Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2021/03/15
Update

小村昌士監督インタビュー|映画『POP!』小野莉奈の魅力とAru-2の音楽で独特の世界観を構築

  • Writer :
  • 咲田真菜

大阪アジアン映画祭・インディーフォーラム部門正式エントリー作品
小村昌士監督初長編作品映画『POP!』

MOOSIC LAB[JOINT]2020-2021にて上映中

『アルプススタンドのはしの方』『テロルンとルンルン』(ともに2020)などで注目を集める小野莉奈が主演を務め、2021年3月5日~3月14日にて開催の第16回大阪アジアン映画祭・インディーフォーラム部門に正式招待された映画『POP!』。

『とんかつDJアゲ太郎』(2020)『疑惑とダンス』(2019)などに出演し、個性ある演技で注目されていた俳優・小村昌士の初長編監督作である本作。早くもインディーズ映画の中で注目が集まる作品となっています。


(C)Cinemarche

このたび、第16回大阪アジアン映画祭での作品上映を記念し、本作を手がけた小村昌士監督へのインタビューを敢行

主演の小野莉奈の役柄とその演出意図について、また大阪アジアン映画祭での観客の様子や自身の俳優・監督の活動に関する想いなどを語ってくださいました。

スポンサーリンク

劇場上映が実現した大阪アジアン映画祭

大阪アジアン映画祭の会場ポスターと小村昌士監督


(C)2G FILM

──映画『POP!』の大阪アジアン映画祭への正式招待が決まった際のお気持ちを改めてお聞かせください。

小村昌士監督(以下、小村):選んでくださったことが純粋にうれしかったですし、作品の意図が分かってもらえたという安心感がありました。大阪アジアン映画祭は、2016年に『食べられる男』(脚本)という映画で参加しましたが、大阪は僕の地元ですし、『POP!』を大阪の人に観ていただける機会が与えられ、光栄でした。

──映画祭が開催中ですが、現場の雰囲気はいかがでしょう。

小村:オンラインで開催される映画祭が多い中、作品の上映のみとはいえ劇場で開催するというのはすごいことですし、劇場や時間帯をうまく散らして、プログラムを組んでいらっしゃるように感じました。

僕も実際に劇場で『POP!』を観ましたが、外国人の方々も笑ったり驚いたりしていたことが直に伝わってきて、すごく新鮮でした。この作品はぜひ劇場で観ていただきたいと思っているので、このように劇場開催ができたのは、映画祭実行委員の皆さんのおかげだと思います。

「小野莉奈論」を具現化した「柏倉リン」


(C)2G FILM

──映画『POP!』をどのような作品にしようと考えていましたか。

小村:この作品の中で「こういうことが言いたい」と主張している要素はあまりないんです。これまで短編映画を自主制作で作ってきたり、長編映画で脚本を書いてきたりしましたが、監督として長編映画を撮るのは初めてだったので、60分以上の尺の中で、何をどういうふうに見せればいいのかというところは意識しました。

実は主演の小野莉奈さんとは縁があって、小野さんがデビューしたドラマに僕も出演していたんです。そこに勝手に縁を感じて、今度は僕の長編映画デビューに小野さんに付き合ってもらったという感じです。

そういう意味でも、作品の中で小野さんの良さや魅力を引き出したいと思っていました。過去に小野さんが出演されている作品や素材を見せていただいたり、実際にお会いして話した時、僕の中でできた「小野莉奈論」みたいなものがあって、小野さんが演じている「柏倉リン」は、それをあますことなく出すために作ったキャラクターです。そしてもう一つ、実は柏倉リンは年齢も性別も違いますが、僕自身のことを重ねている部分もあります。

──柏倉リンの役作りについて、小野さんとはどんな話し合いをしましたか。

小村:柏倉リンは、生き方に迷っているキャラクターなので、あえてキャラクター作りをはっきりさせませんでした。小野さんには迷いながら演じてほしかったのです。

リンは、物語の中で地方局のチャリティー番組のキャラクターを務めていますが、「何でこんなことをしているのか」というやらされている感があります。実際に迷いながら演じてもらうことで、柏倉リンと小野さんの迷いがリンクして、とてもいい表情が出るのではないかということを意識しました。

──柏倉リンはチャリティー番組のキャラクターを務めながら、駐車場でアルバイトをしています。そもそもなぜ駐車場を舞台にしたのでしょう?

小村:リンが駐車場でアルバイトをするという設定には、大きな意味があります。車は人を乗せて動き、前へ進んでいくものですが、駐車場に止めておくだけでは当たり前のことですが、どこにも行くことができません。

冒頭で、チャリティー番組を一緒にやっている小林且弥さん演じる庄司が「車で送ろうか」とリンに声をかけるシーンがありますが、リンはその誘いを断り、駐車場バイトへと向かう。大人たちは前に進んでいるけども、リンは車を停車させる場所に居座っている。20歳を目前にしてにどこへ向かえばいいのか迷い、停滞している柏倉リンそのものがそこに居るわけです。

物語の中で、リンは20歳の誕生日を迎えます。大人になったリンが、これまでどおり駐車場に居続けるのかそれとも別の行動を取るのか、それをラストシーンで表現しています。

スポンサーリンク

映画『POP!』は純度の高い作品

(C)2G FILM

──監督は、俳優としても活躍されていますね。

小村:僕は役者として芝居をすることに欲がなくて、できれば出演したくないんです(笑)。俳優は自分がいいと思って演じてみてもNGになったりすることがありますし、自分がやりたくないことを指示されることもあると思います。その中でベストを尽くしてお芝居をすることに、魅力もやりがいも感じることはありますが、自分で監督や脚本に携わって作っていくことの方が、今の自分にとってはより魅力的に感じています。

ただ『POP!』を撮り終わった時、すぐまた撮りたいという気持ちが半分、二度とやりたくないという気持ちが半分でした。それぐらいしんどかったです。

──次回作の構想はありますか?

小村:次は中編映画を作ろうかと考えています。昨年、中編映画の面白い映画をいくつか観て、40分~50分というのは渋い尺で良いなと思ったんです。今回長編映画を作ったことで、映画館に観に来てほしいという気持ちと同時に、改めて映画は時間芸術だと感じました。日によって映画の体感時間は違うと思いますし、映画の尺に対して以前より意識するようになりました。

テーマは、『POP!』は小野さんが演じる柏倉リンをじっくり見せる画だったり、音楽との兼ね合いがありましたが、次はテンポにこだわりたいです。40分という時間の中でどうみせるか、どこに着地するかというのをすごく考えています。

──改めて映画『POP!』の見どころをお聞かせください。

小村:ほぼ全シーンに出演している柏倉リンを演じる小野さんの一つひとつの動作や表情から、小野さんの魅力を感じてもらえたら嬉しいです。それと今回はMOOSIC LABという企画のもと、ビートメーカーのAru-2さんに音楽を担当していただいたのですが、この物語とAru-2さんの音楽で、いい化学反応が生まれるようにと意識して作ったので、その部分を楽しんでもらえると嬉しいです。そして是非劇場で堪能していただきたいです。

今回自分で脚本を書いて長編映画を作って再認識したのは、インディーズ映画は純度が高いものであるべきだということ。本作は映画的にうまくやろうとする感覚よりも、今の自分をさらけ出した感はあるので、そういう意味では純度が高いものに仕上がったと感じてます。

インタビュー・撮影/咲田真菜

小村昌士監督プロフィール


(C)2G FILM

1992年生まれ、大阪府出身。大阪芸術大学映像学科を卒業後、ENBUゼミナール・映画監督コースに入学。

これまでに数本の監督作と脚本作、また役者としての出演作がある。映画『POP!』が初の長編監督作になる。

映画『POP!』の作品情報

(C)2G FILM

【上映】
2021年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
小村昌士

【音楽】
Aru-2

【出演者】【作品概要】
『とんかつDJアゲ太郎』(2020)や『疑惑とダンス』(2019)などの作品に俳優として出演し、個性ある演技で注目をされていた小村昌士が、『アルプススタンドのはしの方』(2020)『テロルンとルンルン』(2020)などで注目を集める小野莉奈とタッグを組み、初の長編映画に挑んだ作品。また音楽を唯一無二のビートメイカーであるAru-2が手がけています。

映画『POP!』のあらすじ


(C)2G FILM

地方テレビ局のチャリティー番組「明日のアース」でオフィシャルチャリティーサポーターをつとめる柏倉リン(19)。

リンは番組内でハート型のかぶりものを被り「世界平和」を謳っていながらも、実生活では20歳を目前にして「愛」というものに悩んでいます。

スタッフの大人達とは馬が合わず、バイト先の駐車場でも無断駐車されるなど上手くいかないことが多いリン。周りの大人たちの言動に疑念的な感情を抱きながら、20歳という人生の節目を迎えることになります……。



関連記事

インタビュー特集

【水橋研二インタビュー】映画『カゾクデッサン』キャスト・スタッフ全員で作り上げた熱意が溢れる撮影現場

映画『カゾクデッサン』は2020年3月21日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開! 映画『カゾクデッサン』は、本作が初長編となる新鋭・今井文寛が監督・脚本・製作を務めます。 意識を亡くし …

インタビュー特集

【小中和哉監督インタビュー】映画『VAMP』ホラー作品を兄弟制作する原点を探る

映画『VAMP』は2019年8月より、キネカ大森(東京)、シネマスコーレ(名古屋)、シアターセブン(大阪)開催の「夏のホラー秘宝まつり2019」にて上映! 1982年には自主映画『地球に落ちてきたくま …

インタビュー特集

【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい

特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」 東南アジアの地域を越えて世界に挑戦し、映画ファンを魅了し続ける映画作家の原点から最新作、注目の若手監督の意欲作を一挙特集上映した「東南アジア映画の巨匠たち」。 2 …

インタビュー特集

【木下ほうかインタビュー】映画『裸の天使 赤い部屋』主演作で語る“演技”の理想像と俳優として今立ち返る“目標”

映画『裸の天使 赤い部屋』は2021年4月2日(金)より全国順次公開! 文豪・江戸川乱歩の短編小説を現代にアレンジする「赤い部屋」シリーズの第2弾にして、乱歩の傑作短編「畸形の天女」を映画化した『裸の …

インタビュー特集

【チョン・ボムシク監督インタビュー】『コンジアム』実在の心霊スポットとホラー映画を融合させた映像作家の正体

韓国ホラー映画『コンジアム』は、2019年3月23日(土)より全国公開! 2012年にアメリカのテレビチャンネルが発表した「世界7大心霊スポット」。なかでも韓国から選出された廃病院の昆池岩精神病院(コ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学