Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/06/18
Update

『アートなんかいらない!』あらすじ/公開日/上映館。ドキュメンタリー映像作家・山岡信貴が「日本における美術」を問う

  • Writer :
  • 星野しげみ

日本におけるアートの意味を探るドキュメンタリー『アートなんかいらない!』公開決定!

アートの発生から消滅までを問いかける、緊張と脱力のドキュメンタリー2部構成の『アートなんかいらない!』が公開されます。

本作は『死なない子供、荒川修作』(2010)、『縄文にハマる人々』(2018)の山岡信貴監督による最新長編ドキュメンタリー。


(C)2021 リタピクチャル

アート鑑賞に何も感じない“自称”「アート不感症」に陥ったという山岡監督が、日本におけるアートの意味を探る旅に出ます。

いったい、この国のアートに何が起こっているというのでしょうか? 

『アートなんかいらない!』は、2022年8月下旬、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!

公開決定に併せて、ポスタービジュアルと本編から場面写真5点が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『アートなんかいらない!』について


(C)2021 リタピクチャル

山岡信貴監督による最新長編ドキュメンタリー『アートなんかいらない!』。

本作は2部構成で、「Session1 惰性の王国」「Session2 46億年の孤独」を、分割しての公開となります。

「Session1」でアートの意義を探るという体験した目で現実を見つめ直した後、「Session2」では、アートの枠組みを超えて人間に本当に必要とされる「アート的なもの」は何なのかを構築し直します

日常を2つの映画で挟み込むことで、リアルな世界も映画の中に取り込み、より深く本作のテーマが体感できる構成となっています。

出演は「瀬戸内国際芸術祭」「越後妻有 大地の芸術祭」の総合ディレクターの北川フラム、「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督を務めた津田大介、放送作家でアートプロデューサーの倉本美津留ほか、30名以上のアート関係者が登場。

ナレーションにはパンク歌手で作家の町田康。エンディングテーマは日本のミクスチャーロックを牽引したスーパー・ジャンキー・モンキーの「何」。また、「影からの声」という謎めいたクレジットで、美術評論家の椹木野衣がスタッフとして参加しています。

映画『アートなんかいらない!』の作品情報


(C)2021 リタピクチャル

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
山岡信貴
 
【ナレーション】
町田康

【影からの声】
椹木野衣

【エンディングテーマ】
「何」SUPER JUNKY MONKEY

【キャスト】
Session1出演:相馬千秋(アートプロデューサー) 倉本美津留(放送作家) 北川フラム(アートディレクター) 津田大介(ジャーナリスト) 大浦信行(映画監督/美術家) 岡本有佳(表現の不自由展実行委員) 木田真理子(ダンサー) 土屋日出夫(オリエント工業社長)ほか

Session2出演:広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授) 関野吉晴(探検家) 鎌田東二(宗教学者) ケロッピー前田(ジャーナリスト) 郡司ペギオ幸夫(早稲田大学教授) 人工知能美学芸術研究会(アーティスト) 佐治晴夫(宇宙物理学者)ほか

スポンサーリンク

映画『アートなんかいらない!』のあらすじ


(C)2021 リタピクチャル

難解さで知られる現代アーティストの荒川修作を読み解いた『死なない子供、荒川修作』(2010)と、“人類史に残された最強のミステリー”である縄文文化を探求して全国100箇所にも及ぶ旅をまとめた『縄文にハマる人々』(2018)が、いずれもイメージフォーラムで予想を超えるスマッシュヒットとなった山岡監督。

しかし、荒川修作や縄文文化に深く接した結果、山岡監督はアート鑑賞に何も感じない“自称”「アート不感症」に陥ってしまっていました。

期せずして新型コロナウィルスによるパンデミックで、芸術やエンタテインメントの意味を改めて問わざるを得なくなった社会状況の大きな変化。

それにシンクロするかのように、山岡監督は自分がなぜアートを素直に楽しむことができなくなってしまったのか、その理由を探るべく、現代日本におけるアートの意味を探る旅を始めることを決意します。

まとめ


(C)2021 リタピクチャル

2部構成で送る日本におけるアートの意味を探るドキュメンタリー『アートなんかいらない!』。

『死なない子供、荒川修作』(2010)、『縄文にハマる人々』(2018)と、アートに関した作品を作り上げた山岡信貴監督が、現代日本におけるアートの意味を探り出そうとします。

アートとは何か? 答えを見つけるのは自分自身です。

『アートなんかいらない!』は、2022年8月下旬、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!

関連記事

新作映画ニュース

フランクデュボスクのコメディアン資質が監督業にも。映画『パリ、嘘つきな恋』本編映像解禁

本国フランスで動員200万人超、NO.1大ヒット! フランス全土が恋をした、とびきり楽しくて、心ときめくラブストーリー『パリ、嘘つきな恋』が2019年5月24日(金)から新宿ピカデリーほかで全国公開さ …

新作映画ニュース

映画『最後にして最初の人類』日本公開日/上映館/内容解説。ティルダ・スウィントンが作曲家の遺作でナレーションを務める

第70回ベルリン国際映画祭正式出品作品。 作曲家ヨハン・ヨハンソンの初長編監督作品であり、遺作となった映画『Last and First Men』。 伝説のSF小説を、90年の時を経て映画化した奇跡の …

新作映画ニュース

映画『緊急事態宣言』キャスト/特報予告動画。斎藤工×園子温最新作などがアマプラで独占配信!

接近禁止!打合せ、撮影、演出、なるべく非接触! 感染拡大防止策を徹底した “緊急事態映画”配信。 現在もなお、世界中をパニックに陥れている新型コロナウイルス感染症COVID-19。 この度、日本を代表 …

新作映画ニュース

X-MENシリーズ20年を祝うイベント開催!映画ダーク・フェニックスの限定ポスター解禁も

大規模グローバルイベント“X-MEN DAY”の詳細は!? 2019年6月21日(金)に全国ロードショーされる映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』。 シリーズ最終章を迎える「X-MEN」シリーズの …

新作映画ニュース

韓国映画『毒戦 BELIEVER』あらすじとキャスト。ジョニートー代表作のリメイクは10月4日公開!

捜査対象、全員狂人。協力者、捨て犬ひとり。 マトリが禁断の一線を越えた時、至高の悪が現れる。 韓国で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『デッドプール2』を押さえ初登場第1位を記録し、日本でも熱 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学