Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/26
Update

映画『場所はいつも旅先だった』あらすじ/公開日/上映館。松浦弥太郎の初監督ドキュメンタリー

  • Writer :
  • 大塚まき

世界5カ国・6都市でロケを敢行したエッセイ集のような作品

文筆家・書店オーナー・「暮しの手帖」元編集長など様々な肩書きを持つ松浦弥太郎が初めて監督した劇場用映画。


(c)Mercury Inspired Films LLP

映画『場所はいつも旅先だった』が、2021年10月29日(金)より渋谷ホワイトシネクイントほかにて公開することが決定しました。

併せて、松浦弥太郎監督、朗読担当の小林賢太郎、主題歌のアン・サリーから、それぞれコメントも到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『場所はいつも旅先だった』について


(c)Mercury Inspired Films LLP

本作は文筆家・書店オーナー・『暮しの手帖』元編集長など様々な肩書きを持つ松浦弥太郎が初めて監督を務めました。

松浦自身が2011年に著した旅にまつわる自伝的エッセイ集『場所はいつも旅先だった』と同名のタイトルながら、内容は映画オリジナルで、松浦が世界5カ国・6都市を自ら旅して、一本のドキュメンタリー映画としてまとめあげたものです。

ロケ地に選んだのは、サンフランシスコ(アメリカ)、シギリア(スリランカ)、マルセイユ(フランス)、メルボルン(スペイン)、台北・台南(台湾)。

いずれも「現地の人々の日常の営みを感じられる」からと、撮影は主に早朝と深夜に行い、そこで起こる出会いとかけがえのない日々を、飾らない言葉でひとつひとつ綴るエッセイ集のような映画に仕上がりました。

また、朗読で参加したのは脚本家・演出家の小林賢太郎

主題歌にはアン・サリーによる「あたらしい朝」が使用されています。

松浦弥太郎のプロフィール

松浦弥太郎の公式インスタグラム

松浦弥太郎は、クリエィティブディレクター、エッセイストとして活動。2002年セレクトブック書店の先駆けとなる『COWBOOKS』を中目黒にオープン。

2005年から15年3月までの9年間、創業者大橋鎭子のもとで『暮しの手帖』の編集長を務め、その後、ウェブメディア「くらしのきほん」を立ち上げます。

Dean & Delucaマガジン編集長。ユニクロの『LifeWear Story 100』の責任編集を手掛けます。

ベストセラーに『今日もていねいに』『しごとのきほん くらしのきほん100』他著書多数。

スポンサーリンク

監督:松浦弥太郎からのコメント

「ただいま」と言うと、
「どうだった? 旅」と聞かれる。
「うん、よかったよ」と答えるけれど、
何がよかったのかを話すのはむつかしい。
家族や友に、あの日あのときあの場所のひとときを話したいけれど、
よかったこととは、目の前で起きたことではなく、
僕の心のなかで起きた、静かな安らぎや、ほんのささやかな喜び、
やわらかくしなやかな気分とか、
そして、すべてへの感謝といういのちの灯火、
心地よい風に包まれたほんとうの自由、というような。
僕の旅は、そういうなんと言ったらよいか、
予定をつくらず、ただちがった街へゆく、
何をしにでもなく、何のためでもない、
ちがった街のちがった一日のなかにいるだけのしあわせ。
忘れていたひとりの自分に出会うために歩く、
まるで「針のない時計」のような旅だと思う。
そんな旅を伝えたくて、いつものように文章や言葉ではなく、
映画という、僕にとって新しい手段で作ってみようと思いました。
あなたと一緒に歩いているかのように。
旅の終わりの早朝、
その街のいちばん高いところへゆき、
遠くかなたにいるあなたへ大きく手を振る僕なのです。

朗読:小林賢太郎からのコメント

こんなふうに世界を旅すれば、不安や怖さを感じることもあるはず。けれどこの映画には、常に変わらない安心感がある。それはきっと、松浦監督の視点の軸が、自分じゃなくて相手にあるからだと思った。この安心感をそのまま観る人に手渡す。そんな気持ちで、声を添えさせてもらいました。

スポンサーリンク

主題歌:アン・サリーからのコメント

予定を決めず気の向くまま流れに身を任せる旅。
大人の身動き取りづらさに加え、さらにコロナの世界になったことで、自由に旅することは夢のようにさえ想える。
そんな今だから一層、かつての松浦さんの美しい旅の日々、早朝と深夜の街歩きを追体験すると、その情景と紡がれる言葉は深く胸に響いてくる。
もうコロナ以前の世界に戻ることはないのではないかと、振り返れば無邪気だった日常への胸の疼きもどこかにある。
でも映画の最後、夜明けの場面と共に「あたらしい朝」が流れたとき、信じられる気がした。
今、この瞬間にもあの旅する日々は地続きで続いているのだと。

映画『場所はいつも旅先だった』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
松浦弥太郎

【朗読】
小林賢太郎

映画『場所はいつも旅先だった』のあらすじ

松浦弥太郎が世界5カ国・6都市を自ら旅します。

巡るは、サンフランシスコ(アメリカ)、シギリア(スリランカ)、マルセイユ(フランス)、メルボルン(スペイン)、台北・台南(台湾)。

そこで起こる出会いとかけがえのない日々を、飾らない言葉でひとつひとつ綴るエッセイ集のようなドキュメンタリーです。

まとめ

参考:映画『場所はいつも旅先だった』公式インスタグラム

文筆家・松浦弥太郎の初監督ドキュメンタリー映画『場所はいつも旅先だった』。

世界5カ国6都市の早朝と深夜の人間の美しい営みを切り取った本作は、昼間はホテルにいて出歩かず早朝5時頃と深夜2時頃に街に繰り出していく一風変わった旅先でのスタイルをカメラが追います。

松浦弥太郎の「いつものように文章や言葉ではなく、映画という、僕にとって新しい手段で作ってみようと思いました。あなたと一緒に歩いているかのように。」というコメントのように、映画の中で旅をしてみたいですね。

映画『場所はいつも旅先だった』は、2021年10月29日(金)より渋谷ホワイトシネクイントほかにてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

栗原類映画『青のハスより』あらすじとキャスト。新宿K’s cinemaで10月5日より1週間限定公開!

フィクションとドキュメンタリーを行き来する新感覚。 2019年のMOOSIC LAB2018で公開された映画『青のハスより』。   主演は映画単独初主演となる栗原類、監督は本作が長編デビューとなる荻島 …

新作映画ニュース

原作者かわぐちかいじが映画『空母いぶき』にコメント。本ポスタービジュアル&新予告編解禁も

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)より全国公開 圧倒的なスケールで贈る超ド級のエンタテインメント『空母いぶき』の新たな予告編と本ポスター・ビジュアルが初解禁となりました。 ©かわぐちかいじ …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの日雇い仕事の手配師役は諏訪太朗【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

大森立嗣らが映画『MOTHER マザー』の撮影舞台裏や制作過程を語る!オンラインシンポジウムイベントレポート

「“へその緒”を切った後、つまり最小のアイデンティティである“母と子”をずっと描きたかった」 実話をベースにし、既成の価値観では測れない親子のあり方を問いかける感動の衝撃作『MOTHER マザー』が全 …

新作映画ニュース

キアヌ・リーブスがSFアクション映画でタブーを超える!『レプリカズ』予告編解禁

映画『レプリカズ』予告映像が解禁 キアヌ・リーブス主演のノンストップSFアクション映画『レプリカズ』が2019年5月17日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーされます。 突如家族を失 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学