Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

2017夏休み中学生映画作り体験ワークショップはTIFF!日程や条件も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

東京国際映画祭の中学生向けの関連イベントが、本日6月8日より参加者募集となりました。

「TIFFティーンズ映画教室2017」と題して、中学生を対象に映画制作ワークショップが夏休み期間中に、東京代官山を拠点に開催されます。

スポンサーリンク

1.子ども向け映像ワークショップは誰が教えるの?

東京国際映画祭は、映画ファンや映像作家の育成を目的としたユース部門があります。

そのユース部門と、全国で子どもたちを対象にして映画鑑賞や映像制作ワークショップをおこなう「こども映画教室」が一緒になってコラボレーションした企画を開催します。

今回の講師には、東京藝術大学大学院で教鞭をとる諏訪敦彦が務めます。

子どもたち対象ですが、本格的な映像製作が学べる貴重な機会となっています。

ワークショップ講師を務める諏訪敦彦監督は次ように述べています。

中学生と映画をつくるということ
映画には、正解はありません。チームのみんなが最善と納得した納得解があるだけです。このとき、1.大人が手出し口出ししない、ことで、こどもたちが否応なしに自ら考え、コミュニケーションをとり、決定していきます。そして、2.本物の映画人に出会う、ことで、“映画観”を体感していきます。講師やスタッフは中学生たちを見守り、応援し、認めていきます。このことは彼ら彼女らにとって大きな自信となるでしょう。今回初めて、中学生という、人生においてもっとも多感で、もっとも生きづらさを感じる年代と活動する意味は、自意識の塊であり、思春期真っ盛りの中学生たちにとって、この、人とかかわらずには完成させられず、また、自分と向き合わずにはいられなくなる映画づくりという体験がかならずや大きな成長をもたらすだろうと思うからです。
この活動は、映画づくりというキャリア教育でもあり、また、コミュニケーション能力を培うものでもあり、なにより人間教育としてこどもたちの大きな成長の機会となるでしょう。

中学生向けのイベントですが、コミュニケーション能力を高めたい大人とっても興味深い内容となっていますね。

自身のお子さんや親戚の子どもさんがいらっしゃる方は、ぜひ、参加を薦めてみるのはいかがでしょうか。

2.講師プロフィール

諏訪敦彦(すわのぶひろ)は、1960年5月28日生まれの広島県広島市出身。東京藝術大学教授。

映像作家かわなかのぶひろの影響を受けて、東京造形大学デザイン学科に入学。

大学在学中から自主映画を製作。製作した『はなされるGANG』は、ぴあフィルムフェスティバル入選を果たします。

大学を卒業後に石井聰亙監督や山本政志監督の作品にも携わり、テレビドキュメンタリーの演出を手がけています。

【諏訪敦彦フィルモグラフィー】
長編映画
2/デュオ(1997年)
M/OTHER(1999年)
H story(2001年)
不完全なふたり(2005年)
ユキとニナ(2009年)

短篇映画
A Letter from Hiroshima (2002年) – オムニバス『After War』の一篇
ヴィクトワール広場(2006年) – オムニバス映画『パリ、ジュテーム』の一編
黒髪(2010年)
世界の質量 (2016年)

スポンサーリンク

3.「TIFFティーンズ映画教室2017」の情報詳細は?

【期間】
2017年7月22日(土)~8月27日(日)の間の9日間

【ワークショップ詳細】
7/22(土)~ 23(日)<ガイダンス/プロットづくり> 
7/30(日)・ 8/6(日)<撮影準備>
8/18(金)~ 20(日)<撮影>
8/26(土)~ 27(日)<編集・上映会(無料)>(計9日間 各日10:00~18:00)

【場所】
東京都 代官山ティーンズ・クリエイティブ

【対象】
中学1年生~3年生

【定員】
24名

【参加費】
無料 ※メイキング映像を含むDVD&文集が5000円

(収録内容 ①中学生たちの完成作品、②ドキュメンタリー映画作家による、9日間のメイキングドキュメンタリー作品、③監督インタビュー、④プロのカメラマンによるスライドショーを収録したDVD。また、参加者およびスタッフ、保護者様のアンケートなどを掲載した文集を作成します。)

【申し込み】
受付中~2017年6月27日(火)

【お申込み方法】
東京国際映画祭公式サイトよりお申し込みください。
http://www.tiff-jp.net/

※応募期間:2017年6月8日(木)10:00~ 6月27日(火)23:59まで
※応募者多数の場合は抽選となります。
※6月30日(金)以降に応募者全員にメールにて当落をご連絡致します。
※申込みは全日程参加可能な方を優先いたします。
※ワークショップの参加は原則として中学生のみです。(保護者の見学はお断りしております。)
※個人情報は「公益財団法人ユニジャパン」「こども映画教室」の活動のご案内にのみ使用し、第三者への提供、その他の目的には使用しません。

【問い合わせ】
「TIFFティーンズ映画教室2017」事務局
teens_meet_cinema2017@tiff-jp.net
*お問い合わせはメールのみとさせていただきます。
主催:公益財団法人ユニジャパン(第30回東京国際映画祭実行委員会)
共催:東京都
企画運営: こども映画教室
協力:代官山ティーンズ・クリエイティブ

4.まとめ

ワークショップで完成した中学生の作品は、2017年10月25日より開催の第30回東京国際映画祭での上映されるという、大きなプレゼントもあるようですね。

ぜひ、お子さんをお持ちのあなた、または知人のお子さんをさそってみてはいかがでしょう?

ぜひ、ふるって参加してみてくださいね。

関連記事

まとめ記事

映画ツイッターでレビューやランキングとおすすめを始めました!

シネマルシェ運営事務局の専属ライターのひとりから、Twitterをはじめて欲しいと提案があり、『Cinemarche』公式Twitterをさっそくオープンいたしました! 【アカウント名】 Cinema …

まとめ記事

今週おすすめテレビ地上波の映画3選!『呪怨2』『推定無罪』『ダレンシャン』【関東版】

今週1月14日からの1週間、おすすめ映画をテレビ地上波からご紹介します。 「ちょっと気楽に“ながら映画”を楽しみたい」 「休日の時間にお金をかけず良い映画を見たい」etc… ©︎すしぱくモデル:みき。 …

まとめ記事

ケヴィン・スペイシー映画おすすめ5選!最新作を見る前にチェック!

(C)2011 NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ケヴィン・スペイシーは、『セブン』や『アメリカン・ビューティー』などで知られるアメリカ出身の俳優です。 ハリウッドのカメレオン俳優 …

まとめ記事

【2019年映画ランキング洋画邦画ベスト10】おすすめ監督や俳優もシネマダイバーが選んだ結果発表!

Cinemarcheが選ぶ、2019年映画ランキングベスト1は? 2019年も多くの映画が全国で公開されました。 その締めくくりとして、Cinemarcheのシネマダイバー(映画ライター)が、2019 …

まとめ記事

池松壮亮出演映画『夜空〜』原作者は最果タヒ!おすすめの作品も

石井裕也監督の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』では、ダブル主演を務める石橋静河と池松壮亮の神妙な台詞や、静寂とした印象に話題が集まっています。 ちょっと独特に感じた雰囲気は原作が小説ではなく、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学