Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/11/27
Update

『ゴーストマスター』映画監督トビーフーパーへの敬愛と【スペースバンパイアの結末】にリスペクトした理由を深掘り考察

  • Writer :
  • 増田健

映画『ゴーストマスター』は2019年12月6日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!

映像企画発掘コンペ「TSUTAYA CREATERS’PROGRAM FILM 2016」で準グランプリを受賞。その後、各国の映画祭に出品され、世界の映画ファンから“究極の映画愛”を描いた作品として熱い支持を集めた映画『ゴーストマスター』

この映画をよりお楽しみいただくために、今回はこの作品の大きなモチーフである、トビー・フーパー監督と彼の作品『スペースバンパイア』(1985)について、映画解説していきます。

スポンサーリンク

映画『ゴーストマスター』の作品情報


(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会

【公開】
2019年12月6日(金)(日本映画)

【脚本】
楠野一郎

【監督・脚本】
ヤングポール

【出演】
三浦貴大、成海璃子、板垣瑞生、永尾まりや、原嶋元久、寺中寿之、篠原信一、川瀬陽太、柴本幸、森下能幸、手塚とおる、麿赤兒

【作品概要】
安易な恋愛青春映画の撮影現場が、血みどろホラーの舞台へと変貌。やがて物語は映画製作への熱い愛を語り始める。怒涛のクライマックスへ向け突っ走る、ホラー・コメディ映画。

監督はアメリカ人の父と日本人の母を持つヤングポール。黒沢清監督に師事し、東京芸術大学大学院修了製作の映画『真夜中の羊』は、フランクフルト映画祭・ハンブルク映画祭で上映されています。

その後イギリスのレイダンス映画祭では、「今注目すべき7人の日本人インデペンデント映画監督」の1人に選出され、『それでも僕は君が好き』などドラマの演出にも活躍中です。

三浦貴夫と成海璃子が主演を務め、2人をとりまく撮影現場の俳優・スタッフ陣を、川瀬陽太・森下能幸・手塚とおる・麿赤兒など個性派俳優たちが固めます。

映画『ゴーストマスター』のあらすじ


(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会

とある廃校で撮影中の人気コミック映画化作品、通称「ボクキョー」こと『僕に今日、天使の君が舞い降りた』。その現場には監督やスタッフからこき使われる、助監督・黒沢明(三浦貴大)の姿がありました。

日本映画代表する巨匠と同じ名を持つ黒沢ですが、本人はB級ホラー映画を熱烈に愛する気弱な映画オタク。今日も現場で散々な目に遭わされますが、いつか監督として映画を撮らせるとの、プロデューサーの言葉を信じて耐え忍んでいます。

黒沢の心の支えは、自分が監督として撮る映画『ゴーストマスター』の書き溜めた脚本。それ敬愛する、トビー・フーパー監督の『スペースバンパイア』にオマージュを捧げた作品でした。彼はそれを肌身離さず持ち、手を加え続けていました。

ところが「ボクキョー」の撮影は、主演人気俳優が“壁ドン”シーンに悩んで撮影が中断。皆の不満は黒沢へと集中します。それでも黒沢は、出演女優の渡良瀬真菜(成海璃子)に自分が撮る映画、『ゴーストマスター』への熱い想いを伝える事が出来ました。

ところが黒沢に対し、真菜は厳しい言葉を浴びせます。さらにプロデューサーは彼に映画を撮らせる気など無いと知り、黒沢は絶望のどん底へと突き落とされます。

黒沢の不満と怨念のような映画愛は、『ゴーストマスター』の脚本に憑依します。悪霊を宿した脚本は、キラキラ恋愛映画の撮影現場を、血みどろの惨状に変えてゆきます。

どうすればこの恐怖の現場から逃れられるのか、悪霊と化した脚本を浄化させる事ができるのか。残された者たちの、映画への情熱が試される…。

スポンサーリンク

主人公・黒沢が愛したトビー・フーパー監督とは

映画『ゴーストマスター』の主人公・黒沢明。彼は偶然にも“世界のクロサワ”と同じ名前という宿命をもち、情熱を映画制作に注ぎ込んだ助監督でした。(実在した黒澤明監督は「澤」である)

そんな主人公・黒沢が敬愛し、心の師と仰いだのがトビー・フーパー監督でした。

トビー・フーパー監督とはどのような人物で、また劇中でも大きくリスペクトした映画『スペースバンパイア』とは、どのような作品なのでしょうか?

トビー・フーパー監督のプロフィール

1943年、テキサス州オースティン生まれ。映画好きの両親の影響で幼い頃より映画を見て育ち、16歳で短編映画を撮り始めます。

地元の仲間たちと製作し1973年に完成した『悪魔のいけにえ』が、翌年公開されるとその過激な映像と音響、そして暴力描写は大きな反響を呼び、世界中のファンの注目を集めました。

その後規模の大きな作品を手がけるようになり、1982年スティーヴン・スピルバーグ製作の『ポルターガイスト』を、1985年には『スペースバンパイア』を監督します。

その後も数多くの映画・TV作品を手がけ、ホラー映画の第一人者として活躍し続けます。

彼の作品から影響を受けたと語るクリエイターは数知れず、一例を挙げると0(ゼロ)年代にブームとなった“ニューウェイヴ・オブ・フレンチホラー”の作品群は、『悪魔のいけにえ』から大きな影響を受けています。

2017年、ファンから惜しまれつつ74歳で亡くなりました。

映画『スペースバンパイア』の作品情報

【日本公開】
1985年(イギリス映画)

【原題】
Lifeforce

【監督】
トビー・フーパー

【出演】
スティーブ・レイルズバック、マチルダ・メイ、ピーター・ファース、フランク・フィンレイ、パトリック・スチュワート

【あらすじ】
1986年、当時地球に接近中であったハレー彗星の調査に向かった宇宙船チャーチル号は、彗星に隠れる様に潜む未知の宇宙船を発見します。

船長のカールセン大佐(スティーヴ・レイルズバック)らクルーは船内を探索、全裸の女一人男二人が眠るカプセルを発見しますが、その後チャーチル号は連絡を絶ちました。

1ヶ月後、救援宇宙船コロムビア号はチャーチル号に接近、クルーの焼死体とカプセルを発見、回収したカプセルを欧州宇宙研究センターに運びこみます。

するとカプセルの女(マチルダ・メイ)が目を覚まし、ガードマンに抱きつきます。彼女に精気(生命エネルギー)を吸われた男は、ミイラのごとき姿に変貌します。ファラーダ博士(フランク・フィンレイ)が駆けつけた時には、彼女はロンドンの町に姿を消していました。

科学者は彼女の正体は生命エネルギーを吸い取る生物、“スペースバンパイア”だと判断します。被害者も“スペースバンパイア”と化し、新たな犠牲者を求めます。やがて町で被害者が発生。ケイン大佐(ピーター・ファース)は女を捕えるべく指揮をとります。

その頃チャーチル号の船長、カールセンが乗った脱出カプセルがテキサス州に着陸。ロンドンに送られた彼は、カプセル回収後にクルーが犠牲となり、その原因である“スペースバンパイア”を地球に送らぬよう、チャーチル号に放火、破壊したと説明します。

“スペースバンパイア”の活動を阻止しようと、ケイン大佐に協力するカールセン。チャーチル号で女バンパイアと交って得た、彼の身に付いた能力が捜索の鍵となります。しかし街はバンパイアと化した人々で溢れ、NATO軍はロンドンの核攻撃を検討し始めます。

女バンパイアと互いの生命エネルギーを交換したカールセンは、同時に彼女に魅かれてもいました。そして男バンパイアも復活し、混乱したロンドンに未知の宇宙船が接近します。

激しく女バンパイアと求め合うカールセン。彼は“スペースバンパイア”を倒し、ロンドンを危機から救う事が出来るのか。

スポンサーリンク

映画『スペースバンパイア』の作品解説

参考映像:淀川長治先生が『スペースバンパイア』を解説

1973年の『悪魔のいけにえ』以降、知名度をあげていたトビー・フーパーが、新興の映画会社キャノン・フィルムズで監督した、SFホラー・アクション映画が『スペースバンパイア』です。

当時としては大規模なスケールの作品で、ハリウッドのメジャースタジオと正面から渡り合える、超大作映画として製作された作品です。

脚本には、ジョン・カーペンターと共に映画『ダーク・スター』を製作、『エイリアン』の脚本と『バタリアン』の監督として有名なダン・オバノンが参加、特殊効果には『スター・ウォーズ』のジョン・ダイクストラと、当時最高のスタッフが集められました。

ヘンリー・マンシーニの作曲したメイン・テーマは、今もテレビ番組のBGMなどに使用されています。音楽にはマイケル・ケイメンも参加、作品に重厚なイメージを与えています。

元々SF映画のジャンルへの抵抗が少ないとされると日本では、当時ホラー映画の宣伝に定評のあった配給会社、日本ヘラルドの「精気を吸う美女バンパイア」(あえてこれ以上説明しません…)をモチーフにした巧みな宣伝もあり、大ヒットを記録します。

そして『スペースバンパイア』が「日曜洋画劇場」でテレビ放送されると、更にファンを拡大する事になります。その際解説者の淀川長治先生が、全裸姿で熱演するマチルダ・メイについて力説している姿は、今でもファンの語り草になっています。

SFとホラーにアクション、そして異形の美女との愛を描いた作品。将に『ゴーストマスター』である主人公、B級映画オタクの黒沢に相応しい映画です。

『ゴーストマスター』が『スペースバンパイア』をモチーフにした意味


(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会

ホラー映画の巨匠の困難な歩みが主人公に重なる

『ゴーストマスター』の主人公・黒沢のみならず、世界のホラー映画ファンの敬愛を集めているトビー・フーパーですが、映画監督としての活躍の軌跡は、決して平坦なものではありませんでした。

仲間と共に製作した『悪魔のいけにえ』は大成功をおさめ、ホラー映画史の金字塔と評されると共に、そのフィルムは今やMoMA(ニューヨーク近代美術館)に収蔵される扱いを受けています

しかし映画は配給会社に買い取られ、今も収益を上げ続ける作品から、フーパーたちが手にできた利益は極一部に過ぎませんでした

それでも高い評価を得たおかげで、次々と映画を監督する機会に恵まれました。そして1982年、当時ハリウッド最大のヒットメーカー、スティーヴン・スピルバーグ製作の『ポルターガイスト』の監督に招かれます

ところが映画はヒットしたものの、実際の監督はスピルバーグではないか、というゴシップが報道されます。スピルバークは擁護しますが、関係者の様々な発言もあって、フーパーがこの作品に果たした役割は大きく傷付けられます

飛躍のチャンスであった『ポルターガイスト』の思わぬ結果に、フーパーは失意に沈みます。

そのフーバーに目を付けたのがキャノン・フィルムズ。イスラエル出身のメナヘム・ゴーランが率いる映画製作会社で、低予算のB級映画を次々ヒットさせ、急成長を遂げていました。

規模が大きくなったキャノン・フィルムズは、いよいよハリウッドメジャーの映画会社と渡り合えるような、スケールの大きな映画製作を目指します。こうして誕生したのが『スペースバンパイア』でした

様々なジャンルを越えた本格的大作娯楽映画『スペースバンパイア』ですが、日本では大成功を収めたものの、残念ながら世界的には製作費に見合う興行収入を得る事が出来ませんでした。

翌年フーパーは、同じキャノン・フィルムズで50年代のSF映画のリメイク作品、『スペースインベーダー』を監督しますが、これは興行的に大失敗となります。

以降トビー・フーパーは大作映画を監督する機会に恵まれず、ハリウッドのメジャーから一歩離れた場所で、映画を監督することになります。

『悪魔のいけにえ』で成功を収めながら、ジョージ・ルーカスやスピルバーグのような存在にはなれなかったトビー・フーパー

『ゴーストマスター』の主人公、黒沢が熱愛するホラー映画の巨匠の名は、同時に映画を作り成功することの困難を暗示するものでした

なぜ『悪魔のいけにえ』ではなく『スペースバンパイア』を?


(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会

まだ若い助監督が、初監督作として目指すトビー・フーパーの作品は、ホラー映画を愛する者なら誰もが知る、低予算で作家性の強い『悪魔のいけにえ』こそ、相応しい作品に思えます。

ですが『ゴーストマスター』で、黒沢が目指した作品は『スペースバンパイア』。映画を愛する黒沢は、SFありホラーありアクションあり、そして美しく愛を描く脚本を温めていました。

はっきり言って様々なジャンルを詰め込んだ、ツギハギのような作品でもある『スペースバンパイア』

それは黒沢も自覚していました。しかし、その物語を力技で成立させた、トビー・フーパーの娯楽大作映画こそが、彼の撮りたい作品の理想像でした。

経験のない駆け出しの助監督の夢見た映画は、実にスケールの大きな娯楽作です。黒沢が一心に書いた脚本の先には、壮大な光景が広がっていたのです

それは安易なコミック原作恋愛映画の現場に集まった人々には、余りに無謀で嘲笑される夢想でした。黒沢の夢と現実とのギャップ、それを象徴する映画こそ『スペースバンパイア』です。

そして恋愛経験の乏しい黒沢は、自分の愛する女性の理想像を、『スペースバンパイア』の女バンパイア、マチルダ・メイの姿に投影していたのです。オタク気質でなくても、男性なら共感を覚える心境でしょう。

そして黒沢が、自分の作品でその女性を演じて欲しかった人物こそ、W主演の成海璃子が演じる、女優・渡良瀬真菜でした

しかし黒沢はその真菜の口から、映画監督になる夢を、彼女が『ゴーストマスター』に出演してもらう望みを、 完膚なきまでに否定されます。その衝撃が黒沢の執念を解き放ち、それが脚本に憑りつき悪霊と化します。

黒沢の解き放された怨念には、映画への愛だけでなく自分の思い描いた女性像、『スペースバンパイア』の女バンパイアへの純粋な、そして捻じれた愛もありました

黒沢が悪霊を呼び起こした、執念のような愛の正体もまた、映画『スペースバンパイア』でした

まとめ


(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会

映画『ゴーストマスター』における、トビー・フーパー監督と『スペースバンパイア』の果たした役割を紹介してきました。

ヤングポール監督と、共に脚本を書いた楠野一郎は、決して好きな監督と好きな映画の名を、映画に盛り込んだだけではありません。それを映画の軸として、物語を紡いだのです

面白いのが、女優・真菜の存在です。彼女は黒沢が脚本で描いた姿を拒絶します。それは黒沢には、悪霊を呼び起こすほど衝撃的な態度でした。

真菜にとって黒沢の語るヒロイン像は、今まで大物俳優の2世として、周囲から望まれた女優像同様、他者から押し付けられた物に過ぎません。

そう、彼女も恐怖の脚本を演じる中で女優魂が試され、今までの自分の枠を壊して成長を遂げる、もう一つの物語の主人公なのです

この巧みな構成が『ゴーストマスター』をホラーコメディを越えた、究極の映画愛を描いた作品に仕上げているのです

そうは言っても、彼女があんな事を言わなければ、『ゴーストマスター』の惨劇は起きなかったはず。きっと脚本に書かれた役名を見て、何をやらされるかを悟った結果でしょう

間違い無く彼女、『スペースバンパイア』を見てますね。そりゃあ、怒りますよ…

映画映画『ゴーストマスター』は2019年12月6日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!





関連記事

ホラー映画

聖ゾンビ女学院あらすじ!虹コンメンバー映画舞台挨拶は?上映館一覧も

新型ウィルスにより人肉を喰らう通称“ギンプ”がという死者が大量発生!文明の99%が絶滅した世界で、未来のために学園いる7人の少女たちが戦いを挑む! 少女たちを演じるのは、声優、イラスト、コスプレなど、 …

ホラー映画

A24映画『ライトハウス(The Lighthouse)』あらすじネタバレと感想。実話が基で実際に起きた事件とは

映画『The Lighthouse(ザ・ライトハウス)』は2019年10月18日アメリカにて公開。 2016年、ニューイングランド地方の深遠な森に住む一家を襲う悪夢を描いた『ウィッチ』で高く評価された …

ホラー映画

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』感想評価レビュー。グロテスクと恐怖のなかにも人生の振り返りを与えてくれる

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は2019年11月1日(金)よりロードショー! 幼年期の親友との忘れられない思い出、しかし、そのなかに忍び込む恐怖の記憶がある事件から …

ホラー映画

映画『ヘレディタリー 継承』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

公開されるや否や、アメリカ国内では「ホラーの常識を覆した」「現代ホラーの頂点」「骨の髄まで凍り付き息もできない」などと、絶賛の嵐を巻き起こした“完璧な悪夢”が日本上陸。 制作は設立わずか5年で『ルーム …

ホラー映画

映画『アス』ネタバレ解説とレビュー評価。ジョーダンピール監督作品の怖さとは⁈

『Us / アス』は、世界中で大ヒットを記録した『ゲット・アウト』の監督及び脚本を務め、アカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピールの最新ホラー映画です。 日本でも都市伝説などで取り上げられるドッベ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP