Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/01
Update

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』あらすじ/劇場公開日/上映館。カルト的ブームのB級トンデモ作品がスクリーンにやってくる!

  • Writer :
  • 石井夏子

悪を砕く拳はガーナからやって来る。
前代未聞のポリティカル・カンフー・アクション!

ネットを中心にカルト的ブームを巻き起こしていた映画『アフリカン・カンフー・ナチス』

課金制で限定配信されたAmazonでは高得点と高評価を叩き出しました。

(C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

日増しに強まるファンからのリクエストにこたえ、ついに2021年6月12日(土)より、シアター・イメージフォーラム他にて劇場公開することが決定しました。

また、ポスタービジュアルと場面写真も解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』について

(C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

第二次大戦後、実は生き延びていたヒトラーと東條英機が、連合軍の手をかいくぐり逃げ延びた先のガーナで現地の人々を制圧、世界征服のための最強武闘会を開催する。この突拍子もないストーリーの本作が生み出されたのは、二年前のことでした。

日本在住のドイツ人監督セバスチャン・スタインは、溢れる情熱と発想だけを手にアフリカへ乗り込み、ガーナのジョージ・ルーカスとして知られる伝説的監督「ニンジャマン」とタッグを組んで、まさかの映画化を実現させてしまいます。

そして日本で行われたプレミア上映会は超満員の大盛況!

課金制で限定配信されたAmazonでは、5点満点のユーザーレビューで4.3という驚異的な高評価を叩き出し、「大爆笑!」「歴史に残るB級」「やりたいことを全力でやった映画」「こういう映画を観たかった」と大絶賛コメントが乱舞。

残虐非道なヒトラーを演じるのは、監督であるセバスチャン・スタイン本人。

監督の友人であり、普段は相模原で便利屋を営む一般人、秋元義人も「なんでもやる便利屋だから」とガーナまで渡ってカラテの達人=東條英機を熱演

そして、主人公アデーを演じるクワク・アドゥやサミュエル・アサンテら、ガーナ人の卓越した身体能力が生み出すド迫力のカンフーアクションは超本格的で、カンフー映画ファンならずとも魅了されてしまうはずです。

さらに、日本語字幕が「関西弁」仕様になっているなど、随所に遊び心も満載されています。

(C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

本作は、世界征服を目論むヒトラーと東條英機が、アフリカの人々を新たな人種「ガーナ・アーリア人」として洗脳し、それに対し地元のカンフー道場に通うぐうたらな青年が一念発起して立ち向かうという、「一見完璧なB級映画」。

悪しき植民地主義者を叩きのめすブルース・リー主演の『ドラゴン怒りの鉄拳』を思わせ、さらにジャッキー・チェンの『酔拳』へのオマージュなど、カンフー映画スピリットを正しく継承した新たなアクションであると共に、現代に蔓延る搾取構造や力を崇める権力者達の姿を滑稽に描き出しており、言いたいことも言えないこんな世の中をぶっ飛ばす、気分爽快な快作でもあるんです。

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』ポスター・ヴィジュアル

(C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

今回お披露目となったのは、メインキャラクターと「燃えよ、アフリカン拳(ルビ:カンフー)」というパワーワードが配置された劇画タッチの迫力溢れる新ポスター・ヴィジュアル。

また主人公アデーをはじめ、ヒトラー、東條、ゲーリングなどの主要キャラクターや、アフリカ大陸最強を決める熱い武道会の様子が分かる場面写真も解禁されました。

スポンサーリンク

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』の作品情報

(C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2021年(ガーナ・ドイツ・日本合作映画)

【原題】
African Kung-Fu Nazis

【監督】
セバスチャン・スタイン、ニンジャマン

【キャスト】
エリーシャ・オキエレ、マルスエル・ホッペ、秋元義人、ンケチ・チネドゥ、セバスチャン・スタイン

【日本語字幕】
Kurofin Blackchang

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』のあらすじ

(C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

第二次大戦後、ヒトラーと東條英機はまだ生きていました。

彼らは逃げ延びた先のガーナを制圧すると、空手と魔術的パワーを持つ日独同盟旗「血塗れの党旗」を用いながら現地の人々を新たな人種「ガーナ・アーリア人」として洗脳し、世界を侵略するための拠点を築いていきます。

圧政の中、心優しき地元の青年アデーは、ヒトラー達に地元のカンフー道場を潰され、愛する恋人を奪われてしまいました。

復讐を誓うアデーは最強のカンフーを習得するため、過酷な修行に身を投じていきますが……。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

ヒトラーと東條英機がアフリカで世界征服のための武闘会を開催!?

一度見れば、一生忘れられない作品になることは間違いなしの本作を、ぜひ劇場で味わいに来てください。

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』は、2021年は6月12日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『この世の果て、数多の終焉』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話を基にインドシナ戦争と日本人の歴史を暴く

第二次世界大戦末期、フランス領インドシナ。 知られざる、植民地支配の闇――。 第二次世界大戦末期、フランス領インドシナの凄惨な戦場の実態と、傷ついたひとりの兵士の魂に迫ったフランスの戦争ドラマ『LES …

新作映画ニュース

映画『オキナワ サントス』内容/公開日/上映館/予告動画。日系移民強制退去事件を松林要樹が追ったドキュメンタリー

『花と兵隊』『祭の馬』松林要樹監督最新作。 第21回東京フィルメックス・コンペティション部門正式出品。 2020年の「東京フィルメックス」コンペティション部門で上映されたドキュメンタリー映画『オキナワ …

新作映画ニュース

稲垣吾郎/二階堂ふみ/手塚眞が映画『ばるぼら』舞台挨拶に登壇!配信で全国65劇場にて生中継

映画『ばるぼら』公開記念舞台挨拶決定! 手塚治虫禁断の問題作を実写化した稲垣吾郎、二階堂ふみW主演映画『ばるぼら』。 映画『ばるぼら』は、2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、ユーロスペース …

新作映画ニュース

映画『町田くんの世界』キャストの高嶋さくら役は高畑充希。プロフィールと演技力評価

第20回手塚治虫文化賞・新生賞を受賞した安藤ゆきの同名マンガ『町田くんの世界』を実写化した青春映画が2019年6月7日に公開されます。 監督は、『舟を編む』で史上最年少の30歳で日本アカデミー賞最優秀 …

新作映画ニュース

映画祭『カリコレ2021』開催日/上映作品情報。話題の新作ホラーやロバートアルトマン代表作などラインナップ発表【カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション】

カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2021 ミニシアター“新宿シネマカリテ”が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション 2021」 (略して『カリコレ2021』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学