Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】星の王子ニューヨークへ行く2|あらすじと評価レビュー。続編にエディマーフィらお馴染みのキャストが帰ってきた!

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『星の王子ニューヨークへ行く2』は『星の王子ニューヨークへ行く』の続編!

『星の王子ニューヨークへ行く2』は、前作『星の王子ニューヨークへ行く』に引き続き、主演のアキーム王子役にエディ・マーフィ、セミ役のアルセニオ・ホールなどお馴染みの面々が名を連ね、息の合ったやり取りが笑いを誘う作品となっています。

監督は、エディ・マーフィ主演のNetflix映画『ルディ・レイ・ムーア』(2019)のクレイグ・ブリュワーが務めています。

ザムンダ王国の王子アキームとその従者セミが、30年ぶりに再びクイーンズにやってくる!その目的はいったい何だったのでしょう。あらすじと見どころを解説していきます。

スポンサーリンク

映画『星の王子ニューヨークへ行く2』の作品情報


(C)Images courtesy of Amazon Studios

【公開】
2020年(アメリカ)

【監督】
クレイグ・ブリュワー

【キャスト】
エディ・マーフィ、アーセニオ・ホール、ジャーメイン・ファウラー、レスリー・ジョーンズ、トレイシー・モーガン、キキ・レイン、シャーリー・へドリー、ウェズリー・スナイプス、ジェームズ・アール・ジョーンズ、

【作品概要】
本作は、1988年に大ヒットしたコメディ映画『星の王子ニューヨークへ行く』の続編です。

主演のエディ・マーフィほか、セミ役のアルセニオ・ホールや全国王役のジェームズ・アール・ジョーンズ、リサ役のシャーリー・へドリー。その父のクレオ役のジョン・エイモスが続投しています。

監督のクレイグ・ブリュワーは、テレンス・ハワード主演の『ハッスル&フロウ』(2005)の監督・脚本や、エディ・マーフィ主演のNetflix映画『ルディ・レイ・ムーア』(2019)を手がけています。

アキーム王子の婚外子ラベルの母を演じたレスリー・ジョーンズは、MTVムービー・アワードのコメディ演技賞を受賞しています。レスリー・ジョーンズは2016年に公開された女性を主人公にした『ゴーストバスターズ』に出演しています。

また、本作は第94回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング部門にノミネートされています。

映画『星の王子ニューヨークへ行く2』ネタバレあらすじ


(C)Images courtesy of Amazon Studios

結婚30周年を迎えたリサ(シャーリー・へドリー)とアキーム王子(エディ・マーフィ)。妻リサとの子である長女ミーカ(キキ・レイン)、次女オマ(ベラ・マーフィ)、三女ティナーシェと幸せに暮らしていました。

ザムンダ王国には、30年前にアキーム王子がクイーンズでアルバイトしていたバーガーショップのマクダウェルも、店舗を出店しています。

ネクスドリア兵が城に来ます。イジー将軍(ウェズリー・スナイプス)は、アキームが昔婚約を破棄したイマニの兄です。

イマニはあれから犬の鳴き声をしきりにやっているのだと、イジーはアキームに文句を言います。そして、一族間の政略結婚か戦争かどちらかを選ぶように脅してきました。

アキームの父、国王陛下のジョフィ(ジェームズ・アール・ジョーンズ)は危篤状態。王位継承者は男性だけという決まりです。実はアキームには婚外子がいるというの事実を話します。

30年前にクイーンズにアキームとセミ(アーセニオ・ホール)が行った時のこと。欲求不満のセミが、クラブで出会った女性2人を家に誘いこみました。

そのうちの1人であるマリア(レスリー・ジョーンズ)が、アキームにハーブを吸わせてセックスした結果生まれた男児がいるのです。

陛下は、その婚外子の息子である31歳のラベル・ジョンソン(ジャーメイン・ファウラ)と会って、王子の素質があればジャファ家に迎え入れるように言い渡しました。

陛下は生きているうちに葬儀を行い、沢山の豪華なアーティストらを招いて盛大な式が行われます。そしてその式の最中に、ジョフィ国王は息を引き取りました。

アキームはセミと一緒にクイーンズに息子を探しにやってきました。

30年前と比べるとクイーンズは栄えて様変わりしていましたが、マイ・T・シャープ理髪店は健在です。彼らからラベルがダフ屋をしていると聞いて、彼を探し出します。

ラベルを見つけ、彼の家へと行ったアキームとセミ。マリアや叔父などがその家にはいました。

お金に目がくらみ、ラベルはアキームと一緒にザムンダに行くことを承諾します。母のマリアも連れて行くことを条件に。

王宮にやってきたラベルとマリアのことを良く思っていないリサや娘たち。特に、王位を継ぎたいと思って帝王学をずっと学んできたミーカは怒っていました。

イジー将軍が娘のボポト(テヤナ・テイラー)とラベルとの政略結婚を目的に現れます。セクシーな踊りで魅惑的なボポトとの婚姻に乗り気のラベル。

ラベルは帝王学の勉強として、歴代国王の名前を覚えたり、国王らしい歩き方の練習をします。ライオンのひげをとって来れたら王子になるための最終テストがあることを聞かされます。

最終テストの恐ろしさや、勉強の大変さに王子になる自信をなくしたラベルは、王室美容師のミレンべ(ノムザモモ・ムバサ)に相談します。

ミレンべは、30年前にアキーム王子が国を誇りに思いながらも、本当の愛を見つけるためにリサを連れて帰ってきたという伝説を話し、自分流にやればいいと諭します。

ラベルは叔父であるリーム(トレイシー・モーガン)を王宮に招き、自分流に王子になるために勉強に励みます。勉強の成果が出て、アキームもその頑張りを認めるようになります。

ライオンのひげを切るテストのために、ライオンの様子を見に来たラベルのもとへミーカがやってきます。知恵を絞るべきだと助言されて、一緒に協力して準備をします。

罠を仕掛け、その上にキャットフードを塗るというラベルのアイディアで無事ライオンのひげを切り取ることができました。ミーカとラベルは打ち解けます。

最終儀式として、ウンバジュントーという包皮を切断する割礼の行事をすることになります。実際には切り落としませんでしたが、勇気を試すための儀式でした。

儀式の後、夜の庭を歩きながらラベルはミレンべと話をします。好きな映画の話や、ミレンべが将来店を持ちたいという話をしているうちに良いムードになり、2人はキスします。慌ててミレンべは部屋に戻っていきました。

翌日、イジー将軍がボポトを連れてパーティにやってきます。ラベルはボポトと話しますが、意思がなく王子のなすがままな姿勢のボポトにとまどい、ミレンべへの想いを確信します。婚約を破棄しようと決めます。

そのことを打ち明けにアキームのところへ行ったものの、イジーがアキームに対して「両国の和平のために子どもを駒のように使った」と話しているのを聞いてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『星の王子ニューヨークへ行く2』ネタバレ・結末の記載がございます。『星の王子ニューヨークへ行く2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ラベルはアキームに利用されたことに怒って、自家用機を盗んで母とミレンべと一緒にクイーンズへ戻ってしまいました。

そのことを知って激怒するアキーム。その怒りをリアにぶつけると、なぜ王位継承を望む娘の気持ちも無視するのかと言い返されてしまいます。激しい言い合いになった2人。

アキームはマクダウェルの店舗でポップがけをしながら自分がやったことを反省していました。

そして、リサの父でありマクダウェルの社長であるクリオから父として、夫として国王として父の教えを思い出すように助言しました。そして亡くなった母ならどうするか考えて行動すべきだと言いました。

アキームはラベルを連れ戻しにクイーンズに向かいます。

ミレンべと結婚式の挙式では、30年前に黒人女性のミスコンの司会をしていたスケベな男が牧師をします。

イジーがジャファ家の王宮にやって来ます。アキームとラベルがいないことがばれてしまい、ミーカに襲い掛かります。セミやオマ、ティナ―シェらが加勢して戦います。見事な某槍さばきで、イジーらを制圧しました。

ラベルとミレンべの式に到着したアキームは、昔の自分を思い出し2人の結婚を認めます。クイーンズに残ると良いと言います。アキームは、自分の目指す国を作ると言います。

しかし、ミレンべは自分の故郷であり誇りのザムンダを見捨てることはできないとラベルに言います。

それを聞いてラベルはザムンダに戻ることに決めました。しかし、ミレンべはマリアやおじさんたちはどうしようと心配します。

そこで、アキームはクイーンズをザムンダに移すと宣言しました。ラベルとミレンべの結婚式がザムンダで盛大に開かれます。国民らから祝福を受ける2人。

アキームは、ミーカに留守の間に国を守っていてくれたことのお礼を言い、そして法律を変えて自分が死んだあとはミーカを時期王女とすることを伝えました。

ラベルは駐在ザムンダ大使に任命し、アメリカに行くことになりました。

式に来たイジーは朗らかにアキームと話をします。ザムンダとの貿易を再開することにしたのでした。

スポンサーリンク

映画『星の王子ニューヨークへ行く2』の感想と評価


(C)Images courtesy of Amazon Studios
1988年に大ヒットした『星の王子ニューヨークへ行く』の正式な続編として、30年ぶりにアキーム王子が復活!

本作は、主演のエディ・マーフィをはじめ、アーセニオ・ホールやジェームズ・アール・ジョーンズなど当時のキャストがほぼ全員続投していて、前作のファンにはたまらない作品となっています。

遊び心とサプライズが満載

遊び心溢れる演出は30年たっても健在で、前作同様に笑いどころ満載の映画です。

エディ・マーフィとアーセニオ・ホールが1人2役を演じた、お馴染みの理髪店のシーンも登場し、独特のジョークを交わします。あの当時の衣装が登場するのも思わず笑ってしまうポイントでしょう。

また、女性ヴォーカルグループのアン・ヴォーグや、女性ラッパーグループのソルト・ン・ぺパ、ソウルシンガーのグラディス・ナイトなど、主に80年代に活躍したミュージシャンがジャファ家の式典のシーンで歌を披露していて、前作を映画館で観たような世代へは嬉しいサプライズとなっています。

さらに、エンドクレジット後には、現在のスターであるジョン・レジェンドが「おやすみザムンダ!」というメッセージとともにピアノで弾き語るという、豪華なサプライズも用意されています。

この映画シリーズが、いかに愛されているのかを感じられる瞬間ではないでしょうか。

父と子、国王と王子


(C)Images courtesy of Amazon Studios

本作のストーリーは、アキーム王子が国王になり正式な王位継承者として、婚外子の息子ラベルを一族に迎え入れるという内容です。

その中で、息子の姿を見て、父親であるアキームが自分自身を見つめなおすということが、ひとつのテーマとなっています。

前作では王子だったアキームが、国王として重責を背負ったことで、自分を見失っていきます。

それと同時に、クイーンズで貧しい暮らしをしていた息子のラベルは、王子になるためにさまざまなことに挑戦し、成長していきます。

ラベルが次第に成長し、信念を曲げない姿から、アキームはかつて自分も意志を貫き、ニューヨークで最愛の人を見つけたことを思い出すのです。

前作ではまっすぐな正義感と正直さを持っていたアキームという1人の青年の恋を描いていました。

そのアキームが、父に、そして国王になったことでさらに別の一面を見せる、そこに続編としての面白味があったといえます。

まとめ


(C)Images courtesy of Amazon Studios

アーティストたちによる歌唱シーンだけでなく、俳優陣によるパフォーマンスシーンも本作の魅力のひとつとなっています。

アフリカの民族衣装の要素をとりいれた色や柄のドレスや、女性陣の美しさを引き立てるドレスの数々も見ていて楽しく、クイーンズからやってきたイマドキの王子らしい衣装も個性的です。

何かとサプライズの多い本作ですが、個人的な最大のサプライズはモーガン・フリーマンが本人役として登場する場面です。彼が登場するシーンにも注目してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・インターン』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。名言セリフも飛び出したアン・ハサウェイとデ・ニーロが演じる“世代を超えた友情”

“ジェネレーションギャップ”を飛び越えるコミュニケーションの極意を描く 今回ご紹介する映画『マイ・インターン』は、ニューヨークでファッション通販サイトを立ち上げ、成功を収めた若き女性経営者が、40歳年 …

ああ荒野
ヒューマンドラマ映画

『あゝ、荒野』無料視聴はU-NEXT。1話あらすじネタバレと感想も

今最も熱い若手俳優・菅田将暉の主演作が、寺山修司・原作の映画化として上映されます。 さまざまな役柄を演じ、さまざまな規模の作品に登場する彼が今回演じるのはボクサー。 女性ファンが非常に多いイメージの彼 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリングリング』ネタバレ感想と実話考察。動画無料視聴方法も

本年度カンヌ国際映画祭で『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』で監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 彼女の過去作、『ブリングリング』では、実際にあったハリウッドセレブばかりを狙った、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『永遠の1分。』ネタバレ結末感想と評価解説レビュー。上田慎一郎監督の最新作“エンターテイメントの新境地”を魅せる!

笑いを武器に東日本大震災と向き合う『永遠の1分。』は2022年3月4日(金)よりロードショー! 映画『永遠の1分。』は、『カメラを止めるな!』(2017)の上田慎一郎が脚本を、同作の撮影監督だった曽根 …

ヒューマンドラマ映画

映画『1917命をかけた伝令』あらすじネタバレと感想。サムメンデスがワン・ショット撮影にかけた思いとは⁈

映画『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞を受賞! 『007スカイフォール』『007スペクター』 のサム・メンデス監督最新作 映画『1917 命をかけた伝令』は、第一次世界大戦を舞台に英国陸軍の若 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学