Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/08
Update

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月24日と決定したミステリー

  • Writer :
  • 大塚まき

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ出版秘話に基づく本格ミステリーが誕生

大ベストセラーの原稿をめぐり、機密に集められた各国の翻訳家たち。思いもよらない展開にハラハラすること間違いなしのミステリー映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』が2020年1月24日(金)よりヒューマンラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、新宿ピカデリーにて全国順次公開が決定いたしました。

スポンサーリンク

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』について


© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS

トム・ハンクス主演で映画化もされ、「ダ・ヴィンチ・コード」などが一大現象を巻き起こした人気小説「ロバート・ラングドン」シリーズ。

その4作目「インフェルノ」出版時驚くべきミッションが遂行されました。それは海賊行為と違法流出を恐れた出版元が、著者ダン・ブラウンの同意のもと、各国の翻訳家たちを秘密の地下室に隔離して翻訳を行ったと言います。

イギリスでもっとも歴史あるタブロイド誌デイリーメールによって報じられることとなった、この前代未聞のエピソードを元に、デジタル時代ならではの仕掛けをちりばめた本格ミステリー映画が誕生しました。

本作は、日本でもスマッシュヒットを記録した『タイピスト!』(2012)で長編映画監督としてデビューし、セザール賞新人監督賞にもノミネートされた、レジス・ロワンサルが監督・脚本を務めています。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のキャスト紹介

参考:オルガ・キュリレンコのインスタグラム

富と名声にとりつかれた出版社社長役を演じたのは、『神々と男たち』(2010)や「マトリックス」シリーズで知られるランベール・ウィルソン

さらに、『007/慰めの報酬』(2008)『スターリンの葬送狂騒曲』(2017)のオルガ・キュリレンコ、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2015)『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』(2018)のアレックス・ロウザーらが、一癖も二癖もあるキャラの立った翻訳家を演じて物語をかく乱します。

スポンサーリンク

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』の作品情報


© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS

【日本公開】
2020年(フランス・ベルギー合作映画)

【原題】
Les traducteurs

【脚本・監督】
レジス・ロワンサル

【キャスト】
ランベール・ウィルソン、オルガ・キュリレンコ、アレックス・ロウザー、

【作品概要】
脚本・監督は、『タイピスト!』(2012)で長編映画監督としてデビューし、セザール賞新人監督賞にもノミネートされた、レジス・ロワンサルが手がけました。

キャストには「マトリックス」シリーズで知られるランベール・ウィルソン、『007/慰めの報酬』(2008)のオルガ・キュリレンコ、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2015)のアレックス・ロウザーらが共演しています。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のあらすじ


© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS

物語の舞台はフランスの人里離れた村にある洋館。

全世界待望のミステリー小説「デダリュス」完結編の世界同時出版のため、その洋館の地下に隠された要塞のごとき密室に、9カ国の翻訳家が集められました。

彼らは、外出はおろかSNSや電話などの通信も禁止され、毎日20ページずつだけ渡される原稿を翻訳していきます。

ところがある夜、出版社社長の元に「冒頭10ページをネットに公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ、次の100ページも公開する。要求を拒めば、全ページを流出させる」という脅迫メールが届くことに…。

スポンサーリンク

まとめ


© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS

完全隔離された洋館の密室、盗まれた大ベストセラーの原稿、容疑者は9人の翻訳家、タイムリミットまで刻々と過ぎていく時間、予測不能な展開の連続とといった展開がパズルのピースのように散りばめられ、そのピースがすべて揃ったとき、思いもよらないラストに驚愕することでしょう。

その謎の結末をぜひスクリーンで見届けてくだい。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』が2020年1月24日(金)よりヒューマンラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、新宿ピカデリーにて全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『暗数殺人』『未成年』あらすじ。キャストと監督をキム・ユンソクが務めた2作品の公開情報!

『チェイサー』『1987、ある闘いの真実』の名優 キム・ユンソク。 主演作品&監督作品が2ヶ月連続公開。 この度、名優キム・ユンソク主演で贈る英題『Dark Figure of Crime』が邦題『暗 …

新作映画ニュース

ヴィクトリア女王 最期の秘密|あらすじとキャスト。ジュディ・デンチ主演最新作とは

©2017 FOCUS FEATURES LLC. 主演:ジュディ・デンチ×スティーヴン・フリアーズ監督で贈る、人生の愛おしさが詰まった真実の物語。 映画『Victoria&Abdul』の邦題が『ヴィ …

新作映画ニュース

『ある少年の告白』あらすじとキャスト。実話映画化の“同性愛治療”という問題作に演技派俳優ルーカス・ヘッジズが挑む

ジョエル・エドガートン監督による、ルーカス・ヘッジズ主演作『BOY ERASED (原題)』の日本公開タイトルが『ある少年の告白』に決まり、2019年4月より、TOHOシネマズシャンテほか全国公開する …

新作映画ニュース

『泣くな赤鬼』小説ネタバレあらすじ。映画化された重松清の原作とキャストはマッチングしているか?

映画『泣くな赤鬼』は2019年6月14日(金)全国ロードショー ベストセラー作家・重松清の短編小説が待望の映画化。 “赤鬼”と呼ばれた教師と、余命半年の元生徒の交流を描きます。 映画公開に先立ち、原作 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストのホームレスのいちさん役は平田満【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP