Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

ピーチガール試写会と舞台挨拶情報!キャストや主題歌紹介も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

大ヒット少女漫画『ピーチガール』は累計発行部数1300万部を超え、2017年5月20日に全国公開される実写化の映画。

漫画家の上田美和の代表作で別冊フレンドに連載された漫画を女優の山本美月と「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧がダブル主演を務める話題作です。

見た目がガングロギャルのため、本当の自分とのギャップに悩むヒロインもも、今回は『ピーチガール』に注目します!

スポンサーリンク

1.映画『ピーチガール』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
神徳幸治

【キャスト】
山本美月、伊野尾慧、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣、升毅、菊池桃子

【作品概要】
上田美和の人気コミックは台湾でドラマ化、日本でもテレビアニメ化されました。

山本美月と「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧の主演により映画化。伊野尾は映画初出演作。監督は『モテキ』『バクマン。』などの大根仁作品でチーフ助監督を務め、今作が映画初監督作となる神徳幸治。

2.映画『ピーチガール』のキャスト

山本美月(安達もも役)


山本 美月(やまもと みづき)は、1991年7月18日生まれの日本のファッションモデル兼、女優。モデル事務所のインセントに所属しています。

2009年に「東京スーパーモデルコンテスト」初代優勝。女性ファッション雑誌『CanCam』専属モデルとなり、2011年より女優活動も行うようになりました。

2016年のホラー映画『貞子vs伽椰子』でも主演も務めています。

ヒロインに決定した際には、ガングロの設定に驚きますが、少女漫画原作の映画の主人公に抜擢されたことに、とても嬉しいと語りました。

伊野尾慧 〈Hey!Say!JUMP(岡安浬:カイリ役)

伊野尾 慧(いのお けい)は、1990年6月22日生まれ、埼玉県入間市出身の日本の歌手兼、俳優

アイドルグループHey! Say! JUMPのメンバーを務め、ジャニーズ事務所所属

Hey!Say!JUMPの伊野尾慧には、まさに学園一のモテ男という設定のカイリがハマり役。

伊野尾は山本美月とダブル主演になりますが、自身は映画初出演にして初主演です。今作を機に俳優として大きく花開いていく存在になるでしょう。

真剣佑(東寺ヶ森一矢:とーじ役)

真剣佑(まっけんゆう)は、1996年11月16日生まれのアメリカ・ロサンゼルス出身の俳優。本名は前田真剣佑(まえだ まっけんゆう)。所属事務所はMack and Leavesです。

父は名優アクションスターの千葉真一、異母姉は女優の真瀬樹里。

映画『ちはやふる』やTBS日曜劇場『仰げば尊し』などに出演した、今大注目の若手俳優です。

真剣佑は父親千葉真一は、クエンティン・タランティーノとも仲の良い世界的俳優。英語も堪能、今後はハリウッドスターになる可能性も大いにある楽しみな逸材です。

永野芽郁(柏木沙絵:さえ役)

永野芽郁(ながのめい)は、1999年9月24日生まれの東京都出身の元子役を務めた日本の女優。事務所はスターダストプロモーション所属しています。

『ピーチガール』の実写映画化で、原作を読んでいたファンが最も気になるキャスティングが、”さえ”こと柏木沙絵役でした。

ネットのキャラクター検索では、主人公ももも抜きダントツのトップ。それだけ原作漫画に登場した、さえの悪さ?には呆れた人も多買ったのかもしれません。

永野芽郁は、少女漫画原作の『俺物語!!』でヒロインを演じたことで広く世間に知られることになりました。

注目の小悪魔的な悪女さえを演じることは、永野にとって女優としての着実なキャリアになるのでしょうね。

スポンサーリンク

3.映画『ピーチガール』のあらすじとネタバレ


(C)2017「ピーチガール」製作委員会

主人公の安達ももは、ひと目見ただけではギャル風で気が強そう女の子。

実は彼女のガングロの容姿は、中学生の頃に水泳部で焼けてしまったためなのです。性格はとても優しく素直な女の子でした。

中学時代からの片思いしている、とーじには自身の気持ちをなかなか伝えられずにいたもも。

そんなもものクラスメイト、さえは色白で華奢なモテる女の子。他人の不幸が大好きなさえを、ももは警戒していましたが、さえの巧みな罠にハマってしまいます。

とーじとすれ違うどころか悪い噂を流されてクラスからも孤立してしまったもも。

そんなももを救ったのがカイリでした。徐々にカイリに惹かれていくもも…。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ピーチガール』ネタバレ・結末の記載がございます。『ピーチガール』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

やがて、ももは、とーじとカイリの間で乙女心に揺れ悩みを抱えます。だが、カイリは心に決めた1番好きな子は安芸操。

ある日、カイリは操に告白するもののフラれてしまいます。

すっかり傷心したカイリは気分転換に旅行に行きます。ももは、カイリが約束の場所と時間に帰ってきたらカイリと付き合うことを決意。しかし、カイリは戻ってきません。

カイリのことは諦めて、とーじと付き合うことにしたもも。しかし、カイリは旅行でのトラブルで約束の時間に間に合わなかったのでした。

カイリとお互いの気持ちを再び確認し合い、ももはカイリ、2人は付き合うことを決めるのです…。

4.『ピーチガール』の主題歌はカーリー・レイ・ジェプセン


https://plus.google.com/111077752419500713127
『ピーチガール』の主題歌は、日本でも大ヒットセールスを記録した、カーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」。

カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)は、1985年11月21日生まれのカナダ・ブリティッシュコロンビア州ミッション出身のシンガーソングライター。

カーリー・レイ・ジェプセンにとっては、楽曲を邦画に提供するのは今回が初めてのことです。

映画プロデューサーの新垣弘隆は、彼女の大ヒット曲「コール・ミー・メイビー」を使用するため、長い期間にわたり何度となく交渉を行ってきたそうです。

新垣弘隆の念願が叶い契約は合意されての使用となりました、そこことについて、1度聴いたら耳残りするキャッチーなメロディーとキュートな歌声が、映画の雰囲気にぴったりと、この楽曲しかない理由を語っています。

スポンサーリンク

5.『ピーチガール』公開記念舞台挨拶


『ピーチガール』公式HPから5月8日(月)原宿クエストホールにて

『ピーチガール』は公開記念として、初日と2日目に舞台挨拶が予定されています。

また、初日の舞台挨拶は全国同時生中継も決定。

さらに、初日の初回上映入場者限定でウェルカムカードをプレゼントも予定されています。

ぜひ、お近くの劇場でゲットしてみてはいかがでしょう!

【初日舞台挨拶(5/20)】

第1回目の舞台挨拶

【日時】
2017年5月20日(土)9:00の回上映後挨拶

【会場】
丸の内ピカデリー1

【登壇者】(予定)
山本美月・伊野尾慧・真剣佑・永野芽郁・神徳幸治監督

*第1回目の舞台挨拶の様子は他の劇場でライブビューイング中継も実施予定。(詳細は下記)。

第2回目の舞台挨拶

【日時】
2017年5月20(土)12:30の回上映前挨拶

【会場】
丸の内ピカデリー1

【登壇者】(予定)
山本美月・伊野尾慧・真剣佑・永野芽郁・神徳幸治監督

第3回目の舞台挨拶

【日時】
5月20日(土)13:50の回上映後挨拶

【会場】
横浜ブルク

【登壇者】(予定)
山本美月・伊野尾慧・真剣佑・永野芽郁・神徳幸治監督

【2日目舞台挨拶(5/21)】

第4回目の舞台挨拶

【日時】
2017年5月21日(日)9:20の回上映後挨拶

【会場】
MOVIXさいたま

【登壇者】(予定)
山本美月・伊野尾慧・真剣佑

第5回目の舞台挨拶

【日時】
2017年5月21日(日)12:50の回上映後挨拶

【会場】
MOVIX伊勢崎

【登壇者】(予定)
山本美月・伊野尾慧・真剣佑

第6回目の舞台挨拶

【日時】
5月21日(日)15:10の回上映後挨拶

【会場】
MOVIX宇都宮

【登壇者】(予定)
山本美月・伊野尾慧・真剣佑 (敬称略)

【チケット販売方法】
チケットぴあ (http://w.pia.jp/t/peachgirl/)チケットぴあにて販売いたします。
■料金:全席指定2,000円(別途手数料あり)
◆発売日・発売方法
5/13(土)より発売
※ 前売券、ムビチケカードはご利用いただけません。

<注意事項>
※全席指定・定員入替制での上映となります。
※舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※マスコミの取材が入る場合がございますのでご了承ください。

6.まとめ


(C)2017「ピーチガール」製作委員会

映画『ピーチガール』の公開は2017年5月20日。公開初日舞台挨拶があり、その舞台挨拶の模様は他の一部の劇場にて同時にライブビューイングされる予定もあります。

少女漫画原作ファンや、キャストを演じたファンで、どこの劇場も大にぎわいが予想されますね。

ぜひ、あなたも劇場にて、『ピーチガール』をご覧いただいてはいかがでしょうか。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ラブストーリー映画

映画『男と女(2020)人生最良の日々』ネタバレ感想とレビュー評価。ロケ地ドーヴィルの海辺を舞台に撮影10日間で描く

映画『男と女 人生最良の日々』は、2020年1月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー。 “愛の伝道師”クロード・ルルーシュ監督が紡ぐあの恋愛映画 …

ラブストーリー映画

【ダイナー映画ネタバレ】オオバカナコの年齢と過去の秘密とは?ラストのメキシコの祭の意味も解説

2019年7月5日に公開された映画『Diner ダイナー』。 平山夢明の小説『ダイナー』を原作としながら、蜷川実花監督がその色彩感覚で新たな世界を描いた映画『Diner ダイナー』。 本作のヒロインは …

ラブストーリー映画

映画『心と体と』ネタバレ考察と感想評価。鹿の夢というキーワードを解説

心と体に生き難さを抱える歳の差のある男女を結び付けたのは同じ“鹿の夢”。 デビュー作『私の20世紀』が、第42回カンヌ国際映画祭でカメラ・ドールを受賞した、ハンガリーの映画監督イルディコー・エニェディ …

ラブストーリー映画

レイニーデイ・イン・ニューヨーク|ネタバレ感想とあらすじ考察。恋愛映画おすすめの作品をティモシー・シャラメとエル・ファニングで描く

雨と街と人と出会いとノスタルジック。そんな魅力が詰まった映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』   ウディ・アレン監督による、魅力的にニューヨークの街を描くハートフルラブストーリー『レイニーデイ・イ …

ラブストーリー映画

四月物語あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【岩井俊二映画】

現在公開中のアニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は岩井俊二のドラマが原作となっています。 原作というポジションにもかかわらず、大きく名前が上がる人物でありますが、それは岩井俊二監督の常 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学