Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/08/07
Update

映画『あのコの、トリコ。』あらすじと感想レビュー【吉沢亮&新木優子共演】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

キラキラ映画『あのコの、トリコ。』は、10月5日(金)より、全国ロードショー!

『あのコの、トリコ。』主演にはイケメン人気俳優の吉沢亮を迎え、ヒロインに映画ドラマで活躍の新木優子、そして最強ライバル役は杉野遥亮と若手俳優たちがそろった作品です。

ドキドキな片思いとキラキラの夢を追いかける、幼なじみ3人のシンデレラ・ラブストーリーは、原作白石ユキの同名のコミックス「あのコの、トリコ。」の映画化。

地味で冴えないメガネ男子の頼は、一途に想いを寄せる雫のためにカッコよく変わっていこうとします。しかし、幼馴染でいつも一歩先行くライバルの昴が現れたことで…。

スポンサーリンク

映画『あのコの、トリコ。』の作品情報


(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

【公開】
2018年10月5日(日本映画)

【原作】
白石ユキ「あのコの、トリコ。」(小学館「Sho-Comiフラワーコミックス」刊) 

【脚本】
浅野妙子

【監督】
宮脇亮

【キャスト】
吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮

【作品概要】
白石ユキ原作の同名の人気少女コミックを実写映画化。『続・最後から二番目の恋』などのテレビドラマで知られる宮脇亮の長編映画初監督作品。

主人公頼役を映画『ママレード・ボーイ』の吉沢亮が演じ、ヒロイン雫役を『僕らのごはんは明日で待ってる』の新木優子が務めます。また、恋のライバル昴役を『キセキ あの日のソビト』の杉野遥亮が演じています。

脚本は『NANA』『クローバー』などで知られる浅野妙子が担当。

映画『あのコの、トリコ。』のあらすじ


(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

田舎暮らしをしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木頼は、東京の芸能コースがある堀切学園高校に転校してきました。

そこで幼い頃から好きだった立花雫と再会を果たします。

雫は今も無邪気で昔のまま変わらぬ様子で、しかも子どもの頃からの夢に向かって、今なお真っ直ぐに頑張っていました。

そんな雫に改めて恋をした頼。彼女が所属する芸能プロダクションに頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになります。

ランジェリー広告の撮影日に共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもある人気俳優の東條昴が、あるアクシデントが起きて帰ってしまいます。

現場のスタッフたちから怒りをかった雫は、降板させられてしまいます。

そんな雫を助けるために頼は、なんと事もあろうに昴の代役を買って出ます。

当初スタッフたちは頼に目もくれませんでしたが、広告のディレクターを務めている演出家の近藤啓がそれを承諾します。

するとカメラを前にした頼は、いつもとは別人のように輝きを放ち雫は思いがけずにトキメキを感じます。

やがて、この広告が野外掲示されると、世間の注目を集め話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく…。

スポンサーリンク

映画『あのコの、トリコ。』の感想と評価


(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

2018年も出演作が続くイケメン俳優吉沢亮

白石ユキの描いた原作「あのコの、トリコ。」は、小学館の「Sho-Comi」に連載され、既刊5巻のコミックスは累計発行部数100万部突破。

主人公の地味で冴えないメガネ男子の鈴木頼が、好きな雫のためにカッコよく変わっていく様子を描いたもので、今回の映画化では、『ママレード・ボーイ』や『BLEACH』の人気イケメン俳優の吉沢亮が演じています。

吉沢亮がこれまでの役柄と異なり、新境地を見せてくれる本作ですが、好きな“あのコ”のため、勇気を出してカッコイイ姿に少しづつ変貌していく魅力は、女子ならずとも思わず応援をしたくなるほど親近感を持たせてくれます。

原作者白石ユキと主人公の鈴木頼

このような魅力のひとつは映画化される前の原作にすでに秘密があるのかもしれません。

原作者の白石ユキは少女コミックスの主人公を男性にしたきっかけや理由、その思いを次のように語っています。

「色々と思い悩んでいた時期に当時の担当さんから芸能界モノを勧められたのがキッカケです。男主人公は、たまにはこういう連載もいいのじゃないかと言うことであっさり決まりました。「好きな子の笑顔のためにならなんだってできる」、そういう男の子の一途な思いを込めて「あのコのトリコ。」と言うタイトルをつけました」

白石ユキのコメントにあるように、正に“頼りになる王子様”、それが鈴木頼なのではないでしょうか。

作者自身が“色々と思い悩み”ながら理想的な男の子である「好きな子の笑顔のためにならなんだってできる」を描きました。

その上で白石自身の心も頼と同じように一途なまでに変貌を遂げたことが、原作コミックス「あのコのトリコ。」の魅力です。

そのことが性別に関係なく、女の子も男の子も楽しめる作品の力を実現させたのでしょう。

もちろん、実写化に伴い、説得力をもたせたのは、若手俳優でも演技力のある吉沢亮だからのことでしょう。

頼の普段は地味で何もできないように見えるけど、イザとなるとカッコイイというギャップは、“頼りになる王子様”を超えて、まるで変身ヒーローであることは言うまでもありませんね。

そんなところも男子的には吉沢亮が演じたことで、どこか「仮面ライダーフォーゼ」(2011〜12)の仮面ライダーメテオを思い出すファンもいるかも知れませんね。

宮脇亮監督こだわりの撮影スタジオの対決シーン

吉沢亮の演じる頼と杉野遥亮が演じた昴が対峙する場面では、宮脇亮監督のこだわりから長回しワン・ショットで撮影が行われました。

ここで撮影スタジオのホリゾントに描かれた沈まない太陽は、頼の精神を表現したメタファーです。

ホリゾントに描かれた太陽は決して沈まないことで、敗北宣言をしない鈴木頼そのものなのです。

大好きな雫に自分も告白する意思があることを、昴に対して明確に主張する物語の重要な場面です。

まるで西部劇の夕日の決闘のような場面は、テイクを重ね、吉沢亮と杉野遥亮の呼吸を合わせるような緊張感のある場面に仕上がりました。

撮影OKまでに6テイクを費やし、吉沢亮は「あのときの昴には勝てる気がしないけど、頑張んなきゃいけないと思いました」と振り返り、杉野遥亮の演技はラストテイクの迫力が素晴らしかったと述べています。

本作『あのコのトリコ。』は、そんなとこにも拘った作品なのです。お見逃しなく!

まとめ

原作白石ユキの人気コミックス「あのコの、トリコ。」を、宮脇亮が劇場初監督デビューで完全映画化。

編集や効果音を使った軽妙なリズムを刻み、とても見やすく完成した本作『あのコの、トリコ。』なのです。

また魅力あるキャストの主演には、王子様やヒーローとして申し分のない吉沢亮を迎えました。

さらにヒロインには新木優子、そして最強ライバルを杉野遥亮と、申し分ない配役となっています。

ぜひともご期待ください。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『クラッシュ』感想評価と考察解説。クローネンバーグ監督の1996年問題作が4K無修正版で2021年にリバイバル公開

デヴィッド・クローネンバーグ監督の問題作が4K無修正版で2021年公開! 『ザ・フライ』(1986)、『裸のランチ』(1991)の鬼才、デヴィッド・クローネンバーグ監督が1996年に発表した『クラッシ …

ラブストーリー映画

映画『PとJK』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“PとJKが恋をした。一緒にいる方法はただひとつ。結婚から始まるピュアラブストーリー。” 亀梨和也さんと土屋太鳳さんの共演による青春純愛映画『PとJK』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

ラブストーリー映画

映画『青夏 きみに恋した30日』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『青夏 きみに恋した30日』は、2018年8月1日(水)ロードショー。 NHKの連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインを演じた、葵わかなの朝ドラ以降初の映画出演作品にしての実質的な主演映画。 原作 …

ラブストーリー映画

『きみの瞳が問いかけている』ネタバレ感想とラスト考察。映画は横浜流星のキックボクシングに魅了される

映画『きみの瞳が問いかけている』は2020年10月23日(金)より全国ロードショー。 吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務め、孤独な男女の交流を繊細に演じた映画『きみの瞳が問いかけている』。 不慮の事 …

ラブストーリー映画

映画『ライフアフターベス』ネタバレ感想と評価。動画無料視聴方法も

ゾンビ映画というとホラー要素が強かったり、グロ・ゴア要素が強烈だったり、パニックムービーとして作られたりと、一口にゾンビと言ってもその方向性は多岐に渡ります。 例えば2013年公開のニコラス・ホルト主 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP