Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

ブラックミラー シーズン1 「人生の軌跡のすべて」ネタバレ感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も

  • Writer :
  • 糸魚川悟

SFオムニバスドラマ『ブラック・ミラー』。

シーズン1の1話である「国歌」では現代を、2話の「1500万メリット」では「完全管理」の未来を舞台に物語が描かれています。

直面している現代と全く想像の出来ない未来、それぞれの物語が私たちが迎えかねない「技術の進歩」による「弊害」と言うメッセージが込められていました。

シーズン1の最終話に当たる3話ではどのような物語が描かれているのか。

今回はシーズン1の最終話「人生の軌跡のすべて」のあらすじと魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

海外ドラマ『ブラック・ミラー シーズン1 「人生の軌跡のすべて」』の作品情報

【原題】
Black Mirror “The Entire History of You”

【公開】
2011年

【監督】
ブライアン・ウェルッシュ

【キャスト】
トビー・ケベル、ジョディ・ウィテカー、トム・カレン

【作品概要】
シーズン1の最終話であり、シリーズ総監修のチャーリー・ブルッカーが脚本に関わっていない唯一のエピソード。

主演はイギリスのロッカー、イアン・カーティスの半生を描いた映画『コントロール』(2007)で英国インディペンデント映画賞で助演俳優賞を受賞し、『ファンタスティック・フォー』(2015)や『キングコング: 髑髏島の巨神』(2017)など多数の映画に出演するトビー・ケベル。

海外ドラマ『ブラック・ミラー シーズン1 「人生の軌跡のすべて」』のあらすじとネタバレ

記憶チップを耳の付け根に埋め込むことで、過去の記憶をいつでも再生することが可能になった未来。

事務所再編のための面接を受けた弁護士のリアムは面接後、妻のフィオナの友人の男性、ジョナスのホームパーティーに招かれます。

面接の出来に心配を覚えるリアムは、妻に面接の一環として記憶の再生も行わないといけないと話します。

ホームパーティーの最中、記憶チップの強盗被害にあって以降、昨今では珍しく「チップ断ち」をしているハラムと言う女性が、チップをしていた時に比べ色々と気楽だと語り、彼女を全員が意外そうな目で見ていました。

主催であるジョナスは独身であることに哲学があり、その哲学を下ネタ交じりで話します。

帰路のタクシーの中で、フィオナが勝手にジョナスを家に招いたことを批難するリアムでしたが、フィオナは記憶を再生し、リアムが招いたと反論します。

自宅につき、ジョナスに夜も遅いと自宅への招待を断ったリアムとフィオナは、家政婦の女性を夜が遅いことを理由に家に泊めることにします。

パーティの最中に当てつけのように独身哲学を語っていたジョナスのことが気に喰わないリアムは、フィオナにジョナスの悪口を並べ立てます。

フィオナは、リアムが自身とジョナスとの関係を疑っていることに気が付き、リアムとの出会いの前に付き合っていたことをリアムに話しました。

しかし、そのことが初耳であったことにリアムは気分を害します。

大喧嘩となり、寝室へと行ってしまったフィオナにリアムは謝罪し、仲直りの意味をこめ2人はセックスへと及びます。

ですが、その行為の間、お互いはジョナスが言っていたように、「アツアツだったころの行為の様子を再生」しながらのものでした。

翌日、朝からお酒を飲みながら昨夜のホームパーティーの映像を見るリアムは、誰も笑わなかったジョナスのジョークにフィオナが笑ったことや、彼女がジョナスを見る時の顔の表情などに難癖をつけ、フィオナを問い詰め始めます。

先日、ジョナスとの交際期間を1週間と言っていたフィオナでしたが、実際は半年であることが分かり、リアムはジョナスがフィオナとの性行為を今も再生しているという妄想に捕らわれ始めます。

泥酔状態とすら言える状態で車を運転しジョナスの家へと押し掛けるリアム。

ジョナスは迷惑そうな表情を浮かべながらも紳士的に対応しますが、ジョナスの部屋からハラムが出てきたことを機にリアムの暴言はますますエスカレートしていきます。

業を煮やしたジョナスは無理矢理リアムを追い返そうとしますが、逆上したリアムに頭を殴られ押さえつけられます。

ハラムは警察に通報しますが、記憶チップを埋め込んでいない彼女の証言は聞き取られず、警察は現場には来ません。

押さえつけたジョナスにフィオナの映像を全て消すことを命じるリアムの指示通り、ジョナスはスクリーンに映した映像からフィオナに関するすべての映像を削除しました。

車を運転し自宅に帰る途中で木に車をぶつけ、気を失ってしまうリアム。

目が覚め、酩酊状態から解けたリアムはジョナスの家で起こした自身の騒動の記憶を再生し、失意にくれてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ブラック・ミラー シーズン1 「人生の軌跡のすべて」』のネタバレ・結末の記載がございます。『ブラック・ミラー シーズン1 「人生の軌跡のすべて」』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

自宅に帰宅したリアムはフィオナの眠る寝室に行き、起きた彼女に向かって「避妊具はつけたのか」と問います。

ジョナスの家での映像を再生するリアムは、ジョナスがスクリーンに映した裸のフィオナの映像の時間が、リアムとの結婚後であり、娘の妊娠前であることを見せます。

決定的な浮気の証拠を見せつけられたフィオナは、その日はリアムと喧嘩をし、自身もお酒を飲んだ状態であったと弁明しますが、耳を貸さないリアムはフィオナに避妊具をつけたかどうかを再度訪ねます。

つけているところ見たというフィオナにリアムはその映像を再生して見せろと言いますが、彼女はその映像は既に消してしまったと言います。

その時間が空白になっていないことを理由に嘘だと見抜くリアムは、フィオナにジョナスとの行為の様子を再生させ、フィオナはその場に泣き崩れます。

その後、フィオナのいなくなった家に1人佇むリアムは、何も知らず幸せだった日々の映像を再生した後、埋め込まれた自らの記憶チップを、ひとり洗面台で取り出します。

スポンサーリンク

海外ドラマ『ブラック・ミラー シーズン1 「人生の軌跡のすべて」』の感想と評価

前2話とは違う「少しだけ進んだ未来」を舞台に「技術の進歩」による「疑心暗鬼」の広がりが描かれている最終話。

このエピソードでは、人間の根幹とも言える「記憶」をいつでもどこでも再生し直すことの出来るテクノロジーの普及により、誰にでもある「忘れる」と言う致命的なミスの無い社会が広がっています。

しかし、様々なトラブルの源である「忘れる」現象が無い社会にも関わらず、全く理想的な社会のようには描写されていません。

主人公のリアムは妻のフィオナと元カレのことで喧嘩をし、家出をしたことがあるほどに「嫉妬心」の強い人間です。

フィオナの友人男性のジョナスのパーティで、フィオナとジョナスが喋っている映像を何度も再生し直し不自然な点をしつこくフィオナに追及していきます。

劇中ではその様子が「猟奇的」に映りますが、考えてみればリアムほどの「嫉妬心」の強い人間が、「記憶」を再生出来るテクノロジーを手にしたら、違和感のある部分を何度も再生し不安を募らせていくのは当然とも言えます。

口喧嘩に「記憶」を再生した「証拠」を使うなど、「技術の進歩」で人間関係がより複雑化してるようにすら思える未来

人間に備わった「忘れる」と言う機能が、実は「技術の進歩」を越えたより大切なものであるのではないか、と感じさせてくれる息の詰まるようなエピソードでした。

まとめ

「猟奇的」とすら言えるにも関わらずどこか共感できる主人公の心情描写と、その分インパクトの強い物語の締め方でファンの多い今エピソード。

「アベンジャーズ」シリーズでお馴染みの俳優、ロバート・ダウニー・Jrが自身のプロダクションによる映画化に興味を示しているという話しもあり、ドラマだけでは描き切れなかった「世界観」の広がりに期待が膨らむ作品です。

関連記事

海外ドラマシリーズ

ツインピークス2017新作放送いつから?WOWOW以外で見る方法は?

新作『ツイン・ピークスThe Return」の全⽶放送がまもなく始まるが、もちろん、日本独占放送が観られるのはWOWOWだ! 奇才デヴィッド・リンチが⼿がけた海外ドラマの原点にして頂点。あの伝説のTV …

海外ドラマシリーズ

ファルコン&ウィンターソルジャー|ネタバレ感想考察。最終回×シーズン2予感のラスト結末まで解説【固定観念と正義を巡る戦い】

アンソニー・マッキー&セバスチャン・スタンW主演ドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』 ついに“フェーズ4”へと到達し、2021年からは映像配信サービス「Disney+」にてマーベルスタジオによる …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『トップオブザレイク~チャイナガール』あらすじと放送日は

女優エリザベス・モスとニコール・キッドマン共演!海外ドラマ『トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール』。 1993年に公開された映画『ピアノ・レッスン』にて、女性監督として初めてカンヌ国際映画祭パルム …

海外ドラマシリーズ

ワンダヴィジョン1・2話のネタバレ感想と内容考察。怖いラスト結末を解説【虚構の世界なのか予想解説⁈】

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。 2019年に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で壮大なクライマックスを迎えたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)。 しかし、 …

海外ドラマシリーズ

『クリミナルマインド』動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

海外ドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs.異常犯罪』は、異常犯罪者の凶行を防ぐため、アーロン・ホッチナー率いるFBIの行動分析課であるプロファイラー・チームBAUの活躍を描いたアクション・ミステ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学