Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/12/02
Update

映画『ある殺人、落葉のころに』三澤拓哉を支えるウォン・フェイパン(黄飛鵬)とは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

日本と香港の若き才能が集いクランク・インした映画『ある殺人、落葉のころに』

冬空の下、神奈川県の大磯で行われるロケーション現場では、三澤組のスタッフたちの間に日本語、英語、中国語の掛け声が飛び交っています。

なかでも覚えたてのカタコトの日本語をあえて使い、ユーモアたっぷりにおどけて見せるコミュニケーション能力で、三澤組の現場を盛り上げるムードメーカーがいました。

本作の香港側のプロデューサー黄飛鵬(ウォン・フェイパン)

今回は監督の三澤拓哉を支えるプロデューサーのウォン・フェイパンをご紹介します。

プロデューサー黄飛鵬(ウォン・フェイパン:右)


©︎渡辺拓真

スポンサーリンク

ウォン・フェイパンのプロフィール


©︎渡辺拓真

黄飛鵬(ウォン・フェイパン)は、香港城市大学クリエイティブメディア学部卒業後、いくつかの映画やテレビドラマで、キャメラマン、編集などの下積みの経験します。

その後に制作した『Leave Them Dry and High』は、2015年香港インディペンデント映画祭のフレッシュウェイブ2014のオープンカテゴリーに参加、また『Stray Dog』は、2014年深圳湾フリッジフェスティバルに参加すると、第17回ifvaの審査員推薦映画に選ばれました。

さらに『An Odd Fish』は、2014年ブラウンシュバイク国際映画祭では、がヨーロッパとドイツのプレミア上映され、第11回北京インディペンデント映画祭のクロージング、南方影展(台湾)の「華人影片競賽」に選出され、審査員特別賞を獲得します。

香港映画『十年』の予告編

ウォン・フェイパンの日本で知られる活動では、2017年7月22日に公開された香港映画『十年』の監督の1人に抜擢されます。

若手監督5名による短編作品の第2話の監督を務めます

5つのショート・ストーリーで構成されこの作品は、映画制作をした揺れる世相であった2015年の香港からその先の10年後の未来の香港をコンセプトに描いた作品です。


(C)Photographed by Andy Wong, provided by Ten Years Studio Limited

ウォン・フェイパンは、失われゆく記憶の記録に思いをはせる主人公を描いた近未来SF映画『冬のセミ』を制作しています。

説明を排する詩的な表現に力を入れた作品で、5作品の中でも異彩を放った難解さと深いテーマ性を醸し出しています。

そのほかに、2017年9月には、ミュージシャンの坂本龍一が国際的に短編映画の応募を募った『async-短編映画コンペティション』に、ウォン・フェイパンはチャレンジしました。

18世紀中頃に書かれた中国の長篇小説『紅樓夢』をテーマに映画化を試みた作品で応募したのです。

この小説は14巻にも及ぶもので、中国では三国志や水滸伝などと共に知られる中国文学の大作

若いながらにウォン・フェイパンは、時代性のある古文の映像化に挑んだことで、若手作家として温故知新にアイデアの矛先を向けた点や幻想的でエッジの効いた艶のあるビジュアルセンスで、またしても注目を集めます。

ウォン・フェイパンと三澤拓哉監督の出会いは

大磯のロケ現場で香港キャメラマンと演技プランを議論する三澤拓哉監督

三澤拓哉監督とウォン・フェイパンが初めて出会ったのは、2014年に互いとって異国の地である韓国の釜山国際映画祭

その際の三澤拓哉監督は、釜山国際映画祭が主催するAFA(アジアンフィルムアカデミー)に参加するために訪韓でした。

若い2人はそれぞれの渾身の一作の映画を話題に対話をし、言葉の壁を苦にもせず、すぐに異文化の才能を認め合うアジアの同志になります。

そんな彼らが再会を果たしたのは、ウォン・フェイパンが香港映画『十年』の上映のために訪日していた2016年に日本で開催された大阪アジアン映画祭2016での会場でした。

三澤拓哉とウォン・フェイパンは大阪の夜に、またしても釜山の時のように縁を深め合う酒を酌み交わし、夜明け近くまでホテルの一室で映画の夢を熱く語りあったそうです。

その際にウォン・フェイパンが三澤拓哉に約束したことが、三澤作品のプロデューサーを自分が買って出るというアイデアでした。

今、その2人の夢が日本の地で叶い、大磯のロケ現場で香港・日本合作映画として花開いたということです。

演出を三澤拓哉が務め、ウォン・フェイパンがプロデューサーを果たす『ある殺人、落葉のころに』は現在撮影快調!

三澤拓哉監督の第2作は2018年公開予定。引き続き、レポートをお楽しみに。


(C)Photographed by Andy Wong, provided by Ten Years Studio Limited



関連記事

ヒューマンドラマ映画

『舟を編む』無料視聴はHulu!ネタバレ感想と考察。ラストまで目が離せない松田龍平と宮崎あおいの演技力!

2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化『舟を編む』。 『散歩する侵略者』に出演し、宇宙人になったような夫役を演じた松田龍平の主演作『舟を編む』。 公開から話題を呼び、松田龍平 …

ヒューマンドラマ映画

映画『猿(Monos)』あらすじネタバレと感想。少年兵役は800人から選ばれた演技経験の殆どない7人

2019年度サンダンス映画祭の審査員特別賞『Monos(邦題;猿)』 映画『猿 (原題:Monos)』は、南米の山頂にキャンプを張る少年兵を描いた物語。 上官から猿と呼ばれる彼等の仕事は、人質として拘 …

ヒューマンドラマ映画

『スウィートビターキャンディー』あらすじ感想と解説評価。小川あんと石田法嗣共演で“大人になりかけ”の少女と居場所のない男の甘くて苦い夏の恋物語

大阪アジアン映画祭出品『スウィートビターキャンディー』が2022年7月15日(金)より全国公開。 『若さと馬鹿さ』(2019)の中村祐太郎監督による第16回大阪アジアン映画祭出品作品『スウィートビター …

ヒューマンドラマ映画

『パルプフィクション』ネタバレ感想。タランティーノ映画の意味不明な内容を解説

世の中はパルプ・フィクション(=くだらない話)だらけ⁈ 必然なのか?偶然なのか?全く別々の物語が、あるタイミングで交わる時、ある者には幸運を、ある者には不運を、ある者には死を与えます。 だから人生は面 …

ヒューマンドラマ映画

映画『シリアにて』ネタバレ感想と解説。戦地が泥沼化する状態を女性の視点で描く

戦地シリア。窓の外は死の世界でアパートの一室に身を寄せる家族とその隣人を女性の視点から描く。 映画『シリアにて』は、激化するシリアで、アパートの一室をシェルター代わりにして身を寄せ合う家族とその隣人を …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学