Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

『チャイルドプレイ(2019)』ネタバレ感想と解説。実際の事件を基に新たなモノを欲しがる子供への警鐘

  • Writer :
  • 奈香じゅん

1988年に一世を風靡した『チャイルド・プレイ』のリブート版が2019年7月に日本公開。

殺人犯の怨霊が宿る人形という設定から30年を経て、家庭で普及する人工知能へと進化したチャッキー。

日本では同日公開されるホラー映画『ポラロイド』共にノルウェー出身の新鋭ラース・クレヴバーグが監督を務めます。

殺人人形チャッキーの声を担当したのは、『スターウォーズ』のルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミル。

スポンサーリンク

映画『チャイルド・プレイ』の作品情報


(C) 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved.Distributed Through United Artists Releasing CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved. 

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Child’s Play

【監督】
ラース・クレヴバーグ

【キャスト】
オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、マーク・ハミル

【作品概要】
『IT“それ”が見えたら、終わり。』の製作陣が本作をプロデュース。自作の短編映画『The Wall』や『ポラロイド』で注目を集めたラース・クレヴバーグが監督を担当し積極的にキャスティングにも加わりました。

デヴィッド・サンドバーグと『カン・フューリー』の続編で共同執筆したテイラー・バートン・スミスが本作の脚本を書いています。

映画『チャイルド・プレイ』のあらすじとネタバレ


(C) 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved.Distributed Through United Artists Releasing CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved. 

ハイテク企業カスラン社はAI搭載の人形を販売。システムとクラウド接続したカスラン社のスピーカーや空調システム、そしてロボット掃除機等を集約するネットワーク機能に加え学習能力も備えています。

製造工場が在るベトナムで、上司からいきなり頬を叩かれ厳しい叱責を受けた行員が腹いせにバディ人形の安全対策に施された全機能を無効化したチップを取り付けます。

梱包されたバディ人形がベルトコンベアで流れて行く中、工員は投身自殺しました。

ゼッドマートの返品対応窓口で働くカレン・バークレーとアンディは町に引っ越して来たばかり。補聴器を必要とするアンディは新モデルのバディ人形に興味を持つ13才で、まだ友達がいません。

隣人のマイク・ノリス刑事は、アパートの廊下に座り1人スマホで遊ぶアンディを頻繁に見かけ、気に留めていました。

ある日、購入したバディ人形の目が赤くなり奇妙だと訴える客が返金を求めて店にやって来ます。カレンは息子の誕生日を控え、上司に掛け合い返品された人形を貰い受けます。

アンディを所有者と認識したバディは、指示を無視し勝手にチャッキーと自分を命名。更に眠ろうとするアンディに「最後まで君が親友」と歌い出します。

最初は苛つくものの側を離れず従順で日々学んでいくチャッキーに、アンディは愛着を持ち始めるようになり、人形のお蔭で友達もできます。

母親のボーイフレンド・シェインの無神経な振る舞いに傷ついていたアンディは、友達を交えチャッキーを使っていたずらを仕掛けます。

その様子を人形に録画させて皆で楽しみ、80年代のホラー映画を観ながら大笑いするアンディ。

特撮による残酷シーンを一緒に見つめる人工知能は、所有者を喜ばせるものとして認識します。

嫌われていることに苛立つシェインは、アンディに度を超えた態度を取ります。

「あんな奴大嫌いだ。消えてくれ」思わずそう言ったアンディの言葉に反応するチャッキーの表情は歪んだ笑みを浮かべ、目が赤く変わりました。

以下、『チャイルド・プレイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『チャイルド・プレイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved.Distributed Through United Artists Releasing CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved. 

自分のトラックにチャッキーが潜んでいると知らないシェインは、自宅に戻り何食わぬ顔で結婚指輪をはめ、幼い子供2人を抱きしめます。

飾りつけのライトを取り外しに庭へ出て来たシェインをチャッキーが襲います。芝刈り機で粉砕されたシェインの頭皮が飛び、置物の人形に乗っかりました。

現場検証に訪れたノリス刑事は、採取された指紋は幼児のもので、犠牲者の妻が夫は職場から直帰したと証言したことを聞かされます。

遺体の顔から首部分の皮膚が剥がされていますが、身分証明書の写真を見たノリス刑事は、カレンと一緒に居た恋人だと分かります。

アンディは、剥がされたシェインの顔を自室で発見。パニックに陥るアンディに、チャッキーは「サプラ~イズ!友達の為なら何でもするよ」と話し掛けます。

責められたチャッキーは、アンディが言ったシェインの悪口を再生し、望みを叶えたのに…という態度を示します。

アンディは事情を友達に明かし、ラッピングペーパーで包んで捨てようとしますが、カレンに見咎められて思わずノリス刑事の母へのプレゼントだと誤魔化します。

ノリス家へ届ける羽目になり、暫くそこへシェインを安置することにしました。

アンディはチャッキーの電気系統を壊して廃棄しますが、修理工が見つけて直してしまいます。再起動したチャッキーが修理工を殺害します。

後日ノリス家をもう一度訪れたアンディは、無事シェインを取り戻しゴミ収集ボックスへ投げ込みました。

一方、新型バディ人形の発売日が訪れます。今回は人工知能を備えた熊の人形バディ・ベアもラインナップに加わり宣伝されました。

舞い戻ったチャッキーはバークレー家のテレビにハッキングして自分の凶行をアンディに見せ、僕達の邪魔をするものはやっつけると笑います。

気が動転しテレビを叩き壊したアンディがチャッキーの仕業だと訴えても信じないカレンは、息子から目を離さない為に職場へ連れて行きます。

店の外にはバディ人形2号を買いに来た大勢の人が待っていました。

同じ頃、浮浪者がゴミの山から剥がされたシェインの顔を発見。報告を聞いたノリス刑事が現場写真を見ると、アンディが持参したプレゼントと同一の包装紙からシェインの顔が覗いています。

同期したスマホでチャッキーが殺害する様子を見たアンディの友達は、人形が暴走していることに気がつきます。

ゼッドマートへ駆けつけた友達とアンディを捉えに来たノリス刑事、そして新商品を求める客全員が店に閉じ込められます。

システムを巧みに利用するチャッキーは、店内に展示されていたドローンを飛ばして攻撃を開始。

そして、アンディの補聴器にハッキングして「君からは離れないよ」と囁きます。

赤い目に変ったバディ・ベアに迫られたアンディを友達が救います。一緒に逃げ出そうとした矢先、店内のテレビに拘束されたカレンが映し出されました。

母親を助ける為に引き返したアンディは、突然殴られ倒れ込みます。殺気に満ちた表情のチャッキーがナイフを振り上げた時、アンディは咄嗟に以前人形が歌った歌詞を口ずさみます。

「最後まで親友」の言葉が初期プログラムに影響を与え、チャッキーの動きを一瞬停めます。

アンディはチャッキーを払い落とし、吊り上げられた母親を救助。飛び掛かって来たチャッキーをノリス刑事が銃で撃ち、カレンが人形の首をもぎ取ります。

床に放り投げられたチャッキーの赤い目が消灯し、遂に人工知能は停止しました。

カスラン社は責任を認めないものの、バディ2号をリコールすると発表。

スポンサーリンク

映画『チャイルド・プレイ』の感想と評価


(C) 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved.Distributed Through United Artists Releasing CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved. 

1988年のリブート版として、全く別のテーマを掲げた2019年公開の『チャイルド・プレイ』

怨念も呪いも関係なく、現代人に対する風刺が込められており、80年代のアナログ特撮をコメディ要素として利用した面白い作品です

ハイテクメーカー・カスラン社は、クラウド接続で起動する人工知能を搭載した子供用の人形“バディ”をリニューアルして発売するという設定。

所有者を喜ばすことが目的とプログラムされており、80年代のホラー映画で描写されるアナログな残酷シーンを笑うアンディ―を見たチャッキーは、その行為が悪いことだと認識しない所が鍵となっています。

冒頭、上司の暴言に対する腹いせに、バディ1号の製造工場で働く行員が人形の安全装置を無効化した後、投身自殺する場面があります。

長時間労働、残業代未払い、1部屋に工員8人を住まわせる等劣悪な労働環境で次々従業員の投身自殺が起きて報道された2010年当時のiPhone最大工場フォックスコン社の事件を例えたものです。

本作の監督を務めたラース・クレヴバーグは、親がおもちゃを買い与えても子供は直ぐ飽きて新しい物を欲しがるが、人々の犠牲によって製造されている現状があるとインタビューで答えました

一方、利便性を叶える新技術は日々の生活に深く入り込んでおり、クレヴバーグ自身もスマホに頼りきりだと話します。

しかし、その潜在能力は、一度間違えば人間には有害かもしれないと本作は描いているのです。

2018年の『ビール・ストリートの恋人たち』で凄みがある演技を見せたブライアン・タイリー・ヘンリーがマイク・ノリス刑事役を演じています。

ホラー映画の大ファンであるヘンリーは、『チャイルド・プレイ』と聞き即出演を決めました。

皮肉の利いた冗談が得意なヘンリーのアドリブであろう小気味好さや、一瞬見せる刑事の気迫など幅のある表現力を見せており、マーク・ハミルの熟練した声の演技と共に作品を締める役割を果たしています。

そして、ヘンリーが絶賛するのは、主人公アンディ・バークレーを演じた『ライト/オフ』(2016)のガブリエル・ベイトマン。

孤独な少年から母・カレンを救う小さな戦士に至る変遷は説得力があり、彼の視点で進行する物語の主役を見事に担っています

まとめ


(C) 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved.Distributed Through United Artists Releasing CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved. 

新居地に馴染めないアンディの新しい友達はAI内臓の人形でした。

スマートハウスで暮らす家族をターゲットに売り出され、更なる快適さを実現するはずだったチャッキー。

しかし、意図的に安全装置が外された先端技術は善悪の区別がつかず、同期できるシステムを悪用し更に狂暴になって行きます。

2019年度公開の『チャイルド・プレイ』は、笑いを上手に取り入れたホラー映画で、GPS、ドローン、自動温度設定装置も人間に対する凶器になり得る可能性を描いたちょっと身につまされる物語です。

関連記事

ホラー映画

映画『ザ・リング/リバース』あらすじと感想レビュー!劇場公開日は

ジャパニーズ・ホラーの名作『リング』のハリウッド版「リング」シリーズ第3弾『ザ・リング/リバース』は、2018年1月26日より全国ロードショー! “観ると必ず7日後に死ぬ”と噂される呪いのビデオを観て …

ホラー映画

【来るネタバレ】映画結末の岡田准一と小松菜奈のラスト意味の真相と解説。知紗の歌を翻訳すると秘密が⁈

2018年の年末からの冬休みに注目必至なのは、第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが、来る』を映画化した、中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 独特の作風で高 …

ホラー映画

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』感想評価レビュー。グロテスクと恐怖のなかにも人生の振り返りを与えてくれる

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は2019年11月1日(金)よりロードショー! 幼年期の親友との忘れられない思い出、しかし、そのなかに忍び込む恐怖の記憶がある事件から …

ホラー映画

ホラー映画『生き人形マリア』あらすじネタバレと感想。結末まで怖い亡きデラマス監督の世界観

『生き人形マリア』はカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019にて上映。 殺人人形チャッキー、呪いの少女人形アナベル…。 映画界を震撼させてきた、人の情念宿った人形たちによって引き起こされ …

ホラー映画

映画『シャイニング』ネタバレあらすじと考察。結末に向かい父親はなぜ狂ったか解説

スタンリー・キューブリック監督が唯一撮ったホラー映画『シャイニング』。 原作者は『キャリー』や『IT』『ミスト』などで知られるモダンホラー小説家、スティーヴン・キング。 「シャイニング」と呼ばれる超能 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP