Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

【徳永えりインタビュー】映画『月極オトコトモダチ』が描く「男女の友情」という答えのないテーマ

  • Writer :
  • 桂伸也

新鋭・穐山茉由監督の長編デビュー映画『月極オトコトモダチ』は、2019年6月8日(土)より順次全国ロードショー!

突然目の前に現れた「レンタルトモダチ」の存在に翻弄される女性・望月那沙役を演じた徳永えりさん。


(C)Cinemarche

“男女の友情”は成立するか?」という永遠のテーマに挑んだ本作。

徳永さんは男性との友情とも愛情ともつかない微妙な感情、さらにはルームメイトの友人との関係を交えた複雑な思いに悩む主人公を演じました。

今回は、近年演技派女優として注目を集めている徳永さんにインタビューを行い、撮影に対する取り組み「レンタルトモダチ」「男女の友情」というユニークなテーマに対する印象、そして現在の演技に対する意欲的な姿勢などを語っていただきました。

スポンサーリンク

“レンタルトモダチ”という題材


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

──現代的である「トモダチをレンタルする」という設定がユニークでしたが、徳永さんはどのように受け取りましたか?

徳永えり(以下、徳永):「レンタルトモダチ」の存在は知っていました。“インスタ映え”を狙って複数のトモダチを雇うという例が多いそうですが、本作では一対一のレンタル。しかも異性同士でのレンタルが描かれています。

その使用方法は全然想像がつかなかったです。劇中、主人公の那沙がレンタルすることになる柳瀬(橋本淳)は、「男女関係にならないための“スイッチ”がある」と語っていますが、「恋愛感情に発展しないのかな?」という疑問が湧きました。

「男女の友情は成立するのか?」が本作のテーマではあるものの、そもそも正解などはありません。果たしてどのような結末へとたどり着くのか。そこが面白い点だと思いました。

──徳永さんはレンタルトモダチを活用してみたいと思いますか?

徳永:私はむしろ、「レンタルトモダチ」として、レンタルされてみたいです(笑)。「自分が対価を払って他人の時間を買う」というのはあまり考えたことがないですが、那沙のように友達に付き合ってもらいにくい趣味などがあれば、レンタルトモダチを利用するのもアリかもと思いました。

トモダチをレンタルする感覚


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

──「プラトニックな関係にお金を払う」という感覚を受け入れにくい方もいるのではと思いましたが。

徳永:「自分のやりたいことに付き合ってくれる」のは、「欲求を満たしてくれる」という意味では他のサービス業と一緒なんだと思います。

例えるなら、「あそこに行ってみたいけれど、本当の友人や家族には中々言えない」と思った時には、他人の時間を少しだけ買って付き合ってもらおうという感覚なんです。

実は本作の撮影前、穐山監督は実際に「レンタルトモダチ」を借りてみたんだそうです(笑)。

お金を払っているから、はじめからすべてを受け止めてくれるスタンスで接してくれる。だからこそ話しやすかったと監督はおっしゃっていましたが、それをお聞きしたことで「ああ、なるほどな」と思えました。

スポンサーリンク

レンタルトモダチから見える“男女の友情”


(C)Cinemarche

──徳永さんは、“男女の友情”というものが成立すると思いますか?

徳永:すると思います。実際、私にも男友だちはいます。

もちろん友情として愛情はありますし、お互いが友だちだと思っていれば、“男女の友情”は成立すると考えています。

──柳瀬をレンタルする場面では、月極のポイントカードにハンコを押していました。そこでは、那沙の柳瀬に対する思いの揺らぎが映し出されています。

徳永:確かにあの場面は、「あと何時間で…」と柳瀬との別れが近づき、寂しさを感じながらもレンタル料金を支払わなければならないという現実を描いています。

そしてあの時点で、彼女は柳瀬がレンタルトモダチなのかどうなのか分からなくなりつつあるんだと思います。そう思わせる柳瀬は罪な男だなと(笑)。

共演者と演じた役柄とそのモデル


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

──本作で演じられた那沙という人物を、徳永さんはどのような人物だと捉えましたか?

徳永:那沙には悩まされました(笑)。彼女の性格があまりにも分からなかったためです。

脚本を読ませていただいた時、「彼女は30手前にしてはちょっと幼い部分があるな」と感じました。それ故に、様々な表情が彼女から現れるんです。

ホワ〜ッとした頼りなさげな雰囲気を纏っている一方で、内に秘めた確固たる部分、頑固な部分も存在する。どこに重きを置いて演じたら、彼女の性格が表現できるのかと悩みました。そして、その役柄を掴む過程において大きな助けとなったのが、橋本さんが演じた柳瀬という人物です。

現場に入って橋本さんとお芝居をした時に気づいたんですが、彼はこちらの演技に“波”があっても、決して揺るがない人だったんです。お芝居を受け止めてくださるのに、柳瀬役として揺るがず、淡々と演じ続けてくださる。そのおかげで、那沙にはこの“波”があっていいんだと気づけたんです。

実は那沙を演じるにあたって、あるモデルをずっと観察し続けていたんです。それが、穐山監督です(笑)。

彼女の纏っている雰囲気に触れた時、「もしかして那沙のモデルは穐山さんなんじゃないか?」と思えたんですよ。もちろん監督は脚本も書かれているので、ご自身の何かは必ず出るものだとは思いますが。

スポンサーリンク

今後も“積み重ね”を


(C)Cinemarche

──2018年のテレビドラマ『恋のツキ』(テレビ東京系)にて主演、そして本作でも主演を務めるなど、そのご活躍は止まることを知りません。一方でご入籍もされ多くの変化があったわけですが、現在のご心境はいかがでしょう?

徳永:昨年は多くの作品に参加することができて、本当にありがたかったです。それも様々なジャンルの作品や人物を演じられたこともあり、とても充実していました。

昨年私は30歳になったのですが、自分はむしろ早く30歳になりたいとずっと思っていたんです。私が事務所に入ったのは16歳ごろだったんですが、当時の社長に「えりは30歳からだね」と言われて(笑)。ただ、その言葉に自分でも妙に納得したんです。

「多分、私は“積み重ね”が必要、人生の“積み重ね”が必要なタイプなんだ」と考えていたんです。だからこそ、20歳は修行時代だと捉えて、早く30歳にならないかとずっと待ち遠しく思っていました。

──“積み重ね”ができたと、ご自身でも実感されていますか?

徳永:30歳手前の頃には、お芝居に対しても少し悩んでいた時期がありました。いまいちやりきれない。或いは自分ではベストを尽くしたつもりが、うまくいかないということが多くあったんです。

けれど、その中でNHKの朝ドラ「わろてんか」に出演させていただいた後は、とても身軽になったように感じました。芝居のスタンスが変化が現れ、やっとお仕事が「楽しい!」と思えるようになったんです。

「今の自分に何ができるか」「これから何を求められるか」を考えること。それは楽しさでもある一方、自分で更新していかなくてはいけない課題だと捉えています。

インタビュー・写真/桂伸也
記事構成/加賀谷健

徳永えり(とくながえり)のプロフィール

1988年生まれ。2002年ファッション雑誌『ピチレモン』の準グランプリを獲得し、専属モデルを経て、2004年にドラマ『放課後。』(フジテレビ系)で女優デビュー。

2006年には映画『放郷物語 THROES OUT MY HOMETOWN』で映画初出演、主演を果たしました。

近年連続テレビ小説『梅ちゃん先生』『わろてんか』(NHK)などの出演でブレイクし、『デイジー・ラック』(NHK)、『ヘッドハンター』(テレビ東京系)、『健康で⽂化的な最低限度の⽣活』(フジテレビ系)、『フルーツ宅配便』(テレビ東京系)と出演作が続き、昨年はドラマ『恋のツキ』(テレビ東京系)でドラマ初主演を果たし、現在最も今後が期待される女優の一人となっています。7月からはレギュラー出演する連続ドラマ『べしゃり暮らし』(EX)の放送が控えています。

映画『月極オトコトモダチ』の作品情報


(C)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

【公開】
2019年6月8日より全国順次公開(日本映画)

【監督】
穐山茉由

【キャスト】
徳永えり、橋本淳、芦那すみれ、野崎智子

【作品概要】
本作が長編デビュー作となる新鋭・穐山茉由監督は、ファッション業界で会社員として働きながら「30代はやりたいことをやろう」と思い立ち、本格的に映画美学校で映画製作を学び、映画製作の道に進み始めた新鋭。

主人公の望月那沙役を徳永えりが熱演、その那沙がひょんなきっかけで出会い「レンタルトモダチ」として契約をすることになる柳瀬草太役を橋本淳が務めます。

本作の音楽には、ミュージシャンのBOMIとシンガーソングライターの入江陽が参加。音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2018」では長編部門グランプリほか4冠を達成し、話題を呼んでいます。また本作は「第31回 東京国際映画祭」日本映画スプラッシュ部門にも正式出品されました。

映画『月極オトコトモダチ』のあらすじ

30歳を目前にしながら、仕事も恋愛もパッとしない、Webマガジンサイトの編集者・望月那沙。彼女はある日、後輩のユリに連れられて出会い系パーティーの場に足を運んでいました。そこで那沙は、一人の男性・柳瀬草太と出会います。

何事もなく終わったパーティーでしたが、日が明けて那沙はユリより、柳瀬が「レンタルトモダチ」であることを知ります。

そのことにピンと閃いた那沙。彼女はサイトのコラムとして「男女の友情はレンタルできるか?」という新たなテーマを立案、編集長のGOを得て、再び柳瀬と対面し、レンタル契約を結びます。

「男女関係にならないスイッチを持っている」という柳瀬。レンタル契約という関係もあってか、気楽な付き合いから始まった彼との時間を、目いっぱいに楽しむ那沙。その経験をもとに執筆した那沙のコラムは、意外にも人気のコンテンツへと成長していきます。

しかしその一方、那沙が病気でベッドに臥したときに、柳瀬は「サービスだから」と手厚い看護を施してくれたり、那沙にとって柳瀬との関係は、徐々に微妙な関係に変化することに。

さらにプライベートでは音楽をやっているという柳瀬は、那沙のルームメイトで、シンガーソングライターの小野珠希(芦那すみれ)と、とあるきっかけで急接近。さらに複雑な思いに友人との友情が絡み合い、那沙は一層思い悩むことに。果たして、男女の不思議な関係の行きつく先やいかに?

映画『月極オトコトモダチ』は、2019年6月8日(土)より順次全国ロードショー!

関連記事

インタビュー特集

【衛藤美彩インタビュー】映画『静かな雨』仲野大賀×中川龍太郎監督が作り出した空気感が役と向き合う時間を生んだ

映画『静かな雨』は2020年2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー! 事故により新しい記憶を一日で失ってしまうようになった女性と、足に麻痺がある青年の出会い、そしてともに人生を歩んで …

インタビュー特集

【速水萌巴監督インタビュー】映画『クシナ』“母娘”を通じて自身の人生と無意識に潜む物語を描き出していく

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)より全国にて絶賛公開中! 人里離れた山奥で独自の共同体を築き営んできた村に、外界の男女が足を踏み入れたことで始まる綻びと、母娘の愛情と憎悪を映し出した映画『ク …

インタビュー特集

【渡辺あやインタビュー】映画『ワンダーウォール』現代にはびこる“怒りの拒絶”と向き合うための新たな切り口

映画『ワンダーウォール 劇場版』は2020年4月10日(金)より全国順次ロードショー ある学生が京都で見つけた汚いけれど歴史ある学生寮。そこは、魅力にあふれ、寮生たちが「何としてでも守りたい」と奮闘す …

インタビュー特集

【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは

映画『太陽の家』は2020年1月17日(金)より、TOHO シネマズ 日比谷ほか全国公開! 優しく寛容である男の信念と苦悩を、人々との繋がりを通して描きあげた長渕剛主演の『太陽の家』。 一本気で気立て …

インタビュー特集

前原滉×きたろう×池田暁監督インタビュー|映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』は“笑い”と“想像”の豊かさで不条理と対峙する

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』は2021年3月26日(金)より、テアトル新宿ほか全国順次ロードショー! 『山守クリップ工場の辺り』(2013)にてロッテルダム国際映画祭とバンクーバー国際映画祭でグ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学