Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/06/20
Update

映画『リトル・ジョー』内容解説と考察。エミリー・ビーチャム主演で女性監督が手掛けるサイエンススリラー

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『リトル・ジョー』は2020年7月17日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー

幸せになる香りを放つという新種の植物がもたらす不安を描いた異色のスリラー。

主演のエミリー・ビーチャムが第72回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞した映画『リトル・ジョー』が公開されます。

共演に007シリーズのベン・ウィショー、監督はミヒャエル・ハネケの助手を務め、『ルルドの泉で』で注目を集めたジェシカ・ハウスナーです。

スポンサーリンク

映画『リトル・ジョー』の作品情報


(C)COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019

【日本公開】
2020年(オーストリア・イギリス・ドイツ合作)

【監督】
ジェシカ・ハウスナー

【キャスト】
エミリー・ビーチャム、ベン・ウィショー、ケリー・フォックス、キット・コナー他

【作品概要】
監督のジェスカ・ハウスナーは長編初監督作『Lovely Ritaラブリー・リタ』(2001)と続く『Hotelホテル』(2004)『AMOUR FOU(原題)』(2014)がカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されている、カンヌ常連者。また、『ルルドの泉で』(2009)がヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品され、国際映画批評家連盟賞を受賞。本作で長編5作目で、初の英語作品です。

本作の演技が評価され、第79回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞したエミリー・ビーチャムは、マンチェスター出身で、アメリカ人の母とイギリス人の父親の間に生まれた女優です。映画『28週後…』(2007)、『ヘイル、シーザー!』(2016)などに出演。今後の作品としては、ディズニーの『101匹ワンちゃん』の実写映画化『Cruella(原題)』への出演も決定しています。

主人公の同僚のクリス役を務めたのは、ベン・ウィショー。TVミニシリーズ「英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件」(2018)の演技が評価され、第76回ゴールデングローブ賞ドラマ部門助演男優賞を受賞。映画『パフューム ある人殺しの物語』(2006)、『ロブスタ―』(2015)など数多くの作品に出演しており、007シリーズのQ役としても有名です。

映画『リトル・ジョー』のあらすじ


(C)COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019

シングルマザーのアリス(エミリー・ビーチャム)は息子のジョー(キット・コナー)と二人暮らしをしつつ、新種の植物を開発する研究者として目まぐるしい日々を送っていました。

アリス率いる研究チームが作り出した「リトルジョー」は、暖かい場所で毎日水をやり愛情をもって育てると花を咲かせる植物で、幸せになれる香りを放つのが特徴でした。

アリスは自宅にリトルジョーを一鉢持ち帰り、息子のジョーにプレゼントしました。

その日から息子の様子が変わり、それまでとは別人のような行動をとるようになっていきます……。

スポンサーリンク

映画『リトル・ジョー』の感想と評価


(C)COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019

特異なカメラワークと音楽が引き立てる不穏さ

日本人作曲家の故・伊藤貞司による音楽が本作の世界観には欠かせないものだと感じました。

尺八や琴が使われた和の独特な音の響きが、妖艶な中に狂気を孕んだような怪しげな雰囲気を作り出しています。

物語のはじめは耳鳴りのような音が、張り詰めた緊張感を漂わせていて、展開が進むごとに太鼓の音や犬の吠える声などが予期せぬ形で重なり合うことで、どうしようもなく不安感を駆り立てられるのです。

そして、特徴的なカメラワークがその不気味さをさらに際立たせます。

登場人物同士が会話をしているシーンでゆっくりとカメラが近づいていくのですが、アップした先には物語と関係ないと思われるものを捉えていたりするのです。

意味深かつ奇妙な動きに見えない何かがそこにあるような錯覚に陥ります。

シングルマザーの女性が息子への愛に迷う


(C)COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019

本作の肝である「リトル・ジョー」という植物の生態は、香りによってオキシトシン(別名母親ホルモンといって母と赤ん坊の絆を深めるホルモンのこと)の分泌を促して、人々に幸せを感じさせるというものです。

作中では、「リトルジョー」のことを「子どものように愛することができる植物だ」とアリスが語ってます。

そこからも分かるように、母親として息子のジョーへの向き合い方に悩んでいたアリスが自分を肯定するために作り出したような植物ではないかと解釈することもできるでしょう。

しかしあるきっかけから、息子の人格が変わってしまい、それが「リトルジョー」のせいなのではないかという本末転倒な事態に陥ってしまうのです。

愛に迷い、生命を自ら管理しようとした者の破滅的な行く末は、現代社会で愛をはき違える人々への警鐘とも捉えることができるのではないでしょうか。

ラストに関しては賛否が分かれそうですが、感染モノとしての面白さは、徐々に「リトルジョー」の生態が明らかになり、周囲に影響を及ぼしていく前半に詰まっています。

二度目の鑑賞時にも、また新たな発見があって楽しむことができるでしょう。

演技派俳優のベン・ウィショーの危うげかつ繊細な演技にも注目です。

まとめ


(C)COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019

本作はパステルカラーの衣装をはじめ、アリスの部屋のインテリアや照明が醸し出す非現実感がポイントの一つになっています。

研究所で着用している作業着はミントグリーンで、ロッカールームの色合いやアリスの私服までその色彩トーンが統一されていて、色彩を楽しめるのではないでしょうか。

その美しさと裏腹に残酷な生き物「リトルジョー」のギャップがさらに恐怖心を掻き立てます

『リトル・ジョー』は2020年7月17日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー


関連記事

ホラー映画

【カメ止め】ネタバレ含む映画トリビア。金曜ロードショーの地上波と共にチェック!

『カメラを止めるな!』にまつわるトリビア 低予算ながら大ヒットした作品と言えばアメリカで製作され、大ヒットシリーズとなったスリラー映画『ソウ』(2004)などが有名です。 しかし、2018年に日本でも …

ホラー映画

映画『いけにえマン』ネタバレあらすじと感想。中元雄監督のホラー愛が溢れ出るマニアック・ムービー

『いけにえマン』は2019年10月5日から10月18日にかけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開! 『一文字拳 序章 ー最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いー』で、カンフー映画愛を爆発させた中元雄監 …

ホラー映画

映画『オーヴァーロード』ネタバレ感想。ゾンビ×ナチスをJJエイブラムスが極上エンタメ作品に

映画『オーヴァーロード』は2019年5月10日より全国ロードショー公開 あのJ・J・エイブラムスがプロデュースした戦争アクション×ゾンビ映画! 荒唐無稽でB級映画チックな設定を、一流のクリエイターたち …

ホラー映画

哀愁しんでれら元ネタ考察|映画の真意を青い目・白兎・赤い靴のホラーなお伽噺のモチーフから解読!

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠 …

ホラー映画

映画『ハッピー・デス・デイ』ネタバレあらすじと感想。タイムループホラーの結末からどのように抜け出したのか⁈

ホラー映画ファンならお馴染みの殺人鬼と学園を舞台にしたスラッシャー映画。 イケてるけど自己チューで高飛車な、実に性悪女であるツリー。当然ながら彼女は、お約束の様に仮面を着けた殺人鬼に殺されます。 とこ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学