Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/03/28
Update

映画『パティ・ケイク$』キャスト!親友ジェリ役のシッダルタ・ダナンジェイ紹介

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

サンダンス映画祭史上、かつて類を見ない激しい上映権の争奪戦となった映画『パティ・ケイク$』は、4月27日(金)より、HTC渋谷、新宿シネマカリテほかにてロードショー!

“負け犬=ダンボ”と呼ばれ続けたキラーPこと、パティのミュージシャとしてのサクセスストーリーは、スタイリッシュで鳥肌もののラップシーンを見せつける。

あなたの魂を震わす、新たな音楽映画の秀作!『パティ・ケイク$』

今回はパティの親友ジェリ役を演じたシッダルタ・ダナンジェイをご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『パティ・ケイク$』の作品情報


(C)2017 Twentieth Century Fox

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Patti Cake$

【脚本・監督】
ジェレミー・ジャスパー

【キャスト】
ダニエル・マクドナルド、ブリジット・エバレット、シッダルタ・ダナンジェイ、ママドゥ・アティエ、ワス・スティーブンス、サー・ンガウジャ、MCライト、キャシー・モリアーティ

【作品概要】
困難な状況に置かれながらもラップでの成功を夢見たパティの奮闘する様子を描いたサクセスストーリー。

サンダンス映画祭では、かつて類のないほど映画配給の上映権の激しい争奪戦となり、注目を集めたラップ音楽の秀作。

パティ役で主演を務めたのは、『シークレット・デイ』のダニエル・マクドナルド。この作品のためにラップの猛特訓で挑んだ熱演が見どころの1つ。

パティの母親役を『エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方』のブリジット・エバレット、パティの祖母役を『レイジング・ブル』のキャシー・モリアーティが演じています。

2.映画『パティ・ケイク$』のあらすじ

何も良い出来事などないパトリシア・ドンブロウスキーにとっては、地元ニュージャージーは掃き溜めのような街。

家族といえば、アルコール依存症で金ばかりをせびる母親と、認知症も見えはじめた車椅子の祖母ナナとの3人暮らし。

23歳となったパティは、憧れのラップの神様O-Zのように名声を手に入れ、地元や家族から離れることを夢みていました。

しかし、現実は金ナシ職ナシの挙句、その見た目の体型からも「ダンボ!」と街に住む若者から嘲笑されるパティ。

でも、やはり彼女にとってヒップホップ音楽は魂の叫びであり、パティの周囲のすべてを詩の言霊にする奇跡を起こす“魔法”ようなものでした。


(C)2017 Twentieth Century Fox

しかし、そんなパティのラップに思う情熱とは裏腹に、バンドオーディションに出場しても落選止まり。

彼女の心の奥底の言霊など、誰の心に届くことはありませんでした。

音楽活動が上手くいかずに気を落ちするパティにとって、常に勇気付ける声をかけてくれるのは、唯一の親友で音楽仲間の理解者のジェリ。

ある日、パティは夜の街角で行われるフリースタイルラップ・バトルを見に出かけます。

親友ジェリはパティにキラーPとして、ラップ女王の存在力を見せつけろと参加を促します。

自信を持てずにいたパティでしたが、バトルに出場する因縁の相手であるラッパーを、彼女の渾身のライムで打ち負かします。

ダンボと揶揄されるパティでしたが、クールな彼女の才能に相手の男は思わず暴力に出ます。

たまたま深夜のパトロールで巡回する警察に救われたパティ。

しかも、その警察官はパティと揉めごとの絶えないアルコール依存の母親の幼なじみでした。

パティはその際に母親が、かつてミュージシャンであったことを知りますが…。

スポンサーリンク

3.パティの親友で音楽仲間ジェリ役の存在とは


(C)2017 Twentieth Century Fox

シッダルタ・ダナンジェイ(SIDDARTH DHANANJAY)は、『パティ・ケイク$』のなかで、パティの良き理解者ジェリ役を演じています。

パティの気にしている大柄な体型を揶揄するニックネーム「ダンボ」。

このように街に住む若者から心ない言葉を彼女が浴びせられても、ジェリは常にパティにポジティブな言葉「お前の詩は最高だ、成功を持て余している、成功したくないのか?」と語りかけ続けます。

また、当初ジェリとパティは音楽仲間として2人で活動をしているものの、パティが見つけた新たなる才能の持ち主であるバスタードの加入をきっかけに、バンドメンバーは4人となります。

ジェリ(左)・パティ(左下)・?(中央)・バスタード(右)


(C)2017 Twentieth Century Fox

新たな恋の目覚めにも、ジェリは自分はパティの1番の理解であることを告げたうえで、「バンドにはスキャンダルも必要だ」とポジティブ・シンキングを見せています。

ジェリはパティの親友であるだけでなく、コーチング的な存在である点は、パティのサクセスストーリーには欠かせない役割を果たしています。

4.ジェリ役のシッダルタ・ダナンジェイのプロフィール

資料:MV映像『Dhananjay the First』

シッダルタ・ダナンジェイは大学在学中に、ミュージシャン志望者たちが挙って、自身の映像クリップをアップロードできるサイト「WorldStarHipHop」に、友人と作ったパロディ・ラップ映像「Dhananjay the First」をアップロードします。

『パティ・ケイク$』に出演するキャストを探していたジェレミー・ジャスパー監督は、偶然に見つけたこの映像で、シッダルタに連絡を取ったことがきっかけとなり、映画出演を果たしました。

ジェリ役を演じたシッダルタ・ダナンジェイは、本作『パティ・ケイク$』の自身の演じたジェリやパティの人物像をこのように語っています。

「ジェリは薬局で働く普通の若者ですが、彼にはもっとでかく、楽しく、良い人生を送りた いという大きな夢があります。そして彼はパティが大好きです。彼は彼女の親友で、人生のコーチで、彼女の一番のファンでもあります。彼はパティ・ケイク$を史上最高にかっこいい女の子だと思っています。パティは友達にはとても優しい子だけど、もしあなたが敵だったら気をつけてください。彼女には敵いません。スクリーンでパティを見た観客は みんな彼女に魅了されるでしょう」

この作品ではシッダルタの演じたジェリ役を通して、どんどんとパティの魅力に気が付かされていきます。

パティの魅力については、シッダルタが言うように「スクリーンでパティを見た観客は、みんな彼女に魅了される」はずです。

しかし、パティの才能に気が付き認めたことに関して、いち早くフォロワーとなったジェリの存在はとても大きなものです。

まさしく、それはシッダルタ自身の「Dhananjay the First」をジェレミー・ジャスパーという新人監督がフォロワーとして気が付き認めたことと同じなのかもしれません。

天才や才能を持った者の凄さは当たり前のように存在します。

しかし、実は1人目のフォロワーで現れることで、次々にフォロワー(理解者・ファン)となるファンは増えていくものです。

そのようなことからも、初めのフォロワーであるジェリの存在は、パティとは異なった才能を持つ魅力的な存在です。

資料:MV映像『Dhananjay The First』「Let You Love Me」

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017 Twentieth Century Fox

今回は2018年に公開される最高の音楽映画だと言っても過言ではない『パティ・ケイク$』のあらすじ紹介。

また、キャストのなかでも常にパティの傍にいて優しく支えるジェリの役柄の考察や、シッダルタ・ダナンジェイのプロフィールを紹介しました。

映画『パティ・ケイク$』は、4月27日(金)より、HTC渋谷、新宿シネマカリテほかにてロードショー!

最大の理解者ジェリは言う「ひれ伏したまえ、女王様のお出ましだ!紹介しようミス・パトリシア・ドンブロウスキー、またの名をパティ・ケイク、またの名をキラ〜〜〜P〜〜〜!!

2018年映画ランキングでベスト級の作品である、本作をお見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

村上虹郎映画『銃』あらすじとキャスト。演技力で原作の青春描写に新境地を見せる

映画『銃』は、11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー! “これほど美しく、手に持ちやすいものを、私は他に知らない”というキャッチコピーの本作の原作は『悪と仮面のルール』『去年の冬、きみ …

ヒューマンドラマ映画

映画『その手に触れるまで』感想レビューと評価。ダルデンヌ兄弟が信仰に没頭した少年の過ちと成長を豊かに描く

ベルギーのダルデンヌ兄弟監督が手掛けるヒューマンドラマが日本に上陸 カンヌ国際映画祭で受賞を重ねてきたベルギーのダルデンヌ兄弟が、過激な宗教思想にのめりこみ教師を殺害しようと試みた少年の姿を描き、20 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホット・サマー・ナイツ』ネタバレ感想と評価レビュー。ほぼ無名のティモシー・シャラメを主演に起用

『君の名前で僕を呼んで』『ビューティフル・ボーイ』で一躍人気となったティモシー・シャラメ主演。 『ホット・サマー・ナイツ』は、今注目を集めるティモシー・シャラメが主演を務めたドラマ作品です。 マサチュ …

ヒューマンドラマ映画

映画『喜望峰の風に乗せて』あらすじネタバレと感想。ヨット世界一周の実話にコリン・ファースが挑戦

監督:『博士と彼女のセオリー』のジェームズ・マーシュ×主演:コリン・ファースの最強タッグ! 1968年、ヨットによる単独無寄港世界一周レースに挑戦したドナルド・クローハースト氏の実話を基にした海洋ヒュ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ソング・トゥ・ソング』あらすじと感想評価レビュー。キャストの人気俳優らをクリエイションの場に引き込む手法で描く

映画『ソング・トゥ・ソング』は2020年12月25日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー! ある男女4人の交差する姿から、音楽を背景としてその間に絡み合う感 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学