Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/08
Update

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月24日と決定したミステリー

  • Writer :
  • 大塚まき

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ出版秘話に基づく本格ミステリーが誕生

大ベストセラーの原稿をめぐり、機密に集められた各国の翻訳家たち。思いもよらない展開にハラハラすること間違いなしのミステリー映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』が2020年1月24日(金)よりヒューマンラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、新宿ピカデリーにて全国順次公開が決定いたしました。

スポンサーリンク

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』について


© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS

トム・ハンクス主演で映画化もされ、「ダ・ヴィンチ・コード」などが一大現象を巻き起こした人気小説「ロバート・ラングドン」シリーズ。

その4作目「インフェルノ」出版時驚くべきミッションが遂行されました。それは海賊行為と違法流出を恐れた出版元が、著者ダン・ブラウンの同意のもと、各国の翻訳家たちを秘密の地下室に隔離して翻訳を行ったと言います。

イギリスでもっとも歴史あるタブロイド誌デイリーメールによって報じられることとなった、この前代未聞のエピソードを元に、デジタル時代ならではの仕掛けをちりばめた本格ミステリー映画が誕生しました。

本作は、日本でもスマッシュヒットを記録した『タイピスト!』(2012)で長編映画監督としてデビューし、セザール賞新人監督賞にもノミネートされた、レジス・ロワンサルが監督・脚本を務めています。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のキャスト紹介

参考:オルガ・キュリレンコのインスタグラム

富と名声にとりつかれた出版社社長役を演じたのは、『神々と男たち』(2010)や「マトリックス」シリーズで知られるランベール・ウィルソン

さらに、『007/慰めの報酬』(2008)『スターリンの葬送狂騒曲』(2017)のオルガ・キュリレンコ、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2015)『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』(2018)のアレックス・ロウザーらが、一癖も二癖もあるキャラの立った翻訳家を演じて物語をかく乱します。

スポンサーリンク

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』の作品情報


© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS

【日本公開】
2020年(フランス・ベルギー合作映画)

【原題】
Les traducteurs

【脚本・監督】
レジス・ロワンサル

【キャスト】
ランベール・ウィルソン、オルガ・キュリレンコ、アレックス・ロウザー、

【作品概要】
脚本・監督は、『タイピスト!』(2012)で長編映画監督としてデビューし、セザール賞新人監督賞にもノミネートされた、レジス・ロワンサルが手がけました。

キャストには「マトリックス」シリーズで知られるランベール・ウィルソン、『007/慰めの報酬』(2008)のオルガ・キュリレンコ、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2015)のアレックス・ロウザーらが共演しています。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のあらすじ


© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS

物語の舞台はフランスの人里離れた村にある洋館。

全世界待望のミステリー小説「デダリュス」完結編の世界同時出版のため、その洋館の地下に隠された要塞のごとき密室に、9カ国の翻訳家が集められました。

彼らは、外出はおろかSNSや電話などの通信も禁止され、毎日20ページずつだけ渡される原稿を翻訳していきます。

ところがある夜、出版社社長の元に「冒頭10ページをネットに公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ、次の100ページも公開する。要求を拒めば、全ページを流出させる」という脅迫メールが届くことに…。

スポンサーリンク

まとめ


© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS

完全隔離された洋館の密室、盗まれた大ベストセラーの原稿、容疑者は9人の翻訳家、タイムリミットまで刻々と過ぎていく時間、予測不能な展開の連続とといった展開がパズルのピースのように散りばめられ、そのピースがすべて揃ったとき、思いもよらないラストに驚愕することでしょう。

その謎の結末をぜひスクリーンで見届けてくだい。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』が2020年1月24日(金)よりヒューマンラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、新宿ピカデリーにて全国順次ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『ミセス・ノイズィ』あらすじとキャスト。12月劇場公開のサスぺンスが東京国際映画祭スプラッシュ部門に選出!

その熾烈な戦いは、1枚の布団から始まった―― 『フィガロの告白』(2012)の天野千尋監督の最新サスペンス映画『ミセス・ノイズィ』が、第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に選出、および202 …

新作映画ニュース

映画『もち』あらすじ/キャスト/公開日。岩手の祭畤⼤橋から着想を得た日本の伝統と“今”を生きる少女の葛藤

フィクションなのかノンフィクションなのか… 実在する⼈々が演じ、彼らの追体験がドラマになった奇跡の⼀作 岩⼿県⼀関市⾻寺村を舞台に、そこに⽣きる⼀⼈の少⼥を主⼈公に⼟地の伝統の⾷⽂化【もち】にまつわる …

新作映画ニュース

映画『息子のままで、女子になる』キャスト/公開日/上映館/内容解説。トランスジェンダーアイコンのサリー楓をドキュメンタリーで映し出す

新しい世代を代表するトランスジェンダーアイコン “サリー楓”が誕生する瞬間を捉えた現在進行形のドキュメンタリー 新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓が、“女性”として踏み出した …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの朝子役は根岸季衣【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

ベトナム映画最新の2作品で現在と歴史を知る!『漂うがごとく』『ベトナムを懐(おも)う』が3月公開へ

日越国交樹立45周年記念のイベント「ベトナム映画祭2018」で上映された『漂うがごとく』と『ベトナムを懐(おも)う』が、3月23日(土)より新宿K’s Cinema にて公開することが決定しました! …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学