Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/04
Update

映画『アイヌモシリ』キャスト/上映館。トライベッカ映画祭コンペ部門に選出のアイヌを描いた作品

  • Writer :
  • 石井夏子

長編日本映画史上初!
トライベッカ映画祭コンペ部門に選出決定。

2020年10月17日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開の映画『AINU MOSIR』(アイヌ・モシリ)。

(C)AINU MOSIR LLC/Booster Project

2020年4月15日(現地時間)に開幕する第19回トライベッカ映画祭の各部門ラインナップが発表され、アイヌを題材に描いた本作が、映画祭のメイン部門の一つとなるインターナショナル・ナラティブ・コンペティション部門に選出されたことがわかりました。

同映画祭のコンペティション部門への選出は、長編日本映画として本作が史上初となります。

スポンサーリンク

映画『AINU MOSIR』について

本作『AINU MOSIR』は北海道阿寒湖のアイヌコタンを舞台に、アイヌの血を引く14歳の少年の成長を描いた映画です。

キャストは主役のカント役を務めた下倉幹人はじめ、現地に住むアイヌの方々を起用

リリー・フランキーと三浦透子がゲスト出演しています。

福永壮志監督の長編劇映画二作目となる本作は、監督の出身地である北海道を舞台に、阿寒湖のアイヌの方々の協力のもと企画から約5年かけて作り上げました。

福永壮志監督はニューヨークを拠点に活動を始め、初長編映画『リベリアの白い血』(2017)が第65回ベルリン国際映画祭パノラマ部門正式出品、第21回ロサンゼルス映画祭最高賞受賞、第31回インディペンデント・スピリット賞ジョン・カサヴェテス賞ノミネートと注目を集めています。

プロデューサーは『CUT』『Ryuichi Sakamoto : CODA』のエリック・ニアリと、『あの日のオルガン』『閉鎖病棟-それぞれの朝-』の三宅はるえ。

撮影監督は『神様なんかくそくらえ』『グッド・タイム』のショーン・プライス・ウィリアムズ、音楽を、ヨハン・ヨハンソンやマックス・リヒターと共作してきたクラリス・ジェンセンと、アイヌの音楽家でトンコリ奏者のOKIが務め、国際色豊かなチームにて制作されました。

福永壮志監督のプロフィール

参考動画:『リベリアの白い血』予告編


本作で脚本・監督を務める福永壮志(ふくながたけし)は、北海道出身の映画監督

16年間のアメリカ生活の後、2019年に東京に拠点を移します。

初長編映画『Out of My Hand』は、2015年にベルリン国際映画祭のパノラマ部門に正式出品され、ロサンゼルス映画祭で最高賞にあたるU.S. Best Fiction賞を受賞、サンディエゴ・アジアン・アメリカン映画祭で新人監督賞を受賞。

その後同作は、映画監督のエヴァ・デュヴァーネイによる配給会社ARRAYからアメリカで劇場公開され、2016年に米インディペンデント映画界最高峰のアワードショー、インディペンデント・スピリットアワードにおいてジョン・カサヴェテス賞にノミネート。

同作は日本では、『リベリアの白い血』という邦題で2017年に劇場公開されました。

長編映画二作目の本作『Ainu Mosir』は、カンヌ国際映画祭によるシネフォンダシオン・レジデンシー、NHKサンダンス脚本ワークショップ、イスラエルのサム・スピーゲル国際フィルムラボに選出された後、日米中の国際共同制作として完成しました。

スポンサーリンク

トライベッカ映画祭とは?

参考:トライベッカ映画祭のTwitter

トライベッカ国際映画祭は2001年、同時多発テロからの復興を願いロバート・デ・ニーロらによって設立された映画祭であり、サンダンス映画祭、SXSWと並ぶ北米を代表するインディペンデント映画祭です。

同映画祭の過去の受賞作には『ぼくのエリ 200歳の少女』(2010)『チョコレートドーナツ』(1014)など良質なインディペンデント作品が選ばれました。

第19回トライベッカ映画祭は、ニューヨーク現地時間4月15日から4月26日に開催されます。

映画『AINU MOSIR』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
福永壮志

【プロデューサー】
エリック・ニアリ、三宅はるえ

【撮影】
ショーン・プライス・ウィリアムズ

【音楽】
クラリス・ジェンセン, OKI

【キャスト】
下倉幹人、秋辺デボ、下倉絵美/三浦透子、リリー・フランキー

スポンサーリンク

まとめ

第19回トライベッカ映画祭の各部門ラインナップが発表され、アイヌを題材に描いた映画『AINU MOSIR』(アイヌ・モシリ)が、インターナショナル・ナラティブ・コンペティション部門に選出されました。

同映画祭のコンペ部門への選出は、長編日本映画として本作が史上初の快挙となります。

14歳のアイヌの少年が、亡くなった父親の死や、自分のルーツと向き合いながら成長していく物語『AINU MOSIR』は2020年10月17日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開予定です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』の監督は木村ひさし【作品評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

林海象新作映画『BOLT』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。永瀬正敏が原発事故の作業員を演じる人間ドラマ!

林海象監督7年ぶりの新作、ついに劇場公開。 第22回上海国際映画祭パノラマ部門正式招待、京都国際映画祭2019に特別招待され、劇場公開が待ち望まれていた林海象監督7年ぶりの新作映画『BOLT』。 本作 …

新作映画ニュース

大泉洋映画『騙し絵の牙』あらすじ/キャスト。新公開日は3月26日で特別動画も発表!

主演・大泉洋×監督・吉田大八のタッグ再始動。 新たな決意を込めたスペシャル映像解禁。 作家・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきし、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説『騙し絵の牙 …

新作映画ニュース

映画『マイ・ブックショップ』あらすじと感想レビュー。イザベル・コイシェ監督の最新作の見どころ

本を通して得られるものは、知識だけではないのです。 (C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films S …

新作映画ニュース

カン・ドンウォンがゾンビパンデミックの感染者と戦う!映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』予告動画紹介

『新感染 ファイナル・エクスプレス』から、4年後の世界。 全世界の映画祭で大絶賛を浴び、韓国、日本をはじめ世界中で歴史的大ヒットを記録した『新感染 ファイナル・エクスプレス』 の4年後の世界を描く『新 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学