Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2022/07/06
Update

【間宮祥太朗インタビュー】映画『破戒』教師・丑松の誠実さと“祈り”が令和の時代を生きる人々へ“種”をもたらす

  • Writer :
  • ほりきみき

映画『破戒』は2022年7月8日(金)より丸の内 TOEIほかにて全国公開!

島崎藤村の不朽の名作小説『破戒』。1948年には木下恵介監督が池部良主演で、1962年には市川崑監督が市川雷蔵主演で映画化された小説が、間宮祥太朗主演にて60年ぶりの映画化を果たしました。

このたび間宮祥太朗を主演に迎え、東映京都撮影所が総力をあげて取り組んだことで、『破戒』の物語とその舞台となる明治後期の時代を見事に描き出しました。


photo by 田中舘裕介

このたびの劇場公開を記念して、間宮祥太朗さんにインタビュー。

自身の出自に苦悩し葛藤する教師・丑松を演じられる上で心がけたことやその人物像、間宮さんが感じとった小説『破戒』を令和の時代に新たに映画化する意味などについて、貴重なお話を伺いました。

スポンサーリンク

島崎藤村『破戒』を令和に映画化する意味


photo by 田中舘裕介

──これまでに二度映画化されている島崎藤村の小説『破戒』の新たな映画化企画に対し、間宮さん当初どのような印象を抱かれたのでしょうか。

間宮祥太朗(以下間宮):本作の企画のお話をいただいた当初、「原作は100年以上前の小説であり、過去に2回映画化されている」「その上でなぜ、令和の時代に新たに映画化を試みるのか」という素朴な疑問を抱きました。

そこでまず、今まで読んだことがなかった原作小説を先に読んだ上で、本作の脚本を読ませていただきました。原作の主題やテイストを現代を意識しつつ抽出した映画の脚本は非常にわかりやすく、丑松の葛藤と苦悩の物語がより伝わりやすくなっていました。

そして脚本の内容を今の世の中と改めて照らし合わせて考えた時、制作陣が令和に『破戒』を映画化する意図に自分自身も納得でき、「これはぜひ、映画に参加させていただきたい」と思いました。ただ、過去の映画化作品を観ると変に意識してしまい、自分自身の役作りに影響が生じると思ったため、本作の撮影が終わるまではあえて観ないようにしていました。

名作文学としての「気品」と言葉遣いの「誠実さ」


(C)全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

──間宮さんが『破戒』の主人公・瀬川丑松を演じられるにあたって強く意識されたことは何でしょうか。

間宮:ピーンと張り詰めた池の水面に小石が投げ込まれたり、雨が降ったりして、少しずつ波紋が広がり、大きくなっていく。そして劇中でついに迎える、戒めを破る場面では嵐のように水が激しく動く。

嵐が去ると、池は静かに張っている状態に戻りはするけれど、中の水は嵐の前とはすっかり変わっている……本作の脚本を読み込み、このようなイメージで作品全体における芝居の流れを作りたいと思いました。

そして『破戒』という明治の著名な文学作品を映画化する以上、“気品”と呼ばれるものを失ってはいけない。だからこそ文語体のような劇中のセリフを、響きとして美しく聴こえるように発声することを意識していました。

また教師である丑松の人物像として最もわかりやすいのが、生徒たちへの接し方です。「教師と生徒」「大人と子ども」という区別をせず、一人一人の人間として目の前の相手とちゃんと対話をすることを大事にしている。そこは丑松の好きな部分でもあります。

実は準備稿の段階では、丑松は生徒に対し敬語を使っていなかったのですが、前田監督と改めてご相談し、劇中で生徒を呼びかける時には「さん付け」をするようにしていただきました。その言葉遣いは、丑松の誠実さの表れだと感じています。

スポンサーリンク

恋人同士の、些細で細やかな距離感の交わり


(C)全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

──石井杏奈さん演じる志保と丑松の関係性を、丑松を演じられた間宮さんご自身はどのように捉えられていたのでしょうか。

間宮:志保との出会いの場面を撮る際、前田監督は「この作品は、部落差別の中で生きてきた丑松が父からの戒めを破ろうとする物語ではあるけれど、志保との場面はラブストーリーを撮っているつもりで撮影したい」とおっしゃっていたので、それを頼りに演じていました。

ラブストーリーのみならず、多くのドラマや映画では恋人同士のスキンシップを映すことで「恋愛」を描き出そうとしますが、その中でも今回の映画は、非常に細やかな交わりがたくさん描かれています。

たとえば出会いの場面は、丑松と志保がただ桜の花びらを追って目が合うというものであり、しかも目が合うのはほんの一瞬です。また二人が一緒に『明星』を読む場面では、丑松がめくったページを志保が受け取るという作業で、指元だけが少し触れそうになる。

そうした恋人同士の、些細で細やかな距離感の交わりを描くことで、二人の心情を映画を観ている方に伝えていく。個人的にはその方が観ていてグッとくると感じられましたし、前田監督の丁寧で細やかな演出がとても光っていました。

教師・瀬川丑松の告白に込められた「祈り」


photo by 田中舘裕介

──丑松が生徒たちに自身の出自を告白する場面には、どのような想いの中で撮影に臨まれましたか。

間宮:一番に意識したのは、「自分が告白したいから告白するのではない」「ただ、大切な存在である生徒たちには、この告白を自分たちが成長していくための糧の一つにしてほしい」という丑松の想いでした。

彼は「瀬川先生はこういう想いを抱えながら生きてきた」という事実をきっかけに、自分の中で考えたり、いろんな人の話を聞いたりして、生徒たち一人一人が自分なりの思いを膨らませていくことを祈っていたと思うんです。

自分が経験してきたことやその時の感情を誠実に伝え、それが生徒たち一人一人の中に、同じ形ではなくてもいいから何かが残ってほしい。そうした丑松の想いを伝えるため、祈るように彼を演じました。

スポンサーリンク

考えたり、感じたりする“種”のようなものが残る


photo by 田中舘裕介

──最後に、完成した映画『破戒』を初めてご覧になられた際のご感想を改めてお聞かせいただけますか。

間宮:これまでは自分が関わらせていただいた作品を観るとアレコレ考えてしまっていましたが、本作に関しては「良い映画だな」と自分でも驚いてしまうほどシンプルな言葉が思い浮かびました。そんなことはこれまでなかったので、非常に幸せなことだと思いますし、この映画が自分にとって重要な作品となったことを実感できました。

一方で、本作に参加させていただいた中で、部落差別が100年以上経ってもまだ残っていることを改めて知ったのは衝撃的な出来事でした。ただ本作の背景には確かに部落差別がありますが、部落差別のみにフォーカスした映画だとは捉えていません。

「島崎藤村が綴った『破戒』という物語を令和の時代に映画化し、映画館で上映するのはなぜか」……部落への差別のみならず、新しく名前がついた差別、まだ名前もついていない差別といった、現代社会という空間に漂っている様々なものとリンクして、観客のみなさんが何かを考えたり、感じたりする“種”のようなものが残る映画体験を味わっていただけたらとうれしいです。

そこに、今回の『破戒』の映画化の本当の意味があると思います。

インタビュー/ほりきみき
撮影/田中舘裕介

間宮祥太朗プロフィール

1993年生まれ。神奈川県出身。テレビドラマ『スクラップ・ティーチャー 〜教師再生〜』(2008)で俳優デビュー。

映画・ドラマ・舞台・CMなど多彩なジャンルで活躍し、『全員死刑』(2017、監督:小林勇貴)で映画初主演を果たし、2018年にはNHK連続テレビ小説『半分、青い。』に出演したことで全国的な人気を博す。

2022年にはテレビドラマ『ファイトソング』『ナンバMG5』に立て続けに出演。映画では『ライチ☆光クラブ』(2016、監督;内藤瑛亮)、『帝一の國』(2017、監督:永井聡)、『不能犯』(2018、監督:白石晃士)、『翔んで埼玉』(2019、監督:武内英樹)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』(2019、監督:山戸結希)、『殺さない彼と死なない彼女』(2019、監督:小林啓一)、『Red』(2020、監督:三島由紀子)、『東京リベンジャーズ』(2021、監督:英勉)など話題作に出演。

映画『破戒』の作品情報

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
島崎藤村

【監督】
前田和男

【脚本】
加藤正人、木田紀生

【キャスト】
間宮祥太朗、石井杏奈、矢本悠馬、高橋和也、小林綾子、七瀬公、ウーイェイよしたか(スマイル)、大東駿介、竹中直人、本田博太郎、田中要次、石橋蓮司、眞島秀和

【作品概要】
島崎藤村の同名小説を、1962年の市川崑監督版から60年ぶりに映画化。主演を務めるのは近年、映画『東京リベンジャーズ』やテレビドラマ『ファイトソング』『ナンバMG5』に出演するなど、活躍が目覚ましい間宮祥太朗。自らの出自に苦悩しつつも、最後にはある告白を決意する主人公・丑松という難役に挑戦した。

相手役・志保を演じるのは石井杏奈。丑松に恋心を寄せつつも、なかなか思いを告げられない女性を演じる。また葛藤する丑松を支える親友・銀之助役には矢本悠馬。その他にも眞島秀和、高橋和也、竹中直人、本田博太郎、田中要次、石橋蓮司、大東駿介、小林綾子などが顔を揃えた。

脚本は『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』『ふしぎな岬の物語』で日本アカデミー賞優秀脚本賞ほか数々の受賞歴を誇る加藤正人と、『バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌』で第58回毎日映画コンクール脚本賞を受賞した木田紀生。

そして監督を、椎名桔平主演映画『発熱天使』(高崎映画祭招待作品)やキネマ旬報「文化映画部門」ベストテン7位の『みみをすます』(教育映画祭最優秀賞・文部科学大臣賞)を手がけた前田和男が務める。

映画『破戒』のあらすじ


(C)全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

瀬川丑松(間宮祥太朗)は、自分が被差別部落出身ということを隠して地元を離れ、ある小学校の教員として奉職する。彼はその出自を隠し通すよう、亡くなった父からの強い戒めを受けていた。

彼は生徒に慕われる良い教師だったが、出自を隠していることに悩み、また差別の現状を体験することで心を乱しつつも、下宿先の士族出身の女性・志保(石井杏奈)との恋に心を焦がしていた。

友人の同僚教師・銀之助(矢本悠馬)の支えはあったが、学校では丑松の出自についての疑念も抱かれ始め、丑松の立場は危ういものになっていく。苦しみの中で丑松は、被差別部落出身の思想家・猪子蓮太郎(眞島秀和)に傾倒していく。

猪子宛に手紙を書いたところ、思いがけず猪子と対面する機会を得るが、丑松は猪子にすら自分の出自を告白することができなかった。そんな中、猪子の演説会が開かれる。

丑松は、「人間はみな等しく尊厳をもつものだ」という猪子の言葉に強い感動を覚えるが、猪子は演説後、政敵の放った暴漢に襲われる。この事件がきっかけとなり、丑松はある決意を胸に、教え子たちが待つ最後の教壇へ立とうとする。

堀木三紀プロフィール

日本映画ペンクラブ会員。2016年より映画テレビ技術協会発行の月刊誌「映画テレビ技術」にて監督インタビューの担当となり、以降映画の世界に足を踏み入れる。

これまでにインタビューした監督は三池崇史、是枝裕和、白石和彌、篠原哲雄、本広克行など100人を超える。海外の作品に関してもジョン・ウー、ミカ・カウリスマキ、アグニェシュカ・ホランドなど多数。




関連記事

インタビュー特集

【大庭功睦監督インタビュー:後編(作家編)】映画『キュクロプス』に配した「問いと答え」を語る⑵

映画『キュクロプス』が2019年5月3日(金)よりテアトル新宿を皮切りに全国順次公開 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にて、批評家が選ぶシネガーアワードと北海道知事賞の2冠を果たした『キュ …

インタビュー特集

【外山文治監督インタビュー】映画『ソワレ』村上虹郎×芋生悠演じる若い男女を通じて“現在”を想像以上に描く

映画『ソワレ』は2020年8月28日(金)よりテアトル新宿ほかにて全国ロードショー公開! 映画『ソワレ』は和歌山県を舞台に、暗い過去を持つ若い女性・山下タカラが、ある罪を犯したことで偶然出会った俳優志 …

インタビュー特集

【阪本順治監督×新崎人生インタビュー】映画『一度も撃ってません』二人の縁とプロレスラー経験がもたらしたもの

映画『一度も撃ってません』は2020年7月3日(金)より全国公開中! 日本映画界において欠かすことのできない一人であるベテラン俳優・石橋連司の18年ぶりとなる映画主演作『一度も撃ってません』。 監督・ …

インタビュー特集

【木下ほうかインタビュー】映画『裸の天使 赤い部屋』主演作で語る“演技”の理想像と俳優として今立ち返る“目標”

映画『裸の天使 赤い部屋』は2021年4月2日(金)より全国順次公開! 文豪・江戸川乱歩の短編小説を現代にアレンジする「赤い部屋」シリーズの第2弾にして、乱歩の傑作短編「畸形の天女」を映画化した『裸の …

インタビュー特集

【越川道夫監督インタビュー】映画『夕陽のあと』現代家族の形の中心に子どもを捉えた時、物語は新たな可能性を生み出す

映画『夕陽のあと』越川道夫監督インタビュー 2019年11月8日(金)より全国公開された『夕陽のあと』は、鹿児島の長島町の有志組織「長島大陸映画実行委員会」が立ち上げた企画。 豊かな自然と漁業を中心と …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学