Cinemarche

映画ネタバレ・感想・考察サイト

ドラマ映画

映画『野火』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

Entry 2016/12/07| Update

モロッコの現地日付け2016年12月4日に、第16回マラケシュ国際映画祭にて、塚本晋也監督が功労賞「トリビュート」を受賞しました!

塚本監督の積み重ねて来た映画製作の大きな功績に贈られた賞で、授与式には自称塚本ファンのヤン・クーネン監督が、このために会場に駆けつけて記念トロフィーを手渡したそうです。

今回は、国際的な知名度を誇る塚本監督による映画『野火』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『野火』の作品情報

【公開】
2015年(日本)

【監督・脚本・編集・撮影・製作】
塚本晋也

【キャスト】
塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作、中村優子、山本浩司、山内まも留

【作品概要】
高校生時の塚本晋也が、大岡昇平の問題作『野火』を読んだ感動を念願を叶えて完全実写化。戦後70周年を迎えるにあたり、日本社会の状況が右傾化していく危惧を感じ、「これはヤバイ」と単独で撮影で挑んだ渾身の一作。

また、1959年に、市川崑監督が初の映画化をした『野火』では、描かれることのなかった真実を伝える衝撃の作品です。

映画『野火』のあらすじとネタバレ

野火
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。日本軍の敗北が濃厚となった過酷な戦況の中で、結核のため野戦病院へと送られた主人公の田村一等兵。

しかし、入院を拒絶され、部隊にも戻れず、行く当てを失い彷徨い続けます。

田村は、野戦病院の近くにいた2人組みの兵士たちと出会います。父親ほどの年齢の安田は足を負傷しており、永松という若い男が、下僕のように安田の面倒を見ていました。

やがて、田村のカバンに芋が入っていることに気付いた永松でしたが、そんな矢先、野戦病院は戦闘機の攻撃を受けて爆発炎上してしまいます。

またも、独り彷徨い歩いた田村は、教会のある村にたどり着きます。礼拝堂の長椅子に、田村は横たわると疲れ果て眠ってしまいます。

しばらくすると、近くの水辺に船でたどり着いた若い男女が、じゃれ合いながら教会へと入ってきました。

田村は、男女に銃口を向けてマッチが欲しいと懇願しますが、女性は殺されてしまうという恐怖心から発狂。

女性がひどく興奮して騒ぎ続けたために、田村も気が動転したのか、向けていた銃で女性を撃ち殺してしまいます。怯えた連れの男性は、教会の扉から外へと逃げ去って行きます。

その女の死体の側には、小さな地下倉庫があり、田村は貴重な塩を見つけ、その場から立ち去ります。

田村は、やがて偶然に出会った3人組の兵士から、生き残った兵士は全てパロンポンへの撤退命令の集合が掛かっていることを知らされます。

自信過剰気味である伍長と、その部下は、田村が持っている塩に気付くと、塩を目当てにしたのか、自分たちと同行するように仲間入りの提案します。

彼らは笑いながら別の戦場では、人肉を喰ったことを自慢するなど、気の抜けない連中ではあったのですが、田村とっては頼りになりそうな人物たちでもあったのです。

伍長と部下たち、そして田村は共に目的地パロンポン目指します…。

以下、『野火』ネタバレ・結末の記載がございます。『野火』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

パロンポンに向かうためには、ジャングルを抜けてどうしても越えなくてはならない丘がありました。

しかし、丘の上は見晴らしも良く、敵は標的に一目瞭然。伍長は、夜に丘越えの作戦実行を計画しようと待機を支持します。また、周囲には同じような日本兵がたくさん潜んでいました。

夜。田村たちは作戦を実行しようと丘を登り始めます。同じように隠れていた多くの日本兵たちが突入して行きます。

しかし、闇を引き裂く敵の閃光と共に、日本兵壊滅への攻撃が開始されます。

身を隠す逃げる場所が無い兵士たち、魑魅魍魎と化して逃げ惑う地獄絵図の中で全滅状態に陥ります。

奇跡的に生き残ることが出来た田村は、瀕死の重体となった伍長を見つけます。伍長は、「自分が死んだら自分の腹の肉を喰え」と田村に告げます。

伍長の死に無数の蝿の飛び交うと、田村は目の前に落ちていた“肉の塊”に幻覚を見るのです…。

飢餓状態で意識を失っていた田村は、再び現れた永松に助けられ、水と、“猿の肉”をもらって食します。

やがて、永松に導かれ安田とも再会した田村。しかし、唯一所有していた手榴弾を言葉巧みな安田にな言動に奪われてしまいます。

永松に同行して田村も食料になる猿狩りに出かけます。しかし、猿などはおらず、永松が銃を撃っていた先にいたのは同じ日本兵だったのです。

猿狩りに失敗した永松は、田村が安田に手榴弾を取られたのを知ると、慌てて安田の元に戻ります。すると、案の定、安田が手榴弾を投げてきたのです。

田村と永松は急いで逃げたのですが、爆発した手榴弾の一部を田村が肩に受けると、飛び散った自分の肉を田村は口に入れます。

永松は、自分たちを殺して“猿の肉”として喰おうとした裏切り者の安田を、こちらが先に殺して喰ってしまおうと提案。悩む田村を放っておき、永松は安田を撃ち殺してしまいます。

“猿の肉”となってしまった安田を口にしながら、口元を真っ赤に血に染めは永松は、肉の塊を解体していきます。

そして、「俺がお前を喰うかお前が俺を喰うか」と言う永松に、田村は銃口を向けて撃ち抜くと、もうひとつの“猿の肉”が……。

ラストシーンでは、レイテ島から生還した田村が自宅の書斎で執筆をしています。

田村の妻は、夕食の膳を書斎に運び差し出します。去り際の妻が障子越しに目撃した、田村の食事をする後ろ姿は、この世のものとは思えない奇怪さと救いの祈りに満ちた狂気の様だった。

やがて、田村が見つめる窓の外には、過去にレイテ島で幾度となく見た野火、それが近い未来で燃えていた…。

映画『野火』の感想と評価

野火
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

戦争さえなければ普通に生きていたろう人たちが、国から殺人を強要されたことで、人間は兵士となります。

そして戦場という極限状態に追い込まれたことで、自我の崩壊に共に生死の意識が変容していく恐怖と、人間の業(喰う)が描かれます。

塚本監督は、市川崑監督版『野火』では描かなかった、帰還後の姿としてカニバリズムのあった事実を描きました。

また、怪しすぎるほどに美しい自然の中で、変貌を遂げる人間は、これまで塚本監督がテーマとしてきた「都会と人間」よりも、より深いテーマを見出した作品だとも言えそうです。

メッセージ性の強い今作は、第71回ヴェネツィア国際映画祭での上映を皮切りに、各国の映画祭で圧倒的な支持を得ている作品です。

また、「キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画部門第2位、第70回毎日映画コンクールでは、男優主演賞&監督賞をダブル受賞しています。

スポンサーリンク

まとめ

野火
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

2014年に開催された、第71回ヴェネツィア国際映画祭にて、『野火』が正式上映された際に、観客からこれほどの暴力描写が必要なのかと物議があがったそうです。

塚本晋也監督にお会いした際に、そのことについて尋ねてみると、映画を撮影する以前に希少となった元兵士たちから戦争の体験談を取材した経験からは、映画より実際の戦場はもっと悲惨なものだったと話してくれました。

また、塚本監督は、厚生省が遺骨収集を行うの調査団に同行するなど、戦争を知らない世代として、どれだけ真にその状況をイメージが出来るかに時間を費やしたそうです。

塚本監督の口から出た印象的な言葉は、「喰うことは生きることだ」。

戦況の悪化で、死ぬことも生きることもできない状況下の人間は、それでも喰い続けなければならなかった。

自身の負傷した傷にたかる蛆を食べたり、他の部隊に属する兵士を殺して食べるという現実があったというのです。

この作品を観ることで、塚本監督は、戦場を疑似体験して欲しいと観客に伝え、実際はもっと悲惨であったと目を潤ませていました。

スポンサーリンク

関連記事

アクトレス女たちの舞台
ドラマ映画

映画『アクトレス 〜女たちの舞台〜』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

世界三大映画祭のすべての女優賞を獲得した、ジュリエット・ビノシュ。 演技派として知られていますが、『GODZILLA ゴジララ』(2014)では、原子力発電所の技師役を演じ、来年2017年に公開予定の …

zennin
ドラマ映画

映画『裁かれるは善人のみ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク 映画『裁かれるは善人のみ』作品情報 【公開】 2014年(ロシア) 【原題】 LEVIATHAN 【監督】 アンドレイ・ズビャギンツェフ 【キャスト】 アレクセイ・セレブリャコフ(コ …

さざなみ
ドラマ映画

映画『さざなみ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年4月公開されて、前期公開作品の中では、断トツの話題をさらっていった、『さざなみ』に注目します! 当初の予想を超えた観客からの話題ぶりに、映画を配給された彩プロの関係者も笑顔。また、彩プロの担 …

永い言い訳
ドラマ映画

映画『永い言い訳』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

俳優・本木雅弘が、映画『おくりびと』から、7年ぶりに主演を果たした最新作『永い言い訳』。 彼が、ジャニーズのアイドル「シブがき隊」の元メンバーであった、アイドル経験を活かした演技と、俳優としての飛躍が …

futatsuboshi-chef
ドラマ映画

映画『二ツ星の料理人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク 映画『二ツ星の料理人』作品情報 【公開】 2015年(アメリカ) 【原題】 Burnt 【監督】 ジョン・ウェルズ 【キャスト】 ブラッドリー・クーパー(アダム・ジョーンズ)、エレー …