予告動画が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに』について


(c)2019 Causeway Films HQ Pty Ltd, Filmfest Limited and Screen Australia. All rights reserved.

本作は、オーストラリア人監督のロッド・ラスジェンの長編デビュー作

監督自身が長年にわたり取材した奴隷労働の現実をフィクションに落とし込んだ作品で全編クメール語とタイ語で描かれています。

主人公でカンボジアの貧しい田舎からタイへ働きに出た14歳の少年チャクラを演じたサーム・ヘンは、奴隷として陸から遠く離れた船の上で絶対的な権力を持つ船長のもとで働きながら徐々に人間性を失っていく姿を壮絶に演じきりました。

迫真に迫った映像は、観る者に今なお残る奴隷労働の事実を突きつけながらも、映画という手法を用いて、 “少年は家族と別れどのように生きていくのか”、“生きるためにどんな選択・決断をするのか”などの疑問を現実のものとして、鋭く訴えかけてきます。

映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに』の予告編


このたび解禁された予告編では、冒頭にカンボジアの田舎から外に目を向け始めた主人公・チャクラの姿を捉えています。

いつ給料をもらえるのかわからない漁船での仕事をはじめますが、船長から呼び出されて言われたのは「今日からはこの船がお前の家だ」「死ぬまでな」とぞっとするほど冷酷な言葉でした。

不穏な空気が流れるなか、どこまでも続く大海原にぽつりと浮かぶ小さな漁船がただ美しく漂っています。

そして、相反するように船内での非道な生活の一部が切り取られ、果たして14歳の少年が生きるためにとった手段とは…?

ロッド・ラスジェン監督が長年にわたり取材した奴隷労働の現実が主人公・チャクラの目を通してスクリーンに映し出されます。

スポンサーリンク

映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに』の作品情報


(c)2019 Causeway Films HQ Pty Ltd, Filmfest Limited and Screen Australia. All rights reserved.

【日本公開】
2020年(オーストラリア映画)

【原題】
BUOYANCY

【監督・脚本】
ロッド・ラスジェン

【キャスト】
サーム・ヘン、タナウット・カスロ、モニー・ロス

映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに』のあらすじ


(c)2019 Causeway Films HQ Pty Ltd, Filmfest Limited and Screen Australia. All rights reserved.

カンボジアの田舎の決して裕福ではない家族。14歳のチャクラは、将来を期待されている兄とは違い、労働の担い手としか扱われない自分の境遇に納得がいきません。

お金を稼ぎたいチャクラは、友人から“有給の仕事”を斡旋するというブローカーを紹介してもらい、誰にも相談することなく、単身、家を出ます。

チャクラは同じ境遇の数人たちとともに密かに国境を越え、タイに入国します。

しかしそこで待ち受けていたのは、ブローカーによる“身売り”でした。

他のカンボジア人やビルマ人とともに“奴隷”として漁船に放り込まれ、劣悪な環境下で労働を強制される日々が始まりました。

1日22時間魚を漁り、与えられる食料は、冷めた米飯のみ。陸から遠く離れた船の上で絶対的な権力を持つ船長は、歯向かう者や衰弱した者を見せしめのごとく拷問し、殺し、海に放り捨てていきます。

脱出することも、陸に上がって逃げ出すこともできぬまま、非人間的な環境と拷問の恐怖に怯え、チャクラの心は摩耗し、人間性は失われ、破壊的な人格が芽生え始めます。

14歳の少年が、非人間的な状況下で選んだ、生きるための手段とは…。

スポンサーリンク

まとめ


(c)2019 Causeway Films HQ Pty Ltd, Filmfest Limited and Screen Australia. All rights reserved.

解禁された場面写真では、主人公・チャクラの眼差しが多く切り取られています。

強い決意のようにもとれる眼差しから、焼けつくような視線、心が摩耗しながらも勇ましく挑むような目線などが場面写真でありながも、訴えかけてきます。

また、本記事に載せたポスタービジュアルからは、非道な海上生活に抗いながらもバランスを取ろうとしているかのように、水面に浮かんでいる姿が印象的に映し出されています。

凄惨な状況下で14歳の少年が生きるためにどんな選択・決断をしたのでしょうか

映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに』は、2020年8月7日(金)より全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【一般試写会プレゼント】野村周平主演映画『WALKING MAN』25組50名様ご招待!10月2日(水)渋谷ユーロライブにて

映画『WALKING MAN』は2019年10月11日(金)より全国公開! 日本を代表するカリスマラッパーANARCHY(アナーキー)が、映画監督に挑みます。 主演は人気俳優野村周平。極貧生活のどん底 …

新作映画ニュース

ガス・ヴァン・サント監督の来日決定!映画『ドント・ウォーリー』コメントも【ヒューマントラストシネマ渋谷】

ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作映画、ホアキン・フェニックス主演『ドント・ウォーリー』が2019年5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他にて全国順次公 …

新作映画ニュース

映画『タリーと私の秘密の時間』あらすじ。キャストのシャーリズ・セロンが美貌封印した予告編と画像解禁

映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー! 『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督が、『アトミック・ブロンド』のシャーリズ・セ …

新作映画ニュース

西島秀俊×小林薫映画『休暇』などリビングルームシアターで配信!話題作『凱里ブルース』は8月2日まで

リビングルームシアターに新たに9タイトルが追加! Covid-19対策として、映画館との共生を理念に5月23日に開設されたオンラインシアター「リビングルームシアター」に、新たに映画配給会社シネマエンジ …

新作映画ニュース

映画『アウェイデイズ』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。実話を基に英国フットボール発祥の文化を描く!

終わりなんだろ?俺たちはもうー。 1979年、ポストパンク時代のマージーサイド。 英国ユース・カルチャーを描いた青春映画の足りなかったピースが遂に埋まります。 (C) Copyright RED UN …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学