Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2019/12/31
Update

【2019年映画ランキング洋画邦画ベスト10】おすすめ監督や俳優もシネマダイバーが選んだ結果発表!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

Cinemarcheが選ぶ、2019年映画ランキングベスト1は?

2019年も多くの映画が全国で公開されました。

その締めくくりとして、Cinemarcheのシネマダイバー(映画ライター)が、2019年に観た【オススメ映画ベスト10】をご紹介します!

投票の対象作品は、「2019年内に映画館で上映された/ネット配信された映画作品」です。

スポンサーリンク

2019年のおすすめランキングは?

はじめにお届けするのは、映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」で、映画解説・考察記事を日々執筆している、シネマダイバー各位が選出した【2019年映画ランキング・ベスト10】です。

シネマダイバーが選ぶ2019年映画ランキング

シネマダイバー:黒井猫

マーティン・スコセッシ監督の
『アイリッシュマン』(Netflix配信)

【個人ランキング】

1『アイリッシュマン』

2『バジュランギおじさんと、小さな迷子』
3『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
4『存在のない子供たち』
5『ゴールデン・リバー』
6『COLD WAR あの歌、2つの心』
7『ブラック・クランズマン』
8『ジョーカー』
9『国家が破産する日』
10『マリッジ・ストーリー』

【三賞】
監督賞:マーティン・スコセッシ
女優賞:ナヘマ・リッチ
男優賞:ホアキン・フェニックス

【寸評】
2019年は昨年に比べ、落ち着いていた印象を受けます。その中でもとても面白い作品はいくつかありました。スコセッシ新作『アイリッシュマン』や、エディ・マーフィ新作『ルディ・レイ・ムーア』のようなNetflixが製作する作品が年々大規模かつ良質になっています。しかし、それらの作品が画面共有のない小さな箱でしか鑑賞できないことに寂寥感を抱くこの頃です。特に2019年公開作品の中でも『バジュランギおじさんと、小さな迷子』、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、『存在のない子供たち』をオススメします。

シネマダイバー:森田悠介

荒井晴彦監督の
『火口のふたり』(ファントム・フィルム)

【個人ランキング】

1『火口のふたり』

2『天気の子』
3『空の青さを知る人よ』
4『叫び声』
5『ジョーカー』
6『アストラル・アブノーマル鈴木さん』
7『マチネの終わりに』
8『バーニング 劇場版』
9『幸福路のチー』
10『芳華 Youth』

【三賞】
監督賞:渡辺紘文
女優賞:瀧内公美
男優賞:柄本佑

【寸評】
独シンクタンクが12月に公表した「気象災害の影響が大きかった国のランキング」では日本がワーストに。崩壊する世界のなかで他者との結びつきを問うアクチュアリティの観点からまず1位・2位を選出。他者さえ見いだせないのが実情だとすれば、繰り返しの日常を生きる人間の「非物語」を観察する4位・6位、それが転じ社会への「反物語」を突きつける5位・8位が、現代を巧みに描写。一方で、青春後の大人を主人公に据え「物語はやり直せる」とする3位・7位や、歴史の流れから「人生の物語」を照射する9位・10位など、幸福をあきらめない姿勢もいま強く求められています。

シネマダイバー:村松健太郎

トッド・フィリップス監督の
『ジョーカー』(ワーナー・ブラザース映画)

【個人ランキング】

1『ジョーカー』

2『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
3『蜜蜂と遠雷』
4『アベンジャーズ/エンドゲーム』
5『運び屋』
6『七つの会議』
7『町田くんの世界』
8『ブラック・クランズマン』 
9『天気の子』
10『NO SMOKING』

【三賞】
監督賞:アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟
女優賞:二階堂ふみ
男優賞:GACKT

【寸評】
あくまで2019年に公開される作品だけで、アメコミの枠を越えた1位『ジョーカー』、タランティーノの最高傑作にして夢を込めた2位『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、恐ろしいほどの緊張感の3位『蜜蜂と遠雷』、見事に大河ドラマを終わらせた4位『アベンジャーズ/エンドゲーム』、匠の軽やかさを感じた5位『運び屋』、大手が時間と手間をしっかりかけた6位『七つの会議』、2019年最も過小評価された7位『町田くんの世界』、アメリカの今を映した8位『ブラック・クランズマン』、原点回帰をしてファンを納得させた9位『天気の子』、意図的に10位にドキュメンタリー『NO SMOKING』を1本入れました。ヒットするだろうと思われた作品が本当に大ヒットして、盛り上がりを見せてくれた1年間でした。

シネマダイバー:糸魚川悟

アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟の
『アベンジャーズ/エンドゲーム』(ディズニー)

【個人ランキング】

1『アベンジャーズ/エンドゲーム』

2『スパイダーマン:スパイダーバース』
3『HiGH&LOW THE WORST』
4『プロメア』
5『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
6『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
7『グリーンブック』
8『マローボーン家の掟』
9『アクアマン』
10『ジョーカー』

【三賞】
監督賞:ジェームズ・ワン
女優賞:ジェイミー・リー・カーティス
男優賞:アダム・ドライバー

【寸評】
ここ数年と同じくアメコミ映画が圧倒的な勢いを見せた2019年。『アベンジャーズ/エンドゲーム』はシリーズの総決算としてファンの期待を裏切らない展開を見せつけてくれましたが、悪役をメインにした重く苦しい『ジョーカー』やアニメの飛躍を見せた『スパイダーマン:スパイダーバース』のようにアメコミ映画の方向性にも多様性が見えてきた1年でもありました。他にも、『HiGH&LOW THE WORST』や『プロメア』などのように映画に求める「熱さ」を邦画からも感じることの出来た最高の映画の年でした。

シネマダイバー:野洲川亮

パスカル・ロジェ監督の
『ゴーストランドの惨劇』(アルバトロス・フィルム)

【個人ランキング】

1『ゴーストランドの惨劇』

2『ブラック・クランズマン』
3『サマー・オブ・84』
4『ブライトバーン 恐怖の拡散者』
5『アメリカン・アニマルズ』
6『蜘蛛の巣を払う女』
7『X-MEN:ダーク・フェニックス』
8『アベンジャーズ/エンドゲーム』
9『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』
10『THE GUILTY ギルティ』

【三賞】
監督賞:パスカル・ロジェ
女優賞:デイジー・リドリー
男優賞:アダム・ドライバー

【寸評】
MCU、X-MENとアメコミ映画も一時代が終り、今後も新たなムーブメントが起こせるのか?Disney+の作品群次第になりそうです。個人的にはホラー映画で当たりが多く、1位・3位・4位の容赦ないシビアさとグロさこそ、映画に求めるものでした。

シネマダイバー:さくらきょうこ

石川慶監督の
『蜜蜂と遠雷』(東宝)

【個人ランキング】

1『蜜蜂と遠雷』

2『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
3『天気の子』
4『バースデー・ワンダーランド』
5『きみと、波にのれたら』
6『僕はイエス様が嫌い』
7『新聞記者』
8『影踏み』
9『HUMAN LOST 人間失格』
10『HELLO WORLD』

【三賞】
監督賞:片渕須直

女優賞:松岡茉優

男優賞:北村匠海


【寸評】

『天気の子』が話題を独占した感のある2019年。日本のアニメ映画界では奇しくも同じようなテーマ(ヒロインの犠牲を阻止する物語や並行世界)が多く見られた。上位のアニメ映画はそれぞれに美しい色彩や精密な作画、そして優れた構成力で選んだが、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は前作に新規の部分を追加するという難しい作業を見事に成功させ、より理解しやすく瑞々しい一本となった。『蜜蜂と遠雷』はヨーロッパの映画のような雰囲気を纏った撮影が素晴らしく、ストーリーそのままに役者たちの演技の競演もスリリングだった。

シネマダイバー:伊藤博章

クエンティン・タランティーノ監督の
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
(ソニー・ピクチャーズエンタテイメント)

【個人ランキング】

1『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

2『象は静かに座っている』
3『バーニング 劇場版』
4『アス』
5『スパイダーマン:スパイダーバース』
6『さらば愛しきアウトロー』
7『マリッジ・ストーリー』
8『アイリッシュマン』
9『サスペリア』
10『ビール・ストリートの恋人たち』

【三賞】
監督賞:クエンティン・タランティーノ
女優賞:スカーレット・ヨハンソン
男優賞:ホアキン・フェニックス

【寸評】
『マインドハンター』のような優れたドラマシリーズが増加していく中で、映画ならではの良さとはなにかを強く感じる一年でした。Netflix映画などの既存の制約から自由になろうとする映画の増加も背景の一つでしょう。そのような、映画ならではの良さを強く感じた作品及び、「格差問題」などの時代性を感じるものを中心にランキングに選定しました。時代性という観点では、特に同じアジアを描いた『象は静かに座っている』『バーニング 劇場版』、示唆するテーマを「人種差別問題」から「格差問題」へとスライドさせた『アス』が印象的です。

シネマダイバー:奈香じゅん

マーティン・スコセッシ監督の
『アイリッシュマン』(Netflix配信)

【個人ランキング】

1『アイリッシュマン』

2『フェアウェル (原題:The Farewell)』
3『マリッジ・ストーリー』
4『パラサイト』
5『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
6『ビッグ・リトル・ファーム (原題:The Biggest Little Farm)』
7『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters)』
8『ロケットマン』
9『ボーダー 二つの世界』
10『ペイン・アンド・グローリー (原題:Dolor y gloria)』

【三賞】
監督賞:マーティン・スコセッシ
女優賞:エヴァ・メランデル
男優賞:アントニオ・バンデラス

【寸評】
『アイリッシュマン』は、ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシ、アル・パチーノという名優達が出演しているだけではなく、マーティン・スコセッシの巨匠たる所以を証明する大作。男優の活躍が際立ち、特にアダム・ドライバーとアントニオ・バンデラスは勢力伯仲。一方、『ボーダー 二つの世界』のエヴァ・メランデルは他の追随を許さない演技力を披露。ホラーとSFが弱かった1年で来年に期待。コメディはジャンルをまたいだ要素として定着し、インディペンデント映画も含め今年は全体的にエンターテイメント性の高い作品が多かった印象。

シネマダイバー:金田まこちゃ

ジル・ルルーシュ監督の
『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(キノフィルムズ)

【個人ランキング】

1『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

2『ジョーカー』
3『見えない目撃者』
4『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
5『赤い雪 Red Snow』
6『ミスター・ガラス』
7『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
8『ゾンビランド ダブルタップ』
9『ブライトバーン/恐怖の拡散者』
10『スパイダーマン:スパイダーバース』

【三賞】
監督賞:J・J・エイブラムス
女優賞:エマ・ストーン
男優賞:レオナルド・ディカプリオ

【寸評】
1位はダメ人間の復活劇という、ありがちな展開を、綺麗な3幕構成で描いた完成度の高い作品です。2019年はアメコミ映画を別の解釈で描いた作品も多く、2位の『ジョーカー』を始め、6位、9位、10位と良作も多かったですね。邦画では、3位と5位の完成度が高く、新たな才能に驚かされました。7位は、シリーズをまとめ上げた監督の手腕の鮮やかさ、8位は、アカデミー賞の常連になりながらも、ノリノリで出演した、エマ・ストーンの魅力が光った作品。4位でディカプリオが見せる「泣き」の演技は、過去最高の素晴らしさでした。

シネマダイバー:もりのちこ

三谷幸喜監督の
『記憶にございません!』(東宝)

【個人ランキング】

1『記憶にございません!』

2『男はつらいよ お帰り 寅さん』
3『おいしい家族』
4『カツベン!』
5『凪待ち』
6『十二人の死にたい子どもたち』
7『見えない目撃者』
8『長いお別れ』
9『マスカレード・ホテル』
10『映画 刀剣乱舞』

【三賞】
監督賞:ふくだももこ
女優賞:成田凌
男優賞:吉岡里帆

【寸評】
2019年は邦画を多く鑑賞した年になりました。そこで、マイ・ベスト10も邦画でまとめてみました。傾向としては、笑いあり涙ありの人情喜劇が上位を占め、生と死をテーマにした人間ドラマも何作か選出しています。1位の『記憶にございません!』は、史上最悪のダメ総理に爆笑しながらも、令和となった日本の政治を、改めて考えるきっかけとなりました。また2019年は、LGBTQを描いた素敵な作品が数多く生み出された年でもあります。『おいしい家族』のように、性別も人種も超えて相手を理解する心、多様な愛を描いた映画が印象に残りました。

シネマダイバー:西川ちょり

アルフォンソ・キュアロン監督の
『ROMA/ローマ』(Netflix配信)

【個人ランキング】

1『ROMA/ローマ』

2『アマンダと僕』
3『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
4『それだけが、僕の世界』
5『象は静かに座っている』
6『金子文子と朴烈』
7『僕たちは希望という名の列車に乗った』
8『ジョーカー』
9『アベンジャーズ/エンドゲーム』
10『未成年』

【三賞】
監督賞:アルフォンソ・キュアロン
女優賞:チェ・ヒソ
男優賞:イ・ビョンホン

【寸評】
Netflixオリジナル作品で劇場公開もされた『ROMA/ローマ』がダントツの1位。極めてパーソナルな主題でありながらスペクタクルな映像でその時代と人々の運命を描いておりすっかり魅了されてしまいました。Netflixといえば、『アイリッシュマン』や『マリッジ・ストーリー』などが劇場公開され、配信と映画館を好みによって選べることのメリットを感じました。今後もこの傾向は続くのでしょうか!?韓国映画は2019年も秀作揃いで3本がベスト10入り。韓国映画だけでベスト10を選びたくなるほどの充実ぶりでした。

シネマダイバー:松平光冬

ベン・スティラー監督の
『LIFE!/ライフ[ザ・シネマ新録版]』(20世紀フォックス映画)

【個人ランキング】

1『LIFE!/ライフ[ザ・シネマ新録版]』

2『記者たち 衝撃と畏怖の真実』
3『ジョーカー』
4『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』
5『存在のない子供たち』
6『荒野の誓い』
7『ロケットマン』
8『シャザム!』
9『私のちいさなお葬式』
10『彼らは生きていた』

【三賞】
監督賞:クリント・イーストウッド
女優賞:クリスタ・テレ
男優賞:ゼイン・アル・ラフィーア

【寸評】
ずっと待ち望んでいた、堀内賢雄がベン・スティラーを吹き替えた新録版が1位。とにかく制作スタッフに多謝。2位は真実を追う記者達の執念に拍手。3位はもはや説明不要。4位はシンプルな画作りにして力強い冒険アニメ。主役を演じた本物の難民ゼイン君の存在感が圧倒的な5位。6位は激シブ西部劇の新たな傑作。エルトン・ジョンが憑依したタロン・エガートンに脱帽の7位。誰もがヒーローになれる事を明瞭に表したラストに唸った8位。歳を重ねると9位のような映画は身につまされる。そして10位は戦争ドラマ映画が薄っぺらく感じるほどの衝撃を受けた。

シネマダイバー:増田健

ヤングポール監督の
『ゴーストマスター』(S・D・P)

【個人ランキング】

1『ゴーストマスター』

2『シオリノインム』
3『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』
4『恐怖人形』
5『Z Bull ゼット・ブル』
6『BUYBUST バイバスト』
7『ザ・マミー』
8『列車旅行のすすめ』
9『スパイダーマン:スパイダーバース』
10『キューブリックに魅せられた男』

【三賞】
監督賞:ヤングポール
女優賞:アン・カーティス
男優賞:レオン・ビターリ

【寸評】
1位はともかく映画愛と、邦画製作の現状に胸を打たれました!…単純に自分が『スペースバンパイア』直撃世代なだけかも(笑)。
エロに徹して逃げなかった2位、バットテイストな悪乗り徹した3位、真剣な恐怖に徹した(でもギャグです…)4位と、ブレずに突っ走ったインディーズホラー邦画が大当たりの1年でした。ブラックコメディ好きなら大ウケの5位、アクション映画好きは唸る事間違い無しの6位、泣けるホラーファンタジー好き必見の7位は「未体験ゾーンの映画たち2019」からの収穫です。ぶっ飛んだ(監督談)映画愛好家に推す8位は、東京国際映画祭2019のマイベスト。メジャーな作品から1本と考えたら、発想と表現力の勝利の9位が残りました。10位は働き方改革の時代に逆行した内容ですが(笑)、キューブリック好きには必見のドキュメンタリー映画です。2020年もインディーズなホラー・エンタメ映画に、今までにない形でもイイから様々な実りがありますように…。

シネマダイバー:河合のび(副編集長)

中川龍太郎監督の
『わたしは光をにぎっている』(ファントム・フィルム)

【個人ランキング】

1『わたしは光をにぎっている』

2『希望の灯り』
3『おろかもの』
4『夕陽のあと』
5『孤独なふりした世界で』
6『サクリファイス』
7『湖上のリンゴ』
8『アマンダと僕』
9『凪待ち』
10『遠い光』

【三賞】
監督賞:中川龍太郎
女優賞:樫山文枝
男優賞:ペーター・クルト

【寸評】
「無常を“無常”と呼ぶ慣習すら失われてゆく様を見たくないから、瞼を閉じて眠りたい」「けど、瞼を閉じている間にあまりにも無数の時間が過ぎてしまうから、眠りたくない、眠るのが怖い」…そういった間の抜けた矛盾に苛まれ続けているのは、ある種の職業病なのかもしれない。一方で、“病”と称している通り、それが多数に共感され得る“危機”ではないことは、現在のひしゃげぶりが証明している。今回並べた作品は、その病を少なくとも危機として認識し、そのような状況だからこそ“ほんとう”を見出そうと試みている。その感触を、差こそあれど、確かに感じられたのだ。また1位と2位は、あらゆる違いはあれど、兄妹/姉弟のような作品だと勝手ながらも確信している。

シネマダイバー:出町光識(編集長)

ヤングポール監督の
『ゴーストマスター』(S・D・P)

【個人ランキング】

1『ゴーストマスター』

2『五億円のじんせい』
3『おろかもの』
4『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』
5『無明長夜の首無しの怪獣』
6『眠る虫』
7『暁闇』
8『オーファンズ・ブルース』
9『バイオレンス・ボイジャー』
10『フェイクプラスティックプラネット』

【三賞】
監督賞:オリヴィエ・アサイヤス
女優賞:チャオ・タオ
男優賞:アイドゥン・ドウ・デミルコル

【寸評】
年間ベスト10は日本映画の中から選出。日本人だから日本人監督のみを応援したいとことでは決してない。“島国根性な社会・政治・経済”のいずれにおいても老害・老獣が暗躍する現状は、もはや先進国でも法治国家でもない。まるで『天気の子』の少年帆高が生まれた島で光を追いかけた時の“絶望”に酷似している。しかし若き日本の映画作家たちは、そんな害獣たちを凌駕するだけの“才能と群れない孤独”があると信じているからだ。また排他的な日本においても、インド人映画作家アンシュル・チョウハンや、エストニア人の撮影監督マックス・ゴロミドフのような逸材に出会えた年だった。2020年も特にインディ映画には大きく注目したい。

スポンサーリンク

2019年総合映画ランキング

最後に、各ライターがランキングに選出した作品の10位を1ポイント、1位を最高の10ポイントという風にランキング順位をポイント数へと換算。

その得点の合計数に基づく【Cinemarche総合ランキングのベスト10】の発表です。

クエンティン・タランティーノ監督の
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
(ソニー・ピクチャーズエンタテイメント)

第1位『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』:54点

第2位『ジョーカー』:40点

第3位『アイリッシュマン』:23点

第4位『アベンジャーズ/エンドゲーム』:22点

第5位『ゴーストマスター』:20点

第6位『天気の子』:19点

第7位『蜜蜂と遠雷』:18点

第7位『スパイダーマン:スパイダーバース』:18点

第9位『おろかもの』:16点

第9位『ブラック・クランズマン』:16点

まとめ

Cinemarcheのシネマダイバー(映画ライター)が選んだ2019年映画ランキング。いかがでしたか?

総合ベスト10には、2018年の公開前から話題だったクエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が堂々の1位を獲得。また、映画ファンや映画関係者の間でもその評価を二分した『ジョーカー』は2位の健闘を見せました。

また12月公開という不利な枠でも存在感を示したヤングポール監督の『ゴーストマスター』を筆頭に、ランクイン作品の約半分ほどが邦画になったのもCinemarcheらしい選出ではないでしょうか。

2019年も多くの映画が上映されました。2020年はどのような作品が私たちを楽しませてくれるのでしょうか。

Cinemarcheはシネマダイバーと共に、2020年もたくさんの映画を紹介していく予定です。どうぞお楽しみに!!




関連記事

まとめ記事

2017トニー賞発表!ケイト・ブランシェット主演女優賞ノミネート

2017年5月2日(火)日本時間の夜9時30分過ぎに、アメリカ演劇界で最も権威のある、第71回トニー賞のノミネーションが、クリストファー・ジャクソンとジェーン・クラコウスキーにより発表されました。 今 …

まとめ記事

クリスチャン・ベール映画おすすめ5選!徹底した役作りがすごい!

(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC ハリウッドで大活躍するイギリス出身の俳優、クリスチ …

まとめ記事

どんでん返しホラー映画おすすめ厳選5選!異常心理やスプラッターの怖い話【糸魚川悟セレクション】

「ハラハラドキドキしたい」。 そんな映画をお探しのあなたへ、オチまでしっかり楽しめる「ホラー」映画をご紹介します。 (C)2011 SNOOT ENTERTAINMENT, LLC Cinemarch …

まとめ記事

新宿小田急シネマ&バル開催日時と雨天時情報!ポスターデザインは誰?

7月24日(月)~29日(土)の6日間、新宿エリア中心に無料のシネマ上映やお得なバルなど、プレミアムな新宿を楽しむ「新宿シネマ&バルWEEK」開催されます。 米アカデミー賞などを受賞した短編作品や『ミ …

まとめ記事

スカーレット・ヨハンソン映画おすすめ5選!圧倒的な美しさを堪能!

(C)2013 Don Jon Nevada, LLC. All Rights Reserved. 〝世界で最もセクシーな女性“に選ばれたこともあるスカーレット・ヨハンソン。同じ女性から見ても、彼女の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP