Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/02
Update

映画『あのこは貴族』あらすじ。キャストは門脇麦×水原希子で描くシスターフッドムービー!

  • Writer :
  • 石井夏子

監督・岨手由貴子×原作・山内マリコ。

マンネリカップルが妊娠をきっかけに互いの背景や関係を見つめ直す初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子監督、待望の長編2作目となる『あのこは貴族』

原作は、映像業界が最も注目する小説家・山内マリコによる同名小説です。

(C)山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

2021年2月26日公開の本作の主演は、本年度、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、長谷川博己演じる明智光秀に生涯にわたって影響を与えるヒロイン・駒役を好演している門脇麦

共演には、女優だけでなく、モデル、デザイナーと多彩に活動し、常にその動向から目が離せない水原希子が決定しました。

また、キャスト解禁にあたり、門脇麦、水原希子、岨手由貴子監督よりコメントが到着しました。

スポンサーリンク

映画『あのこは貴族』について

門脇演じる、都会に生まれ、婚活に余念がない箱入り娘の華子と、水原演じる、地方から上京し、自力で都会を生き抜く美紀

同じ都会に暮らしながら、全く異なる生き方をする二人の人生が交差したとき、それぞれが自分の居場所を見つめ、恋愛や結婚だけではない自分の人生を切り開こうとする、シスターフッドムービーの新境地が誕生しました。

異なる階層で生きる女性たちの自立の物語を、女優としてのキャリアもパブリックイメージも全く異なる門脇と水原がどう演じるのか、続報が楽しみですね。

原作は『ここは退屈迎えに来て』で作家デビューを果たした小説家・山内マリコによる同名小説です。

榛原華子役:門脇麦のコメント

この度、映画『あのこは貴族』で榛原華子役を演じさせて頂きました。
家柄の事、出身の学校、職業。
私達は無意識のうちに世間から、そして自ら自分の人生に線引きをし、それを全うすべく日々を過ごしている部分が少なからずあるのではないかと思います。この物語は、そんな窮屈さを感じながら生きる2人の女の子が、少しづつ自分を解き放っていくお話です。
『グッド・ストライプス』を観てから、いつかご一緒したいとずっと思っていた岨手監督。さり気ないト書き1行が監督の手によって、みるみるうちに胸をきゅっと掴まれるようなシーンに変わっていく様に何度も高揚しました。
皆様が映画館に足を運べる日常が、1日でも早く訪れることを祈っています。
『あのこは貴族』がたくさんの方に届きますように。

スポンサーリンク

時岡美紀役:水原希子のコメント

参考:水原希子のツイッター

この度、『あのこは貴族』で地方生まれの時岡美紀役を演じさせて頂く事になりました。
そして大好きな門脇麦さんをはじめとする素敵な共演者の方々に沢山刺激を受けながら共演させて頂けた事をとても嬉しく思います。初めて岨手監督とお会いした時、とても柔らかい印象。でも現場に入ると、明確に指導して下さり、全てのシーンにおいて、フラットにディスカッション出来た事、疑問や不安から解放してくれて、監督の包容力で等身大の自分として、素直な感情を制限なく自由に表現する事が出来たと思います。
この映画は境遇の全く違う 2 人が、自分らしく生きる事、自分にとって本当の幸せとはどういう事なんだろうと葛藤しながらも、悩みと変化の中で成長し、自立していく事でより自由になり解放されていく。29歳、地方育ちの私にとって、とても共感の多い作品でした。女性のみならず、色んな方が自分で自分の人生を選択していく事の大切さに共感して頂ける作品になっていると思います。

岨手由貴子監督のコメント

監督を務めた岨手由貴子です。『あのこは貴族』は出自も生きる階層も違う二人の女性が、これまでどんな風に生きてきて、これからの日本をどう生きるのかを描いた作品です。多くの選択肢が用意されているわけでもなく、器用にベストな選択ができるわけでもない。それでも自分の足で立ち、生きていく。そんな原作の持つスピリットを、素晴らしい俳優陣が血の通った物語に昇華してくれました。
タイプの違う二人の女性、「華子」と「美紀」を演じた門脇さんと水原さん。お二人は芝居や役柄へのアプローチも異なる、まさに“タイプの違う”役者さんでした。けれど、対峙するのではなく、お互いを認め、共存する。そうやって、それぞれのやり方で「華子」と「美紀」の人生を生き、体現してくれました。そんなお二人の在りようは、まるで劇中の彼女たちそのもので、初号試写のあと普通の女の子に戻って楽しくおしゃべりする姿に、とても幸福なキャスティングだったことを実感させられました。
普通に生きることすら困難な時代だからこそ、これまで頑張ってきた自分を肯定してあげたくなるような、誰かにとっての特別な一作になることを願っています。ぜひ、多く方に見ていただきたいです。

スポンサーリンク

映画『あのこは貴族』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
山内マリコ(「あのこは貴族」集英社文庫刊)

【監督・脚本】
岨手由貴子

【キャスト】
門脇麦、水原希子

映画『あのこは貴族』のあらすじ

都会に生まれ、箱入り娘として何不自由なく育てられ、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。

結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされてしまいました。

気が付けば20代後半、名門女子校の同級生たちの結婚、出産の話を聞くたびに焦りが増すばかり。

あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・青木幸一郎と出会います。

幸一郎との結婚が決まり、幸せが叶えられたかに思えたのですが…。

一方、東京で働く美紀は富山生まれ。

猛勉強の末に慶應大学に入学し上京し、学費のために夜の世界も経験しましたが、中退。

恋人はなく、仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいました。

同じ都会で暮らしながらも、出会うはずもなかった2人の人生が静かに交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていき…。

まとめ

参考:映画『あのこは貴族』のツイッター

今、最も旬なキャスト、監督、原作者のアンサンブルが都会で織りなすシスターフッドムービーの新境地。

門脇麦が都会に生きる箱入り娘役で主演し、自力で都会を生き抜く女性役を水原希子が演じます。

全く異なる生き方の女性たちの自立を描いた映画『あのこは貴族』は2021年公開予定です。




関連記事

新作映画ニュース

映画『ドクター・スリープ』の公開日は11月29日に決定。シャイニング続編の特報映像が解禁!

『IT/イット』スティーヴン・キング最新作。 最高傑作『シャイニング』の新たな恐怖が幕を開ける。 ホラー界の帝王スティーヴン・キングが2013年に発表した小説を基に、ユアン・マクレガーが幼い頃壮絶な過 …

新作映画ニュース

映画『素晴らしき、きのこの世界』内容/公開日/上映館。ドキュメンタリーで菌類に迫ったおすすめ作が日本上陸!

奥深く、あまりにも美しい。 怪しげな小宇宙、きのこワールドへようこそ。 ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛け、タイムラプス映像のパイオニアと言われる映像作家ル …

新作映画ニュース

シン仮面ライダー|キャストは池松壮亮と浜辺美波。サイクロン号・蜘蛛男などの“シン”の姿も発表

庵野秀明監督作『シン・仮面ライダー』 メインキャストと新プロモーション映像がついに解禁! 『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『シン・ウルトラマン』に続く新たな“シン”映画として2023年 …

新作映画ニュース

奥山大史監督『僕はイエス様が嫌い』チャド・マレーン&佐伯日菜子が登壇!特別試写会レポート

映画『僕はイエス様が嫌い』は 2019年5月31日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国順次ロードショー! スペイン・サンセバスチャン国際映画祭にて、最優秀新人監督賞を史上最年少となる22歳で受賞し …

新作映画ニュース

映画『ザ・レセプショニスト』あらすじとキャスト。女性監督がアジア移民の現実を提示する

台湾出身の女性監督が描く衝撃作『ザ・レセプショニスト』。 10月全国劇場公開へ。 迫りくる現実、移民の闇とそこにある痛み、移民大国日本への警鐘…。 2018年の第1回熱海国際映画祭でインターナショナル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学